森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2255788
Today:707
Yesterday:202
よう参っとくれた~報恩講
今度の土日、
お寺で報恩講があるから、
よかったらお参りして下さい

と声をかけて頂いた。

報恩講(ほうおんこう)
みんなは「ほんこうさん」と言っているように聞こえる。
親鸞聖人の命日に、
宗祖親鸞に対する報恩謝徳のために営まれる法要のこと。
ウィキペディアより)

…よく分からない。

食いしん坊の私は、
報恩講=たかたかまんま の方程式(笑)

今度、源右衛門でもおときのご飯をやるのだけれど、
おとき(お斎)というのは、そもそも
仏事のあとの食事のことをいう。

本場の「おとき」を見てみたい(=食べてみたい)
という好奇心もあって、
お参りさせて頂くことに。


私たちが顔を出すと、
みなさん、
「よう参っとくれた」と声を掛けて下さる。

おかげで、
すっと緊張がほぐれる。

法要の間もよく分からなくて、
まわりをキョロキョロ見回しながら、
みんなと合わせてお経を読む。

昔、経験したこの感覚。
そうだ、海外へ行ったときもこんな感じだったな。
まさに異文化交流。

そして、
 
どーん、とたかたかまんま。
お米2合分のごはんが、
盛り高く、ふたがきちんと合わさらない。

「昔は3合だったから、もっと高かったのよ。」


 
これが、1人分。
食べきれないでしょ、とお持ち帰り容器と袋を分けてもらう。

おかずは1品1品持ち寄り。
どれも丁寧に味がしみていて、美味しい。

2合のご飯を「美味しい、美味しい」と平らげてしまったダンナさん。
それほど美味しかった。
お味噌汁も、大根、里芋までしっかり味がしみている。

さすがに、私は全部は食べきれず、しっかりお持ち帰りさせてもらったけれど。 


ここ数日、
「今、ここ」に生きている、
ということを意識させる出来事に触れることが
多い気がする。
おときの後の法話もそう。
時の流れや日常の雑多なことに、
流されっぱなしな、ここ最近。
信心のココロはまだまだ、よく分からないのだけれど、
「生かされていることへの感謝」の気持ちを忘れないように。

そんなことを思った初報恩講体験でした。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=15359