森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2272796
Today:136
Yesterday:446
雪国で暮らす
せせらぎ街道沿いに住んでいて、
「雪国に暮らす」なんていうと、
もっと奥で暮らす人たちに怒られそうだけれど。

この大雪には、
正直参りました。

明宝暮らし5年目。
昨年から八幡で仕事をするようになり、
どんなに雪が降ろうが、
車を運転しなければならない。

屋根付きの車庫があるわけではないので、
車の雪を下ろし、
玄関から車までと、
車の周囲を雪かき。

とはいっても、
サミーが弁当・朝ごはんの準備の間にわっちーがやってくれた。
ほんとダンナさまがいてくれて良かった。

そして雪道運転。

とにかく
急発進、急ハンドル、急ブレーキは厳禁。
とにかく、ゆっくり運転する。
すでについている轍や、氷にハンドルを取られないように、
とにかく前に進むことだけに集中する。

いつもの2倍から3倍の時間がかかる。
出勤するだけで、クタクタ。

これだけの雪でも、
職場では誰も遅刻なし。
雪は遅刻の理由にできない。

名古屋っ子には驚きだ。

雪が降っても社会生活が滞らないように、
各地域では本当に朝早くから除雪作業をしてもらえる。
みんな雪道運転もわきまえているのか、
私が見る限り、事故もなし。

これはものすごくありがたいことだ。
だから、自分だけ、雪だったから…なんて甘えたことは言えない。

帰り道もすごかった。
しかもタイヤがはまってしまうアクシデントにも見舞われる。
不幸中の幸いにも、
近くの会社の人たちが押してくれて、事なきを得た。
八幡町内はガタガタ道で、
オフロードの最上級版。
降る勢いが早すぎて、除雪が追い付かなかったよう。

無事に家についてホッとすると、
一気に疲れが。
肩もばんばん。

3日目の朝、
無事に出勤して職場前の風景。
久しぶりの青空が本当にうれしかった。




雪はほんと、かなわんなぁ。
でも郡上人の強さとやさしさを感じました。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ