森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2270734
Today:94
Yesterday:529
おときの台所
今年もおときのごはんの季節がやってきた。

直前に組でお葬式があったこともあり、
「ほんとのおときみたい」と。

おときの台所は、
本当にバタバタだし、
みーんな大きな声で叫ぶから
怒っているようにも見えるだろう。

はじめて手伝ってくれた子が、
ちょっとおどおどしているのをみて、
あぁ、自分はなんだかんだいって、
少しこの雰囲気に慣れたんかな(笑)。

バタバタの中で、
ちゃーんとそれぞれの役割が決まっているのが、
だんだん分かってきた。
それが分かるとチームの中に入れる感じ。


今か、今かと、スタンバイ中の器たち









今年は予約の数も多く、足りるかなぁとも少し心配したけれど、
ないならないなりに、工夫して何とかする。
みんなのチームワークで乗り切った後、
いただく賄の美味しかったこと。

「サミー、もうおときが分かってきたで、
 来年から、白の割烹着、着てもよし!」

とのお言葉を頂きました。

でも、割烹着ってどこに売ってるの?

しまむらにもあるらしい(笑)




そう、おときの台所では、ほんとのおときの時のように、
白の割烹着を着ているんです。



ちなみにおとき雑感の変遷

2011年(おとき一年目) 
2013年

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ