森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2255797
Today:716
Yesterday:202
ばっかり食〜ピーマン編
子どもの頃、
はっきりいって、
ピーマンは苦手でした。

一人暮らししていた時もあまり好んで買うことはしませんでした。

でも今は畑で作っています。

今年は雨ばかりで、なかなか収穫が出来ず、
畑にいったら大量のピーマン。

毎年ピーマンが出来たら、
作るレシピがあります。


ピーマンの丸焼き。
レシピというほどのこともない。
ただ、丸ごと焼くだけ。
少し焦げて、クタッとなるくらいまで。
それにお醤油をたらりとかけて、
丸ごとかぶりつく。
もちろん、タネもワタも食べます。

これが美味しい。

そして、もう一つは

ピーマン(ししとう)の佃煮

鍋にピーマンと調味料を入れ、
煮詰めるだけ。
気分で生姜やナンバンを入れることもあります。
今回は梅シロップの梅も一緒に。

ちょっとほろ苦く、
ご飯が進む味です。

どちらも自分で作って、
一度に大量に手に入るからこその料理。
これを作りたい、食べたいという思いだけで、
ピーマンを植えています。

洗って、そのまま煮たり、焼いたりすればよいから、
作るものお手軽。

今年はおすそ分けでもピーマンを大量に頂いたので、
友人に教えてもらったピーマン味噌にも挑戦。


こちらもナンバンがピリリと効いて、
ご飯がどんどん進んでしまう味になりました。
味噌っていっても、
味噌は使ってないんだよね〜。

自分で作っているからこそ味わうことのできるもの。
旬だからこそ、たっぷり食べたい。
どんどんレパートリーを増やしていきたいと思っています。

+++++++
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=24771