森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2247711
Today:142
Yesterday:478
うりの酢もみ
7月になるとどこもかしこも
「うり、なりよるか?」

うりとはキュウリのこと。
畑で育てていると、
採り時を逸したキュウリ。
それはもうキュウリではなく「うり」。

キュウリといえば、
塩イカといっしょに三杯酢につける
酢もみがこちらでは定番のよう。

いわゆる「キュウリの酢の物」。

正直、「キュウリの酢の物」に惹かれないサミー。
でも、みんなが美味しい美味しいと食べているし、
まさに畑でなる「うり」だからこそ出来る料理。
今年は、これをマスターしよう!

まずは塩イカ購入。

この、イカがいいらしい。
500円くらい。
結構、いい値段。

でも、まずはこのイカの下拵えの仕方が分からない。
近所でいつも料理を教えてもらうおかあさんに電話。

「お腹のなかの塩を出して、
洗って、うすーく切って20分くらい水につけておけば、
いいのよ」

と。

それにうすーく切ったキュウリを塩もみして、
イカと甘酢で合わせる。


大量にできた。

ちょうど先日の里人塾のときにも、
たくさんキュウリが出来たので、
また別のおかあさんに作り方を教わる。

「塩イカの塩分でキュウリを下漬けする、
やり方もあるよ。」

こちらのおかあさんは、
はりやいないので、
イカは大き目に切るとのこと。

なるほど…

里人塾のあとふきで、
桂一まがその酢もみを見て、

「もう少しキュウリを厚く切ったほうがええ」

そうか、そういう家もあるんだなぁ。

それぞれのおうちで作られている
きゅうりの酢もみ。
レシピは一つではないんだよね。
それぞれの家の好みの味をつくったらいい。

なんだかんだ言っていたら、
8月に入ってキュウリの勢いが衰えはじめ、
名残のキュウリで慌てて、
作ってみた。



我が家のキュウリの酢もみ。
キュウリは厚め。
イカも大きめ。
酢を効かせた味にしてみた。

シナシナの薄いキュウリの酢の物はあまり好きじゃないけど、
この厚さだと、ぱりぱりと食べられる感じで、
私はこの厚さが好きだ。

あれだけなりすぎて困っていたキュウリだけれど、
もう、ないってなると、
やっぱり淋しい。

憎らしい、キュウリ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=38807