森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1862753
Today:657
Yesterday:735
里山暮らし体験 第2回め

郡上八幡のゲストハウスまちやどとのコラボ企画
里山暮らし体験。
2回目の参加者は、

6月から郡上に移住しちゃいます!という
みぞっちと、

住所不定有職の
ゆかちゃん。

二人とも畑仕事は初めてとのこと。

4月に入り、
雨も多くて気温もぐんぐん上がると、
野菜たちも元気になりますが、


草たちも元気になります。
とほほ。
スギナ、育ててるんかい!ってか。

でも草の中でもちゃんと、食べることができるものもあるのです。
そこで、


ハコベを探して摘んでみることにしました。
夕飯の1品にします。


今回の畑仕事のメインは、
夏野菜のための土づくり。

草を引いて、
たい肥と肥料を入れて、
土をおこして、
畝を立てる。

いちばん地味で、大変で、
でも野菜を育てるためには大切なしごと。
ザ・のらしごと、っていう感じです。


鍬を使うのも、
はじめは力でやっちゃうんだよね。


みぞっちは、最後、
畝を平らに均すのが得意。

半日で2本の畝を立てました。

いい感じじゃない。


この後、里山ごはんづくり。
わっちーとさらに2名増えて、

にぎやかな台所。

で、出来上がったのがこちら。

・山菜の天ぷら
 (コシアブラ、タカノツメ、玉ねぎとスギナのかき揚げ、など)
・ハコベの山芋和え
・イタドリのきんぴら
・ワラビの煮物
・コゴミのツナマヨ和え
・リョウブ飯
・ニラとタケノコのかきたま汁

わっちーが予め山で採ってきてくれた山菜に、
昨年から保存しておいたもの。
畑や庭から採ってきたもの。

タケノコに至っては、その日の朝
うちの前の竹藪に生えていたものを、
採ってきたもの。

自然の恵みのおかげと、
保存するという里山の知恵と、
みんなの手が加わって、
こんなに豪華な里山ごはんになりました。
ありがたや、ありがたや。

お腹が満腹になったところに、登場した
サクラの大福に


みんながこぞって写真を撮る姿が面白い。
作った本人としては、
嬉しい瞬間♪
(お試しで作っただけなのだけれど)


今回は総勢7名での里山ごはん。
お客様はみんな初対面のはずなのに、
すぐに打ち解けて、仲良くなって…
和気あいあいとした空間。

こういう場を提供できるしあわせを
ちょっと感じました。

のらしごとは、
初心者にとってはちょっとしんどいかなぁと心配したけれど、
「ちょうどいいくらいでした」
とのこと。
そう、楽しくできるくらいがちょうどいい。

次回のまちやどいなか暮らし体験~里山暮らし体験は、
5月30日(土)の予定です。
夏野菜の支柱立てと、ひたすら草引きかな(笑)
また日にちが近づいたら、お知らせしますね。


参加してくれた、
みぞっち、ゆかちゃん、
ご飯を食べに来てくれた、
あだちさん、かなえちゃん、
そして、きむきむ、
ありがとうね☆


 

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

 

 

 

 

 

 

嫁ぐ。
お友達や、
地域の人たちに見守られて、


家を出る。

嫁ぐときには玄関から出ないのだそうだ。
戻ってこないようにと。

そういえば、自分も
結婚してから実家に「ただいま」と入っていったら、
「もうこの家の者じゃないんだから『お邪魔します』と入ってきなさい。」
と怒られた。

自分たちの時はこんな風に「家を出る」という感覚はなかったからなぁ。



このよき日に。



お幸せに。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


萌え萌えの春
我が家の庭の

チューリップがもう咲きます。
鶯も鳴きはじめました。


この萌える感じ。
なんとも色っぽい。
パステル色の山。


栃尾のヤマザクラもきれいに咲きそろいました。


足元は水仙。
里山倶楽部の仲間がこつこつ手入れをしてくださった、
たまもの。




こちらは八重咲きの桜。


土筆の兄弟。


旧栃尾橋からの眺め。
今日も吉田川は青い。


この時期の山の感じが
いちばん好き。

一瞬だけ見せる、山の色気❤

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






エンドウの支柱立てと里芋定植
なんだかんだと2週間ほど、
畑に足を運ばないうちに、



キヌサヤエンドウがしっかり芽切っていた。
こういのは嬉しい♪

たくさんつるをからませられるように、

わっちーに我が家の向かいにある竹藪から、
竹を切り出してもらい、


こんな風(といっても写真ではわかりづらいけど)に
支柱を立てた。
ほんとはもっと細かいほうがいいのかな。
みんなもっと上手にやっているけど、
うちはなかなか絵にならんのよねぇ。

そうそう、
まちやど的いなか暮らし体験で種まきしてもらった、
小松菜、春菊たちも、


可愛らしい双葉を開かせました。


春菊は発芽率が悪いなぁ。
なんでだろう?
右側に生えている色の薄い草のほうがすごくて、
一瞬、私、何の種を蒔いたのか分からなくなるくらい(笑)

小松菜、春菊2巡目も種おろしをしました。

そして、ようやく、里芋も畑にあずけました。
今年も赤だつが採れるように、八ツ頭中心で、
青だつが少し。
ここから、11月まで長い時間をかけて成長していきます。

野菜たちの成長もさることながら、
草たちの勢いもすごい(泣)

今年も草とのお付き合いがはじまりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この続きを是非体験してみませんか?

まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編
4月25日(土)
募集はじまってま~す。
詳しくはこちらのFacebookページをご覧ください。  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
開花と芽吹き


我が家から見える桜の木も、
ようやく花開き、
今8分咲きくらいかなぁ。

ソメイヨシノとはちがって、
花は小さく、色も淡いけれど、
ヤマザクラはなんとも素朴な味がある。

吉田川の青さに映えること。




お庭のケヤキも、
芽吹きの時期を迎えました。
なんと、愛らしいかな。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
仁輪加(にわか)

5年ぶりに美濃の花まつりへ



まだ、サミーが名古屋に住んでいて、
付き合ってもいないときに、
わっちーに案内してもらったっけか。

でも、今回の目的は、
こちら。



お囃子に乗せてやってくる。



仁輪加(にわか)
べたべたの美濃弁で、
社会風刺や時事の話題をネタにやる
寸劇。

これが面白くて、面白くて。

お笑い好きのわっちーと、
自称ことばフェチのサミーのツボなのである。

美濃市は昨年
本美濃紙がユネスコ無形文化遺産登録され、
やはりネタとしてはそれが多い印象。

あと北陸新幹線とか、地域おこし系とか。



日も暮れて、



サクラの花びら舞う中で
見る仁輪加も乙なもの。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
畑にあずける
週末が雨の予報なので、
予定を早めて、ジャガイモの定植をすることにした。



種イモを半分に割って、
病気になるのを防ぐために
切り口に灰をつけて、少し乾かす。

種イモの上に芋がなるので、
ちょっと深めに植えるのがよい。

さすがに5年め。
桂一まに教えてもらったことも、
覚えないと。

ジャガイモも種類が多くて、
男爵、メークイン、キタアカリ…どれも魅力的なんだけれど、
ホクホクが美味しい男爵にした。

そして、今年もちょっと奮発 「インカの目覚め」
採れる量も少ないし、実も小さいけれど、
昨年作ったら、
栗みたいな甘さがあって美味しかったのだ。



こちらの言葉で定植することを、
「畑(はた)にあずける」っていうんだけれど、
この言葉が、結構好きだったりする。


土づくりとかやれることはやって、
後は土、水、太陽にお任せ。

人の力だけではどうにもならない。
大げさだけれど、「祈り」に近いような感じ。

まさに大地に「あずける」。




この後土をかぶせて、終了。
畑の楽しみがどんどん増えていく。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


3月28日 里山暮らし体験レポ
先日このブログでもご案内した
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編
3月28日に第1回目を開催しました。

開催というほど大げさなことはないのですが…

参加者は


大学生のゆうみちゃん。
周りが就活を始める中、
卒業後は田舎へと考え、
芋づる式にいろいろ体験中。
足元に注目。
地下足袋はいて登場。

今回は、
じゃがいもの定植準備。
畝にたい肥や肥料をいれ、畝を立てる作業をします。


空が青いね。
(何年たってもへっぴり腰な自分。
さまにならんよなぁ。)


土いじりが楽しい♪

この後、里芋の準備と、
獣害柵の補修。


最後に小松菜と春菊の種を蒔きました。
葉物は上手くいくかなぁ。

念のため、動物よけのために
畝にもネットをかけて畑仕事は終了。

このあと、おうちに帰ってごはんづくり。

この日収穫できたものは、
キクイモ数個。

この時期は畑で採れるものはなく、
山菜にもまだ早い。

冬の間保存していた食材を上手くつかって、
作りました。


豆腐と和える大根なます。
大根も秋に採れたものを保存しておきました。
人参はひるがのの春待ち人参。
生で食べても甘くて美味しい。

みんなで料理するのも楽しいね。



・漬物ステーキ
・大根なます
・芋茎の煮物
・大根葉のふりかけ
・菊芋のサラダ
・お漬物(赤大根と菊芋)
・お味噌汁と玄米ご飯
・善哉(草餅入り)

この日はぽかぽか陽気で、
3人とも大根なますがもりもり入る。

野菜ばっかりで、
色も地味なんだけれど、
思っていた以上に喜んでくれて、
ちょっと嬉しく思いました。

今回こういう形で里山暮らしを実際に体験してもらって、
ゆうみちゃんに喜んでもらえたことはもちろん、

いつもは一人でやっている畑仕事や、
料理をみんなでやることによって、

いろんなアイデアが出てきたり、
いろいろ話が出来たり、

サミーにとっても、エネルギーをもらえる、
貴重な時間になりました。

その時々でやれること、手に入るもの、どうなるかわかりませんが、
それこそが里山暮らしの醍醐味??
参加者おひとりでも、
一期一会の体験を大切にしていきたいと思います。

次回は4月25日(土)です。
人数に限りがありますので、お早目にお申込みくださいね。

参加してくれたゆうみちゃん、
そしてきむきむ、
ありがとうね~☆

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ