森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2273101
Today:184
Yesterday:257
お花を摘みに…
この季節は、
わさび田に行くたびに景色がどんどん変化していきます。

赤や黄色に色づいた葉は、
どんどんその役目を終えて落ちていき、
草の勢いも衰えていき、
山んなかはとても見通しが良くなります。

さて、
森農楽舎山んなかが、
わさび田の管理をはじめて1年が経ちました。
昨年のこの季節、
はじめてわさび田に行ったときに困ったこと。

それはトイレ。

もちろん、山んなかにトイレはありません(笑)

寒い季節、
冷たい水の中での作業、

催さないわけがありません。

だけど、
はじめて行ったときは、
今と一緒で、
あまりにも見通しが良すぎて、

どこでしたらいいのか、わからない!

まだ慣れてなくて、
ひとりで周りを歩くのはちと、怖い。
(動物に出会う可能性もあるしね。)

男の人はいいよね。
女の人はお尻丸出しだもの。
誰かに見られたら…というのもあるし。



結局、がまん。

腎臓、膀胱によくないです。


1年がたち、
一通りの季節を経験して、
わさび田の周りも分かるようになってきて、
なんとか、できるようになりました。


こんなことブログで報告することじゃないかもしれませんが(笑)


先日訪れたシャンティクティで臼井さんが教えてくれたこと。
女性が「お花を摘みにいく」と言ったら、
男性は決してついていかないこと。

男性は「キジを射ちにいく」というそうです。

先日わっちーとわさび田で作業中に、
「ちょっと、お花摘みにいってくるねー」
といったら、
「何の花を摘みに行くのだろう?」と思ったそうです。

わっちーも同じ話を聞いていたはずなのに。



思い返せば、
サミーが初めて明宝へやってきて、
里山倶楽部の方たちが歓迎会をしてくれた時、
なぜか、話題は野○○○の話になって、
野○○○は気持ちが良いとか、
それをいかにうまくやる方法とか、
力説されたことを、なぜか今でもはっきり覚えています。

力説したのが誰とは言いませんが。

その時はまさか自分がやるようになるとは、
思いもしなかったなぁ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=19187