森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1918018
Today:917
Yesterday:745
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
明宝寄席
毎年楽しみにしている
明宝寄席。


江戸家子猫さん

今年も大いに笑わせていただきました。

昨年第20回の記念の寄席の時には、

親子で動物の鳴きまね芸を披露してくださいました。
その1か月後に、
江戸家猫八さんがお亡くなりになりました。

ニュースで知った時には
びっくりしました。
この時、本当はとっても明宝まで来られる状態では
なかっただろうに。

もう親子のウグイスやカエルは聞くことができないと思うと、
ちょっと寂しい気もしましたが、
子猫さんのテナガザルの鳴きまねは
その寂しさをふっとばすほど、
大笑いでした。
ほんと、おもしろい!

これからも、
明宝寄席、続いていくといいなぁ。



お楽しみ抽選会で、
今年は珍しく2人とも、
当たったのはいいのだけれど、
スキー場で働くわっちーは
なぜか、スキー場のリフト券が当たる。
どなたか、欲しい方いませんかねぇ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



明宝寄席 20周年
毎年この時期恒例の
明宝寄席。

今年で20周年とのこと。



動物の鳴きまね芸を披露する
江戸家猫八さん、子猫さん親子。

東京でやっている寄席をそのまんま
明宝でもやっているとのこと。
本場の芸を間近で見られるのは
すごいことだと思う。

そして、今年は、
寄席後の打ち上げの席にお呼ばれし、
少し噺家さんたちとお話しすることもできました。

20年間、明宝の地域の人たちとのつながりを
大切に築いてきたんだなぁと感じる宴でした。

とっておきの「芸」も拝見することもできたし。

明宝のすごさを改めて感じた夜でした。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
寒水おどり


郡上おどりもいいけれど、
このレアな感じが好き。

寒水おどり。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
まちやど的 いなかぐらし体験ご案内~里山暮らし編
このブログをお読みの方から、
「サミーはほんと楽しそうだよね♪」

って言われます。

はい、楽しいです。

でもここには書けないようなことも、
いっぱい、しでかしてるし、
やられることもある。


楽しいだけじゃないのが、里山暮らし。

私は、
みんなに「里山暮らしはいいから、みんなもやりなよ」っていうことは
言えない。

人それぞれやりたいこと、暮らし方いろいろあると思うから。
どこに暮らしていても、
いいことも悪いこともある。

本気で里山暮らししたいっていう人には応援するけど、
のほほんと、たのしそう♪っていうだけで、
来る人は、
来た後、本人も大変だけど、
受け入れる地域の側も大変だから…


なので、
「いなか暮らしってどんなだろう?」
って思っているいなか暮らししたいと思っている方に、

サミーの里山暮らしをお見せしてしまうことにしました。

ちと、恥ずかしいな。

一緒にタッグを組むのは、
郡上八幡でゲストハウスの管理人をしていて、
元、明宝の地域おこし応援隊の同期であり、
郡上にやってきたのもほぼ同時期で、
同い年のきむきむ。

性格は真反対(笑)。
だからこそ、最強。

ご興味のある方はFacebookページをご覧ください。
まちやど的 いなかぐらし体験ご案内~里山暮らし編
 
 
我が家でやってる、
里山暮らしのあれこれ、一緒にやってみましょう☆

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
おどり発祥祭

なぜか近くて遠い、
郡上おどり。

まるまる2年ぶりに、
行ってきました。



身体は覚えているものね。
あぁ、楽しかった。

ちなみに、私、
『春駒』のお免状を頂いております。
詳しくはこちら
(写真はリンクが切れてしまっています) 

自分のブログを読み返すと、
懐かしいね。
恥ずかしいけど。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

秋のイベント情報@郡上市明宝
木々が黄色や赤色に色づき始めました。
サミーが暮らす郡上市明宝では、
秋のイベント真っ盛り。

サミーがお手伝いをさせて頂いている、
明宝山里研究会も先週末
「めいほう里山もくもく市場」を開催しました。

 

会場となった栃尾駐車場には、
明宝の山から出てきた間伐材がどーんと45m3!

薪ストーブの薪を求めるお客様が途切れることなくいらっしゃって、
研究会も嬉しい悲鳴をあげました。

めいほう里山もくもく市場は
10月28日(日)にも開催されます。
明宝の郷土料理「つぎ汁」のふるまいもあります。
ぜひ、一度足をお運びください。

詳しくは、明宝山里研究会 ホームページへ ≫≫≫ 


**********

同日10月28日(日)には、
めいほうスキー場にて「めいほう高原秋まつり」 も開催されますよ。
めっちゃでっかい大鍋でつくる「千人鍋」の振る舞いや、
ステージショー、もちまき、海鮮市に、野菜の新鮮市。

こちらも合わせてお楽しみください。

詳しくは、明宝観光協会 ホームページへ  ≫≫≫

**********


ふるさと栃尾里山倶楽部が開催している、
栃尾里人塾。
10月27日-28日に第6回めを開催します。
早いもので今年度最終回。
こちらも参加者募集してます。
お申し込みの締め切りは10月24日(水)まで。
急げ、急げ!!

お問い合わせ・お申し込みは ふるさと郡上会まで ≫≫≫



+++++++
 
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
心の豊かさ~夜んなびのいま
明宝歴史民俗資料館で行われた
歴史学習会「夜んなびのいま」


終戦後にちょうど子ども時代を過ごされた
2人の女性のおはなしを聞く。

遊びよりも、養蚕の仕事を手伝い、
田んぼの手伝い。
ご飯は麦飯。

手伝いのごほうびとしてもらった
小さな甘いお菓子が嬉しかった。

正月や農休みが待ち遠しくてたまらなかった、という。


結婚式の話や、
その後お姑さんとの暮らしのこと…

きっと大変なこともたくさんだったろうに、
「つらかったことも、今は楽しい思い出になってる」
と笑顔で話される。


なんて、パワフルなんだろう。


ふり返って自分。

2人で暮らし始めてから1か月。
一緒にいてとっても楽な相手ではあるのだけれど、
日々のごはんを作ること。
どこまでやっても終わりがない家事。
小さいながらも我が家の食料の半分くらいは担う畑。
そして仕事。


この先、もし子どもが授かれば子育て…

なんだかこれまでとはまた違ったレールに乗り、
走り出してしまって、
もうこれは止まれないのだ、ということに気づき、
本当に私はやっていけるのだろうか、とちょっと凹み気味だった。

でもお2人の話を聞いていたら、
私の大変さなんて、
まだまだ序の口、なーんてことないことだって思えてきた。




「今の子どもたちは物質的には豊かだけれど、
 心は私たちが子どものころのほうが豊かだったなぁと思う。」

その「心の豊かさ」ってどこからくるんだろう?
どんなに大変でも、乗り越えられる強さって、
どこからくるんだろう?

いつ、どこへ忘れてきちゃったのかな?


明宝には「心に豊かさ」を持った人たちが
たくさんいる。

その「豊かさ」に触れると、とっても元気になる。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







Dialogue-LIFE- Art+人+音
☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆

お待たせしました!!
今年もやります。栃尾里人塾2012
ふるさと栃尾里山倶楽部のブログもご覧ください。

参加お申し込みはこちらまで → ふるさと郡上会HP

☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆



源右衛門が、
おしゃれした。


いつもはないものが、
お出迎え

集まってくるのは…

元気いっぱいのこどもたち。

これもアート。

カフェスペースにもいっぱい。

鉄平さん、
お誕生日、おめでと。


わしゃ、クマを撃ったよ。


即興段ボールバンド


夜な夜な、飲み語り、はしゃぐ。






5月の3日~5日まで開催されたDialogue。
ご近所さんから、遠くから、
大人から子どもまで、
ほんとうにたくさんの人たちが来てくれて、
にぎわしかった。

源右衛門がアーティストさんたちによって、
どんな空間に生まれ変わるのだろうと、
すごく楽しみにしていた。

それはそれは素敵な空間になったのだけれど、

もっと素敵だったのは、
そこにいろいろな人たちが集まってくれたこと。
大人も、子どももそれぞれ楽しんでくれたこと。

源右衛門の佇まいは、
それはそれで素敵なのだけれど、
それに、作品が加わり、
人が加わることで、
もっともっと良さがひきたつ。

子どもたちのはしゃぎ声、
うたごえ、
笑い声。

外では、公開制作のカンカンカンという音。

都会の展覧会にはこれはないよね。

そんな音も加わって一つの空間ができるのだなぁと、
感じた3日間でした。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

栃尾山に登ってみる
正直、山登りは好きじゃない。


今回も下見から同行したけど、
歩きはじめて30分でものすごい後悔。

来るんじゃなかった…


だけど、

好奇心と変な負けん気だけはあるんだな。



栃尾山の山頂には、
なにがあるんだろう?

山頂からは何が見えるのだろう?
(煙となんちゃらは、高いところが好き☆)


と、

ここまで来たら、絶対負けたくない。

何にって? 自分に。


で、登ってしまった。




木々のすきまから、気良の里の奥の奥が見える。

最後の最後、
まさに這いつくばって登って行った先。

「ここが山頂」
と言われた場所には、ブナの木。

標高1030mの栃尾山の山頂。
周りは木々に囲まれて、あまり見晴らしはよくない。

さらに奥へ行くと、
御嶽山が見渡せる場所に。


これで、サミーの好奇心は満たされる。


なので、本番は山頂まで登らず(笑)
だって…もう行ったもん。



 栃尾山登山の全貌はこちらをご覧ください。


        参加者の一人、みずのさんのレポートです。




やまんなかで見つけたもの。

ブナの幼木。
標高の高いところが好きなブナ。
持って帰ることはせず、そのままにしておきました。


モミの実。ぱらぱらと剥がれ落ちる。
芽きっていたのもたくさんありました。
(芽が出る)



カタクリの花。
繊細な紫色の花。




芽吹きの新緑の美しいこと。



サルノコシカケ
漢方薬にもなるそうな。



山仕事をするダンナさんの勧めもあって、
スパイク足袋を買ったけど、
やっぱり、林業女子には程遠いサミー。
確かに急斜面を歩くにはとっても歩きやすかった。



5月4日のせせらぎ街道の森づくりにも活躍してくれるでしょう。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



【告知】源右衛門がアートギャラリーに~Dialogue(ダイアログ)
里山ではあまりお目にかかることのないような
おしゃれ~♪なチラシが出来上がってきました。


その名も横文字。

ART EXHIBITION 
Dialogue2012 -LIFE-


分かりやすく説明すると、
彫刻、絵画、写真の作家さんの合同展示会です。

明宝の彫刻家鵜木さんご夫妻が中心となって、
行う展示会。

実はこのDialogue(ダイアログ)というイベントは2回目。
昨年度はこうじびら山の家で行われました。
そのときの様子はこんな感じ。





いつものこうじびら山の家とはうって変わって、
写真や彫刻が展示され、
カフェスペースがあり、
展示会のテーマに合わせた本屋さんもあり、

とっても大人な雰囲気でした。


その当時から、
「これを源右衛門でやったら、どうなるんだろう?
(やってほしいなぁ)」

なんて1人ココロの中で思っていたら、
なんと、「今年は源右衛門で」と言ってくださったのです。


いつもはちょっと「田舎くさい(笑)」源右衛門が、
どんな大人な源右衛門になるのか、
いまからとっても楽しみです♪


アーティストの作品を楽しむだけでなく、
”cafeげんねもん”もあり、
本屋さん”BOOK246”もあり、
自家製天然酵母のパン屋さん”もりのにわ”の販売もあり、

ゆったり、まったり過ごしていただけること、
間違いなしです☆



5月3日、4日、5日の10:00~17:00
入場無料です。
ゴールデンウィークのお出かけに、
ぜひぜひお立ち寄りくださいね。

詳しくはDialogueチラシをご覧ください → Dialogueチラシ



この期間中、
ふるさと栃尾里山倶楽部のメンバーは
水舟づくりに挑戦します。

ふるさと栃尾里山倶楽部のページでも
Dialogueのご案内をしています。
こちらも合わせてご覧ください。




お待ちしております☆


=会場案内=

東海北陸自動車道郡上八幡ICから、
国道472号(せせらぎ街道)を高山方面へ20分。

郡上市役所明宝振興事務所
郡上市明宝二間手606-1をナビにセットして頂くと、
分かりやすいです。


より大きな地図で 源右衛門 駐車場 を表示


明宝コミュニティセンターの上側の道を入ると、
小さな橋があります。
その橋を渡った左側に駐車場(地図上のP)があるので、
そこに車を停めてください。
そこから源右衛門まで徒歩5分です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>