森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1918053
Today:952
Yesterday:745
サクラのお椀づくり旋盤講座
去年の秋の栃尾里人塾で、
サクラの木を伐りました。

そのサクラの木。





旋盤って何?



これのこと。
つまりろくろ。


ろくろで木地を回転させて、
これらの刃物で削っていく。


みんな真剣な表情。


サミーも、
旋盤ってなに?ってところからの
ど素人だったのだけれど、
刃物のあて方がだんだんわかってくると、
すごく面白くなって夢中に。

木のぬくもりを感じながら、
だんだん形を作っていくのが本当に楽しくて。

途中、写真を撮るのを忘れてました(笑)




半日+半日で

こんなん出来上がりました。




同じサクラの樹からできたから、

この子たちは兄弟だね。



出来上がったお椀をもって記念撮影。


そしてそして、
いただきますっ!
(ちなみにどんびきで炊いてくれたご飯です☆)



☆☆☆

かなぎの森づくりのために間伐したサクラの樹。
樹としてのイノチはそこで終えてしまったのだれど、

こうしてまたお椀として新しいイノチが吹き込まれる。

人の暮らしと森づくりがつながる。

そして、

一緒にこの場を共有した、
里人同士のつながり。


そのつながりがまた次のActionを生む。
それがまたワクワクして、楽しい♪

今年の栃尾里人塾も、
なんか楽しいことになりそうだぞ。


☆☆☆

今回のお椀づくりのワークショップは、
岐阜県立森林文化アカデミーの山口先生のご提案で、
開催することができました。
山口先生、そしてサポートして下さった学生さん、
会場を提供して下さった明宝木工センターさん、
今回のワークショップをとりまとめてくださったやよいさん、

本当にありがとうございました☆


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







森の手入れをする。
明宝庁舎の栃尾駐車場の上に、
大きなカシの木があるのに気づいたのは、
今年の秋のこと。

里山倶楽部の代表の憲ちゃんが、
見つけた。


サミーはその木の前にあるむかごが気になって仕方なかったのだけど…(笑)




その大きなカシの木はちょうど栃尾にやってくる人を、
出迎えるような位置にたっています。

そこで、そのカシの木周辺を、
間伐、整備して、
いつでもカシの木が見えるように整備をしよう、
という事になりました。


雪がうっすら積もった朝、
里山倶楽部の人たちと間伐作業。


とはいってもサミーは、
チェンソーを使えるわけではないので、
切られた木の枝をノコやナタをつかって細かくする作業。



ずっと下向いて作業していて、
ふと上を向くと、
なんかどんどんすっきりしていく森の中。
人数がいるってすごい。
どんどん事が進んでいく。


Myナタを持つようになって、
もうかれこれ一年になるのだけれど、
ナタでの枝のはらい方を教えてもらって、
少しできるようになったんかな。

まだまだ危なっかしい、(と見えるようですが)




作業を始めると、時間を忘れるくらい夢中になる。
そしてそのあと、すごくすっきりするのだ。

畑の草取りの時にも思ったのだけど。




自然との対話、自分との対話。
自然と自分との一体感。


これがいわゆる瞑想の世界なのか。
よく分からんのだけど。

ことばにできない、この感じ。




もう少し、森に、畑に時間をかけたいなぁと、
思う。
保存食(=食べること)ばかりじゃなくてね。


いやいや、PCの前に座っているばかりじゃなくてね。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ