森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1918015
Today:914
Yesterday:745
餅つき
今年も残りわずかとなりました。

毎年恒例の源右衛門の餅花作り。
2年振りに源右衛門さで餅つきをすることにしました。
ご縁あって今年は「めいほう浪漫工房」という、
明宝の若者たちが協力してくれることに。

前日から浸水しておいたもち米がウムサル(蒸さる)と、
力強くぺったん、ぺったん。

つきあがった餅は本日の師匠ふみさんの手で、
あっという間にのし餅に。

人数が多いと本当に仕事が早くてありがたい。

搗き立てのお餅をみんなで頂いたあとは、
餅花作り。

同じ株でも餅のつけようによって、
全く雰囲気が違うものに。
今年はとっても力強い感じ。

我が家の玄関に飾られる小さな餅花は、
この元日に入籍するカップルの共同作業で
作ってもらった。

なんて縁起がよいのでしょう。


最後に取り付ければ、
一気に年取りムード。
桂一まにも無事OKを頂き、
今年の任務終了。

こうして里山では新しい年を迎える準備が整いつつあります。
雪国で暮らす
せせらぎ街道沿いに住んでいて、
「雪国に暮らす」なんていうと、
もっと奥で暮らす人たちに怒られそうだけれど。

この大雪には、
正直参りました。

明宝暮らし5年目。
昨年から八幡で仕事をするようになり、
どんなに雪が降ろうが、
車を運転しなければならない。

屋根付きの車庫があるわけではないので、
車の雪を下ろし、
玄関から車までと、
車の周囲を雪かき。

とはいっても、
サミーが弁当・朝ごはんの準備の間にわっちーがやってくれた。
ほんとダンナさまがいてくれて良かった。

そして雪道運転。

とにかく
急発進、急ハンドル、急ブレーキは厳禁。
とにかく、ゆっくり運転する。
すでについている轍や、氷にハンドルを取られないように、
とにかく前に進むことだけに集中する。

いつもの2倍から3倍の時間がかかる。
出勤するだけで、クタクタ。

これだけの雪でも、
職場では誰も遅刻なし。
雪は遅刻の理由にできない。

名古屋っ子には驚きだ。

雪が降っても社会生活が滞らないように、
各地域では本当に朝早くから除雪作業をしてもらえる。
みんな雪道運転もわきまえているのか、
私が見る限り、事故もなし。

これはものすごくありがたいことだ。
だから、自分だけ、雪だったから…なんて甘えたことは言えない。

帰り道もすごかった。
しかもタイヤがはまってしまうアクシデントにも見舞われる。
不幸中の幸いにも、
近くの会社の人たちが押してくれて、事なきを得た。
八幡町内はガタガタ道で、
オフロードの最上級版。
降る勢いが早すぎて、除雪が追い付かなかったよう。

無事に家についてホッとすると、
一気に疲れが。
肩もばんばん。

3日目の朝、
無事に出勤して職場前の風景。
久しぶりの青空が本当にうれしかった。




雪はほんと、かなわんなぁ。
でも郡上人の強さとやさしさを感じました。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
やっぱり…わさび田作業の締め

思っていたよりも早く雪がやってきてしまって、
動物対策ができなかったわさび田。
やっぱり、彼らのほうが早かった。

この日は森林文化アカデミーの学生さんたちが、
実習に来られた日。
雪をかき、かき、わさび田にたどり着くと、

それでも、根茎は残っていて、
今年最後の収穫をする。

山葵の出来は?

こんな感じ。
ちゃんと育ってくれていました。 
葉は食べられてしまったけどね。 

******* 

わさび田の動物に対して、
この一年2人で考えたこと。

昨冬、わさび田の葉が全部食べられたとき
ものすごくショックを受けた。
でも、根茎はそのまま残っていたので、
春以降、しっかり葉を伸ばし、
この秋、収穫することはできた。

ということは、動物に葉を食べられても、
わさびは収穫できる、ということが分かった。

動物対策として、
山葵人(わさびんちゅ)の仲間たちの手を借りながらも、
周囲を寒冷紗で囲う作業もしてきたけれど、

結局、イタチごっこなんだよね。

守ろう、守ろうとすると、
相手のほうが上手。
ましてや、生死がかかっている彼らのほうが必死。

動物の気持ちになって考えてみると、
山んなかがすべて雪で真っ白におおわれ、
わさび田だけが青々としていたら、
どんなことをしても入ってくるだろう。

2mの柵をしたところで、1m以上の雪が積もれば、
それは柵の意味もなさない。

動物たちと張り合うのはやめて、
冬には葉を食べられるもの、と受け入れることにした。
そうすると、自分たちの考え方も変えられる。

********

収穫したわさびを、
早速、すりおろす。


何てきれいな山葵色。

それを

わさび丼に。


実はこれが一番美味い食べ方。
これだけで(おかずがなくても)食べられる。
口に入れた時はちょっと甘くて、
最後に鼻を直撃するツーンとした辛さ。

これで、
今年のわさび田作業は終了です。
今年もいろいろな方たちに協力してもらえたこと、
本当に感謝しています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

雪景色

(手前の電線がなければ、めっちゃいい写真なのに;;)

この週末は雪降り。
わさび田行きも断念。

こんなんじゃ、カモシカくんもわさびの葉っぱ
食べているんだろうなぁ。

しんしんと雪が降り続く日は、
いつも聞こえる川の音も聞こえなくて、
静寂。

あぁ、冬がやってきた。

けど、ちょっと早すぎる。

雪かき後のお楽しみ。

本当はオラフみたいなの
作りたかったんだけど。
人参の鼻つけて。

似ても似つかぬ(笑)

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
わさび田ごはんの楽しみ♪
わさび田の空を見上げると、

すっかり落葉し、枝がすがすがしく伸びている。

足元のわさび田は

落ち葉かきもラストスパート

今年はわりといいペース。

わさび田に陽があたるのはほんの2~3時間。
この季節は焚火が欠かせない。

そんな火を使って、

豚汁と焼きおにぎり。


デザートに焼きりんご。

今年の目標のひとつは
わさび田ランチを楽しむこと。 

外で料理したものって、なんでこんなに美味しいんだろ。

でもね、
あったかいご飯であったまったカラダも、
すぐ冷えてしまう。

わさび田作業も
雪降り前にもひとつやっておきたいことがある。
私たちが考えた、
動物対策。

上手くいくかはわからないけど、
とりあえず、やってみる。

・・・・と10日前におもっていたのだが、
思わぬ雪がやってきた。

果たして、どうしてもやっておきたいことは、
できるのだろうか???

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
おときの台所
今年もおときのごはんの季節がやってきた。

直前に組でお葬式があったこともあり、
「ほんとのおときみたい」と。

おときの台所は、
本当にバタバタだし、
みーんな大きな声で叫ぶから
怒っているようにも見えるだろう。

はじめて手伝ってくれた子が、
ちょっとおどおどしているのをみて、
あぁ、自分はなんだかんだいって、
少しこの雰囲気に慣れたんかな(笑)。

バタバタの中で、
ちゃーんとそれぞれの役割が決まっているのが、
だんだん分かってきた。
それが分かるとチームの中に入れる感じ。


今か、今かと、スタンバイ中の器たち









今年は予約の数も多く、足りるかなぁとも少し心配したけれど、
ないならないなりに、工夫して何とかする。
みんなのチームワークで乗り切った後、
いただく賄の美味しかったこと。

「サミー、もうおときが分かってきたで、
 来年から、白の割烹着、着てもよし!」

とのお言葉を頂きました。

でも、割烹着ってどこに売ってるの?

しまむらにもあるらしい(笑)




そう、おときの台所では、ほんとのおときの時のように、
白の割烹着を着ているんです。



ちなみにおとき雑感の変遷

2011年(おとき一年目) 
2013年

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ