森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2220874
Today:44
Yesterday:185
一年半の成果~竹細工
竹細工教室に通うようになって1年。
四つ目の芋ふりかごが完成して、一通りコースが終了。
ここからは自分の作りたいものを、
相談しながら作ります。

サミーが選んだのはそば笊(ざる)。

1年半前にワークショップで作ったそば笊よりも
一回り大きいサイズを作りました。


上が1年半前に作ったもの
下が今回。
竹の色が変わってきています。


1年半前と比べて上達しているのでしょうか?

竹細工もいろいろ作りたいものがあるのだけれど、
基本的に

「実用的なもの」

を作りたいと思っています。

作りながら、あんなことにも、こんなことにも使おうと
考えながら、ひごを作るのはとても楽しい作業。

そば笊はざるそばを盛るだけじゃなくて、
野菜の水切りにも使えるし、
収穫した山葵をのせるのにも使えるなぁと思って、
いろんな大きさのざるを作りたいと思っています。

そうそう、
塩ゆでしたトウモロコシを冷ますのに
ざるを使ったら、大きさがピッタリでした。
写真撮っておけばよかったな。

で、
せっかく完成したので、晩ごはんにはざるそばを
と思っていたのに、

そばが、
1把しか残っていなかった(泣)

なので、



ざるうどん。

どこまでも詰めが甘い自分。

そうそう、明宝でこんなワークショップがありますよ。
竹の収穫かご編みワークショップ
トマトのお土産つき。

収穫かごも日常使いできそうで、いいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






コメントエリア
■しょうけ
サミーさん、こんばんは。

いやぁ、お見事な腕前ですね!
実用品というところがなんとも素敵です。

トころで、サミーさん、「しょうけ」ってわかります?
それこそ二間手の人に聞けば実物が見れると思うのですが、実家にも昔からありました。注ぎ口がついているので、大変便利でした。

今、ググったら飛騨の久々野町に「小屋名しょうけ」というのがあるようですね。
http://www.kuguno.jp/%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97/%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E3%83%BB%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E5%90%8D%E3%83%BB%E6%9F%B3%E5%B3%B6%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2/%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E5%90%8D%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%91

明宝あたりで使われる「しょうけ」は、小屋名しょうけだったのかも知れませんね。


「しょうけ」は実用品の極みですよ(^^)
いつか是非挑戦なさって下さい。
パスケル 15/07/07 23:15

■パスケルさんへ
「しょうけ」素敵ですね。
いつか、作ってみたいけれど、私の腕ではまだまだ…

二間手のお母さんたちは、漬物つけるときに使うような大きなざるのことを「しょうけ」って言っているような気がします。もともとはこれのことだったんですね。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=37105