森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1916240
Today:524
Yesterday:629
よもぎ摘み
今年は、
草たちの出が早いなぁ。

もう、よもぎも摘み頃。



うちの前の土手で、
腰かごをぶら下げて、
よもぎ摘み。

ものの15分ほどでかごいっぱいに。

去年は摘むタイミングを逸して、
気が付けば、アブラムシがついてしまっていた。

今年はまだまだ、大丈夫。

毎年よもぎを摘む量が少なくて、
年末の餅つきの時、
全然色がつかなくて、
なんとなく草餅、しかできなかったから。

今年は、何とか胸張って「草餅」って言える
餅を作りたい!

摘んできたよもぎは、
虫チェックをし、洗って、
あく抜きをする。


部屋中に広がるよもぎの香り。
届かないのが残念ね。

こうして、あく抜きをして、
年末まで冷凍保存。
昔は干して、保存してたんかなぁ。

自然の恵みにも、
文明の利器にも感謝。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ミツバチがやってきた?!

トウたちした白菜にやってきたのは、
もしや・・・

ミツバチか?



残念。
アブでした。

この手のフェイントによく引っかかります。

とほほ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
タンポポでキムチづくり

なんとなく、字が多くて読む気にならない、
この手の雑誌。
タイトルに惹かれて(笑)買ってみることに。

そうしたら、
挿し芽、わき芽のことだけじゃなくて、
みつばちのこととか、
玉ねぎの保存のこととか、
結構、今欲しい情報がいっぱい。

その中でも、
タンポポでキムチを作るレシピが載っていたので、

早速、

畑でタンポポをたーんと刈り、


キムチにしてみました。
日がたつごとに味がなじんで、
美味しくなっています。

キムチ味なので、
タンポポの葉とか花とかの味が、
どうなのかよくわかりませんが。

ご飯が進む味です。
豚キムチにしてもいいかも。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



つくしづくし
夕方、ちらりと畑をのぞいたら、
畑のあちこちにつくしが出ていた。

あちらにも、こちらにも、
まだ先がはじけていない、
今食べごろです!っていうつくしが。

ふと、畑の周りにも目をやると、
それはそれは、つくし取り放題状態。

こうなってくると、夢中になって採ってしまう。


気が付いたら、
もう片手で持ちきれないほど。

私が源右衛門に住んでいたころは、
スギナはたくさん生えてくるのに、
つくしが少ないことが不思議だった。

つくしの当たり年とかってあるのか??
それとも、また他の要因?

つくしはあまりこちらの人たちは食べないようだ。
どんなに生えていても、採っている人を見かけない。
道端で採っているのを見かけるのはたいてい、
よそから来た人だ。

袴をとるのがめんどくさいし、
つくしよりも美味しいものがいっぱいあるし。

都会で子ども時代を過ごした自分にとって、
自分で採ったものが食べられたのがつくしぐらい。
私も幼い頃、つくしを採って、
お母さんに卵とじを作ってもらった覚えがある。

味は覚えていないけれど、
弟とつくしを摘んでものすごく楽しくて、
それが食卓に並んで食べた、という思い出があって、
なんとなく自分にとっては、
つくしが特別なものになっているのかもしれない。

そんな遥か昔のことを思い出しながら、
つくしを摘み、袴をとる。

つくしといえば、やっぱり卵とじか、
と思ったけれど、あいにく卵を切らしていたので、


キャベツと炒めてみたり、


エノキとくたくたに煮付けてみた。

うーん、
つくしってこんな味だったかなぁ。
アクを抜きすぎた??

というわけで、
翌日リベンジ。


卵とじ。

大人になったら、
あんまり苦く感じないのかなぁ。

つくし料理。
まだまだ研究が足りないようです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






サクラの巨木に会いに行く

今年は春の訪れがすこし早くて、
4月10日には栃尾のサクラが満開になりました。


栃尾周辺の森には3つの巨木があります。

カツラ、カシ、サクラ。
そのうち、サミーはサクラの樹には、
まだ会いに行ったことがありません。

どうせ会いに行くのなら、
花が咲いているときがいい。

そこで、
代表の憲ちゃんと、
里人のかわちゃんを(半ば強引に?)誘って、
サクラの巨木に会いに行ってきました。

針葉樹の陰と広葉樹の日向を
交互に歩いていきます。
道はもちろんついていません。
自分で歩きやすいところを選んでいきます。
そして、かなりの急斜面。
年に1回しか活躍しないスパイク足袋が
大活躍しました。



そして出会った、
サクラの巨木。

来て分かりました。

巨木ということはもちろん
樹高も高いわけで、
桜の花が咲く位置ももちろん高くて、
足元ではお花見がしにくい、ということが(笑)



そして老木だからなのでしょうか?
花のつき方もまばら。
ソメイヨシノのような華やかさはありません。

素朴に、素朴に咲いていました。


サクラの巨木から、
今まさに花盛りの
大三戸山の花見ができました。

帰り道、
こんなお宝も発見。


カタクリです。
あちこちに芽が出ていました。

秋のうちに落ち葉をかいて置くと、
春になった時に芽が出やすいといいます。
落ち葉は畑にいれればいいし、
一石二鳥。

10月の里人塾でやろうか、という話にもなりました。


喉が渇いたときに見つけたもの、


イタドリ。
一番背の高い憲ちゃんが、
採ってくれました。
皮をむいてかじると
みずみずしくて、
ちょっとすっぱくて、
疲れがとれる。

「なつかしなぁ」
と憲ちゃんとかわちゃん。

正味1時間くらいの、
山のお散歩。

とっても楽しかったです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

いよいよ、巣箱設置
捕獲箱も、継ぎ足す重箱も完成して、
後は設置するばかり。

ではありません。

我が家は自分たちの土地を持っているわけではないので、
巣箱を置く場所の周囲の方たちに、
きちんと許可を頂く必要がありました。

タケさんのワークショップや、
みつばち関係の本やホームページを見て、
自分なりにここがいいかなと思ったのは、
山んなか畑の隣の耕作放棄地。

つまり栃尾の住人たちに許可を頂かなくてはならないのですが、
ありがたいことに誰一人として反対することはなく、
「やってみればいい」と背中を押してくれました。

師匠、桂一まも
「昔やってみようと思ったことはあったよ」と。

明宝でも昔から、みつばちを飼育していた人はいたようです。
山のどっかにアカシア(みつばちの蜜源になる)もあるらしいです。

決して、飼えないことはない。

問題は、巣箱に入ってもらえるかどうか。
もしくは、どこか蜂球しているのを見つけて、
捕獲しにいくか。


タケさんに分けてもらった、
蜜蝋の搾りかすを塗り、
蜜蝋をたらします。

みつばちは、古民家好き。
作ってから、この日までちゃんと野ざらしにして、
ピカピカ感は抜けました。

巣箱の準備をしていたら、
井普請(いぶしん)を終えた栃尾の人たちや、
里人さん(里人塾に参加してくれている人たち)が集まってきてくれて、
組み立てるのを手伝ってくれたり、
知り合いの養蜂家さんのことを教えてくれたり、
とってもありがたかったです。

みつばちにはどうも、
人を引き寄せる力があるようです。


こんな感じで設置。
東向きに1つ。南向きに1つ設置しました。

巣箱の真ん中についているのは、
分蜂誘引剤。
女王蜂の出すフェロモンと同じ香りがする
キンリョウヘンという蘭を本当は使うんだけれど、
開花の時期と捕獲の時期が合わなかったり、
キンリョウヘンそのものが高価だったりするので、
今はこういう便利なものが売られています。
(これも結構高いのだけれど)

ちょうど栃尾では桜が満開。
そんな花につられて、みつばちたちがこの巣箱を見つけてくれないかしら?

桂一まに話をしたとき、
「花が少ないからなぁ…」と。
確かに。

でも、こんなイベントもあって、
花が咲く木もたくさん植えるので、
将来的にはみつばちがたくさんいる里になるといいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



みつばちの巣箱づくり 重箱編
先日、捕獲箱は2つできましたが、
捕獲できた場合に足していく重箱部分が
足りないので、それも作ることにしました。

だって、入ってからでは遅いでしょ。

里帰りついでに
カーマ21で資材や道具を買い込む。
板については、
加工する道具がないのでプレカットをしてもらう。

ここで悩んだのは、
インパクトドライバー。
前回の時はお借りしたのだけれど、
今後のことを考えて、
1台手持ちで持っていても良いのではと思い、
(わっちーも欲しがっていた)
買うつもりでいったのだが、
予算内で見合うものがなく。

そんな時、
店員さんが、
「ドリルドライバーで穴をあけてから
ネジを打ち込んだ方が、
仕上がりもきれいだし、
真っすぐネジも入りやすいですよ。」

そう、我が家にはドリルドライバーならあるのだ。

前のブログでも書いた通り、
なかなかインパクトドライバーを使いこなせなかったサミー。
いちいち穴をあけてネジをうつという、
2段階作業で遅れをとった。

じゃあ、ドリルドライバーでいいじゃん(笑)

で、早速。



バーナーでスギに焼きを入れます。
中学生の時にこういうのやったよなぁ。

そして、ドリルドライバーで重箱を作ります。

穴をあけても、ネジがまっすぐ入っていかないのもあるのは、
ご愛敬で。

ドリルドライバーでも何とかできました。
ただ、インパクトドライバーよりもパワーがやっぱり弱いので、
時間がかかるような気がします。

インパクトドライバーのパワーに慣れていなかったり、
パワーに負けて、ネジをよく飛ばしてしまうような、
かよわき女子にとっては、
ドリルドライバーで穴あけ+ネジの方が、
結果的には早くて、確実なのかなぁと思います。

私の場合は、少しインパクトドライバーに慣れてきたころだったので、
ドリルドライバーでは物足りない感がありました。

でも3箱作るころには、
右腕がダルダル。
でも、頑張ります。


みつばちが作った巣が落ちてしまわないように、
針金を取り付けます。


先日、買い忘れて取り付けることができなかった、
巣門も取り付けました。
開閉しやすいように、釘で取ってもつけました。

この日は6段。
本当は7段作る予定だったけれど、1枚節穴があいていて(泣)
板を買うときによく確認するべきでした。

作っていたら、
むっくむくのクマバチさんが、やってきました。
結構でかいので、怖がってにげてしまいましたが、
後で調べてみると、
クマバチもみつばち科。
来ていたのはオスだったようで、
オスは毒針は持っていないのだそうです。
巣をつくる場所を探しているのだとか。

ごめんね。
これはあなたたち用の巣箱じゃないのよね。

さて、いよいよ明日は巣箱を設置します。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ









さぁ、忙しくなりますぞ。
明宝にも桜前線がやってきました。

午前中は山んなか畑。
2人でジャガイモとサトイモを定植。
葉物の種まき。

途中、こんなものも見つけたりして。

生まれたての土筆。
スギナはいっぱい生えてくるけど、
土筆はなぜか少ないんだよね。


畑のあちこちに穴や、
土がこんもり盛られたところが・・・
きっとモグラの仕業か。

この地下にどんな秘密の道が掘られているのか?

いやいや、手を打たねば。
風車を大量生産するか。

午後からは山葵田へ。

わっちーの言っていたように、
今年はしっかり蕗の薹が残っている。
こんなことなら、採りにこればよかったかな。



山葵田では
山葵にかぶせたネットを取る作業。
ネットの下でもわりと元気なので、
安心。

しっかり花も咲かせていて、
早速少し頂いていく。


しっかり辛味を出して、
醤油漬けに。
さとがえりのお土産にする。

今までは、
先に動物に食べられてしまって、
なかなかわさびの花を手に入れることができなかったけど、
今年はちゃんと頂くことができて、
本当にうれしい。

何度か漬けるチャンスがあるといいんだけれどな。
まだ、辛味の出し方が難しくて。

山も畑も楽しい季節になってきた。
さぁ、忙しくなりますぞ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


今年初、いざワサビ田へ

わっちーです。以前から嫁のサミーにブログ書きをススメられていたのですが、筆不精の上、文章力もあまり無いので、これまで敬遠しておりました。
しかし、今回は書きたくなることがあり、初めて長文のブログを書かせてもらいます。

先に結論をばらしてしまいます。
4年前から手掛けてきた水沢上のワサビ田再生ですが、先日、今年初めて様子を見に行き、何と‼4回目にして初めて何の被害も無かったのです‼
これまでは雪融け後、ワサビ田に行ってみると、(推測ですが)人やら、動物やらに荒らされてガッカリさせられてばかりでした。
ところが、今回は昨年末に植えたワサビの苗に直接、ネットを掛けて冬越しさせてみましたところ、荒らされた様子はなく、ほぼそのままの状態だったんです‼
本当にホッとしました(涙)では、順に紀行文タッチにて書いていきます。

今年は、スキー場の勤務を早めに上がらしてもらったこともあり、早速、ワサビ田の様子を見に出掛けました。
今回は偵察ということで、一人です。
この冬は雪がかなり少なかった為、いつも車を停めている広場と周辺には全く雪がありません。
ウェイダーを履き、いざ、ワサビ田に出発‼でも、心の中はドキドキです。
今年もまた、ワサビの苗が無くなっていたら、どうしょうーとか考えながら…。
でも、天気が良く、割と暖かいので、寄り道しながらのワサビ田行きになっていました。
道を外れて何かいないか探したり、段差の大きい石の所に別の石を持ってきて、階段状にしたり。

吉田川の河原にさしかかると、小さなフキノトウを発見‼


 

少し川寄りに入ってみると、いくつものフキノトウが点々と顔を出しています。
意外と数あったんやーと、新たな発見でした。
毎年見かけているのですが、そんなに数を見たことがなかったのです。

中には食べられているものも。動物たちも春を感じているのかなあ。


 

いつも対岸に渡る場所まで来てみると、なんとなく、また川の様子が変わっている感じがしました。
また大きめの石がゴロゴロしていたのです。
おととしの夏、とんでもない豪雨に見舞われた後、川の状況が一変してしまいまいた。
その後、少しずつ川の状態は変わりましたが、昨年末最後に来た時とまた、今回も変わった感じです。
この冬の間にも強い雨が降ることがありましたので、また変わったのでしょう。
自然の力はすごいし、おもしろいと改めて感じました。

(写真の中にゴリラがいるー!?)
 

今回、川を渡るのは何の苦労もありませんでした。
例年なら、雪融け水で水量がかなりあることが多いのです。それだけこの冬は雪が少なかったのでしょう。
逆に夏場が心配です。

吉田川を渡り、いよいよワサビ田にたどり着きました。
何はともあれ、ネットを被せてあったワサビ達、大丈夫かー!?


 

大丈夫でしたー‼むしろ、少し成長しているのか、窮屈そうな苗も。



いやあ、良かった、良かった。
とりあえず、一安心です。
早く周りの囲いをしっかり直して、動物に侵入されないようにしなければ。
その上でネットを早くはずしてあげなきゃと、これからの活動に色々思いを巡らすのでした。

今回は様子見と水の取り入れ口を直すぐらいのつもりでしたが、取り入れ口の直しが大変でした。
隣の沢から水を引いていますが、その沢も流れがやや変わっており、パイプの先が水からはみ出してしまっていました。
うまく水が流れるようにパイプを設置する為の勘考に苦労しました。

隣の沢だけでなく、吉田川のもっと上流の沢からも水を引いており、そちらも取り入れ口掃除に行ってきました。
パイプの途中にドラム缶で中継している箇所がありますが、ドラム缶の上にネットが張ってあります。
上流からそこにパイプで水が流し込まれているのですが、ネットに落ち葉やコケが溜まっています。
それを除去していたら、コケがもぞもぞ動きました。
なんだろうとよく見ると、緑色した芋虫がいるのです。
昆虫好きな私ですが、何の幼虫かは分かりません。
しかし、こんな危なっかしく、ネットの網目に繁茂しているコケのなんと狭い所に生息している虫に感心してしまいました。
自然のしたたかさとでも言いましょうか。

大体、今日できることを終え、帰路につくことにしました。
帰り道は、まず囲いを直して、早く苗のネットをはずさないととか、U字溝の砂利や泥を除去し、ワサビ田奥の半分ぐらいの土かきをして、苗を一気に植えるかなど、たくさんやることあるぞーと頭の中がいっぱいになったのでした。

帰りも河原で、太いヤナギの幹に謎の穴を発見したり、別のヤナギに木の近くにタラノキを2本発見したり、でも大きな木の傍だから、うまく育つかな?(タラノキは日の当たりの良い所でないと成長しないので)とまた、新しい発見がありました。

一体、何の穴?


タラノキが2本生えています。わかるかな?


いやあ~、水沢上って本当におもしろい所ですね‼ではまたお会いしましょう‼(水野晴郎さん風に、って古いか)