森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1916254
Today:538
Yesterday:629
みつばちに会いに行く
郡上八幡では、
サクラのつぼみがパンパンに膨れてきたころ、
きっと桜が咲いているのを見られるかなぁと思って、
行ってきました。

1月から3ヶ月連続で参加している、
みつばちのワークショップ。
3回目は実際に講師の白金丈英さんのフィールドで、
実際に養蜂の様子を見せてもらいました。


住宅街の中にある、
小さな自然農の畑の片隅に
巣箱が設置されていました。


います、います。
天気が良くて、
(明宝に比べたら暑いくらいだった)
みつばちたちは穏やかに、
飛んでいました。

よっく見ると、
8の字を描いている。
昔、英語の教科書とか、
言語学の本に載っていた、
8の字ダンスかなぁ。
これで、蜜源の方向と距離を伝えるんだって。
つまりミツバチの言葉ってこと。

自然農の畑には、
トウ立ちした白菜が、
菜の花を咲かせていて、
その花の蜜を一生懸命かき集めて、

足にいっぱい花粉をつけて、
また巣箱に戻っていく。

その姿がなんとも健気で癒される。
可愛い。

実際に巣箱の設置の仕方をレクチャーして頂いた後、
ゆるりがもりさんで交流会。
ここが、ものすごく素敵なところで、
一人テンションが上がっていました。



ワークショップを通じて、
人と人とのつながりを、とのタケさんの考えで、
開いてくださった交流会。

すごく、あったかい方たちがいっぱいで、
もっとたくさんお話ししてみたかったなぁ。

何より、実際にみつばちと暮らしていらっしゃる方の
お話しも聞けて、イメージがわいたし。

とにかく、やってみよう!
(いろいろ思うことはあるけど)

っていう感じです。

元来虫好きのわっちーに、
ミツバチの本を見せたら、
いたく、雄蜂に同情しておりました。
身に思うことがあるのでしょうか??


明宝近辺、お近くの方々、
みつばち興味のある方、いないかなぁ?
一緒にやれると、
もっと面白いと思うんだけれど。

そして、明宝近辺で、
もしか、みつばちたちが蜂球してたら、
駆除しないでください。
採りにいけるところなら、
採りに行きたいです。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


ハザカイキ
冬の間、畑しごとをお休みした分、
毎年、この時期は一番自給率が下がる。

それでも、

トウ立ちした白菜や、


雪の下に眠っていた
人参。

そしてそして、
畑中にはびこっている、

ハコベ

花が咲く前が
やわらかくて美味しいそうで、
一掴み分採って、
おひたしにして食べてみた。


白菜、カブの花芽と一緒に
そぼろ丼の彩に添えてみた。

このハコベのおひたしが
結構おいしくて、
この後、何度も摘んでは食卓へ。

来たるべき(笑)山菜の季節に向けて、
ハコベ塩も作ろうかと思って、
春の日差しのもとで干しています。
(車の中ですが。)

調べてみると、
胃腸によいそうで、
そういえば、春の七草の中にもはいっていたよね。


こちらさんと共に。
こちらはぺんぺん草ともいわれる、
ナズナ。

春の七草って、本当は、
今の時期に食べるものなのではないか、
と思う。
カラダの大掃除という意味でも。

ハザカイキでも、
こんな風に野草を楽しむことができます。

しかし、
小さいので、
採るのがちまちまして大変なのと、
洗うのもちょっと大変なのよね。

採っても、採っても、カサがないしね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

DIYに挑戦!~日本みつばちの巣箱づくり
1月に
美濃市にあるマーマーマガジン主催の、
「日本みつばちとともに生きる」ワークショップに参加して、
そのことをブログの記事にもしたところ、
あちこちから、みつばち情報が集まってきて、

これは、明宝でもやれるかも、
と期待が膨らんできました。

なら、引き続いて、
巣箱づくりのワークショップにも参加してしまえーと。

みつばちの巣箱にもいろいろな種類があるのだけれど、
今回作るのは4段式の重箱式巣箱。

パーツは予め講師の白金丈英さんが準備してくださって、
当日はそれを組み立てるだけなのですが・・・

動力工具と相性の悪いサミー。
インパクトドライバーと仲良くなるのに一苦労。
どうしてもネジが斜めに入ってしまう。

仕方ないので、
先にドリルで穴をあけておいて、
そこにネジをねじこむという、
2倍時間がかかるやり方でやることに。
(確実性はUP)



案の定、ほかの参加者さんに遅れをとり、
4段のうちの1段は講師のタケさんに制作してもらうことに。
トホホ。

今回はお土産に、
もうひとセット捕獲用の巣箱ができる分の
パーツを頂いたので、

インパクトドライバーを友人に借り、
我が家のカーポートを作業場に、

DIYに挑戦!

心配そうな顔してみるわっちーを後目に、
自力で組み立てる。

(ネジの長さを間違えて買ってきてしまった失敗はさておき)




これで、
捕獲用の巣箱が2セット完成。
いや、右側のはまだ門が完成してないけど。
(丸くぎがなくて)

日本のあちこちから、
もう分蜂の知らせが届いています。
早いなぁ。
サクラが終わるころ、って聞いていたのに。

巣箱の設置場所を決めなくては。
まだまだ準備はあるぞ。

そしてこの週末には
講師のタケさんのフィールドへお邪魔して、
じっさいにみつばちが飼われている様子を見てきたいと思います。
ワークショップの詳細はこちら

さてさて、どうなることやら。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



畑しごと、始動!
陽が長くなり、
ぽかぽかと暖かくなってきました。

久し振りに入った山んなか畑。
なぜか青々としている(笑)

よっく見てみると、

ハコベの花や


オオイヌノフグリの花が咲いている。

土に触れると、じんわり温かい。
そろそろはじめますか。

ということで、

ブロッコリーとキャベツの苗を植え、
キヌサヤエンドウとスナックエンドウと
レタス、春菊、小松菜の種を蒔きました。

春の葉物野菜は虫がつきやすかったり、
上手く発芽できなかったりで、
毎年失敗するのですが、

アブラナ科+キク科の組み合わせで、
虫が付きにくくなるという、
コンパニオンプランツの考え方を取り入れて、
種を蒔いてみました。

まぁ、そもそも発芽に失敗したら、
元も子もないんだけれど。


これはたぶんブロッコリー
スティックセニョールという、
丸くならず、茎が長く成長する品種のもの。
どんなふうに育っていくのか・・・??


ネットをかぶせてあるところが、
今日、種まき&定植をしたところ。
その奥の畝には玉ねぎが植わっています。
次は、じゃがいも&里芋の畝の準備。
たい肥もいれないと・・・

でも焦らず。

今年も無理せずゆるゆると、
畑しごとを楽しみたいと思います。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






おにぎりさん

こんな可愛らしいものを
作ってみました。

おにぎりを持ち運ぶときに、
これに入れていけば、
三角のまま!

前回作った八つ目の手提げかご 
このかごを編むのに作ったときに、
巾がせまくなっちゃったり、
薄くなりすぎちゃったりした、
失敗作のヒゴをストックしておいたら、
こんだけ、できました。

うちはいつも、
わっちーは3つ、
サミーは2つ。

一個足りないなぁ(笑)

小さいから簡単?
っていうことはなくて、
細かい作業も多く、
厚さが0.1㎜違うだけで
形が整わなかったりするから、
繊細だなぁと。

4つ作ったけど、
一番上手にできた(と自分で思う)のは、
一番最初に作ったやつだったりする。

今回初めて、バーナーで竹を曲げるっていうことも、
してみました。
折り曲げたいところをバーナーで温めて、
折り曲げるのだけれど、
「今だ、という瞬間がわかる」
と説明されて、
まさに、その通りでした。
それより早すぎても、遅すぎても
上手くいかない。

それが駆け引きのようで結構面白かった。

次回作は…ちょっと大物に挑戦します。
できたぁ報告は、
かなり後になる予定(笑)


竹細工の教室で、
一緒に作った方と。
形が様々で、手作りの味が出ています。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
充電期間?!
アクセスカウンタが(毎日)1000を超えているのだけれど、
空振りばかりですいません。

里山暮らし、
冬はいったい何をしているのか?
畑もお休みだし、
山葵田にも行けないし、

充電期間と称して、
のんびり過ごさせてもらっています。
あまりに怠惰で、
ブログに書くネタがない?っていうのが、
正直な所か…


オンシーズンは、
なんだかんだと時間が取りにくいので、
ここぞとばかり、
日頃できない箇所の大掃除。
1日1か所エリアを決めて徹底的にやる。

そして、保存食やストックの在庫確認。

それを上手く利用したごはんづくり。
おかげさまでスッキリしてきています。

今年は畑で何を、どうやってつくろうか、
作戦会議。
今年はコンパニオンプランツの知恵を、
もっと利用してみようと思っています。

また、
前にブログにも書いたのだけれど、
ニホンミツバチの飼育に挑戦してみようと、
思っています。
まだまだ勉強不足で、本当にできるのか?
先日ミツバチの巣箱はつくってきました。
(またブログ記事にします)

そもそも私、
ハチとか、
刺されるものがとっても嫌いなんだけれどなぁ。


昔は冬の間の仕事に困っていたそうなのだけれど、
この冬の間に、
1年の総まとめと計画を練る時間があるというのは、
私にとってはとてもありがたい。
さむーいところで畑仕事もしたくないし(笑)


というわけで、
わっちーも、サミーも
それぞれの職場での流行り病に負けず、
元気でぴんぴん、生きています。

空振りしていたみなさん、
(一体どのくらいの人たちがいるのだろう?)
これからも、懲りずに、
見守っていただければ、
とっても嬉しいです。

そして、心から感謝です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ