森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866131
Today:612
Yesterday:1329
記念植樹
応援隊の時から事務局として関わっている、
明宝山里研究会が
毎年、5月4日のみどりの日に、
植樹祭を開催している。

今年の植樹地は栃尾。
3年前に皆伐したところ。

毎年、たくさんの方が参加してくださるのだけれど、
今年は、ご近所の79歳の方が参加してくださった。

「今年80歳になるから、
記念に植樹したいなぁと思って」

スキーのストックを杖がわりに、
山をゆっくりと登っていく。
足腰、しっかりしてる。

下からでもよく見える位置に、
サクラの木を一本、
丁寧に植えてくださった。


そういえば…
サミーももうすぐ、
40歳になる。
これは、記念に植えなければ…

毎年植樹祭には参加しているけれど、
カメラを持って回っていることもあり、
植樹はほとんどしたことがない(笑)

皆さんが、植樹をほぼ終えられたところで、
余っていたコナラの木を植えることにした。

しかし、
ハッと気づく。

ここ、ネットの外側じゃん(笑)
このままだと、シカのえさだ。

と、慌ててネットで養生。



記念植樹で、
食べられちゃったり、
枯れちゃったりしたら、
ちょっとショックだよねぇ…

80歳になるころには、
どんぐりをいっぱいならす大木になっているかなぁ。

それとも、
20年後に薪として使っているか(笑)

それはそれで、またよし。

「ま、そのころ生きているかどうかは、
分かんないぞ」

と憎まれ口を叩かれる。

思いがけず、
山を育てる楽しみがふくらみました。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
植樹祭後のひとりごと

私たち夫婦が事務局を務めている
明宝山里研究会

毎年5月4日に植樹祭を開催している。

今年も明宝奥住地区の皆伐跡地で、
スタッフ含めた約50名が参加して行われた。
(詳しくはこちら

今年で4回め。
はじめて雨天決行。
雨の中の開催でも、みんなカッパを来て、
ドロドロ、びちょびちょになって、
樹を植えた。

中にはヒルに食われる子どもも…
(サミーも食われた)

終わった後の懇親会の席。

「雨で大変だったけれど、
 これが俺らの仕事だ。
 雨でも傘さしながら弁当食べて、
 また仕事して、
 ヒルに食われるのはしょっちゅうだ。」

「他の仕事とは違って、
 裏切られない仕事。
 だから、俺んとら、純粋なんや。」

山の仕事っていうもんは、こういうものだ。
それでも、やった分だけは還ってくる。
そんな誇りをもって仕事をしている、
山のおじさんたち。

そんな面を心の底からリスペクトしている。

その反面、
参加者からしてみるとどうなのだろう?
樹を植えるために参加されているのだけれど、
楽しめているのだろうか?


樹を植える作業も大事なのだけれど、
もっと山のことを知ってもらいたい。
できれば楽しく、学んでもらいたい。
山のおじさんたちの話を聞かせたい。

こんな風に思っているのだけれど、
山のおじさんたちはシャイなのだ。
人前で話すなど、もってのほか。

それにあまりに現実的なことを話すと、
一般の人はひいてしまうよなぁ。

山のしごとに携わるおじさんたちと、
山に関心のある人たちを
上手く結び付けられるといいんだけれどなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

山行きさと薪づくり~薪づくりイベント2012in明宝
明宝の「山のおじさん」たちの集まり
明宝山里研究会が出してきた間伐材を使って、

林業のプロに
チェンソーの取り扱い方、目立ての仕方を
直接教わり、

一緒に薪づくりをするイベントを行ないました。


ご参加頂いたのは…
薪ストーブの施工・販売をしているさくらプランニングさんのお客さま。
薪ストーブ歴もまだ浅く、薪づくりもまだまだこれから、という方々が中心。

午前中は
チェンソーのエンジンのかけ方から、


原木の伐り方まで…

明宝山里研究会のメンバーが
つきっきりで指導。


お昼は
めいほう鶏ちゃんで腹ごしらえしたあと、

午後からはみんなで、薪づくり。

斧で割る人もいれば、


薪割り機で割る人もいる。


子どもも挑戦。
タイヤは割った薪が飛び散らないようにするためのもの。

割られた薪は、


針金で出来た輪っか(タガ)につめて束にします。

これが簡単なようで、意外と難しい。
パズルのようです。

みなさん、炎天下の中、頑張りました。
束にした薪は参加者みんなで
(文字通り)山分けに。


座席の足元にも詰め込んで(笑)



街中では、
チェンソーのことにしても、
薪のことにしても、
なかなか話を聞くことができないそう。

参加者のみなさんからは「勉強になりました」

とのお声を多数頂きました。


明宝山里研究会でも、
これをきっかけに、都市部のみなさんとのつながりができれば、
薪が動き、お金が動き、人が動き、
地域が元気になっていきます。

今後も継続してこのようなイベントを行っていきたいと、
考えています。

ご参加いただいた皆さん、
さくらプランニング株式会社のみなさん、

そしてこのイベント開催にあたり、
影から支えて下さった方々、

ありがとうございました。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

未来に思いをはせて…せせらぎ街道の森づくり
5月4日 みどりの日
てんき 


10:00 開会式

明宝山里研究会松山会長のあいさつ。
40名前後の参加者が集まりました。


10:15 山のぼり開始。
     想定外の登山にみなさん、ちょっと悪戦苦闘


11:30 植樹場所に到着



植樹の前に、腹ごしらえ。
山で食べるご飯は格別美味しいね。


12:00 植樹開始


苗木の説明。
植え方の説明。
参加者の皆さん、真剣に聞いています。


明宝林業グループの指導のもと、
実際に植樹。


根っこを土に埋めたら、
上からよーく、踏みます。

根っこが空気に触れないようにするためです。



みなさん、写真では米粒より小さいですが、
一生懸命、植えています。



14:00 植樹終了



下山します。


=======
このブログ上でも告知記事をUPしていましたが、
せせらぎ街道の森づくり

お天気にも恵まれて、無事開催することができました。

スタッフも含めて約60名。
1400本の苗木をあっという間に植樹。

みなさん、お見事でした。

将来、ここはどんな森になっているのでしょう?
未来に思いをはせて、樹を植える。




でも実は、樹を植えるだけでは、
森にはならないのです。
下刈りの手入れも必要。

そして、私たちの大きな課題である獣害。

幼木の新芽はシカの大好物。

今回の植樹場所には、あらかじめ獣害ネットを施し、
スギ、ヒノキの苗木には、ヘキサチューブを立てました。




「昔は、植えさえすればよかったんだけどなぁ。」

明宝林業グループの人たちが言います。




みなさんが汗水流して植樹した苗木たちが、
すくすくと成長するように、
明宝山里研究会では経過を見守っていきたいと思っています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

5月4日に植樹をする場所は…
こんなに見晴らしのよい場所です。

5月4日のせせらぎ街道の森づくりの準備を、
着々と進めています。

ここが将来、どんな森になるのかな?




======

まだまだ参加者募集中です!
せせらぎ街道の森づくり
5月4日(金)みどりの日
                          →詳しくはコチラ



こちらもよろしくお願いします。
ART EXHIBITION  Dialogue 2012
5月3日(木) 4日(金) 5日(土)
古民家源右衛門がこの3日間、アートギャラリーに変身。
                          →詳しくはコチラ




そして、今年もやります!
栃尾里人塾2012
第1回は 5月19日(土) 20日(日)
(以降10月までの第4土日で開催)
詳細は coming soon...



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

本日発刊のGUJO+に…
渡辺染物店の色鮮やかな鯉のぼりの表紙。
フリーマガジンGUJO+(ぐじょうプラス)の5月号に、



明宝山里研究会の薪販売案内の広告を、
どーん!と
載せていただきました。

ただ今、この冬シーズン用の薪の予約販売を受付中です!

”豊かな森づくりと元気な地域づくり”
明宝山里研究会の熱い思いも記事になっております。


郡上市民のみなさま、
その他にお住いのみなさま、
お手元に届きましたらぜひご一読くださいませ。


======
こちらもよろしくお願いします。

せせらぎ街道の森づくり
5月4日(金)みどりの日
募集期間延長
まだまだご参加いただけます☆ →詳しくはコチラ


ART EXHIBITION  Dialogue 2012
5月3日(木) 4日(金) 5日(土)
古民家源右衛門がこの3日間、アートギャラリーに変身。
                       →詳しくはコチラ


そして、今年もやります!
栃尾里人塾2012
第1回は 5月19日(土) 20日(日)
(以降10月までの第4土日で開催)
詳細は coming soon...



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

【参加募集】みどりの日に木を植えませんか?
明宝山里研究会は、
日頃は山を手入れするために、間伐作業を中心に行っていますが、
今回は、こんなイベントを企画しています。


5月4日のみどりの日に、
せせらぎ街道沿いにみんなで木を植えませんか?

コナラ、ケヤキなど約1,000本を植栽します。


日 時  平成24年5月4日(金)みどりの日 
      10:00 郡上市明宝庁舎集合 ~ 15:00 解散

場 所  郡上市明宝 せせらぎ街道沿い

参加費  無料(昼食は各自ご持参ください)



募集定員 : 80名
もちもの  : 作業のできる服装、昼食
         (軍手、飲み物は主催者で準備します)
募集期間 : 平成24年4月20日(金)
         (定員になり次第締め切ります)
応募方法 : 郵送、ファックス、メールにて、
         お名前(フリガナ)、年齢 性別、住所、電話番号を
         明宝山里研究会事務局へお知らせください。


申し込みチラシ(PDF)はコチラ ⇒ せせらぎ街道の森づくり




●お問い合わせ・お申し込み●
明宝山里研究会 事務局 
〒501-4307 郡上市明宝二間手606-1 
      郡上市役所明宝庁舎内
      TEL 0575(87)2211   
      FAX 0575(87)2386
      Mail ganbaritai33☆mail.goo.ne.jp
          (☆を@に変えて)


<主催> 明宝山里研究会
<協力> 郡上市、明宝林業グループ、郡上森林組合、
       岐阜県郡上農林事務所、岐阜県立郡上高等学校、
       岐阜県森林文化アカデミー


ご参加お待ちしております☆

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
明宝山里研究会のこと
2011年の9月、
明宝の山のおじさんたちが立ち上がりました。



明宝地域の面積の95%が森林。
その森林はいま、大きな問題を抱えています。



後世の人たちの事を思ってたくさん植えられたスギ・ヒノキ。
その思いもむなしく、
時代はどんどん移りかわり、木材の需要は減るばかり。

価値を失った針葉樹の山には、
かろうじて間伐の手は入るものの、
その材を搬出するまでの費用はなく、
山に放置したまま。



山の恵みを暮らしに活かす知恵と技は、
このままだと途絶えてしまう。


そこで、
放置された間伐材を薪ストーブの薪として販売することを、
思いつきました。

ターゲットは都市に暮らす薪ストーブユーザー。
里山と都市を薪を介して交流すれば、
明宝地域も元気になるはず。

間伐材が価値あるものとなれば、
人々の山への関心も高まり、
山も元気になる。




こんな思いで集まったのが、
明宝山里研究会。


サミーはこの会の事務局を担当しています。





山の果たすべき役割というのは、とても大きいと思うのです。

私たちの暮らしを支える清らかな水。
これがたゆまなく流れているのも、
山がスポンジの役割を果たしているから。

大雨が降っても、一気に流れ出ないのは、
このスポンジ機能のおかげ。


でも、手入れの行き届かない山では、
このスポンジ機能が低下してしまっています。


この冬一番寒い時期には
沢水の量が減ってしまったことがあり心配しました。
山にたくわえられていた水がなくなってしまったのではないかと…



大雨の時に各地で土砂災害が起こるのも、
山の手入れ不足がひとつの原因。



針葉樹の薄暗い森では食べ物がなくて、
動物たちにとっても暮らしにくいようです。

食べ物を求めて、里に下り畑を荒らす


農家さんにとっては本当に頭の痛い問題です。




全国的に猛威をふるっている「ナラ枯れ」
「甲虫カシノナガキクイムシ」が原因虫とされているけれど、

本当はわたしたちの「ほったらかし」が原因。


そう、
山に関する課題は、私たちの無関心から、
端を発しているような気がするのです。



事は大きくて、何から手をつけてよいのやら…

でも何かしなくちゃいけない。



明宝山里研究会として、
ただ単に薪を売るというのではなくて、
薪を通じて、山の現状を多くの方に知ってもらいたいと思っています。



水源地の森林を守るのは、
里山に暮らす私たちなのかもしれないけれど、
私たちの命を育む水を守るためにも、
都市に暮らす人たちの力を貸してほしい。

それが森を守ることにつながり、
地域が元気になることにもつながる。




明宝の山のおじさんたちは、
本当にかっこいいと思います。
気は優しくて、力持ち。
本当に、大切にしなくてはならないことを、
ちゃんと大切にしている。

うまく、ことばにすることができないけれど、
いいおじさんたちです。

アクが強くて、ちょっと大変?!だったりするけど、
事務局がポカの連続をしでかしても、
大らかに受けとめてくれます(笑)


そんな明宝山里研究会では、
薪ストーブ用の薪・原木販売用のパンフレットを準備しています。
もし、ご興味がありましたら、
サミーまでお問い合わせくださいませ。


ganbaritai33☆mail.goo.ne.jp
(☆を@に変えてお送りください)



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ














ぞくぞく入荷~めいほう里山もくもく市場
10月30日(日)に、
郡上市役所明宝庁舎駐車場で開催される、
めいほう里山もくもく市場へ向けて、
ぞくぞくと間伐材が入荷しています。


薪ストーブなどに使う薪も、
入荷。


乾燥していないので、
薪として使う場合は来冬用になります。
来シーズンに向けての薪調達のご相談も承ります。

時間は10:00~15:00。

ぜひぜひ、一度、
めいほう里山もくもく市場に足を運んでみてくださいませ。



明宝近辺も少しずつ山がいろづき始めましたよ。
せせらぎ街道沿いドライブついでに…

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


めいほう里山もくもく市場 大盛況
ブログ記事でも宣伝していた、
めいほう里山もくもく市場
11月21日に開催されました。

正直、間伐材が集まるのか、
そしてそれを買いに来てくれる人がいるのか、
心配でした。


間伐材は地元のおじさんたちが、
こんなふうに集めてきてくれました。


さて、どれくらい人が集まるのか…


会場は栃尾入り口の駐車場。

こんなふうに一山毎に、
材長、本数、材積、そして金額が明記されています。
ちなみに、これだけで9471円。


午前中からお客さんが来て下さいました。

積込み作業。

 
今回、実証実験として行っているので、
来ていただいたお客様にお話を伺って、
ニーズなどを聞き取ります。



サミーは源右衛門で、
芋鍋の仕込み。

サミー畑で収穫した赤だつ芋と、
大根を使います。
午前中の陽が当たらない時の芋洗いは、
本当に水が冷たかった。



薪ストーブで出汁を仕込んでいると、
先程、間伐材を購入頂いたお客様が、
源右衛門の薪ストーブを見に来て下さいました。




薪も1束250円で販売します。

薪割りもお手伝いしてもらいました。

この薪割り機だと、
女性の方でも割と楽に割ることができます。



こちらは機械を使った薪割り。


さて、お昼になりました。
芋鍋、なんとか間に合いました。

 
芋鍋と、
お漬物各種、振る舞いました。


みなさんにおかわりして頂けるほど、
美味しく召し上がっていただけたようで、
ホッとしました。
仕込み量が足らなかったかな?
すいません。



午後からは、
大きなトラックで来られたお客様も。



一方源右衛門では、
山石古民家工社の社長さんが、
薪ストーブ料理を伝授。

薪ストーブの天板の上に、
ダッチオーブンを置いて、
手羽先、まるごとの玉ねぎ、赤だつの頭芋を、
ぽんとほおりこんで、
しばらく置いておくこと1時間ほど。

写真を撮り忘れるほど、
美味しかったです。
まるごと玉ねぎの甘さ。
赤だつ芋のホクホク感。

そして、炉の中にゴトクを置いて、
ピザを焼きます。



これは、ものの1分ほど。


はい出来上がり。
チーズの焦げ目がなんとも美味しそうでしょ?

同じ要領で、お好み焼きも焼けるそうです。

ダッチオーブンと、
鉄のフライパンを買ってもらわなくっちゃ。


薪ストーブ料理もいろいろあるんだなぁ。



終わってみれば、
大盛況のもくもく市場でした。

こうじびら山の家のスタッフを中心に、
地元の方々、
そして里人塾の塾生さんもボランティアで協力してくださったお陰です。
午前中は特に陽が当たらず、
寒い中での作業で大変だったと思います。
本当におつかれさまでした。

来週11月28日も
もくもく市場開催します。
(芋鍋振る舞いはありませんが・・・)
源右衛門の薪ストーブの見学はいつでもOKです。
ぜひ一度遊びにきてください。


+++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
ランキング参加しています。