森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2247576
Today:7
Yesterday:478
雨の中の里山暮らし体験

秋の気配濃ゆくなってきた8月末…
今月もまちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編。
なんと3ヶ月連続雨…(笑)

雨が降っても、
やっぱり腹は減る。

もう、雨予報決定ということで、
里山ごはん分の収穫は前もってやっておくことに。

今回のご参加は、
同世代の女性2名。
うちお一人はリピーターさん。
彼女が持ってきてくれた手土産にまず感動(笑)

さて、雨ですがどうしましょうか?

サミーは基本的に、
雨の日は、畑の作業はしません。
出かけるのも、正直嫌いです(笑)

…でもそういうわけにもいかないので、

栃尾の集落が一望できるところまで、
行くことに。
あまりにも雨がひどかったので、
車窓から。




これは5月の田植え前の写真。
晴れていたら、
黄金色に輝く田んぼが見えるはず。


そして、一応畑も。

傘をさしながら、モロヘイヤを摘みます。


少し、小止みになったので、
周辺をお散歩して、
ご飯づくり。

今回は、
豊富な夏野菜たちを使って、
里山ごはん改め、里山いたりあんに。


パスタ3種
・なすカルボナーラ
・人参葉ジェノベーゼ
・ラタトゥイユ
米ナスのピザ
かぼちゃサラダ
トマトと人参葉のサラダ
十六ささげの生姜醤油和え
赤だつの炒め物
クレオパトラのスープ(モロヘイヤ)

デザートは
梅ゼリー
トマトのコンポート
山ん茶



今回は、
こんなこともありました。

雨の日のおうち作業で、

用意していたこれをみて、

「私、これ大好きなんですよ。」と。

この地域では「赤だつ」とか「ずいき」とかいうけれど、
彼女の地元では「赤がら」っていうそうな。

甘辛く炒めて食べるのが大好物なんだそうで、
急遽、保存してあった赤だつを戻して、
彼女に作り方を教えてもらうことに。
それがこちらの一品。

最後に酢をすこし垂らすのがポイントのよう。

きれいなピンク色にならなかったのは、
干しずいきだからかな。

でも食感といい、味といい、
本当に美味しくて、あっという間になくなっちゃった。

食後は、
赤だつの皮むきを。
きれいにピーっと剥けるので、
みんな作業にはまってしまって、
たくさんあったのに、全部剥いてしまいました。

ありがとうございます。
半分は天日干し。
半分は漬物に仕込みます。


一つ一つのことに
「あぁ楽しかった」と笑顔になる。
一つ一つのことに、
「豊かだなぁ」と感動してくださる。


こういう暮らしがもう当たり前になってしまったけれど、
そんなふうに感じてくださる姿をみると、
嬉しいし、
自分も心底楽しいから、
こういう暮らしをしているんだな、と
改めて、確認できる。


うん、こういうのが好きだ。


来月は、
9月26日(土)に開催します。
畑はどうなっているかなぁ?
夏野菜の名残と、
そろそろサツマイモが収穫できるかも。
秋野菜のお世話(追肥とか間引きとか)と、
畑の片づけを少しずつ。

里山ごはんは秋の味覚で楽しみますか。うふふ。

お申込みはまちやどまで、お願いします。
少人数でやっています。
お申込みはお早目にお願いします☆


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=39460