森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1915687
Today:600
Yesterday:644
六ツ目のパンかごづくり
昨年参加した
そば笊づくりがとても楽しかったので、
今回の六つ目のパン籠講座に、
迷わず参加。

2日間だし、
編み目もスカスカだし、

と甘くみていたら大間違い。

まずヒゴの数が多い!
そして厚さが0.6mmにへぐ事の難しさ。

心が折れました。

1mmでは厚すぎる。
0.5mmでは薄すぎる。

日頃大雑把な性格の私には、
その繊細さが分からず。
とりあえず0.8mmくらいなら良かろうと思っていたら。

編みで苦労した。

編むのは何となく分かる。
でも分かっているのが何となく、だと、
間違っているのに気づかないし、
間違っていても直せない。

そして、ヒゴが厚いもんだから、
ぎゅっと目を詰めるのが一苦労。

根を詰める合間のランチは


ほんと癒された。
この時ばかりは、
パン籠よりも中身のパンに夢中。


それでも、形になって、
とうとう出来上がったときには、
ほんと嬉しくて、
思わず籠を頭に被ってしまったよ〜

みんなで完成したカゴの記念撮影。

我が家ではめったにパンを食べないのだけれど、
今日ばかりは、パンでランチ。

手作りの籠が一役買ってます。
手袋
「昨日買い物行ったときに、
これサミーにちょうどいいと思って」

と言ってプレゼントしてくれたのは手袋。


手のひら側がゴムになっていて、
手にフィットするから、
細かい作業もしやすいし、
滑らなくて、使いやすい。
しかも少々濡れても大丈夫。

憲ちゃん、ひろみぃさん、どうもありがとう。


ちなみに、

手袋は3双って数えるんだね。


+++++++
にほんブログ村ランキング参加しています。
30位で喜んでいたら、
今日は20位でした。
本当に皆さんありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ 
今日もクリックお願いしまーす