森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866191
Today:672
Yesterday:1329
生ごみたい肥で育ててみる

あふれんばかりに成長した白菜。

白菜の苗がちょうど2本余ってしまって、
しかも、捨てるにはちょっともったいないようないい苗。
夏に学んだ生ごみたい肥
植えてみた。

そうしたら、
ぐんぐん、ぐんぐん、ぐんぐん、
こんなに大きくなりました。

ただ、たい肥の発酵が不十分だったせいか、
途中で虫がついてしまい、
ちょっと哀れな状態に。

やっぱり、たい肥は十分寝かせなければいけないんだと、
いい学びになりました。

肝心のお味のほうはどうなんだろう?
めっちゃ美味しかったら、
たい肥作りのモチベーションUPするだろうな。


でもこんな小さな芽が
こんなに大きくなるなんて、
野菜づくりって不思議です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

草ばっかり
秋もやっぱり、

草ぱっかり?

いえいえ、カブの葉と大根の葉です。
今年はわっちーが作った柵のおかげで、
動物の被害に遭うことなく、
すくすくと大きくなっています。

以前の記事で、
秋野菜は「多めに植えました」と書きました。
何が起こるか分からないから。
漬物も仕込みたいし。

でもどうも、種を蒔きすぎたようで、
間引きが大変。
嬉しい誤算です。

今年は虫食いも少なくて、見た目も美味しそうな葉っぱたち。

自分の空いている時間を考えて、
その時に構える量を間引きます。
間違っても、一度にたくさん間引かない。

水路で洗うだけでも泣きそうになるから。
最近では水も冷とうなってきて、長時間はきついしね。

大根の葉は湯がいて、刻んで、炒めてふりかけに。
蕪の葉はお浸しや漬物に。

食べきれない分は冷凍保存。

我が家の食卓は草ばっかり。

間引き菜の先には、
小さい大根や蕪もついて、
ちゃーんと大根や蕪の味がする。

収穫というのは嬉しいものですね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
どうか被害がありませんように。
8月の大雨で吉田川上流の川幅が広くなったのですが、
その後台風が来て、さらに川岸が削られていっています。



この木の下の土がえぐられて、
根っこがむき出しになっているのが、
お分かりいただけますか?

もう一度大雨が来てしまったら、この木倒れてしまうかも。

と思っていたら、台風がまたやってきている。

どうか、どうか、被害が出ませんように。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
二間手白山神社の祭礼
今年もこの季節がやってきました。

白山神社の祭礼。

わっちーも3回め。
獅子の足も板についてきたようです。
(赤い手ぬぐいを頭にまいているのがわっちー)


今年我が家は自治会の組長を仰せつかっていて、
我が家も神楽を打って頂きました。

地域の中ではいじられキャラ。
何をさせられたか…

2日めのお昼は持ち寄りのお弁当を、
みんなで囲んで食べる。
これが楽しみでもあり、ドキドキでもある。


今年のお弁当。

直前まで忙しすぎて、
品数少なめ。
皆さんとっても豪華なオードブル。
いったい何時に起きて準備したんだろ。

でも今年はお稲荷さんはお褒めの言葉を頂き、

そして、試し収穫した山葵で仕込んだ
わさび漬けで作った


板わさ。
これが大好評。

みんなに美味しいって言ってもらえて、
超ゴキゲン。

残念ながら2日めは雨降り。
それでもシートを張って養生し、
最後は禰宜のお宅へ打ち込む。


サミーにとっては5回めの祭り。
地域に暮らしていることで、
良いことも、正直嫌なことも、
いろいろあるけれど、
いいことも嫌なこともひっくるめて、
地域に暮らすということなのかなと改めて思う。
今の暮らしに納得いくかどうか、がカギなのかな。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




大雨後のわっちーレポート
少し前のことになりますが、
8月の台風、大雨後はじめてわさび田に行ったわっちー。
その時の様子を
日頃からわさび田を手伝って下さっている
山葵人(わさびんちゅ)の皆さんに報告したメールです。

山葵人の皆様
 先日の台風以来、長雨が続き、ようやく本日、わさび田へ行ってまいりました。わさび田の状況をご心配いただいたメールを何人かの方からもらっておりましたので、状況報告をさせていただきます。
 わさび田自体は、幸い土砂に埋まるとか、流されてしまうということはありませんでした。ただ、わさび田内には落葉落枝、砂や泥などはびっしりあります。(また、柵の一部が緩まっており、たぶん、そこからカモシカに入られ、ワサビの一部の葉が食害されておりました。)
 問題がわさび田周辺にありました。まず、水を取水している隣の沢の流れが変わっており、引いているパイプのほとんどが土砂に埋まっていたり、流されていたりしました。また、堰堤から水を取っている所も土砂に完全に埋まっています。そんな状況ですので、水がほとんどわさび田に流入しておらず、着いた時は干上がった感じでした。今日、ある程度水が流れるようにしましたが、沢にヤナギの木が折れて倒れこんでいる為、まずそれを除去してから、きちんと直すことになりそうです。しかし、一番すごいことになっているのが、吉田川本流の方です。両岸がえぐられ、川幅が広がっています。木々は倒れ、割と大きめの石は全て流され、景色が一変してしまいました。
というわけで、わさび田復旧にかなりの作業量が必要となりそうです。
本当に今回の豪雨は改めて自然のすごさを感じさせられました。

川幅がかなり広くなった吉田川の本流。


おかげさまで、
少しずつ復旧作業は進み、
わさび田にもしっかり水が入るようになりました。
ご協力頂いた山葵人のみなさま、
本当にありがとうございました。 

+++++++ 
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ