森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866200
Today:681
Yesterday:1329
ねずしを仕込む

今年は年内に、
大根を切ることが出来ました。

大根も、人参も、山んなか畑で採れたもの。
少し大きめに切ってみた。
そしたら、人参がちょっと多すぎたわ。





今年はあまり寒くない。
美味しく漬かるだろうか。

いつもより、
ちょっと塩多め、
ちょっと重石重めにしてみた。

本当に、
里山暮らしは毎年1年生。

今晩からぐっと冷え込みそう。

あったかい冬にも、
ぐっと冷え込む冬にも、
ありがたや、ありがたや。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


源右衛門のクリスマス?~餅つき
毎年、何らかの形で餅つきをして、
源右衛門さの餅花を作るのが、
明宝に来てからの年末行事になっている。

今年はありがたいことに、
雪がまったくなくて…
スキー場のオープンが延期になって 
今年はわっちーも参戦。

川を挟んだお向かいさんと一緒に、
餅つきをする。





朝から、白餅4臼、豆1臼、草餅1臼とついたのだけれど、
なんだかとってもスムーズにいって、
昼前には全部つき終わるということに。

つきたてのお餅の美味しいことといったら。
漬物と一緒に味わいました。

昼からは、餅花づくり。



なぜか、里人さんのかわちゃんも(笑)
来てくれないかなぁとウワサをしていたら、
本当に来てくれました。

しかも、
手作り門松をもって。

まるでサンタクロースのようです。



今年の餅花はこんな風に飾られました。
これができると、ホッとします。
嬉しい♪

玄関には

お鏡さまとかわちゃん作の門松を。


我が家の玄関にも、
飾られました。
餅が大きく、多くて、枝が折れそうです(笑)

まったく、クリスマスらしくない、
里山のクリスマスでした。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





出来はいかに?~柚餅子(ゆべし)
先日、
初挑戦で作ってみた柚餅子(ゆべし)



我が家の軒先で干されること、
約2か月。



こんな感じになりました。

そういえば、
柚餅子って食べたことがない。
聞くところによると、
高級菓子なのだとか?

薄くスライスして、
食べてみる。



普通に美味しい…
これで合っているのかどうか、不明。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
土、再び。

先日の雪は、
このところの暖かな日続きで、
全部とけて、再び土がお目見えしました。

(こんなことなら、
慌てて大根収穫せんでも良かったかも…)

でも、のんびりしていると、
また雪が降るかもしれんので、

残っている白菜とカブを収穫。

今年はカブがいまいち。

これでほぼ原寸大(笑)
種の袋には「小かぶ」と書いてあったけれど、
いくらなんでも小さすぎでしょ。

あまりにもぽかぽかで、
収穫したかぶや大根、人参を水路で洗っていても、
全然寒くないのはとってもありがたい。

人参は収穫しきれそうにないので、
土をかぶせて越冬させてみようかと思う。

山んなか版「春待ち人参」か。

一気に収穫すると、
後が大変。

大根なんかは冬中食べられるように、
保存したり、

あとは漬物。


あまりにも小さいかぶは、
赤も白もそのまんま塩漬けに(左)

お隣さんから分けてもらった赤カブは、
甘酢漬けに(右)

収穫した白菜は、
保存用を除いて、切り漬けに。

本格的な雪になる前に、
やることはたーんとある。

今更ながら、なんでこんなことやってるんだろう?
と思うこともある。
スーパーに行けば買うこともできるし、
一応、帰るだけの経済力もある。

でもさ、
自分で作ることの楽しさや、
安心感、
お金では得られない贅沢さは、
何にも代えられないんだよね。

うふふ、
我が道をいきます☆

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



雪の中の山葵田

山んなかの雪は、
10~20㎝くらいかなぁ。
あちこちに、動物たちの足跡や、
落ち葉の落ちた跡がついている。

広葉樹の森の雪景色は、
本当に明るくて、広々としている。

紫外線がちょっと気になりながらも、
楽しく歩く。


凛と立ったトチノキさま。
こちらも思わず背筋が伸びる。
いつも見守ってくれていてありがとう。


山葵田も冬越えのものは
ネットや寒冷紗で養生をし、
1年以上たったものは収穫をするも…

お見せできるような山葵はなかなか収穫できず。

ちょっと悲しく、切ない収穫でした。

雪が降り、
シカさんたちは
綺麗に葉っぱを食べてしまっています。
これはまだましなほうで、
食い意地の張っている奴は、
山葵の根茎の頭もかじっていました。

こちらは頭にカチンときましたが、
あちらもさぞかし、鼻にツンときたことでしょう(笑)


12時過ぎ。
山葵田の日の入り。
太陽が沈むと、一気に温度が下がります。

今シーズン最後の山葵田作業。
せっかくなので、
山葵田でご飯を炊き、
わさび丼を食べようと試みましたが・・・

あまりの気温の低さと、
わっちーの水加減の甘さで、

おかゆとご飯のあいのこみたいなのが、
炊きあがりました。



それでもわさび丼は美味かった。

鍋でご飯を炊くのは、
来年の課題。

陽が沈むと
本当に寒くて、足先の感覚はないし、
焚火のそばから離れられない。

そしてチョコレートを爆食い。


カラダを動かした方が寒さがまぎれるということで、
午後からは来年定植予定の場所を、
徹底的に掃除。

まだまだ落ち葉を掻ききれなかったところもあるけれど、
とりあえず冬越しの支度はととのいました。


これで3時半。
もう夕方のような明るさ。

里に下りてきたら、
あったかくて、ホッとする。
季節が全然ちがう。

今年はこれといった収穫ができず、
ちょっと残念な結果に。
だからこそ、課題も見えて、
来年はすこしは成果がでるといいな。

いつも山葵田作業を手伝ってくれる
山葵人(わさびんちゅ)さん、
今年も大変お世話になりました。
わっちーともども感謝しております☆
また来年も、山んなかを一緒に楽しみましょう。


さてさて収穫した、ちっちゃな山葵で、
わさび漬けでも仕込もうかな…
(これが手間のかかる作業なんだよなぁ)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






雪が降っちゃった。

畑に雪が降りました。
(天気予報では雨って言ってたのにっ)

白菜や人参は雪でも割と大丈夫なのですが、
大根は凍みてしまう。

せっかくいい感じで成長していたのに、
採りどきを逸してしまっては・・・

去年の白菜の二の舞だ(泣) 

半ばあきらめかけで、
大根の収穫。

雪をかき分けてみると、
すごい。
ちょっとした感動。

なぜって、
大根の葉っぱが傘になって、
直接大根に雪がかからず、
地上部もまったく凍みてなかったのです。

よかったぁ。

ここからはわっちーと2人で、
大根を抜いては、水路で洗い…を約50本(泣)

まだ、2人だったからよかった。

雪仕様じゃない長靴だったから、
つま先は凍るように冷たくて、
むしろ、水路の水が温かく感じるほど。


収穫した大根の写真を撮る余裕はない。

でも、
これには思わず。

ラブラブな大根。
ほんとにHUGしてるみたいだ。

この後、
青首大根はもう一度きれいに洗って、
我が家の軒先に。



長いのや、
短いのや、
先の折れちゃったのや、
不ぞろいやなぁ。

来年はもうちょっと品質を高めたい。

2週間後ぐらいに、たくわん漬けを仕込む予定。

そしておでん大根は、
ねずしと冬の間のストック野菜として、
保存。

短いのは、
べったら漬け用に下漬けする。
こちらは1週間後ぐらいに甘酒で本漬け予定。

こっから先、
漬物仕込みで大忙しです。

******************************
10回めの
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編は、
白菜を収穫して、切漬けをみんなで仕込もうかなぁと思っています。
里山ごはんも、その切漬を仕込んでいる間に、
コトコトじっくり煮込むお料理を考えています。

寒いから、雪が降るから、と
足が遠のくかもしれないけれど、
寒いからこそ、
雪が降る季節だからこそ、
感じることができる里山暮らし。

ぜひ、ご参加くださいませ。
12月12日ですよ。
******************************

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ











わさび田の生き物
今日、わさび田に行きました。作業をして、わさび田の中を歩いていると、直線的波立ちが!!何かいるゾ!!捕まえてみると、かわいらしい手のひらサイズのイワナ君でした!!byわっちー