森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866158
Today:639
Yesterday:1329
自分たちにできることを~郡上みんぱく

わっちーの、
伐倒デモンストレーション。

もう、倒れるぞー、の瞬間。

山のしごとの現場を、
中学生5人はどんなふうに感じたのでしょうか?

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
おおさむい…そんな中のおきゃくさま
「おおさむい」と書いて大寒。
二十四節季のなかの最後の候「大寒」

寒いはずです。
 
源右衛門の台所の蛇口は、
こんなんになっていました。

お客さまを迎え入れるべく、
薪ストーブを点火。

 
赤々と燃える薪ストーブの前から離れられなくなる。


今日のお客様は
中南米からJICA研修生として派遣されてきた12名。
やはり雪が珍しいようで、はしゃぐ、はしゃぐ。

でもやっぱり、寒い。
 
薪ストーブの周りに群がる。

「第3セクター」を活用した地域づくりをテーマに、
明宝に視察に来られたのだけれど、
せっかくここまで来られたのだから、
源右衛門の佇まいを感じてもらい、
ふるさと栃尾里山倶楽部の取り組みについて
お話させて頂いた。
(もちろん通訳付き)

畳(床)に座るという文化ではないようで、
話をしているうちに、
次から次へとstand up。

するどい質問も飛び交い、時間はあっという間。
でもラテン気質なのか、
とにかくマイペースだ。

 

一年で一番寒い季節に、
常夏の国からのお客さまでした。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
中学生に伝えたいこと
愛知県の中学生が、
課題追及学習で明宝にやってきてくれました。

サミーが課せられた学習のテーマは「田舎の教育力」


うーん、そんな難しい話ができるのかしら?



みんなはサミーに質問を考えてきてくれたそうなのですが、
その前にサミーの方から質問を投げかけました。

「田舎ってどんなイメージ?」


「背の高い木がいっぱいある。」
「生活するのに大変そう」
「スーパーやコンビニがない」
「空気がきれい」
「山がきれい」


なるほど。



サミーは
名古屋生まれの名古屋育ち。
2年前の夏に明宝にやってきた。


「都会から、田舎へ、
 全然生活が違うじゃないですか。
 大変じゃないんですか?」


でもね、サミーは、
こっちの生活の方が楽なんだよ。


というと、みんなビックリしていました。


そして、
明宝に来るまでのこと、
明宝に来てからのこと、
少しずつお話をしました。


最後に、


みんなはあの311の地震が今自分に起きた時、
生きていける自信はある?


ここにはね、
火を焚くための薪がある。
山からの沢水で水は確保できる。
田んぼも畑も保存食もあるから、
食べるものには困らない。

なにより、
いざというときに助け合える人と人のつながりがある。

だからここに暮らすことに決めたんだよ。


それは大変なこともいっぱいあるよ。
でも大変だけど、それを支えてくれる人たちがいる。
大変だからこそ、楽しいこと、嬉しいこともある。





最後に中学生たちに、
感想を聞いてみました。

「都会には都会のいい所があるし、
 田舎には田舎のいい所があるんだな。」
「畑とかやってみたくなりました
  …すぐいやになりそうだけど。」
「田舎は人のつながりを大切にしているんだ。」
「将来、仕事に疲れたら、田舎に行きます(笑)」





明宝で暮らしながら、
自分の「生きる力」を蓄えている最中だから、
まだまだ大きなことは言えないけど、
サミーが今、一番伝えたいことはそれぞれに感じてくれたのかなと思います。


うーん、伝えたいことはもっと沢山あるような気がするのだけれど、


自分の思いをまとめるいい機会を頂きました。
ありがとうございました。




勉強のこと、部活のこと、恋愛のこと(!?)、
いろいろ、あるのだろうけれど、
めいっぱい中学時代を謳歌してほしいなぁと、
エールを送ります☆


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



ちいさなうたげ
「このお花のように」
と贈られたブーケ


ニリンソウとカキドオシのブーケ


わたしたちにぴったりのブーケだ。


先日、ちいさな宴を源右衛門でひらきました。

お招きしたのは、
小さな頃からかわいがってもらった親戚の方。

と、

今、とってもお世話になっている栃尾の人たち。




宴のごちそうは、
明宝だからこそ、今の季節だからこそのもの。

この季節だと山菜。
タラノメやワラビなどよく聞く山菜から、
藤吉郎(モミジガサ)、ハンゴンソウ、コゴミやニリンソウ。

それが煮しめであり、和え物であり、天ぷらであり。

さらに、
シシ肉をつかったシチューや、
ローストビーフならぬ、ロースト鹿。


「結婚の祝いなんやで、鯛のお頭はなくてもいいんか?」
と心配するおかみさん。

鯛の代わりに、
大アマゴのお造り。






今までお世話になった親族の方に、
これから私たちが暮らしていく明宝の事を知ってもらいたくて、
あえて源右衛門という場所を選び、
明宝でしか食べられないお料理でとリクエストした。


お天気にも恵まれて、新緑がまぶしい季節。


今、明宝でこの時にしか手に入らないものでの宴。



まだ若々しい朴の葉っぱでつつまれた、
朴葉寿司。

「まるでこの日に合わせたかのように、
ふわぁっとひらいてくれたのよ。」




二人でゼロから手づくりした、
本当にちいさな宴は、

自然の恵みと、
地域の人たちのおかげで、

とてもとても和やかにとりおこなわれました。

とっても地味な宴だけれど、
とっても幸せな一日となりました。




客人のひとり桂一まが、

「よう、こんなところで祝儀をやってくれた。
 地のもんとしては、うれしいことや。
 また一つ、思い出ができたな。」

それはそれは素敵な笑顔でおっしゃる。




きっとニリンソウが咲く季節になると、
この宴のことを思い出すんだろうな。

ちなみにお料理はこちらでお願いしました ≫≫≫

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

大中保育園のお別れ遠足~後編

みんなぁ、

やまおとこから手紙がきたぁ

あつまれー!!



わくわくが止まらない子どもたち。


早く読んでっ!!


やまおとこから、ぷれぜんと?!

焼くとおいしい? なんだろう??



「このやまのなかでいちばんふといきのところにある。
かみさまのきだ。」


「サミー、
かみさまのきってどこ?」


子どもたちが目をキラキラさせてサミーに尋ねてくる。


「うーん、かみさまの木かぁ。
 そういえば、あっちのほうにふとーい木があるって、
 聞いたことあるよ。」


言い終わるか、終わらないかのうちに、
サミーが指差した方向に走り出した子どもたち。



あの木かなぁ。

あったぁ!!



まずは栃尾の山のかみさま、
カツラの木にお願いごとしよう!

みんな元気ないちねんせいになれますように。



さてさて、やまおとこからのプレゼントは??


マシュマロだぁ!

山いきさの小屋でおこした火で焼いて食べよう!





さぁ、焼くよ。






焦げたところが美味しいなぁ。


最後に、
次に使う人のために、杉葉や小枝を拾って、
小屋に積んでおいてくれました。




さぁ、源右衛門さんに帰ろう。


楽しかったね。
サミー、ありがとうね。

保母さんたちに、促される前に、
子どもたちが自分からちゃんと「ありがとう」と言ってくれたことに、
びっくりするやら、うれしいやら。




げんねもんさん、

ありがとうございました。


源右衛門さんも、きっと、
よろこんでいることと思います。
久しぶりに元気な子どもたちがたくさん来てくれて。



☆☆☆☆☆
里人塾の塾生さんの紹介で、
ご縁を頂き、源右衛門を利用して頂きました。

子どもたちにめいっぱい自然に触れさせたい。
おなじ郡上にある源右衛門のような古民家をぜひ子どもたちに見せたい。

大中保育園の保母さんたちの熱い思い。




森づくりを通して子どもたちに伝えたいメッセージがあると、
考えています。

子どものころに森で思いっきり遊んだ体験があれば、
将来きっと森に何らかのかたちで目を向けてくれる。

与えられた遊具ではなくて、
森の中で子どもたちが自分で考えて遊ぶこと。

それは、子どもたちの創造性を育み、
将来きっと子どもたちの「生きる力」になるはず。


こんな思いが重なり合うことで、
今回の「お別れ遠足」が実現しました。


このような形で源右衛門を利用して頂くことは初めてでしたが、
逆に、私たち里山倶楽部にとっても新しい着眼点を
たくさん頂きました。


子どもたちのやりたいっ!という気持ちを尊重した保育をされているせいか、
好奇心旺盛で、積極的。
予想以上に、上手に道具も使えるし、
むしろ、サミーよりも上手かも…(笑)

山の中で、
「サミー、あそこまで登ったら何が見えるの?」
って聞かれたのだけれど、
そこに登ったこともなかったし、
里人塾の中では誰も、行こうとしなかった(と思う)。

で、
子どもたちの好奇心につられて、
一緒に登ってみた。

そうしたら、尾根になっていて、
そこは風通しもよく、木漏れ陽もキレイで、
とても気持ち良い場所でした。
そして尾根の先から真下はどうも源右衛門。

「ここを間伐すると、源右衛門が見えていいかもね。」

うーん、いいかも。


さっそく、里山倶楽部の代表憲ちゃんに報告。


こうして、
私たちの取り組みを理解して下さり、
源右衛門や栃尾集落を利用して下さることが、
また私たちの幅を広げてくれるんだなぁと、
気づかせてもらいました。


それになにより、めっちゃ楽しかった。
冬の間になまった体で、
山を駆けずり回るのは、大変でしたが…
☆☆☆☆☆

ばいばーい。
また、あそびにきてね。


大中保育園HP  http://www.oonakahoikuen.com/


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ










大中保育園のお別れ遠足~前編

ある春の日、


いつもはとっても静かな栃尾の集落に、
元気な子どもたちのはしゃぎ声が響き渡りました。




声の主たちは、

大中保育園のゆりぐみさん21人のおともだち。



もうすぐ卒園するゆりぐみさん。
最後の思い出に、源右衛門さんにやってきてくれました。

はじめてやってくるところに、
ドキドキ、ワクワクが止まらない様子の子どもたち。

まずはお昼ごはんのカレー作り。

おうちから持ってきた野菜。
本当にさまざま、

にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、サツマイモ、レンコン、カボチャ…いろいろ、いろいろ。



水路の水は、めっちゃ冷たかったね。

ゆりぐみさん、日頃からクッキングをしているとのこと、
包丁を使うのも慣れたものです。



火、なかなかつかないねぇ。



火ついたよ。
あったかいね。


今回はかまど「どんびき」でのご飯炊きにも挑戦してもらいました。


でも、肝心の炊いているときの写真がない。


というのも、
カレーやご飯を炊いている間、
子どもたちは薪割りに夢中。

ぱっかーんと割れる感触に、
おもしろーい、もっとやるーと
サミーの前には列が絶えない(笑)


子どもたちにたくさん割ってもらったので、
しばらく源右衛門の薪ストーブに使う、
焚きつけ用の薪が確保できてしまいました。
ありがたや~♪


ご飯蒸らし中には、
中は焼き芋。
上はおもち。

子どもたちは、

遊びに夢中。


そろそろ、おなかがグーッとなりだしたところで、

太陽が出てきて、あったかくなってきたので、
外でカレーを食べました。


じゃーん。

ご飯を炊いたのは初めてということでしたが、
ベストな炊き上がり♪
カレーも具だくさんで、めっちゃ美味しそうでしょ?

ほんと、美味しかったです。




おなかがいっぱいになったところで、
今度は森の中を探検だ!


あ、あそこに小屋みたいなのがあるぞ~。


さっそく子どもたちは山いきさの小屋の周りで、
元気に遊びはじめます。 



「やっほー」

        「やっほー」




火をおこすための薪づくり。
ノコで木を切るのもお手のもの。
3歳から道具を使っているそうだ。





あれ?なんだこれは?


やまおとこからの手紙がっ!!



                            ~後編に続く