森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2255801
Today:720
Yesterday:202
二間手白山神社の祭礼あるばむ
幟立つ


今年の打ち出しは、栃尾。



化粧中



役者へのふるまい

御神酒

今年も自分で作りました
(最後の仕上げは手伝ってもらいましたが)





将来ボクもししまわし



生ビール一杯200円!



宮にて







この、酔っ払いっ。


祭りクライマックス
せんご(餅まき…景品つき)


夜中に降った雨も朝には上がり…


まばゆいほどの秋の空



出番待ち



おかあさんたちのお弁当を
みんなで食べる



生ビールの飲む祭り3姉妹



後禰宜(あとねぎ)こじべえさにて







本禰宜いちべさへの打ち込み



3度めの祭り。
最後の禰宜宅への打ち込みは、
毎年感動するのだけれど、

それが今年はいつもお世話になっている、
桂一まのお宅ということもあって、
なおさら。


「れっきとした」二間手住民として、
参加した祭りは、また違った感もあり。
いろいろと学ぶこともあり。
気づくこともあり。


お互いがお互いを見守っていること。
それは、
時にしんどいことでもあるけれど、
とってもありがたいこと。

ここで暮らしていくのに、大切にしたいこと。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

























コメントエリア
■本当のお祭りのようです
サミーさん

この写真を見ただけでお祭りがどのような雰囲気で行われたかよーくわかります。
私の町にはない雰囲気です。
良かったですね。
eisan 12/10/09 21:29

■eisanさんへ
今年はiPhoneでしか、
写真を撮ることができませんでした。
これはこれでなかなか、
いいかも、と思ってUPさせてもらいました。
サミー 12/10/10 09:04

■思いだします
自分が中学生の時は、公民館(当時)の隣が中学校で、土曜日は下校時間と重なり、他の地区の生徒や、先生たちに見られて、すごく恥ずかしかったのを覚えています。

恥ずかしいけど、今は良い思い出です。
二間手出身者 12/10/10 23:25

■二間手出身者さんへ
なんとなく、その気持ちも分かるような気がします。
見られるのが恥ずかしい御年頃。

なんとなく、
あまずっぱい思い出ですね。
サミー 12/10/12 08:38

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=14799