森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1918046
Today:945
Yesterday:745
生ごみたい肥に挑戦!

 

7月の末に郡上市で生ごみたい肥の講座に参加して、
生ごみたい肥づくりに挑戦してみました。

これまでも生ごみを使ったたい肥作りはやってみたけれど、
どうも「発酵」ではなく、
「腐敗」させていたようです。

いっぱい虫はわくし、
生ごみに混ざっていた種が発芽して、
今年の畑はえらいことになってしまったし。

畑でやる方法と、
プランターでやる方法とあるようですが、
我が家で一度に出る生ごみの量を考えて、
プランターでやってみることにしました。

でもそれでも3週間ほど生ごみをストックしなければならない…
ぼかしを混ぜて、保存できる保存容器も購入。w

この暑い時期で生ごみのにおいが心配でしたが、
(ずっと雨降りで気温がさほど上がらなかったのが良かったのか)
漬物のにおい程度で大丈夫でした。
土に混ぜて、波板を置いて1週間。



 

卵のカラや玉ねぎの皮はまだ残っていたものの、
ほぼ生ごみの全型はなくなっていました。
ただ、トウモロコシの芯はやはり…
蛆が沸いてしまっていました。
慌ててぼかしを加えたら、
数日後、蛆はみんな死んでしまっていました。

虫は分解者。
腐敗したものを分解するためにやってくるのだそうです。
発酵しているうちは虫はやってこない。
というより、発酵している中では虫は生きられない。

なるほどなぁ。
嫌だ、嫌だ、と思っている虫たちにも
ちゃんと役割はある。

2週間後、ふかふかの土になっていました。
びっくり。

実際にやってみて、
やっぱりちょっと手がかかる。
生ごみって毎日出るものだし、それを活かして、
美味しい野菜ができるのは、
とっても魅力的なのだけれど、
手間がかかりすぎると続かない。
においとか虫とかもちょっと気になる。
そして問題は冬。
生ごみの量は多くなるし、
あの寒さの中でうまく発酵してくれるのだろうか。

生ごみたい肥、我が家の暮らしの中に上手く取り込むために、
今いろいろ勘考中です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

降り続く雨


梅雨時期にはちっとも降らなかった雨が、
その分を取り返すかのように、
降るわ、降るわ。

雨が降ると畑仕事はお休み。
だから、日頃できないところの掃除とか、
物の片付けとか、
やりたいと思っていたけど、
なかなかできなかった手しごとをしたりするのだけれど。

さすがに2週連続で週末がまるまる雨だと辛い。

だって今の時期、
草取りとか、草取りとか、草取りとか…
時々収穫して、また草取り。

草を取らないと、秋野菜の準備が進まない。

やりたいことを進められないイライラ。
仕方がない、とは分かっているけれど、
なんだか時間を持て余してしまっているようで。

半分サラリーマンは使える時間が限られているから余計。

もちろん、この雨でありがたいこともある。
水が大好きな里芋は、
水遣り(←これがかなりの重労働)せずに済んでいるし。

何より涼しい夏を過ごすことが出来ている。

まぁ今のうちに少しのんびりして、
秋~冬への営気を養っておくことにしますか(笑)

それにしても、太陽が恋しい。


雨は降っていましたが、
今年はちゃんとお盆のころに種まきしました。
かわいらしい白菜の芽。
これがあのどーんと大きな白菜になるなんて、
やっぱり野菜づくりは面白い。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

 

実のならないキュウリ

 

以前のブログで、
去年の種で苗を作ったら、
全部発芽して、
急遽プランターに定植したと記事に書いたのだけれど、

今はこうなっています。


 

なぜか、

この子達、実が大きくならないのです。

脇芽も伸びないし。
せいぜい、1本の苗に1本まともなのができるくらい。


恐ろしさ、不気味さを感じる。
F1種(一代雑種)の種は子孫を残せないのか・・・

種の問題は、
メンデルの遺伝の法則とか出てきて、
なかなか理解ができなかったのだけれど、
実際に自分でやってみて、
あぁ、こういうことかと少しわかった気がする。
少しだけ。

その上でF1種と固定種の違いなど、
調べてみる。
F1種にはF1種の役割もある。
農家の手間を大幅に削減できたのはF1種が開発されたおかげ。

なるほど。

そんなことを知った上で自分がF1種と固定種とどちらを選択するか。

 


1本のキュウリの苗から、
本当にたくさんのことを学ばせてもらっています。


あ、そうだ、
同じように昨年の種を繋いでいるミニトマトのアイコは、
とても順調に実をつけています。
品種によってもいろいろあるのですね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
 

 

 

 

節目の日

7月31日で、

わっちーは明宝人になって3回め
サミーは5回めの
節目の日を迎えました。

2年の差はあれど、
偶然にも同じ日なのです(笑)

どんだけ数えてもまるっと4年なのですが、
めちゃめちゃ中身が濃かったせいか、
まだ4年か、という気かしてなりません。

田舎暮らしがしたくて、
その念願がかなって、
あれも、これもやりたくて…

夢中で突っ走ってきたような気がします。

その中で見えてきた現実もあり。

最近は身の丈に合ったペースで、
のんびりやろうと、
思って暮らしています。

(まだまだ季節に追われている感がありますが)

こちらに暮らしていると、
自分の思うようにならないことが多々あります。
どうすることもできないこと。
自分たちの力が及ばないこと。

そういうことを受け容れて暮らしていくこと。

まだまだ納得いかんっ!てこともありますが、
どんなことがあっても、
じーちゃん、ばーちゃんたちみたいに、
あははと笑って「どったことない」と言えるようになりたいものです。

山葵田は順調です。
たくさんいたマイマイガは、
抜け殻を山葵の葉の裏に残し、
巣立っていったようです。
あまりにも気持ち悪いので、
写真に撮りませんでしたが。

まだまだ暑い日が続いていますが、
太陽の折り返し地点「夏至」を過ぎたからか、
草の勢いは収まり、少しずつ収束の季節に向かっているようです。
虫も少ない。



かすかにカラメルの香りもします。

これから山葵田では一番忙しい時期。
そして、少しだけ収穫も期待できそう。

秋が楽しみだ♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
 

 

やっぱりこれがないと。
毎年この時期にわんさか採れるキュウリだが、
今年はちょっと出遅れている。

ようやく作ることができた、

キュウリのQちゃん漬け。
やっぱりこれがないと。

皮の部分のパリパリとした食感と、
中央部の味が染みて柔らかい食感が楽しい♪ 

そのために少しブアツメに切るのが山んなか流。

今年は何回作れるかな。

+++++++ 
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ