森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866162
Today:643
Yesterday:1329
冬支度がはじまっています
あんなににぎやかだった畑も、


夏野菜はほどんど片付けて、
ピーマンたちが残るのみ。
次のシーズンに向けての準備を少しずつ
進めたいところですが…遅々としてすすまず(笑)

秋野菜たちは、

赤かぶに、


白かぶ。

例年に比べると、成長が遅いよなぁ。
大きくなるかしら?


虫食いに悩まされた、
大根も青々としてきました。
ここまでこれば、大丈夫。


ちゃんと根元には大根が大きく育っています。
(虫もついてるね。)

そろそろ少しずつ間引きして食べようかしら。


本日の収穫かご。
ピーマン、ししとうだけはまだまだなります。
霜が降りるまでは食べられそう。

パプリカも色づいてきました。
雨が少ないので腐ることなく、
たくさん実をつけています。

まだ、採れるのはありがたいけれど、
ピーマン、少し飽きてきたよなぁ。

ネットに出ていた、
「タモさんのピーマン」でもつくってみるかなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






秋野菜は手間がかかります~里山暮らし体験
せせらぎ街道も少しずつ色づきはじめた頃、
汗ばむくらいの陽気のなか、
8回目の里山暮らし体験を開催しました。

今回の参加者は女子3名。
諸事情により、まちやど管理人きむきむが、
不在のため、
畑しごとの写真が撮れていません。

まずは、
落花生の収穫。

写真の真ん中、赤い茎のとこをそっとぬくと、
その先に、落花生がついています。

そして里芋。
赤だつと青だつ2種類収穫して、
今夜は味比べ。

さらにさらに、人参と大根を間引いて、
ピーマンとししとうを収穫。

秋野菜はただ収穫するだけでは、
台所に持っていけません。

畑の脇を通る水路で、
ひたすら洗います。
お山に陽が沈む前に…

でも、女子4名、
おしゃべりしながらだとあっという間。
暑くもなく、寒くもなく作業ができるありがたさ。

おうちに帰ってからも、
まだまだ手間がかかります。

採ってきた、落花生、里芋、赤だつを
みんなで手分けして皮むき。
指が痛くなるし、
あくで真っ黒になるし、
それもみんなで大笑いしながら、
楽しく手作業。

ようやくお鍋の中に投入しても、
火が通るまでに時間がかかるのも秋野菜。

ことこと、じゅーじゅー、
火を入れます。

ようやく出来上がった里山ごはん。

・ジーマミー豆腐(本わさびを添えて)
・里芋の煮っころがし(柚子皮を添えて)
・きぬかつぎ(生姜醤油で)
・芋茎の炒め煮
・ピーマン、ししとう、パプリカの丸焼き
・茹で落花生
・人参スティック
・お味噌汁(大根間引き菜、里芋、揚げ)
・玄米ごはん
・お漬物(たくわん、赤だつ、穂紫蘇、柴漬け)

よく言えば、ホッとする、落ち着く食卓。
でも地味だよなぁ…(笑)

それでも、
採れたばかりの里芋の味は格別だし、
なんといってもこれ。


ジーマミー豆腐のおいしさと言ったら。
みんなで手間暇かけて作ったこの味。
もう、食べるのもったいなくって、
ちびちび、食べました。


ピーマンやししとうの丸焼きは、
種もワタもそのまんま頂きます。
そのおいしさにびっくりされていました。

塩ゆでしただけの落花生も、
みんな止まらなくなっていました。
参加者のお一人は、「茹で落花生を見直した」とまで。

このタイミングでしか味わえないごはんを、
みんなで共有できる幸せ。
ありがたいことです。


甘いものは別腹、ということで、

食後のデザートは、
2色の鬼まんじゅう。
クルミとレーズンも入っています。

鬼まんじゅうって全国共通だと思っていたけれど、
違うのねぇ。

来月は11月14日に開催します。
少人数しかお受けできないので、
お申し込みはお早目がオススメです。
郡上八幡ゲストハウスまちやどまでお申し込みくださいね。

来月は何が採れるかな。
あ、玉ねぎの定植はしなくちゃね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

手間暇をかけること
夏から秋にかけては、
どんどん収穫物が多くて、
もちろん一度には食べきれないから、
いろいろ工夫して保存食にするのだけれど、

まぁ、その保存食づくりに忙しい。

ちょっと忙しい日が続いたから、
今日一日家でゆっくり…と思っていても、
いつの間にか
台所にずっと立っている。


ししとうとみょうがの醤油漬け


きれいなピンク色に漬かった、
芋茎の漬物。

写真はないけれど、
穂紫蘇とナスとミョウガを刻んで、
柴漬け風のふりかけも作ったし。

極めつけはこれ。

栗の渋皮煮。

あまりにもお顔のいい栗が手に入ったので、
6年ぶりに挑戦。
6年前は火が強すぎたのと、
渋皮に傷が入っていたせいで、
全部煮溶けてしまい、大量の栗ペーストが
出来るという大失態。

今回はそれ以来の挑戦。

今回も、本当はこの倍の量の栗があったけれど、
剥くときに失敗して、
それは別のお料理にしたのだけれど^^;;

それでもこれだけできれば上出来でしょう。

手間暇をかけること。
嫌いじゃない。
むしろ、好きなんだろうな。

ただ、いつもいつも手間暇かけて、
料理出来るわけじゃなく、
忙しい時には、
パパッとできるものや、
レトルト、インスタントに頼ることもある。

自分の畑で作った野菜や、
地元で採れた恵みを、
ありがたく、手間暇かけて、
料理できる時間というのは、
自分にとってはとても幸せな時間。
ずっと、台所に立っていても、
全然平気なのだ。

ただ、保存食を作りすぎて、
その日食べるごはんのおかずが
全くない!
ということもしばしばある(笑)

本末転倒。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



秋野菜の進捗状況
今年は今までで一番、
上手くいっている畑。
ご近所さんにも、通りがかりの人にも、
それなりに、「ようやっとる」との
お言葉を頂けるように。

この調子で、秋野菜も…

と思っていたのだけれど、

やっぱり、
そんなに上手くはいかないようです。

発芽率が悪かったうえに、
種おろしから2週間雨続きだったせいか、
芽がしっかりする前に、
虫に食われてしまい、
写真を撮る気にもならないほど、
おぞい状態に。

白菜もネットかけていても、
レース状。

それでも「ムシコロシ」は使いたくないので、
ピンセットで一つずつつまんで退治。
これが即効性あって、確実な
「テデトール」
ただし、持続力はありません(泣)


その甲斐あってか、
なんとか巻きはじめるころには、
虫食いがおさまってきました。

朝晩、冷え込むようになったしね。


収穫かご。
夏野菜も名残。
ナスとモロヘイヤはもうそろそろおしまいかな。
ピーマン、ししとうはまだまだ元気です。
寒くなってくると、甘くなって、
それはそれで夏とはちがった美味しさ。

穂紫蘇で芝漬けでも仕込もうかしら。



落花生も
花が落ちて、実がなっているはず。
ちょうど
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編のころ、
食べごろかしら。


白菜についていた虫を
つまんでは殺生を繰り返していたのに、
野菜にくっついてきた、青虫は、
流しに流そうとしても、
意外にしぶとくて、
しばらく観察していたら、
なんとなく愛着もわいてきてしまって、
つまんでお庭に放してあげた。

自分のなかの矛盾(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

二間手白山神社の祭礼(のお弁当)
公民館のすぐ近くにある我が家。
9月に入ると毎晩、お囃子の音が響いてくる。
このお囃子の音がすると、
秋だなぁと思う。

今年は本当に秋晴れのいい天気に恵まれた。


明宝に着て
わっち―は3回め、
サミーは6回めの祭り。

今年は冒険キッズのスタッフ(若い男性)2名が、
長刀役で助っ人に入ってくれて、
お母さま方、お姉さま方が少し色めきだっていた??
かもしれません。

2日間は裏方で、
バザーの準備やら、お弁当の準備やら。

なんだかバタバタで、
気づいたら、せんご(餅まき)が終わっていた・・・
という残念なことも。

(つい、隣だからまだ、いいだろうと思っていた)

お弁当は、
ギリギリに完成。



というのも、いっぱい失敗したから。
やっぱり作りなれていないものを、
本番でやるというのは、だしかん(だめ)ね。
ビギナーズラックは効かなかったわ(笑)

わっちーのリクエストで、
毎年祭礼の弁当の時だけ作る、
タコのから揚げは、
今年が一番、美味しかったと思う。
(けど、衣がはがれてしまった)


そして、作りすぎてしまって、
おかげで、翌日はなーんも作らなくてもいいくらい、
余ってしまった。
それは、それでいいのだけれど。

もう、しばらく、
お稲荷さんはいらないね。

毎年思うのだけれど、
みんな、あんな華やかで美味しいお弁当、
どんだけ時間かけて作ってんだろうか。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ