森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2210748
Today:239
Yesterday:549
子ども寺子屋エコキャンプ2015~キャンプの料理番より
これも毎年恒例の
子ども寺子屋エコキャンプ。

2011年に始めたから、
もう5回目になるんやなぁ。

今年は最多32名の小さな里人が参加してくれました。
女の子も半分以上いて、
中学生のボランティアも数名いて、
1日目のカレーを作ってくれるおかあさんからは、

「今年の子んらは、ちょっとおとなしいない?」って。


まぁ、一日めだったからでしょう。

キャンプの料理番としては、
今年ほどヒヤヒヤしたことはありません。

みんなよう食べる。

羽釜で3升炊いても、
ペロリ。
いつもは余る桂一まのトマトも、
1つも残らず。

(もちろん、多めに持ってきてくださるのだけれどもね。)

たくさん、おすそわけ頂いた野菜たちが、
みるみるなくなっていきました。

(最終日のスタッフの賄いで何か作ったのも
はじめてのこと)

もちろん、
美味しく、たくさん食べてもらえることは、
料理番としては何より嬉しいことであるわけで。

3時間、一人で天ぷらを揚げ続けた甲斐がありました(笑)

天ぷらなべから離れられないサミーのところに、
子どもたちが代わる代わる来てくれて、
そんな他愛もないおしゃべりが、 
意外と楽しかったり。
こっそり子どもたちと味見をしたり。
〇〇が食べたい!とリクエストをもらって、
急遽メニューに加えたり。

5年目ともなると、
だいぶ余裕も出てきて、楽にできるようになりました。

キャンプから一週間後、
ちいさなお手紙が届きました。
お名前はなかったけれど、
小さな可愛らしい紙に、
その子のことばで、
どれだけキャンプが楽しかったかが書かれていて、

あぁ、エコキャンプやっててよかったな、

と心から思いました。

5年前はなぜか、「やらされる」形ではじめたエコキャンプ。
もう途中で退くつもりだったのだけれど、
なぜか関わってしまっている。
周りからは「子どもの守りは大変だろう」と労いの言葉をかけられ、
確かに大変なんだけれど、

それでも、こんなふうに、
参加してくれた子どもたちの夏のキラキラした思い出の1つに
なってくれたら、

それはものすごく自分にとっても嬉しいことで、
そんな嬉しいことが
年数を積み上げていくたびに増えていくのが、
それまた嬉しい。


エコキャンプの3日間のことは、
ふるさと栃尾里山倶楽部のブログに写真付きで、
紹介されています。

いちにちめ
ふつかめ
みっかめ
 
子どもたちのキラキラ笑顔を是非ご覧ください。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=38592