森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2255785
Today:704
Yesterday:202
二間手白山神社の祭礼(のお弁当)
公民館のすぐ近くにある我が家。
9月に入ると毎晩、お囃子の音が響いてくる。
このお囃子の音がすると、
秋だなぁと思う。

今年は本当に秋晴れのいい天気に恵まれた。


明宝に着て
わっち―は3回め、
サミーは6回めの祭り。

今年は冒険キッズのスタッフ(若い男性)2名が、
長刀役で助っ人に入ってくれて、
お母さま方、お姉さま方が少し色めきだっていた??
かもしれません。

2日間は裏方で、
バザーの準備やら、お弁当の準備やら。

なんだかバタバタで、
気づいたら、せんご(餅まき)が終わっていた・・・
という残念なことも。

(つい、隣だからまだ、いいだろうと思っていた)

お弁当は、
ギリギリに完成。



というのも、いっぱい失敗したから。
やっぱり作りなれていないものを、
本番でやるというのは、だしかん(だめ)ね。
ビギナーズラックは効かなかったわ(笑)

わっちーのリクエストで、
毎年祭礼の弁当の時だけ作る、
タコのから揚げは、
今年が一番、美味しかったと思う。
(けど、衣がはがれてしまった)


そして、作りすぎてしまって、
おかげで、翌日はなーんも作らなくてもいいくらい、
余ってしまった。
それは、それでいいのだけれど。

もう、しばらく、
お稲荷さんはいらないね。

毎年思うのだけれど、
みんな、あんな華やかで美味しいお弁当、
どんだけ時間かけて作ってんだろうか。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=40633