森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2272856
Today:196
Yesterday:446
餅つき
今年も残りわずかとなりました。

毎年恒例の源右衛門の餅花作り。
2年振りに源右衛門さで餅つきをすることにしました。
ご縁あって今年は「めいほう浪漫工房」という、
明宝の若者たちが協力してくれることに。

前日から浸水しておいたもち米がウムサル(蒸さる)と、
力強くぺったん、ぺったん。

つきあがった餅は本日の師匠ふみさんの手で、
あっという間にのし餅に。

人数が多いと本当に仕事が早くてありがたい。

搗き立てのお餅をみんなで頂いたあとは、
餅花作り。

同じ株でも餅のつけようによって、
全く雰囲気が違うものに。
今年はとっても力強い感じ。

我が家の玄関に飾られる小さな餅花は、
この元日に入籍するカップルの共同作業で
作ってもらった。

なんて縁起がよいのでしょう。


最後に取り付ければ、
一気に年取りムード。
桂一まにも無事OKを頂き、
今年の任務終了。

こうして里山では新しい年を迎える準備が整いつつあります。