森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866177
Today:658
Yesterday:1329
薪ストーブの思わぬ効能
「薪ストーブがあるおかげか、
いつもより屋根の雪が溶けるのが早いな」

と桂一ま。


源右衛門の表側の屋根を見上げると、
屋根の一番高い部分から、溶け始めて、
瓦が見え始めている。


「あそこの部分が(雪に引っ張られて)
一番力がかかるもんで、
屋根が悪うなるんや。
毎年、ここらでも3,4軒やられることがある」
そうな。

早く溶ければ、それだけ屋根への負担は軽くなる。



源右衛門の裏側。
雪の厚みが表側とは違うけど、
陽が当たりにくい方も、こんな感じに、
屋根の一番高いところから溶け始めている。

「薪ストーブで屋根があったまっとるおかげやな」


古民家における、
薪ストーブの、
思わぬ効能。



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
ぽちっとよろしく。

火をあやつるということ
源右衛門に薪ストーブがやってきて、
まもなく3週間。

薪ストーブのぬくもりって、
ほんとうにたまらない。
石油ファンヒーターやエアコンとは違う暖かさ。
本当に、ぬっくいのです。


しかし、そのぬくもりを得るためには
火をおこさなければなりません。
火のおこし方はこだわりのBBQの時に教えてもらいました。


先日雨が降って乾いていた薪が、
湿ってしまいました。
湿った薪は火がつきにくいだけではなく、
黒い煙が出ます。

しかも火付け用の新聞紙や杉葉と、
太い薪はあるのですが、
その中間の木端や細い薪はなくなってしまいました。
小さい斧で太い薪を割ろうとしても、
生木はなかなか割れません。


寒い中、なかなか火がおこせないと、
泣きそうになります。
黒い煙でほんとに涙が出てきます。
そして、何度も扉を開け閉めするので、
そのたびに灰をかぶり、
サミーはシンデレラ?!
(シンデレラには「灰かぶり姫」という意味もあるそうです)


なんでこんなに苦労して火おこしてんだろう?
スイッチひとつであったかくなる方法はほかにあるのに。




それでも苦労した末に火をおこすことができ、
安定してメラメラと燃えてくると、
ほっとします。
本当にあったかい。
そして炎をみていて飽きません。



そして失敗すると、学びます。
細かい薪をたくさんつくりました。


太い薪も陽があたるところに干します。



そう、里人塾で作った薪小屋、
栃尾で一番陽があたらない場所。



そして、薪割りの時は誰も気づいていなかったのだけど、
夏ごろ割った乾いた薪が一番奥の一番下に、
最近割った生木の薪が一番手前に入っている状態。

つまり、使いたい乾いた薪が、
すぐに取り出せないのです。


本当に、里山の生活は、
「先の、先の、その先を見据えて」(里人の証
行動しなければなりません。


そして薪ストーブの裏側にも、

こんなふうに、薪をたくさんおいて乾かします。


毎日薪で火をおこしていると、
どんな薪が火がつきやすいか、
どんなふうにくべたら火が広がりやすいか、
なんとなく、分かってきます。


火をあやつれるようになったら、
薪ストーブ調理も思いのまま、かな?


簡単に、安全に暖を取れる方法はあるのだけれど、
もちろんそういう方法をとってもいいのだけど、
でも、
自分で火をおこせることって、
とっても大切な事だと思う。
生きていく力、になると思う。


そして、やっぱり楽しいのです♪
大変だけどね。

まだまだ失敗を繰り返し、大きくなるのだ。


+++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
ランキング参加しています。

タグ: 薪ストーブ
火が入った!~薪ストーブ完成
10月25日から工事がはじまった、
薪ストーブ。
いよいよ、主役の薪ストーブ本体が、
源右衛門にやってきました。

古民家にもしっくり馴染む薪ストーブ。


午前中雨で作業ができず、
試運転は昼過ぎに。


薪ストーブは鋳物で出来ています。
まずストーブ内を温めるために、
新聞紙2~3面を燃やします。
ストーブ内が冷えていると火がつきにくいのです。

ストーブ内が温まったら、
細い薪からくべていきます。

ここのあたりは、
焚き物と同じ。

屋根の煙突からは、

結構、煙が出ています。
煙突も黒色で古民家の屋根に、
違和感なくなじんで、
少しホッとしました。


徐々に太い薪をいれ、
炎が全体にまわったら、
一次燃焼口を閉じます。

この薪ストーブ、二次燃焼ができるのです。
二次燃焼とは、
一次燃焼で出た煙をもう一度燃やす事。
それによって燃焼効率が高まり、
さらに、不純物も燃えるとのこと。
環境汚染の影響を少なくできるらしい。

そして2階から上の煙突部分は二重構造になっています。
煙の温度が下がりにくい。
一気に上まで上昇していく。

ということは煙が煙突を通り抜ける時間が短く、
煙突内にススがこびりつきにくい。
つまり、煙突掃除が楽なのだそうだ。

薪ストーブでは、
針葉樹を燃やすと、煙突掃除が大変だからと、
針葉樹の薪は避けられることが多いとも聞く。
だけど、今回源右衛門にやってきたこのストーブは、
針葉樹を燃やしても大丈夫なやつ。

そう、間伐材からできた薪を使うことができるのだ。

薪ストーブを導入した理由。
里山にある恵みを上手く利用して、
エネルギーに変えること。
切り捨てられた間伐材を、
薪ストーブの燃料として使うことが、
里山を再生していくことにつながる。


針葉樹を燃やすことができる薪ストーブの普及も、
望まれるところだ。



ずっとこの炎を見ていても、
あきません。

あったかい。



火を上手く扱えるようになるには、
慣れが必要そうです。

そして薪ストーブ料理にもいろいろ挑戦したい!


薪割りも頑張らなくちゃね・・・


☆☆☆☆☆

11月14日(日)
第2回 郡上市市民協働フェアが開かれます。
郡上市で地域づくり、まちづくりに関わる人・団体の、
活動報告・パネル展示などを通じ、
これからの郡上をみんなで語ろうという催しです。

「ふるさと栃尾里山倶楽部」のパネル展示もあります。
そして、
パネルディスカッションのパネラーとして、
サミーが参加することになっています。

市民協働、というと難しいですが、
いつもサミーがやっていることを、
ありのままにお話できたらいいなと思っています。
っていうか、
難しい話は、サミーにはできません

みなさんお誘い合わせの上、ご来場下さい。

会場は郡上市総合文化センター、
午後13時からです。


☆☆☆☆☆

もくもく市場
11月21日、28日いよいよ開催です。


今日入ったばかりの源右衛門の薪ストーブで、
あったまりませんか?



++++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
ランキング参加しています。
待ち焦がれる、薪ストーブ~進捗状況
源右衛門に運び込まれた、
大谷石(おおやいし)。



「真ん中で、持ってみよ。
おもいぞー」
と桂一ま。

サミーの力では、持ち上がらない。

見た目はスカスカのように見えて、
結構手強い。


桂一ま、真ん中で持ち上げて、
「60キロぐらいか、もっとか・・・」


御年81歳。
桂一まも手強い。



何に使うかというと、
薪ストーブの後壁と側壁に。



柔らかくて加工がしやすいので、
防火壁によくつかわれるのが大谷石だそうだ。
(Wikipediaより)






秋がどんどん深まっていく。

薪ストーブを、
今か、今かと、
待ち焦がれる。




☆☆☆☆☆



もくもく市場、
11月21日、28日の両日開催します。

薪ストーブのあたたかさを、
体験しに来て下さい。




+++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
ランキング参加しています
源右衛門にも
サンタクロースは来てくれるかな?


薪ストーブの煙突工事なう。



☆☆☆☆☆
もくもく市場
11月21日28日の両日開催します。


源右衛門の薪ストーブで、
あったまりませんか?
21日には芋鍋振る舞います。






+++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 
ランキング参加しています。
埋薪(まいしん)あらわる
栃尾里人塾の記事もUPしたいところですが、
やっぱりこちらも気になるし、
面白いので・・・


昨日から始まった薪ストーブ設置工事
床下補強のため床板を剥がしたところ、
床下から昔の床暖房、
埋薪(まいしん)の石積みが出てきました。

サミーが源右衛門へ行くと、
ちょうど床下に断熱材を入れる作業をしているところ。
昨日は石積みの一部しか見えませんでしたが、
今日は埋薪があらわになっていました。


ジャーン!!

とお見せしたものの、意外と小さい?
中は空洞だったそうです。
周りにこびりついているのは灰かな。


外側からもちょうどこんなふうに、


開いていたので、
のぞいてみると、


こんな感じでした。




+++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。
クリックよろしくおねがいします
新しいスタート。

第6回の栃尾里人塾が無事終了し、
ホッとしたのもつかの間、
栃尾では、
今朝からいよいよ新しい古民家へ向けて、
動き始めました。

里人塾レポートもUPしたいところですが、
やっぱり超HOTなネタからUPします。


薪ストーブの設置工事。

玄関から入って右側の部屋に、
薪ストーブを設置します。

完成予想図は、
こんなん。

この図では斜めを向いていますが、
正面向きで設置されます。

煙突はまっすぐ屋根まで突き抜ける。



設置される薪ストーブは、
ベルギーのドブレ。
シンプルなデザインなので、
たぶん古民家に設置しても、
浮くことはないはず。

この薪ストーブは針葉樹を燃やしても大丈夫とのこと。
栃尾の山の間伐材も有効利用できます。

この薪ストーブを使って、
煮込み料理や、ピザなんかも焼ける。

ワクワクが広がります。




薪ストーブは重量があるので、
設置場所の床を張り直す必要があります。
床板をはがしてみると、




床下の一部分だけ、
石が積んでありました。


「まいしん、やな」と桂一ま。
石で囲って、その中に生木の薪をくべ、
稲わらで覆う。
じわじわゆっくり燃やすことで、
部屋の室温を保つ。

昔の床暖房。
でもこれは人間のためではなく、
蚕のため。
桂一まが子どものころに使われていたものらしいです。
ちょうど源右衛門の中央に二箇所あったのとのこと。


またひとつ、源右衛門のヒミツを、
知りました。



水車と太陽光パネル設置場所の、
土木工事もまもなく始まります。

工事の様子も随時報告しますね。


今回薪ストーブの設置工事を請け負ってくださっているのが、
地元郡上市で古民家を専門にしてみえる
山石古民家工社さんです。
こちらのブログも是非ご覧くださいね。


+++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。