森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866128
Today:609
Yesterday:1329
犯人、身柄確保。


今朝、箱檻のなかに、
2頭のメス鹿がかかっておりました。

なんとかして出ようと、
物悲しい鳴き声をあげながら、
しきりに檻をたたいて、
鼻や瞼から流血。

「顔をみるとよ、
なんともかわいらしい顔をしとるで」

と桂一ま。

畑を荒らす、にっくき犯人であっても、
こうなるとやっぱり、

「かわええなぁ(かわいそうだなぁ) 」

桂一まに話を聞くと、
我が家の畑を荒らしたのは、
イノシシではなくシカだったようで、
今時分の鹿は本当に食べ物がなくて、
何でも食い荒らすとのこと。

穴も、きれいな穴をつくるのはシカ。
ぼこぼこの汚い穴をつくるのはシシ。

見ればとってもか細いシカさんたち。

なんだかちょっと切ない気持ちになります。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
不法侵入者、あり。
張り切って畑にやってくると、
何やら、異変。



明るすぎてよくわからないけど、
丸くへこんでいるのである。

私の記憶が確かならば、

ここは確か、玉ねぎの苗を植えて、
ネットをしておいた場所のはず…

間違っても穴をあけたという記憶はない。




畑には、
ぼこぼこと、いっぱい足跡が。

そしてしっかり、置き土産の糞があちこちに。



どうも犯人はイノシシらしい。

この間柵の応急処置はしたのだけれど、
やっぱりサミーでは詰めが甘いみたいだ。
とほほ。

今年も動物たちと仲良くやっていくことになりそうです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





宿題~なべしき
竹細工。
大物にちょっと苦戦し、気持ちがなえているので、
次のステップに進む前に小物。



なべしき。
1日で完成したけれど…

小物といえど侮るなかれ。

2.2㎜の厚みのひごを、
4枚にへぐ。

それがなかなか、上手くいかない。

「へぎは一生」とのこと。
上手くいかないのは当たり前なんだけど。

次は四つ目の「芋ふりかご」
これは里芋洗いに必須なので、
ぜひとも作りたい。

けどこのかごをつくるのにはその「へぎ」が上手くできないと、
編みにくいのだそうだ。

で、帰り際に 
ひごを手渡される。



おうちで練習。



こんな感じ。

同じ厚みにへぐことが難しい。
大雑把な性格なもんで…

とりあえず、もいっこ編んでみる。
出来るかなぁ



1個目よりも一回り小さいサイズ。
編みにくい。
でも、なんとか、



形にはなったかしら?
ひごを切るはさみを持っていないので、
後始末がしてないけど。

あまりの出来なさに、
自分は竹細工、向いていないんじゃないかと思うこともあるけれど、
せっかく少しできるようになってきたので、
もうちょっとだけ、頑張ってみようと思います。

こちらのページで
竹細工教室の様子を見ることができます → 

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
会いたかったよ、白菜さん
畑の雪が全部溶けました。
12月に雪に埋もれてしまった白菜と、
ようやく会うことができました。

雪の重みで倒れ、半分以上腐ってしまっていたけれど、

中の方だけは
なんとか食べられそう。



 ようやく、食卓に来てくれました。

汗ばむほどのぽかぽか陽気。
漬物や煮物っていう気分ではなく、
サラダで。



今が旬の夏みかんと合わせたサラダ。

そして、シンプルにローストした白菜。
(写真はなし)

生より焼いたほうが、
味が濃く感じて、美味しかったです。

今度はちょっと小寒いに、
鍋か煮物で食べてみようっと。


<覚書>本日の畑仕事
・玉ねぎの追肥
・絹さや、スナップエンドウの種まき
・菊芋掘り→下漬け
・畑の片付け ちょこっと

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんな里山暮らし、体験することができます。
まちやど的 いなかぐらしご案内~里山暮らし編 (Facebookページ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
まちやど的 いなかぐらし体験ご案内~里山暮らし編
このブログをお読みの方から、
「サミーはほんと楽しそうだよね♪」

って言われます。

はい、楽しいです。

でもここには書けないようなことも、
いっぱい、しでかしてるし、
やられることもある。


楽しいだけじゃないのが、里山暮らし。

私は、
みんなに「里山暮らしはいいから、みんなもやりなよ」っていうことは
言えない。

人それぞれやりたいこと、暮らし方いろいろあると思うから。
どこに暮らしていても、
いいことも悪いこともある。

本気で里山暮らししたいっていう人には応援するけど、
のほほんと、たのしそう♪っていうだけで、
来る人は、
来た後、本人も大変だけど、
受け入れる地域の側も大変だから…


なので、
「いなか暮らしってどんなだろう?」
って思っているいなか暮らししたいと思っている方に、

サミーの里山暮らしをお見せしてしまうことにしました。

ちと、恥ずかしいな。

一緒にタッグを組むのは、
郡上八幡でゲストハウスの管理人をしていて、
元、明宝の地域おこし応援隊の同期であり、
郡上にやってきたのもほぼ同時期で、
同い年のきむきむ。

性格は真反対(笑)。
だからこそ、最強。

ご興味のある方はFacebookページをご覧ください。
まちやど的 いなかぐらし体験ご案内~里山暮らし編
 
 
我が家でやってる、
里山暮らしのあれこれ、一緒にやってみましょう☆

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
深ざるができました~竹細工
深ざるができました。



形がいいとほめられました。

途中3回ほど投げ出したくなりました。



でも出来上がると、次なにつくろう?となるのです。

これで夏になったら、
野菜をいっぱい収穫したいと思います。



それまでここでスタンバイ中です。

(井桁の壁掛けも竹細工で出た廃材を利用してつくりました)
 
+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
畑しごとはじめ


ずっと雪で入ることもままならなかった畑も、
隅のほうから雪が溶けてきて、
入れるようになりました。

畑の中には足跡とフンがいっぱい(笑)

玉ねぎ畝の一部は雪が溶けていたのだけれど、
しっかり苗の頭がかじられている。

一部、ネットが破れてしまっているところを発見。
とりあえず応急処置。
玉ねぎ畝にもネットをかけておく。

今日は曇り空で、作業をしているうちに手がかじかむ。

さぁ、今年もよろしくお願いします、畑さん。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ