森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866160
Today:641
Yesterday:1329
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
朴葉寿司づくりを学ぶ
先週の土日は、
栃尾里人塾。
6月の里人塾では、朴葉寿司をつくるのが
恒例。

今年も、
里山倶楽部のおかあさん、ふみちゃんに
学びながら、朴葉寿司を作る。

皆さんが、
畑仕事や、朴葉採りに行っている間に、
寿司と味飯の下拵え。

我が家でも、時々、
朴葉寿司を作るけれど、
1升とか、2升とか作るわけではなくて、
3合とか、多くて5合とか。

来年以降、みんぱくで
大量に作るかもしれないので、
あらためて作り方を学ぶ。

毎年、毎年学んでいるんだけれど、
新しい発見が毎回あって、
(教わるおかあさんにもよるけれど)
やっぱり、里山ごはんは
レシピじゃなくて経験なんだなぁと思う。 


出来上がった酢飯を、
塾生さんと一緒に朴の葉に包む。

今年の朴葉寿司は、
ちょっとご飯が堅かったわ…

と、ふみちゃん。
ベテランでもこんなこともあって、
それはそれで・・・

でも、とっても美味しくて、
みんなでお腹いっぱい食べました。

さて、私は復習、復習。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
サクラの巨木に会いに行く

今年は春の訪れがすこし早くて、
4月10日には栃尾のサクラが満開になりました。


栃尾周辺の森には3つの巨木があります。

カツラ、カシ、サクラ。
そのうち、サミーはサクラの樹には、
まだ会いに行ったことがありません。

どうせ会いに行くのなら、
花が咲いているときがいい。

そこで、
代表の憲ちゃんと、
里人のかわちゃんを(半ば強引に?)誘って、
サクラの巨木に会いに行ってきました。

針葉樹の陰と広葉樹の日向を
交互に歩いていきます。
道はもちろんついていません。
自分で歩きやすいところを選んでいきます。
そして、かなりの急斜面。
年に1回しか活躍しないスパイク足袋が
大活躍しました。



そして出会った、
サクラの巨木。

来て分かりました。

巨木ということはもちろん
樹高も高いわけで、
桜の花が咲く位置ももちろん高くて、
足元ではお花見がしにくい、ということが(笑)



そして老木だからなのでしょうか?
花のつき方もまばら。
ソメイヨシノのような華やかさはありません。

素朴に、素朴に咲いていました。


サクラの巨木から、
今まさに花盛りの
大三戸山の花見ができました。

帰り道、
こんなお宝も発見。


カタクリです。
あちこちに芽が出ていました。

秋のうちに落ち葉をかいて置くと、
春になった時に芽が出やすいといいます。
落ち葉は畑にいれればいいし、
一石二鳥。

10月の里人塾でやろうか、という話にもなりました。


喉が渇いたときに見つけたもの、


イタドリ。
一番背の高い憲ちゃんが、
採ってくれました。
皮をむいてかじると
みずみずしくて、
ちょっとすっぱくて、
疲れがとれる。

「なつかしなぁ」
と憲ちゃんとかわちゃん。

正味1時間くらいの、
山のお散歩。

とっても楽しかったです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

念願のピザ窯
前回の里人塾で、



あーでもない、こーでもないと、
いろいろ知恵を出し合いながら、
何とか形になった、ピザ窯。

試しに焼いてみる。



いろいろ試行錯誤しながら、
それでも、


こんな感じでできました。

やっぱり、焼き立てのピザは美味しい。
みんなでお腹いっぱい食べました。

来月は、
もうちょっと手直しして、
いろんなピザを焼いてみたいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

今年も始まりました~栃尾里人塾

栃尾の里の田んぼに水が張られました。

今年で6年目。
栃尾里人塾の季節です。

今回は、
里山暮らしの大先輩、
尊敬して止まないゆるちゃんが参加してくれたり。


ゆるちゃんとこのヤギも大活躍。

6年目にして初めて、

栃尾の山の神様、カツラの木に

抱かれました(笑)


カツラの木の裏側はこんなん。
御利益あるかな?

翌日はほんと、久しぶりに参加してくれた里人さんに会え、
めっちゃうれしかったし。
重大発表があった、里人さんもいて

子どもたちもたくさん集まって、
にいわしい栃尾の里になりました。


どじょう田んぼの田植えも無事済みました。

みんなが田植えの間に、
ヨモギもちづくり。
ヨモギは栃尾で採れたもの。


おっきいのも、ちっさいのも、
きれいなのも、ぶかっこうなのも、
みんな、みんな美味しくお腹の中におさまりました。

6年目だけれど、
まだまだ学びの多い里人塾。
長老、桂一まが寝間着姿であとふきに現れ、
「歯が生えたんや」とのたまったときには、
びっくりしたけんど、

元気な証拠!

なにより、なにより。

今年も楽しいこと、いっぱいありそうだぞ。
今回の里人塾の詳細はこちらのブログをどうぞ

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



今年も里人塾が始まりました。
今年もふるさと栃尾里山倶楽部では、
栃尾里人塾を開催します。

先日第1回めの里人塾がありました。
子どもたちが田んぼでどろんこ運動会をしている間、
かなぎの森周辺の整備へ。


 

除伐をしがてら、その材を使って、
新しくつくる炭窯で炭を焼く計画があります。

朴の木も伐採したので、
その葉は翌日の朴葉めしに。

山の恵みはしっかりと活かします。

どろんこ運動会の後は、
ろくなおし。
子どもがひとりずつ、トラクターに乗せられて一周

はじめは顔がひきつっていたけど、
そのうちお母さんに手を振る余裕も・・・

翌日はどじょう田んぼの田植え。
 
バックスタイル?!で植えるのは初めて。

半日かかって植え終わると、達成感でいっぱい。
(サミーは半分しか植えてないけどね。)

お昼の朴葉めしのうんまかったこと❤

今年はどんな学びができるのか。
どんな人たちと出会えるのか。
とっても楽しみです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
かなぎの森づくり〜地拵え番外編
わっちーとサミーか所属する、
ふるさと栃尾里山倶楽部では、
里づくりの一環として、かなぎの森作りに取り組んでいます。

今年は
昨年皆伐したところに木を植えるための準備として、
地拵えをしています。
栃尾里人塾に先駆けて先日、
番外編で地拵え作業をしました。

地拵えとは、
伐採したあと、枝や落ち葉などを等高線上に揃えてまとめ、
木を植える場所を作る整地作業のことです。

もちろん、サミーにとっては初めてのこと。
いざ、やってみようと思っても、どこにどうやって枝や落ち葉をまとめたらよいのか、
全くわからない。

はじめは、桂一まや、わっちーに指示してもらって、
その通りにやっていくと、
だんだん、山が見えてきて、
どんなふうにしていけばよいのか、
分かってくるのが面白い。

そして、どんどんきれいになっていくのが快感で、
やめられなくなる。

そりゃ、プロに比べたら仕事の出来も悪いし、時間もかかる。
でも、素人でも山仕事に少し関われる、手を出せるっていうのは、
里山倶楽部ならではなのかもしれない。

そして何より、地拵えしたあとの山を遠くから見ると、
なんとも言えない達成感\(^o^)/

とはいえ、まだ皆伐地の半分以上のこっているのだけれど。
今後、栃尾里人塾でも地拵え作業を進めていきます。

ただいま、栃尾里人塾、
参加者募集中です。
5月は田んぼで泥遊びや、田植えもやります。
お申し込み、お問い合わせはこちらからー


+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
山ん中の恵み

栃尾里人塾の森チームで、
休憩中のひとこま。

「ヤマグリは美味いんだぞ」

まだ緑色の栗のイガ。
普通知ってる栗は茶色いイガ。
まさか緑色の栗が食べられるなんて、
しかも生でっていうじゃない。

(だまされてるのか???)

半信半疑になりながら、
ツメで鬼皮を剥き、渋皮を剥き、

そうしたら、
小枝の先を斜めに切った「ナイフ」を作ってくれた。

そのナイフでこそげ取るように渋皮を剥く。

さすがに一口で食べる勇気はなく、
仲間と仲間して(分けて)食べる。

コリコリとかみしめると、
じわーんと甘みを感じる。
トウモロコシのよう。

美味しい。


そりゃ、たくさんは食べたいと思わないけれど、
山ん中の恵みをそのまま食べられることに感動。

まさにサバイバルの知恵。
知っているのと、知らないのとでは違う。


喜んだサミーに栗を探してくれました。
ぷっくり、かわいらしい。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

全6回を振り返る~栃尾里人塾2011
去る10月22日、23日の両日、
栃尾里人塾2011の最終回が開催されました。

時折強い雨が降る中、
やっぱり盛りだくさんの内容で、
無事、6回を終えることができました。

参加者さんの中には、

「なぜ、冬はやらんのだ!」とのお言葉も。



ありがたいことです。

今年度もたくさんのみなさまにお会いすることができたこと、
嬉しく思っています。
みなさんにどれだけパワーをもらったことか。


栃尾里人塾2011の全6回の様子を、
you tubeの動画にしました。

ご参加頂いた方も、
涙をのんで参加できなかった方も、

まったく興味のない方も、


栃尾里人塾ってこんなことしてるんだ、
と思って頂ければ嬉しいです。



きっぱづけ+第6回分が付け加わった、
最新バージョンです。
BGMつきなので音量にお気をつけくださいね。




けっくんとパンちゃんの冒険
里人塾ではすっかり子ども担当になった
パンちゃん。

(なぜパンちゃんなのかは、おいておいて・・・)


「よし、沢づたいに、魚を釣りながら、
秘密基地まで行こう!」


けっくんと一緒に山に入りました。






エサはシマミミズ。


まず、パンちゃんが見本をみせます。




さっそく一匹釣れました!




イワナだ。

ちょっと待っとって。
びく、作るで。




パンちゃん、すごーい。




あの石と石の間に落として、
流れに沿わすんや・・・


さぁ、けっくんもやってみよう。





お、ひいとる、ひいとる。
上げて、上げてっ!


やったぁー!

サミーのイワナ(右)と同じくらい大きいね。




ぼく、釣り好きになった!


そうか、
じゃあ、こんど釣竿やるわ。




秘密基地まで、あとどれくらい?


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ








思わぬ収穫に・・・複雑。
かまどづくりがひと段落ついたころ、
手の空いた人から、
源右衛門の裏の畑の草取りをし始めた。


里芋の周りから始め、
どんどん人数が増えて、畑一枚きれいになった。
子どもたちも、はびこる根っこと格闘!
頑張って一緒にやってくれました。


もう一段上の畑には、
さつまいも、大豆、人参、ごぼうが植わっています。
一段上から、桂一まの声。

「大豆、サルにやられとるなぁ。」


見ると獣害対策ではったネットが破られています。


「サルに取られてまうで、
いまのうちに取ってまった方がええ。
これならゆがいて食べられる。」



枝豆ではなくて、大豆で収穫しようと思って植えたもの。

自分で作った大豆で味噌を仕込みたい。
サミーの目標。


昨年は土が肥えすぎていて実がならなくて、
収穫0。
今年は自分なりに工夫して、
なんとかぷくぷくの豆ができたのに。

ここで収穫してしまうのか。


まぁ、今日はみんながいることだし、
あとふきでのビールのつまみにすればいっか。



で、あとふきのテーブルに並びました。



枝豆で食べるには一か月ほど遅くて、
もう黄色っぽくなってしまっていた豆もあったけど、

みんなに、美味しい、美味しいと言ってもらえたから、
よかったことにするか。


内心、ちょっと複雑な気持ちではあるけれど。




でも、去年収穫0だったことを思えば、
あとふきでみんなで食べても余るくらいに収穫できたってことは、
去年よりも成長したかなぁ。



桂一まに聞くと、
笑った。



さて、さつまいも、
収穫はサルとの競争(笑)

いつ、採ろうかな。



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>