森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866169
Today:650
Yesterday:1329
| 1 | 2 | 最初 | next>>
名残のエンドウと豊作の予感
出張(&遊び)で5日間ほど留守にしていた間に、
たーんと雨が降ったようで、

夏野菜たちは、一回り大きくなっていた。
頼もしい。

そして、1か月間美味しく味わわせてもらった、
エンドウたちもこれで最後。



キュウリは当初、ウリハムシにつかれ、
葉っぱが食べられて、なかなか大きくならなかったのだけれど、
ここへきてぐんぐん成長。
今年は、豊作の予感。
糠床もしっかり準備できているし、
今年もたくさん、Qちゃん漬けができるかな。

キュウリ、
やっぱりスーパーのとは味が違う。
しっかり、ウリの味がする。


来た来た、この季節。


まぁ、成長したのは野菜たちだけではなくて、
草たちもまぁ、立派に成長していて、

疲れたカラダに鞭打って、
エンドウの片付けと草取り。
秋野菜の準備をわっちーとする。

この時期、
どれだけ草をとっても、
ひと雨あれば、元通り(泣)

むしろ記憶喪失になったほうが、ショックが少なくて済むかもね(笑)

********************************
夏野菜の成長が楽しみなこの時期。
採れたてピカピカ野菜を味わえるこの企画

採れたて野菜で、夏野菜カレーのランチ。
午後からはキュウリのQちゃん漬けとスイーツづくり。
(変更あるかも)

郡上おどりとセットでお楽しみくださいませ。
7月18日/19日
まちやど的いなか暮らし体験~郡上おどり&里山暮らし編

今回はお申込み締切が7月5日までとなっています。
お早目にお申込みくださいませませ。
********************************

++++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

こんなこともある
先日のブログで、
キヌサヤエンドウやスナップエンドウは、
今年は豊作と書いた。 

でも全部が全部うまくいくとは限らない。

っていうか、上手くいかないことのほうが多い。



玉ねぎ。
草の中に埋もれて、存在感があまりない。

見つけるのも、まぁ楽しい。



明らかに小出来。



全部でこれだけ。
去年より小さくて、少ないかも。

野菜は、
大きければ大きいほどいいとは、
私は思わないんだけれど、

でもこれはちっちゃいよなぁ~(笑)

来年はせめて、
軒下に吊り下げて、冬くらいまで食べられるくらい、
採りたいなぁ。

これは、これで、
丸ごとオニオンスープにでもするかな。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

手の込んだものよりも…里山暮らし体験
6月の里山暮らし体験。
4名にご参加頂きました。
晴れたり、雨が降ったり、と
はっきりしないお天気の中での、
畑作業は、
とりあえず里山ごはんのための食料は確保でき、



こんなにぎやかな食卓になりました。

えんどう豆ごはん
・ジャガイモのすり流し汁
・コロッケ(手作りトマトケチャップなど)
・玉ねぎサラダ(梅醤油ドレッシング)
・スベリヒユのおひたし
・スナップエンドウの塩ゆで
・ちりめん山椒
・糠漬け(キュウリ・ミョウガ)・たくわん
・きゃらぶき

お皿に山盛りのコロッケ。

「こんなに食べきれる??」って言ってたけれど、

みんなペロリ。


さらにこんなのも。



「インカのめざめ」という品種のジャガイモの
ふかしたてにバターをのせたもの。

ピンボケだけれど、
このバターの溶け具合、たまらん。


どれも美味しくできたんだけれど、
止まらなくなっていたのは、
スナップエンドウ。
塩ゆでしただけ。
なーんもつけずにみんなポリポリ。

採れたてだからこその味。
そのまんまで美味しい。


最後のデザートには、


朴葉餅。

先日の栃尾里人塾で採った朴葉の中で
小さいサイズのものを使って作ってみた。

ほんのり朴葉の香りのするお餅を
砂糖醤油で頂きました。



まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編も
これで4回が終了。

ようやくちょっと慣れてきて、
自分も少し楽しめるようになってきました。

日常の生活とは少し離れて、
土いじりがしたい

とか、

将来、畑をやってみたい

とか、

そんな人たちに、
お試し感覚で体験してもらいたいなぁと、
思っております。

ご期待に添えるかどうかは、
わかりませんが(笑)

それも里山暮らしなので。

7月8月は
郡上おどりとのコラボ
サミーもおどりに繰り出しちゃおうかな。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

わさび田の休日
先日の栃尾里人塾の時に、
「サミーはいったいいつ休んでいるの?」
と聞かれた。

病院勤務のほかに、
いろいろ、いろいろ、いろいろやっているので、
確かに休みという休みがない。

やりたいことをやっているので、
あまり気にはならないのだけれど、
でもやっぱり、カラダがクタクタの時はあって・・・

わさび田、行くのどうしようかと迷うこともある。

でも、家にいたら、なんだかんだと動いてしまう。

キャンプ用の大きなチェアをわさび田に持ち込んで、
そこで休むことにした。

せせらぎの音を聞きながらの昼寝は
最高。

この時期は、

ふうき(ふき)がたくさん採れる。
今年はマイマイガの影響も少なく、
葉っぱもきれい。

わさび田の生きすがらと
わさび田内でたーんと採れた。

休みながら、もう2~3㎝に切っておく。

そうすると、家に帰った後すぐに、
洗って、水につけてあく抜きができる。

疲れて帰ってから、あんまりやりたくなくなっちゃうから。

これがサミーの休日。
やっぱり、なんだかんだと手を動かしている。


わさび田からの帰り道。


ふと目の前を、
ウツギの花が咲いていた。

来るときは
ふうき探して、下ばっかみて歩いていたから、
気が付かなかったけど。

そして、
ニホンカモシカくんがお見送りにきてくれた。



どこにいるか分かるかな?
昔流行った、「ウォーリーを探せ!」みたいだね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


ようやくご対面
いつか、いつかと思っていたんですが、
そろそろいいかなぁ。

やっとたくわん漬けの瓶の蓋を
開けました。

覚悟していたけど、

「くさいっ!!」

見た目もあんまりよろしくないので、
写真もなし。

でも、カビがほとんど生えておらず、
見た目はきれいに漬かっている模様。

取り出し、洗って切ってみました。



ちゃんと、たくわんの味がしました。
いくらでもご飯が進みます。

暑い時期、食欲が落ちるこの時期には
ちょうどよいかも。

ご飯が進み過ぎて、
米の減りが早いのが困るけど(泣)


大根によってはスが入ってしまっているものもあって、
それは今年の大根づくりに生かさねば。

この間のエンドウ豆のように、
畑からすぐ食べられるものと、
このたくわんのように、
収穫から半年以上も経って、
ようやく食べられるもの。

時間も里山ごはんの調味料。

奥が深いです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


梅シロップと砂糖考。
郡上市は南北に広くて、
明宝ではまだまだ梅は早いのだけれど、
ご縁があって、美並で採れたという青梅を頂いた。

ただ、仕込む時間がなくて、
ほっておくうちに黄熟。

梅シロップは大抵どんなレシピをみても、
青梅で作ると書いてあるけど、
一度黄熟した梅でつけてみようかな。



やっぱりこういうときは、
氷砂糖が絵になるね。

とはいうもののの、
甘味は甜菜糖+氷砂糖。

ビンの底の方は、
茶色い甜菜糖に梅が漬かっている。

絵にはならない。


白いお砂糖については、
いろいろ言われている。

サミーもいろいろ勉強して、
一時は全く白い砂糖は使わないこともあった。

最近は、
砂糖は、
確かにカラダによくない影響を及ぼす面もあるかもしれないけど、
砂糖だからこその役割があるのかもしれないなぁと
感じている。

例えば、
煮物のとき、
最後に美味しそうな照りがでるのは、
お砂糖が入っているからこそ。

ちらし寿司の甘酢が黒砂糖だったら、
あんな華やかなご馳走にはならないし。

洋菓子のケーキのあの繊細さは上白糖ならでは。

みんながよろこぶしっかりとした甘味がはいるのは、
やっぱり上白糖だよね。

すっごく頭を使った後や、
寒ーい山んなかでの作業の合間とかに食べる、
甘ーいチョコレートなんかすごく癒されるのは、
お砂糖の癒し効果だろうし。

お砂糖も使い様。
もちろん過剰に使うのは良くないけれど、
その目的に合わせて、いろいろお砂糖の種類を考えたらいいのかな、
と思っている。
そういうのも楽しみのひとつ。



というわけで、
今回は夏の間、罪悪感なく、ごくごく飲みたい梅ジュースなので、
砂糖の中でも、甜菜糖をメインに使いました。



<覚書>
黄熟した梅  約1キロ
氷砂糖   約200グラム
甜菜糖  約700グラム

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




採れたての贅沢
畑をやっているとよくあることなのだけれど、
保険をかけて種を蒔きすぎると豊作。
あんまり出来過ぎても困るからと、
数を減らすと不作。

今年のキヌサヤエンドウは
ありがたいことに前者。

5月末からずっと収穫できている。

でも毎日畑に行けるわけでもなく、
天気都合もある。

もちろん、採りどきを逸したものもあるんだけれど、

同じエンドウ豆だから、
グリンピース(=うすいえんどう)のように、
さやから豆を取り出して食べられるんじゃないか。



ってちまちまやってみた。
なんてかわいらしい豆。

んで、もちろん、



豆ごはん。

これがまた、豆が甘くて、
すすむすすむ。

豆って鮮度が命。
サミーがスーパーで買うキヌサヤエンドウが嫌いなのは、
たぶん収穫して時間が経ってしまっているからなのではないか??
と思う。
ちなみにグリーンピースも好きでない。

でもこれは、
独特の豆の香りもありつつ、甘さもあるから、
美味しく頂ける。

畑から直で食卓へ。
これぞ、プライスレスな贅沢。


こんなシンプルだけど、
本当の贅沢を味わえる企画がこちら
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編
実際にサミーがかまう畑で作業と収穫をして、
採れたて野菜で美味しい里山ごはんを作っちゃうこの企画。
6月20日に開催です。

ようやく、ジャガイモも収穫できそうだし。
採れたての贅沢、一緒に味わいましょう♪

お申込み・お問い合わせは まちやど まで

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


地震??モグラ騒動
先日サトイモの土寄せをしていた時に、
直径5㎝ほどの穴を発見。

これはもしかして、モグラ??

今病院で担当しているおばあちゃんに、
聞いてみた。

「モグラかもしれんね。
 モグラには風車をさしとくんや。
 地面が揺れて、
 ミミズがおらんくなるから、
 もぐらもいなくなる」

よく、畑で風車を見かけるけれど、
そういうことだったのか。
納得。

そこで、早速、


ペットボトルで作るか、買うかの葛藤は
ひとまずおいておいて、
とりあえず、先日穴を見つけたあたりに、
差してみた。

そして、
そのとなりの畝にニンジンの種を蒔こうと
筋を引いていたら、

やはり同じように5㎝位の穴発見!

すかさず、風車の位置を変えてみる。

よっくみると、
ニンジンの畝が揺れている。

(下の動画をご覧ください。)

これって、
もぐら?
顔だしたら、パコって叩こうかしら。

一応ドキドキしながら掘ってみたけれど、
そりゃ、敵も逃げるわな。

そして、ニンジンの種を蒔き終えて、
ふと畝をみると、
なんと、ミミズが逃げていくではありませんか!



位置的にはこんな感じ。



風車の揺れでミミズが逃げていくのか、
モグラを察知して逃げていくのか、
それとも、サミーが余計なことをしたから、
逃げていくのか…

本心はミミズくんたちに聞いてみなければ
わかりませんが。

1匹なら偶然かもしれないけれど、
2匹出てきて、
風車から離れるように動いていたのは、
本当にびっくり。

風車、即効性あり。

即効性あっても、
1本の風車が地面を揺らす範囲は狭いので、
ってことは、
やっぱペットボトルでつくるしかないか…
(あまりモチベーション上がらない)

あと、
土づくりに一役買ってくれるミミズくんが、
逃げてしまうのも
困るなぁ。

悩ましや。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

コツコツと…苗を植える
夏のように暑い日が続いたと思ったら、
片付けたばかりのストーブの温もりが恋しくなるほど、
寒くなったり。

わさび田もしかり。
じっとしていると寒い。



ぱっと見、寂しいわさび田。
わっちーは周囲の柵直しに奮闘しているため、
サミーは一人、コツコツ苗を植える。

苗を植える前に
「作土洗い」という作業があります。



わさび田で使われる専用の鍬で、
植えるところの作土を掻きます。
作土中にたまったヘドロを掻きだして、
作土中に空気を含ませてあげることによって、
わさびが根を張りやすいようにするのです。

この作土洗いが重労働。
畑は土だけれど、
ここは石と砂利。
重さがハンパない。
ますますたくましくなってしまいます(泣)

でも、掻いたばかりのときには、
関のコーヒー牛乳のような色の水が、
サーッと引いていって、
清らかな水が流れるようになると、
気持ちがよくって、
まるで自分の心も洗われるよう(笑)

そして、
植えるときに、
すっと手が作土に入るときの
快感。

体はえらいのだけれど、
なぜかやめられないこの作業。



大きく育つのじゃよ。


帰り道、
こんなのがあったので、


「晩ごはんの味噌汁の具に摘んでいこっかな。」

「間違えてこっち摘まないようにしてよ。」

「ちゃんとにおいチェックして摘むから大丈夫だよ」


そしで晩ごはん。

いつもの味噌汁が、
料亭の味に。

香り高い天然のミツバでした。

ちなみに間違えて摘まないように、と
わっちーが心配したのは、
猛毒トリカブト。

くれぐれも、
サミーを怒らせないようにね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





やっぱり好きなんだよなぁ~里山暮らし体験ごはん編
ご近所さんに川魚をたくさん頂いた。
どうしようかとも思ったけれど、
時期的にに山椒の葉も手に入るし、
甘露煮に挑戦してみることにした。

というのも、
毎年お節料理には実家でハゼの甘露煮を炊いていて、
それとおんなじようにやれば、
何とかなるかと…
(母が毎年作っているのですが)

でも調べてみたら、
まず、半日くらい干して、
グリルでじっくり焼いて、
冷まして、
ほうじ茶で煮て、
それから調味料で煮る。

ものすごく手間がかかる。

週の半分はサラリーマン。
一気に時間は取れないので、
1行程1日ずつで、5日間かけて炊きました。

それを今回の里山暮らし体験のメインに。



初挑戦したものを、人に食べさせるのもどうかとも思うけど、
私の場合、ビギナーズラックに恵まれているので(笑)

自分でいうのもなんだけれど、
頭からかぶりつけるくらい柔らかく、しっかり味もしみて、
美味しかった。

っていうか、手間かかりすぎて、食べるのが惜しいくらい。

わっちーにも大好評でした。

美味しいと食べてもらえると、
また頑張ろうかなって思う。


こんなに手間暇かけて、
でも、やっぱり好きなんだよなぁ、
こういうことが。

地元で採れた恵みや、
畑で作っているもの。
無理なく手に入るものを、
美味しく食べたり、
長く楽しめるように仕込んだり。

いわゆる、里山ごはん。

思えば、このブログの記事の半分以上は、
里山ごはんばっかり。

写真も里山ごはんばっかり。

すいません。


盛り付けの時に思うのだけれど、
色がいまいち、ぱっとせず、
地味なんだけれど、
でも食べてちょっとホッとするような、
みんなが大好きな里山ごはん。

まだまだ、修行中ですが。

そう、この日の朴葉寿司はいまいちだった!

でも、いつか納得のできる、
朴葉寿司ができるように、
里山ごはんが作れるように、

精進したいと思います☆

ちなみに今回の里山ごはんのメニューは

・朴葉寿司(ちらしバージョンと味飯バージョン)
・イワナの甘露煮
・キヌサヤエンドウ(採れたてをさっと塩ゆでしただけ)
・ワラビの松前漬
・ワラビの甘酢漬
・キヌサヤエンドウのクタクタ煮
・お吸い物(採れたて小松菜と春菊)

でした。

次回は何を作ろうかな。
ジャガイモが採れるかな。
ジャガイモづくし…胸焼けしちゃうかな(笑)

まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編は
次回6月20日(土)です。
ここでしか、この時にしか味わえない、
里山ごはんを一緒に楽しみましょ。

お申込み・お問い合わせはまちやどまで

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



| 1 | 2 | 最初 | next>>