森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866207
Today:688
Yesterday:1329
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
子ども寺子屋エコキャンプ2015~キャンプの料理番より
これも毎年恒例の
子ども寺子屋エコキャンプ。

2011年に始めたから、
もう5回目になるんやなぁ。

今年は最多32名の小さな里人が参加してくれました。
女の子も半分以上いて、
中学生のボランティアも数名いて、
1日目のカレーを作ってくれるおかあさんからは、

「今年の子んらは、ちょっとおとなしいない?」って。


まぁ、一日めだったからでしょう。

キャンプの料理番としては、
今年ほどヒヤヒヤしたことはありません。

みんなよう食べる。

羽釜で3升炊いても、
ペロリ。
いつもは余る桂一まのトマトも、
1つも残らず。

(もちろん、多めに持ってきてくださるのだけれどもね。)

たくさん、おすそわけ頂いた野菜たちが、
みるみるなくなっていきました。

(最終日のスタッフの賄いで何か作ったのも
はじめてのこと)

もちろん、
美味しく、たくさん食べてもらえることは、
料理番としては何より嬉しいことであるわけで。

3時間、一人で天ぷらを揚げ続けた甲斐がありました(笑)

天ぷらなべから離れられないサミーのところに、
子どもたちが代わる代わる来てくれて、
そんな他愛もないおしゃべりが、 
意外と楽しかったり。
こっそり子どもたちと味見をしたり。
〇〇が食べたい!とリクエストをもらって、
急遽メニューに加えたり。

5年目ともなると、
だいぶ余裕も出てきて、楽にできるようになりました。

キャンプから一週間後、
ちいさなお手紙が届きました。
お名前はなかったけれど、
小さな可愛らしい紙に、
その子のことばで、
どれだけキャンプが楽しかったかが書かれていて、

あぁ、エコキャンプやっててよかったな、

と心から思いました。

5年前はなぜか、「やらされる」形ではじめたエコキャンプ。
もう途中で退くつもりだったのだけれど、
なぜか関わってしまっている。
周りからは「子どもの守りは大変だろう」と労いの言葉をかけられ、
確かに大変なんだけれど、

それでも、こんなふうに、
参加してくれた子どもたちの夏のキラキラした思い出の1つに
なってくれたら、

それはものすごく自分にとっても嬉しいことで、
そんな嬉しいことが
年数を積み上げていくたびに増えていくのが、
それまた嬉しい。


エコキャンプの3日間のことは、
ふるさと栃尾里山倶楽部のブログに写真付きで、
紹介されています。

いちにちめ
ふつかめ
みっかめ
 
子どもたちのキラキラ笑顔を是非ご覧ください。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
子ども寺子屋エコキャンプin栃尾 2014

今年もこの季節がやってきました。

普段は閑静な集落栃尾に、
子どもたちの声が響き渡る3日間。

子ども寺子屋エコキャンプin栃尾


今年で4回め。
こうじびら山の家のきーちゃんと、
ふるさと栃尾里山倶楽部のコラボ企画。
わっちーもサミーもスタッフとして参加。

毎年思うのだけれど、
地域の方たちの温かい協力があって成立するキャンプ。
主催者側が言うのもなんであるが、

こーんな贅沢な内容で2泊3日12,000円のキャンプは、
他にはない!

食事に使う材料はほとんど、
地域で調達したもの。

その中でもこれ。

今年は大きな鮎がなかなか釣れないなか、
キャンプのために、
しかも栃尾で釣ってきてくれた天然もの。

 

今回のキャンプできーちゃんと共に大喜びしたこと。
それは、リピーターで来てくれていた子どもたちの成長。
中学生になった彼らは、
とてもとても頼もしく成長してくれていた。


ご飯を炊かせれば、それはもう上手に美味しく炊くし、
小さい子どもたちの面倒も見てくれるし、
しっかり働いてくれる。

子どもの成長を見れるというのは、
とても幸せなことだと実感。


そしてそしてもう一つとても嬉しいことが。
2日目の川遊びから帰ってきた子どもたちの、
ほんときらっきらした顔。
なんと、みんなで人数分の「カジカ」を採ってきてくれたのだ。
それも桂一まから借りた「銛(もり)」を使って。

サミーに報告してくれたあと、
桂一まのところにも報告に行ったようだ。

桂一まがそのあと、わざわざ源右衛門にやってきて、
「夜は肉(鶏ちゃんのこと)焼くんか?キャベツあるぞ。
 とうきび(とうもろこし)もあるぞ。」って。

よっぽど、桂一まも嬉しかったみたい。

サミーは桂一まが喜んでいる姿を見るのが、
とても嬉しい。
桂一まをはじめ、地域の人たちが
子どもたちにとってのヒーローになってもらいたい、
というのが、きーちゃんとサミーの狙いだったので。

子どもたちが楽しめるだけではなくて、
子どもたちが元気に遊んでいる姿をみて、
栃尾のじいちゃん、ばぁちゃんたちが、
少しでも元気になるといいな、と思って、
このキャンプをやっている。

笑顔いっぱいの子どもたちを
「いってらっしゃーい」と見送ったら、
突然の大雨。
お天気にも恵まれた3日間でした。

・・・っていうことは、
「おかえりなさい」と出迎えるために、
また来年もやんなくっちゃね。
また、栃尾で会いましょう♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

 

 

エコキャンプに参加してくれた君たちへ
田舎のおじいちゃん、おばあちゃんのところで
過ごす夏休み。

それが「子ども寺子屋エコキャンプin栃尾」の
テーマ。


だから予め、何をするかって、
細かいスケジュールを決めることをしなかった。

普通に、里山で暮らすように。

だって、夏休みって、
遊びの予定って決めないでしょ。

天気いいから、川で泳ごう、とか、
今日は山で秘密基地作ろう、とか、

その場の気分で決めるはず。



その代わり、何がきても大丈夫なように、
きーちゃんは準備してくれていた。

できるだけ、
子どもたちの「やりたい」ことを叶えてあげられるように、
その場その場で臨機応変に対応できるように。

そして、キャンプに参加するみんなが、
楽しく3日間を過ごせるように、
準備を進めてきた。

それは、子どもたちだけではなくて、
スタッフ、ボランティアも含めて。


その楽しかった様子はこちらのアルバムをどうぞ。


参加した子どもたち、保護者の方から返ってきた、
アンケートの回答には、
本当にうれしい言葉がいっぱい並んでました。

みんな、楽しんでくれたんだなと。

アンケートは、地域の人たちにも読んでもらいました。
みんなからの「ありがとう」の気持ちは、
確かに届けました。



もともと、
「子ども版の栃尾里人塾」ができたらいいね、
という話から始まったエコキャンプ。

去年も、今年も、ちいさな里人さんたちは、
思いっきり栃尾を楽しんでくれたようです。

今度は、お父さん、お母さんと、
栃尾の里に遊びに来てもらえるといいな。

みんな、栃尾の里で待っています。


☆エコキャンプのブログ記事は
左端カテゴリーのエコキャンプからご覧いただけます。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ












土星の浮き輪~星空観察
楽しい、楽しいエコキャンプは、
夜寝るまで、遊びます。

虫を探したり、
ナイトハイクでシカに出会ったり。

そして、なんといっても星空観察。

今回、超高性能な天体望遠鏡をお借りして、
星空観察をすることができました。



講師は、
明宝の駐在さんの善名さん。


趣味が天体観測とのことで、
子どもたちに星の話をしにやってきてくれました。

室内で今の時期にみられる星座について、
簡単にお話したあとで、

さっそく外へ。

自分が住んでいるところに比べたら、
栃尾はずっと暗いね。

上を見上げると、たっくさんの星。

順番に天体望遠鏡をのぞく子どもたち。
「うわぁ」
「すごーい」
「やばいね」

感嘆の声に、待っている子もワクワクがとまりません。


(写真提供:善名さん)



天体望遠鏡で見る事ができたのは、
月や土星、
天の川、リング(M57)星雲、二重星、…


土星ってほんとに浮き輪があるんだ…

それをこの目で確認できたことだけでも、
感動する。


ござをひいて、寝っころがって、
夜風を感じながら、
星を見る。

「あれが夏の大三角!」
「デネブ、アルタイル、ベガ」

「あれがさそり座のアンタレス」

さすが、頭がやあらかいだけあって、
星の名前を覚えるのが早い。


「あれは…UFO?」
「いや、人工衛星だよ」


「流れ星みえるかなぁ」
「願い事なんにしようかな。」

「わたし○○になりたいんだよね~」


星を眺めながら、夢見る女の子たち。
サミーにとっても忘れがたい夜になりました。



善名さんは、
子供の頃、天体望遠鏡で見た土星にとても感動し、
そこから星の世界に引き込まれていったそうです。

もしかしたら、
この子どもたちの中に、
未来の善名さんが生まれるかもしれません。



そしてそして、
8月25日-26日に行われる第4回の栃尾里人塾の夜、
善名さんが講師として来て下さることになっています。
もちろん、土星の浮き輪や、
月のぼこぼこ(クレーター)をはっきりとみることのできる、
天体望遠鏡もお借りすることになっています。

あとは晴れることを祈るのみ。

栃尾里人塾の申込み締め切りは、
なんと、本日8月22日まで!

昼間は一緒に汗をかきかき、
夜は一緒に星空をながめる。

夏の最後の思い出にいかがですか?


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




あんなこと、こんなこともありました。
みんなが到着する前、

スタッフとしが楽しそうに作っていたのは、
しかけ。

これで虫を捕まえるとか。

夜、仕掛けをかけに出かけました。


翌朝、男の子たちは、きーちゃんやとしをたたき起こし、
虫がかかっているか、見にいきました。


女の子たちは、みんなの前では顔を洗うのはイヤっ

ってことで、水車の水路で。

みんなの希望でラジオ体操から。


栃尾に来たからには、
神様の木 カツラの巨木にあいさつに。


おねがいします。



ハート形のトマト。



今年はアオダイショウもキャンプに参加。


女子と男子、
ぱっかり分かれるお年頃。
サミーの周りには常に女子。
(ほんとは男の子とも仲良くなりたかったのだけどな)




竹で弓矢をつくって遊んだ子もいたね。



食べたあとは、
自分でお皿を洗います。
ウエスでふき取ってから、
軽い油汚れを落とせるスポンジで洗います。

いちおう、エコキャンプだし。



就寝前。
2日目、男の子はコテンと眠ってしまったね。
女の子たちは、頭つきあわせて丸くなって、
GTに花が咲く。






GTって?
Girls Talkの略ですよ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





集落の中でのキャンプ
子ども寺子屋エコキャンプin栃尾は
実際に日々の暮らしが営まれている集落の中で行う、
キャンプだから…




みんながドラム缶風呂を沸かすのに必死になっているころ、
どこからかカレーのいいにおいがする。
二間手下組のおかあさん、
いーちゃんが大鍋で夕食のカレーを煮ている。

いいにおいにつられて、見に行った子もいたね。

お米を炊くのはは子どもたちの担当。
3升計量して、米を研ぎ、
はてさて、水加減は?

こんなときに頼りになるのも、おかあさんたち。

一緒にカレーをつくっていたみきちゃん、ふくちゃんが、
丁寧に教えてくれた。


自分たちが食べるご飯をつくったのだけれど、
その材料となった野菜は、
地域の人たちからの差し入れがほとんど。

カレーにいれたジャガイモはげんねもん畑から。
その他、
トマトやピーマン、トウモロコシ、玉ねぎ…

そして
サミーの顔と比較すると大きさがわかるかな。
こんなに大きなスクナカボチャ。

足りない時には、畑へ採りに行きました。

和男さんの畑では、
大きいキュウリと大きいナス、そしてミニトマト。



そしてふみちゃんの畑では、
モロヘイヤをたーんと。


畑からの帰り道、
偶然出会った地域の人に、

モロヘイヤを生のままで食べる美味しさを教わったね。



炭火で焼いた鮎も、
地域の方が吉田川で釣った天然もの。

デザートの桃に、
おやつも。


準備の段階では、
なかなか夏野菜が手に入りにくいかもと、
心配していたのだけれど、
結果的には、食べきれないくらいの野菜が集まって、
子どもたちにお土産で持って帰ってもらうことに。


まさに、地域の人たちに支えられたキャンプになりました。



いや、
実際に子どもたちと関わったり、
差し入れてくれただけではありません。

キャンプの間中、
地域の人たちが代わる代わる顔をだしてくれました。

子どもたちには見えない所でも、

そうめんをゆでてくれたり、
お茶を準備してくれたり、
いろいろ片付けをしてくれたり、

裏方を手伝ってくれました。



地域の人たちが、
それぞれに無理なくできる範囲で関わってくれること。

それは普段の暮らしでも同じ。
お互い様と、協力し合う。
キャンプは、
地域でやっとることやで、やるのが当然やと。


目に見えない部分での協力。
もしかしたらサミーも気がついていないところも
あるのかもしれない。


目に見えるところでも、
見えないところでも、
たくさんの人に支えられていること。


キャンプの楽しかった思い出と一緒に、
そのことも覚えていてほしいな。




+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





こんなうまいトマト、食ったことねぇ
源右衛門の水舟には、


真っ赤に熟れたトマト。


この表情を見たら、




その美味しさは伝わるでしょ。




自分の好みの大きさのトマトを選べるのも、
また楽し♪


この子どもたちの表情を、
子どもたちのことばを、

桂一まに見せたかったな。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


達人の技を盗め~流しそうめん
昨年のエコキャンプで大好評だった、
流しそうめん。

今年も是非やろう、ということになったのだけれど、

どうせやるのなら、
源右衛門の裏山から竹を伐りだすところからやろう!

そう、スタッフには木こりのヤマちゃんがいることだし。


というわけで、
朝ごはんの準備の合間に、
ヤマちゃんとともに竹伐り隊出発。


竹が倒れる時の音の大きさ。
ものすごかったね。




ノコで枝を払い、



運び出す。

ナタで割れ目を入れて、


半分に割る。



節を抜く。

なかなか、子どもたちだけでは、
上手くいきません。

そこで、

栃尾のじぃちゃん、桂一まに教えを乞うことに。


桂一ま、
流しそうめんのレーンを作りたいのだけれど…

桂一まはトマト農家。
トマトの収穫の一番忙しいときだったのにも関わらず、

さっそく、




子どもたちも、
その道具の扱い方、手さばきをじっと見つめる。



いよいよ組み立て。
さらに達人の技と知恵が光ります。




たかが、流しそうめん。
されど、流しそうめん。

桂一まはささっと作ってしまうようだけれど、

あまり急な傾斜でもいかんし、
かといって、緩やかすぎてもこまる。

みんなが一斉にそうめんをすくっても、
びくともしないように頑丈に組み立てるって、

本当はものすごく難しいことなのかもしれない。

その知恵と技に触れられるって、
子どもたちにとってはかけがえのない経験。



さぁ、うまくそうめんが流れるかな?



さぁ、準備万端。



食べながらも、次流れてくるそうめんが気になるね。

分かる、分かるその気持ち。


デザートには、


女の子たちが作った白玉団子を、


冷やしぜんざいに。


かなり大騒ぎで流しそうめんを楽しんだけれど、
まったくびくともせず、
スタッフもしっかりそうめんを味わうことができたのは、

やはり、達人の知恵と技のおかげかな。




桂一ま、

ありがとうございました!!

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





朝メシは自分たちでつくるべし~子ども寺子屋エコキャンプ
朝起きたら、
自分たちで朝メシをつくる。



火をおこし、



野菜を洗って切り、



米を研ぎ、



かまどで炊く。



ちょっと火が弱いんじゃない?



みそ汁の味つけに挑戦する女子と、
火を操る男子。

協力するからこそ、できる。




うっ、煙たい。
仰ぎすぎだろっ!


モロヘイヤを刻む、
リズミカル?な音。


みそ汁できた。
そっちは?




こっちも完成!



感謝の気持ちを、
手のひらと手のひらの間にこめて、

いただきまーす!


うっ、みそ汁からーい。
モロヘイヤ、味なくない?

ご飯、うまっ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



生きぬく力を培う?ドラム缶風呂
エコキャンプに参加して下さった子どもたち、保護者の方から、
続々とアンケートが届いています。
ありがとうございます☆

そのアンケートの項目の中で、
キャンプの思い出ベスト3!というのがあるのですが、

やっぱり第1位は断然、川遊び



で、第2位はというと、

コレ。
ドラム缶風呂。

今はスイッチ一つで、お風呂を沸かすことができるのですが、
このドラム缶風呂は違います。

まずは、川遊びの帰り道、
焚きつけ用の杉葉、小枝を拾います。


どんな小枝が燃えやすいか、
分かるかな?

そしてドラム缶に水をためるのは、
源右衛門脇の水路からバケツリレーで。

水を運べるもの、ナベやら、バケツやら、
そこら中からかき集めて、みんなで水をためました。


そしてきーちゃんから手渡されたのは、
マッチひと箱。

「このキャンプで君たちが使えるマッチは、
 これだけ」


子どもたちが自分たちだけで火を起こします。


スタッフたちは、
もっと時間がかかるかなぁ、と思っていたけれど、


子どもたちは意外と上手に火をつけました。

煙たい、煙たい、と言いながら。




湯加減はどうかな?


サミーも子どもたちの沸かしたドラム缶風呂に
入らせてもらったのだけれど、
それはそれはじんわりあったかくて、
気持ち良かったぁ。


スイッチ一つで沸かせないお風呂。

不便だけど、みんなでやれば楽しい。

でもそれだけじゃない。



今、何が起こるか分からない世の中で、
またあの東日本大震災のようなことが起こるかもしれない。
全てがなくなったときに、何ができるか。
身の回りにある全てを総動員して、
なんとかする。

それが「生きぬく力」

このキャンプが楽しい思い出になってくれたらいい。
だけど、もしかして事が起こってしまったときに、
このキャンプで経験した事が、
「生きぬく力」になってくれたらいい。


「あるもので工夫すること」と
「人と協力すること」

そんなことをこのキャンプで少しでも、
子どもたちが学んでくれたらいいな。


でも今は、
そんなことはきっと、全然感じていないだろうなぁ。


それはそれでいいけれど。
ヤマちゃん、女子から冷水浴びせられるの図。



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>