森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1918050
Today:949
Yesterday:745
明宝寄席 20周年
毎年この時期恒例の
明宝寄席。

今年で20周年とのこと。



動物の鳴きまね芸を披露する
江戸家猫八さん、子猫さん親子。

東京でやっている寄席をそのまんま
明宝でもやっているとのこと。
本場の芸を間近で見られるのは
すごいことだと思う。

そして、今年は、
寄席後の打ち上げの席にお呼ばれし、
少し噺家さんたちとお話しすることもできました。

20年間、明宝の地域の人たちとのつながりを
大切に築いてきたんだなぁと感じる宴でした。

とっておきの「芸」も拝見することもできたし。

明宝のすごさを改めて感じた夜でした。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
渾身の一作

出来ました。
八つ目の手提げかご。

自分でいうのもなんですが、
渾身の一作です。
出来上がって、
めっちゃ達成感。

これは作り方がはじめにあるわけではなくて、
これくらいの大きさで作りたいと決めて、
ヒゴの太さや本数など計算して、
また、作りながら修正して、
(もちろん教えてもらいながら)
自分好みに作り上げたから、
なおさらうれしい。

大変だったけど、
楽しい作業でした。



中にはあずま袋がぴったり。
手提げ紐にしている真田紐も取り換え可能。
気分によって、いろいろ楽しめる(予定)。
めんどくさくてやらないかも・・・だけれど。


籠の写真を撮っていたら、
足元に

春がやってきていました。

このカゴもって、
どこへお出かけしましょうか♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
里山暮らし体験~味噌仕込み編

昨日から例の寒の水で浸水した大豆が、
ふっくらと煮あがりました。
プーンと甘いいい香りがします。
里山暮らし体験、
お客様の到着を待つばかりです。 


今、うちにストックのある味噌。
一つ一つ説明しながら味見。
こんだけ味噌があると、
その日の体調とか、気温とか、気分とか、
ブレンドしたり、そのまんま使ったり、
いろいろ楽しめるのです。

味噌は生き物。
楽しい気分で作ると、
きっと美味しい味噌になる。

たとえ、瓶に味噌玉を投げ入れるときに、
大外ししたとしても(笑)

二人とも、外し過ぎです!!
写真とっておけばよかった。


無事に瓶におさまった、
味噌のもと。
表面をきれいにならします。

どうしてもカビが生えてしまうのだけれど、
できるだけ防ぐ方法とか、
このあとの蓋の仕方とか、
本にはなかなか載っていないことも
お伝えしました。

これで、来年まで放置。
参加してくださった方は、
自分好みの味噌を見つけ、
それを作ってみるそうです。

そういうの、嬉しい♪

お昼ご飯は、

郡上の地味噌をつかった、
味噌煮。
つけもんみそ、とか、そうめんみそ、
とも言います。
漬けもん(白菜の切漬け)もそうめんも入っています。

これをごはんの上にのっけて、
食べるともりもり食べられます。

この時期はネギがとっても甘くて美味しいので、
ネギたっぷり。
風邪の予防にもなりますね。


そして、おやつは


ヨモギもちに善哉。
クラッカーの上には
クリームチーズに夏みかんマーマレード。
キンカンの甘露煮
そして、ゆべし。

ゆべしにクリームチーズを添えて食べると、
とっても美味なマッチング。
新しい発見でした。


味噌仕込みが終わると、
なんとなく、保存食づくりがひと段落。
少し充電の期間をもらって、
また春、畑仕事をはじめます。

昨年3月から始めた、
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編も、
これで1年目終了です。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



ニホンミツバチが飼いたい
美濃市にあるマーマースクール主催で行われた、
「日本みつばちとともに生きるワークショップ」に
参加してきました。



生態系を支える日本みつばちが
以前から、どんどん減っていっているとは聞いていて、
山や畑に関わるものとして、
一度話を聞いてみたいと思ったこと。

講師の白金丈英さんは、
まだ明宝に来る前、いなか暮らしに憧れていたころ、
知人を通じて、田植えを手伝わせてもらったり、
(今考えると手伝いにもなっていなかったよなぁ…)
話を聞いてもらったりした、
いわば、
田舎暮らしの先輩と再会したかったこと。

そして、
もし明宝で日本みつばちを飼うことができたら、
とっても美味しいはちみつを自給できちゃうかも・・・


そんな3つの動機があって、
参加してみました。
もちろん、一番大きなのは3番目であることは、
いうまでもありませんが(笑)


日本みつばちの話は、
全くと言っていいほど、初めて。
とても分かりやすい話に納得なんだけれど、
でも、知れば知るほど、奥が深くて、
どんどん知りたくなってくる。

今、サミーの頭んなかはミツバチのことでいっぱいです。

果たして、明宝に、栃尾にミツバチはいるのだろうか??
虫好きわっちーに話すと、
この寒い気候のなかでもミツバチが果たしているのか?
と。

夏、畑にちいちゃい、はちみたいな虫がいっぱい飛んでいた…
ような気がするんだけれどなぁ。

でもサミーの「ような気がする」ということばほど、
あてにならないことばはない。
特に、虫に関しては(笑)

あと、ハチの巣箱を置くことによって、
クマとかがでてきちゃったらどうしよう…とか。

まだまだ調べてみたいこといっぱいです。

講師のタケさんの話の中で、
一番印象に残ったこと。

(いろんな)情報を鵜呑みにせず自分の頭で咀嚼して、
自分で答えを見つけることが大事。


日本みつばちのことを知ると、
いろんなことが見えてくる。
減ってしまった原因に、
F1種の種や、農薬のこと…
電磁波や放射能。
自分たちの1つ1つの行動が、
自然に少なからず影響を与えているということに
気づかされる。

誰かが、いいとか、わるいとか言ったことを、
そのまま受けるのではなく、
あらゆる面から見て、聞いて、確かめて、
そして考えて、
自分にとって納得のいく行動をすること。

自分も
自然豊かな里山に暮らしながら、
自分自身がちゃんと納得がいく行動がとれるようになりたいものだと思いました。


貴重な蜜蝋で、
蜜蝋クリームを作りました。
手先が乾燥する季節。
大切に使いたい。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ