森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866183
Today:664
Yesterday:1329
二間手白山神社の甘酒まつり~その活用法
毎年この時期に行われる
白山神社の甘酒まつり。

今年一年の五穀豊穣に感謝して、
行われるこのお祭り。



ここで振舞われる甘酒が本当に美味しくて、
毎年楽しみにしている。


寒い日にすするあったかくてあまーい甘酒。
同じくこの時期に仕込まれる白菜の切り漬けと一緒に
頂く。


この甘酒。
地域のものには祭りのあと、
けっこうたくさん振舞われる。
 
甘くて、体もあったまるし、美味しいのだけれど、
二人で飲みきれないほど。
そこで、今年はこの甘酒をつかって、
べったら漬けを仕込んでみることにした。



「漬物を仕込もうと思って…」と話すと、
禰宜の方たちが、
「サミー、甘酒余ったでもってったるわ」と連絡を下さり、
ありがたく使わせていただくことにした。

みんなに話しちゃったから、
美味しく作んなくっちゃ。

甘酒まつりについてもっと知りたい?
サミーのがんばり隊時代の記事は こちら 
今読むと、ちょっと恥ずかしい・・・
ういういしくて。
+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
わさび、花咲く
わさび田の守り神(と勝手に思っている)
トチノキさま。
↓↓↓


トチノキさまも
周辺の木々たちも落葉し、
一気に周辺が開ける。

わさび田の落ち葉かきも大詰め。

動物たちも、日に日に食べるものがなくなるせいか、


こんなふうに葉っぱをかじられる。

さすがにこの時期になると、
落ち葉かきの作業はつらい。
午後には山に陽が入ってしまう。
この日は一瞬みぞれも降り出して…泣きそうになりました。

でも、嬉しいことも♪

落ち葉かきをしていると、
わさびの葉のなかに花芽を見つけることがある。

山葵色のなかに、
白い小さな花は本当に目立って可愛らしい。

花わさびが出回るのは一般的に春だけれど、
この時期から少しずつ花が咲くようなのです。
そしてこの時期のわさびが一番ツンとして、
辛くて美味しい♪

春の花芽は、
悲しいかな、期待できないので、
お先にすこし拝借する。

わさび田作業のあとの、
明宝温泉。
芯まで冷え切ったカラダがほどけていく瞬間の
心地よさったら。

極楽、極楽。

拝借した花芽は
甘酢漬けにしました。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



ゆずの便り
どこぞの朝市で、
出会ったゆず。

そこには、見たことのある名前のラベルが貼ってある。

リハビリを担当した患者さまのご主人のお名前。

あぁ、退院された後も、
きっとご主人と二人で少しづつ、
もとの暮らしを取り戻されているんだなぁと、

なんかそのゆずから、
そんなあったかいメッセージを感じて、
迷わず購入。

我が家の大根をゆず酢漬けにしてみた。




+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ゆずの便り
どこぞの朝市で、
出会ったゆず。

そこには、見たことのある名前のラベルが貼ってある。

リハビリを担当した患者さまのご主人のお名前。

あぁ、退院された後も、
きっとご主人と二人で少しづつ、
もとの暮らしを取り戻されているんだなぁと、

なんかそのゆずから、
そんなあったかいメッセージを感じて、
迷わず購入。

我が家の大根をゆず酢漬けにしてみた。



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ようやくできました~茶碗かご

六ツ目の茶碗かご。

そば笊パンかごに次ぐ、3つ目の作品。
7月からかかって、ようやく出来上がりました。

感無量。

ほんと、いつ出来るんかと思っとった(笑)


日常使いのお茶碗と共に。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
ねずみのしっぽ

こちらも収穫の時。

去年、一昨年と、
収穫を前に動物に食べられてしまってほぼ全滅だったので、
この収穫が何より嬉しい♪



大根足そろい踏み。
足湯中(笑)


きれいに洗って、
軒下に干しました。
お尻が丸い和歌山大根。
ネズミのしっぽがぶら下がっているよう。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
大根の収穫

大根も収穫の時期。
今年は虫食いも少なく、上手にできました。


大根足、勢ぞろい(笑)


このあときれいに洗って、
軒下に干しました。

ねずみのしっぽのようなお尻。
これは和歌山大根。

今日はとってもぬくとい日。
水仕事をしても気持ちがよかった。

おひさま ありがたい。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
紅葉
秋の夕陽に
照るやまもみじ

わさび田では
とっくに陽が沈んでしまって、綺麗じゃないけど。
(13時半には沈んでしまう)



今年の紅葉は赤い気がする。
びっくりするような赤。


わさび田の行き帰りは、
熊ベルをリンリン、鳴らして歩く。
森のくまさんも私たちに会いたくないだろうし。
私たちもごめんだ。

リンリンならしていると、なぜか

ジングルベール、ジングルベール♪

カモシカがそりを曳いてきたりして(笑) 


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

紅かぶの収穫~漬物

今年は、
動物に食べられる前に収穫できそう。


洗うとこんなに鮮やかできれい。


塩漬け(右)と甘酢漬け(左)にしました。
この鮮やかなピンク色は、
目を曳きます。
食卓が一気に華やぐ。
+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
これぞ、赤だつの漬物!
明宝へやってきて、
はじめて知った食材、赤だつ。
八つ頭という里芋の品種の茎の部分で、
食べることが出来る。

これが、とっても美味しくて、
何にも例えることが出来ない食感。
漬物にすればシャキシャキ。
煮れば出汁を思う存分吸って、ジュワっ。
干して、保存もしておける優れもの。



しかし、
結構扱いが難しかったりして、
素手で皮をむくと、指先がまっ黒になるし、
そこらじゅうがかゆくなる。

そう、
アクが強いのだ。

そのアクを抜くのが今まで上手くいかなくて、
何度、喉がかゆくなったことか。
(かゆいなんてもんじゃない、ほんと、いたがゆい。)

今年は、アクを上手く抜く方法を伝授してもらい、
ようやく、
これぞ、赤だつの漬物っていうものができあがった。


赤だつの梅酢漬け(なんばん・しその実入り)

毎年この時期は忙しくて、
赤だつを収穫しても、処理する間もなく腐らせてしまったりしたけれど、
今年は上手に時間もやりくりしして、
無駄にすることなく、全部使い切ることができたのも嬉しい♪
(わずか5~6株足らずのことなのだけれど)

本当は3回やって2回めが一番綺麗なピンク色につかったのだけど、
写真を撮ってなくて(泣)

初めて、自分で付けた赤だつの漬物の記事が
こちら
毎年やると、少しは成長するものです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ