森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1918028
Today:927
Yesterday:745
朝からお空とにらめっこ

白菜の芽。

種を蒔いてから2週間。

こんなに大きくなりました。

ポットの底からは、

根っこが出てきている。
これが定植OKの合図。

そこで、お空とにらめっこ。

朝から、小雨が降っている。
微妙な小雨。
やろうと思えばできるくらい。
でも、大根とカブの種は濡らしたくないので、
できれば雨は止んでほしい。

少し、空が明るくなってきたころを見計らって、
畑へ。

まずは、白菜。

畑に預けました。

そして、虫除けのために
トンネルネットを張る。


我ながら、きれいに張れた。
今年で6年め。
なんとか見れる形にできるようにはなったかなぁ。

このあと、紅かぶと小かぶと大根2種類種まき。
途中雨も降ったりやんだりだったけれど、
何とか出来た。

昨年は収穫前に雪が降ってしまい、
1つも収穫できなかった白菜。
今年は上手く出来るといいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







雨の中の里山暮らし体験

秋の気配濃ゆくなってきた8月末…
今月もまちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編。
なんと3ヶ月連続雨…(笑)

雨が降っても、
やっぱり腹は減る。

もう、雨予報決定ということで、
里山ごはん分の収穫は前もってやっておくことに。

今回のご参加は、
同世代の女性2名。
うちお一人はリピーターさん。
彼女が持ってきてくれた手土産にまず感動(笑)

さて、雨ですがどうしましょうか?

サミーは基本的に、
雨の日は、畑の作業はしません。
出かけるのも、正直嫌いです(笑)

…でもそういうわけにもいかないので、

栃尾の集落が一望できるところまで、
行くことに。
あまりにも雨がひどかったので、
車窓から。




これは5月の田植え前の写真。
晴れていたら、
黄金色に輝く田んぼが見えるはず。


そして、一応畑も。

傘をさしながら、モロヘイヤを摘みます。


少し、小止みになったので、
周辺をお散歩して、
ご飯づくり。

今回は、
豊富な夏野菜たちを使って、
里山ごはん改め、里山いたりあんに。


パスタ3種
・なすカルボナーラ
・人参葉ジェノベーゼ
・ラタトゥイユ
米ナスのピザ
かぼちゃサラダ
トマトと人参葉のサラダ
十六ささげの生姜醤油和え
赤だつの炒め物
クレオパトラのスープ(モロヘイヤ)

デザートは
梅ゼリー
トマトのコンポート
山ん茶



今回は、
こんなこともありました。

雨の日のおうち作業で、

用意していたこれをみて、

「私、これ大好きなんですよ。」と。

この地域では「赤だつ」とか「ずいき」とかいうけれど、
彼女の地元では「赤がら」っていうそうな。

甘辛く炒めて食べるのが大好物なんだそうで、
急遽、保存してあった赤だつを戻して、
彼女に作り方を教えてもらうことに。
それがこちらの一品。

最後に酢をすこし垂らすのがポイントのよう。

きれいなピンク色にならなかったのは、
干しずいきだからかな。

でも食感といい、味といい、
本当に美味しくて、あっという間になくなっちゃった。

食後は、
赤だつの皮むきを。
きれいにピーっと剥けるので、
みんな作業にはまってしまって、
たくさんあったのに、全部剥いてしまいました。

ありがとうございます。
半分は天日干し。
半分は漬物に仕込みます。


一つ一つのことに
「あぁ楽しかった」と笑顔になる。
一つ一つのことに、
「豊かだなぁ」と感動してくださる。


こういう暮らしがもう当たり前になってしまったけれど、
そんなふうに感じてくださる姿をみると、
嬉しいし、
自分も心底楽しいから、
こういう暮らしをしているんだな、と
改めて、確認できる。


うん、こういうのが好きだ。


来月は、
9月26日(土)に開催します。
畑はどうなっているかなぁ?
夏野菜の名残と、
そろそろサツマイモが収穫できるかも。
秋野菜のお世話(追肥とか間引きとか)と、
畑の片づけを少しずつ。

里山ごはんは秋の味覚で楽しみますか。うふふ。

お申込みはまちやどまで、お願いします。
少人数でやっています。
お申込みはお早目にお願いします☆


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

念願のピザ窯
前回の里人塾で、



あーでもない、こーでもないと、
いろいろ知恵を出し合いながら、
何とか形になった、ピザ窯。

試しに焼いてみる。



いろいろ試行錯誤しながら、
それでも、


こんな感じでできました。

やっぱり、焼き立てのピザは美味しい。
みんなでお腹いっぱい食べました。

来月は、
もうちょっと手直しして、
いろんなピザを焼いてみたいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

草引きに思う

8月の里人塾の前に。

久しぶりに源右衛門さんへいくと、
案の定、
草だらけ。

なんだか気になって、草引きしていたら、
止まらなくなって。
だって、雨の降った後だったから、
草が面白いように引けるのだもの。

でもだんだん天気が回復してきて、
太陽がじりじり照り付ける。
午後から日が当たる源右衛門さん。
やっぱりだんだんしんどくなる。

明宝にやってきたころは、
草が生えていようが、
別にどうってことないと思っていたんだけれど、
最近はすごく気になるように…

なんとなく、人の手が入っていないところのように思えて。

これから、里人塾でみなさんが来られる前に、
きれいにしておきたいなとも思って。

草を引きながら、つらつらと考える。

以前はこんなに草が生えたこと、あったかなぁ。
もしかして、
草が気になるほど生えないように、
ちゃんと手入れ(=除草剤)をしていてくれていたのかも、
しれないなぁ、と。

除草剤に関しては、
思うことはあるのだけれど、
でも、人の手をかける、ということには、
変わりないわけで、
今更ながら、感謝の気持ちが湧き上がる。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

うりの酢もみ
7月になるとどこもかしこも
「うり、なりよるか?」

うりとはキュウリのこと。
畑で育てていると、
採り時を逸したキュウリ。
それはもうキュウリではなく「うり」。

キュウリといえば、
塩イカといっしょに三杯酢につける
酢もみがこちらでは定番のよう。

いわゆる「キュウリの酢の物」。

正直、「キュウリの酢の物」に惹かれないサミー。
でも、みんなが美味しい美味しいと食べているし、
まさに畑でなる「うり」だからこそ出来る料理。
今年は、これをマスターしよう!

まずは塩イカ購入。

この、イカがいいらしい。
500円くらい。
結構、いい値段。

でも、まずはこのイカの下拵えの仕方が分からない。
近所でいつも料理を教えてもらうおかあさんに電話。

「お腹のなかの塩を出して、
洗って、うすーく切って20分くらい水につけておけば、
いいのよ」

と。

それにうすーく切ったキュウリを塩もみして、
イカと甘酢で合わせる。


大量にできた。

ちょうど先日の里人塾のときにも、
たくさんキュウリが出来たので、
また別のおかあさんに作り方を教わる。

「塩イカの塩分でキュウリを下漬けする、
やり方もあるよ。」

こちらのおかあさんは、
はりやいないので、
イカは大き目に切るとのこと。

なるほど…

里人塾のあとふきで、
桂一まがその酢もみを見て、

「もう少しキュウリを厚く切ったほうがええ」

そうか、そういう家もあるんだなぁ。

それぞれのおうちで作られている
きゅうりの酢もみ。
レシピは一つではないんだよね。
それぞれの家の好みの味をつくったらいい。

なんだかんだ言っていたら、
8月に入ってキュウリの勢いが衰えはじめ、
名残のキュウリで慌てて、
作ってみた。



我が家のキュウリの酢もみ。
キュウリは厚め。
イカも大きめ。
酢を効かせた味にしてみた。

シナシナの薄いキュウリの酢の物はあまり好きじゃないけど、
この厚さだと、ぱりぱりと食べられる感じで、
私はこの厚さが好きだ。

あれだけなりすぎて困っていたキュウリだけれど、
もう、ないってなると、
やっぱり淋しい。

憎らしい、キュウリ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



寒水おどり


郡上おどりもいいけれど、
このレアな感じが好き。

寒水おどり。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
子ども寺子屋エコキャンプ2015~キャンプの料理番より
これも毎年恒例の
子ども寺子屋エコキャンプ。

2011年に始めたから、
もう5回目になるんやなぁ。

今年は最多32名の小さな里人が参加してくれました。
女の子も半分以上いて、
中学生のボランティアも数名いて、
1日目のカレーを作ってくれるおかあさんからは、

「今年の子んらは、ちょっとおとなしいない?」って。


まぁ、一日めだったからでしょう。

キャンプの料理番としては、
今年ほどヒヤヒヤしたことはありません。

みんなよう食べる。

羽釜で3升炊いても、
ペロリ。
いつもは余る桂一まのトマトも、
1つも残らず。

(もちろん、多めに持ってきてくださるのだけれどもね。)

たくさん、おすそわけ頂いた野菜たちが、
みるみるなくなっていきました。

(最終日のスタッフの賄いで何か作ったのも
はじめてのこと)

もちろん、
美味しく、たくさん食べてもらえることは、
料理番としては何より嬉しいことであるわけで。

3時間、一人で天ぷらを揚げ続けた甲斐がありました(笑)

天ぷらなべから離れられないサミーのところに、
子どもたちが代わる代わる来てくれて、
そんな他愛もないおしゃべりが、 
意外と楽しかったり。
こっそり子どもたちと味見をしたり。
〇〇が食べたい!とリクエストをもらって、
急遽メニューに加えたり。

5年目ともなると、
だいぶ余裕も出てきて、楽にできるようになりました。

キャンプから一週間後、
ちいさなお手紙が届きました。
お名前はなかったけれど、
小さな可愛らしい紙に、
その子のことばで、
どれだけキャンプが楽しかったかが書かれていて、

あぁ、エコキャンプやっててよかったな、

と心から思いました。

5年前はなぜか、「やらされる」形ではじめたエコキャンプ。
もう途中で退くつもりだったのだけれど、
なぜか関わってしまっている。
周りからは「子どもの守りは大変だろう」と労いの言葉をかけられ、
確かに大変なんだけれど、

それでも、こんなふうに、
参加してくれた子どもたちの夏のキラキラした思い出の1つに
なってくれたら、

それはものすごく自分にとっても嬉しいことで、
そんな嬉しいことが
年数を積み上げていくたびに増えていくのが、
それまた嬉しい。


エコキャンプの3日間のことは、
ふるさと栃尾里山倶楽部のブログに写真付きで、
紹介されています。

いちにちめ
ふつかめ
みっかめ
 
子どもたちのキラキラ笑顔を是非ご覧ください。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
こんだては畑で考える。
ここにきてようやく、

ナスや、


トマトが収穫できるようになりました。

トマトは赤くなるのを待っていたら、
先に動物に食べられてしまって、1段目はほとんど全滅・・・
いっそのこと1段目はあきらめたほうがよかったかと。
(苗木の生長にエネルギーを使えるしね)


ピーマンも
ししとうも鈴なり。


ねばねば野菜その1。
モロヘイヤ。


その2。
オクラ。
英語でもokura

オクラが実っている姿っていうのは、
畑をやったことのない方はご存じないんじゃないかしら?
こんな風になるんですよ。

こんな風に
夏野菜がいろいろ採れるようになったので、
採れるものに合わせて、畑でごはんのこんだてを考えます。

今日は、
ナスとトマトがたーんと取れたので、
夏野菜のパスタにしよう!!

ししとうもいれちゃおう。

********************************
毎月やっている、
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編
今月は8月29日~30日。
29日は郡上おどりを楽しんで、
30日は明宝の里山で畑しごとを楽しみましょう。

予定では、畑は秋野菜の種まきをします。
里山ランチは…畑で考えようかな。
採りたてでシンプルに味わえるものにしたいなぁ。
あと、
えっ、こんなものも食べられるの?という
意外な食材も採って食べたいと思っています☆

オクラがなっている姿をみたい方(笑)は、
ぜひ、里山暮らし体験ご参加ください。
お申込みはまちやどまで
********************************


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

実のなる季節
テレビのニュースでは毎日、
熱中症で何人運ばれた…とか報道されていますが、

こちら明宝でも
どえりゃあ暑いです。

思わず名古屋弁がでるほど(笑)

去年はこんなに暑かったかな…と。

避暑にわさび田へ。

やっぱり空気の温度が違います。
暑くない。
(かといって、涼しいというわけでもないけれど)



お豆のおにぎりを頬張りながら、
眺めるわさび田。

今年は寂しいなぁ。
まだまだ青々としていない。
植える数が少なかったな。
苗がまだ小さかったからか…

でもよく見ると、ちゃんと根づいているのです。

わさび田周辺は、
上を見上げると楽しい。

今年は、トチノキさまが
たくさんの実をつけていらっしゃる。
頭に当たるぐらい落ちてきたらどうしよ。


こちらはクルミ。

マタタビや、

サルナシも。

わっちーに尋ねると、
採るのは「まだはやい」んだそう。

これ、果実酒にするとおいしいんだよね。

わさび田周辺にはたくさんあります。
わさび田にも落ちています。
むふふ。

でも、
サルとの競争。

実がみのると、
葉が落ちて、どんどん季節は進んでいく。
暑い暑いっていっていても、
一年で暑いっていう時期ってほんとうに短いんだよね。

だったら、せいぜい暑い時期を楽しまなくちゃね♪

でも、あつい・・

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ