森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2214151
Today:105
Yesterday:209
草引きに思う

8月の里人塾の前に。

久しぶりに源右衛門さんへいくと、
案の定、
草だらけ。

なんだか気になって、草引きしていたら、
止まらなくなって。
だって、雨の降った後だったから、
草が面白いように引けるのだもの。

でもだんだん天気が回復してきて、
太陽がじりじり照り付ける。
午後から日が当たる源右衛門さん。
やっぱりだんだんしんどくなる。

明宝にやってきたころは、
草が生えていようが、
別にどうってことないと思っていたんだけれど、
最近はすごく気になるように…

なんとなく、人の手が入っていないところのように思えて。

これから、里人塾でみなさんが来られる前に、
きれいにしておきたいなとも思って。

草を引きながら、つらつらと考える。

以前はこんなに草が生えたこと、あったかなぁ。
もしかして、
草が気になるほど生えないように、
ちゃんと手入れ(=除草剤)をしていてくれていたのかも、
しれないなぁ、と。

除草剤に関しては、
思うことはあるのだけれど、
でも、人の手をかける、ということには、
変わりないわけで、
今更ながら、感謝の気持ちが湧き上がる。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=39146