森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1862769
Today:673
Yesterday:735
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
苗を畑にあずける~夏野菜の定植
先週、わっちーと一緒に準備した畝に、
夏野菜の苗をあずけました。
郡上の言い方なのか、
畑を教えてくれる方その人だけの言い方なのか、
(あまり他の人から聞かない)
苗を植えることを、
「あずける」と言います。

私は、この表現の仕方はいいなぁと思っていて、
今までヒトの手で大切に育ててきた苗を
(そういう苗を購入しているのだけれど)
なんとも畑の土や太陽や雨にお任せするような、
そんなニュアンスを感じるのです。

苗をあずけるのは、
夕方の方がいいと、お隣さんから聞いたので、
夕方に植えるようにしています。
なぜかは分かりません。

1本ずつ、
「やせ畑でもたくましく育つのだぞ」と
思いを込めて丁寧に植えます。





化学肥料は使わず、
(ぼかし肥料と生ごみたい肥、落ち葉堆肥を使う)
中途半端な自然農で
(言い帰れば、草取りが間に合わないほったらかし農法)
畑をはじめて5年かなぁ。
そろそろ、土が柔らかくなってくるかなぁ?

栃尾の長老たちに苗を植えたばかりのときは、
「肥やしがたらん」と言われますが、
時間がかかるけれど、それなりに大きく育ちます。

ウリ科は毎年、苗自身の勢いがつく前に、
ウリハムシに葉っぱをやられてしまうので、
今年は、

こんなカバーをかぶせてみました。
でもこれ、保温、防虫のためのカバーらしくて、
天井に結構、大きな穴があいている。
これじゃ、ウリハムシは入ってこれちゃうなぁ。

まぁ、やってみなければ分からない。
失敗したら、また考えてみる。


手前の畝はジャガイモと玉ねぎ。
やっぱりみんなの畑と比べると「小出来」やなぁ。



+++++++


ようやく芋を植える
今年は4月の前半は雨続き。
いつもであればジャガイモとサトイモを植える時期なんだけれど…

桂一まに相談。
「こんな雨続きの日はいかん。
 土が乾いとるときに植えればええ。
 4月いっぱい大丈夫。」

困ったときにすぐ相談ができる、
頼りになる古老がすぐ近くにおいでるのは
とてもありがたい。

とはいっても
晴れていても、その日に畑しごとができるとは限らない。
畑しごとを予定していた日に雨のことも多々あり。

半農半Xの暮らしは、
かっこいいかもしれないけれど、
実はかなり融通が効かない(泣)

その日も、
本当は次の日に予定していたのだけれど雨の予報。
もう、今日やるしかない。

じゃがいもの種イモは半分に割って、
割れ目に灰をつける。
病気予防。

これも桂一まに教わる。
ついでに灰も分けてもらう。
さらに、余ったエンドウ豆の苗も分けてもらう(笑)

頂いてばかりだ。



今年もマルチは使わず。
落ち葉と草のマルチでなんとかしのぐつもりだけれど。
できるだけ深い穴を掘って、
丁寧に植える。
もうこの時点で、ちょっと手が痛い…

去年からメークインにはまっていて、
今年種イモを買いにいったら、
「北海こがね」という人気の品種をすすめられた。
男爵系でいう、キタアカリって感じ。
ちょっと甘味があって美味しいのだそうだ。

奇しくも、ジャガイモ不足でポテトチップスも生産中止とか…
こりゃ、たーんとつくらな。

次、サトイモ。
いつもたつ漬けをつくる赤だつをたくさん作るのだけれど、
去年の秋忙しすぎて、たつの皮むきがあまりに辛かったので、
今年はその分円空を多めに。
秋まで世話いらずなので、いつもよりたくさん作ることにした。
収穫が大変かなぁ。

で、サトイモも深い穴を掘るのだけれど、
掘ると、土の中から、
カン、カンと音がする。
岩にあたって、それ以上掘り進まないのだ。


そこまで、深く掘る必要はないんだけれど、
こんな岩が入っていたら、芋も育たないから、
何とか、テコの原理でほじくり出す。

漬物石くらいの大きさのが出てくる。

それが、サトイモ11個植えようと穴を掘ったうち、
10個の穴に岩があった…

6個めでもう心折れてしまった。

わっちーに「助けてメール」を送ったけれど…いるのはわさび田。

そこに現れた救世主。
現在の源右衛門の管理人のお兄さんに、
助けを求めたら、

なんと自ら、トンガとスコップをもってあっという間に
岩を掘り出してくれた。

何ともありがたや。

おかげで、
地中深く、深くにサトイモが植わり、
果たして地上に出てこれるのか
いささか、心配ではあるものの
無事に定植を終えたのでした。

畑からおうちに戻る道の途中で、
畑に向かう、わっち―とすれ違う…

ちょっとワンテンポ、遅いのよね。

この時ちょうど、


栃尾で一番早く咲くサクラの木が、
咲きはじめました。
例年より2週間ほど、遅いような気がします。
でも、忘れずに春がやってきました。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




畑しごと始動~今年の目標は?

ぬくとくなってきたので、
(暖かくなってきたので)
畑しごとを始めることにしました。

まだ、早い?

いや、早めにはじめても、
結局遅れを取るので、
時間のある時に早めにコツコツとやろうと。

晴れの日の日中は、
家の中にいるよりも、
外にいた方が暖かいということもあるし。

昨年の秋に植えた玉ねぎに、
追肥をするのが毎年の仕事始め。

…肥料が足りんかった。

準備不足。

後は、畑の周囲のネット柵直し。
やっぱり3年もたつと、
いろいろ直しも必要。


左端。
ぴんと上手に張れました。
こういうことは回数を重ねるごとに
上手になっていく気がする。
(自画自賛)

まだまだぐるっと一周するには、
時間がかかりそうだ。

今年は畑しごとは力を抜いてやろうかと。
かといって、
今までめいっぱい力を入れてやってきたわけでは
ないんだけれども(笑)

うーん、
欲張りすぎた、というか。

畑で採れたものでご飯を作って提供する機会が
増えてきたものだから、
あれも、これも、って欲張りすぎて、
でも時間的には、
畑を構う時間は少なくなって、
気が付いたら、あーあ(残念)、っていう感じ。

自分が無理なく構うことのできる範囲に
しようかな、と思っているのです。

ほったらかしの山んなか畑、
8年目だけれど、
やっぱり毎年一年生。
初心に返って、コツコツやっていきます。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


小さな感動
やる気をなくしていた、畑
いろいろ、忙しかったこともあって、
ずっと放置。


それでも、
玉ねぎを植えなくちゃ。
夏野菜も片付けなくちゃ。 
霜が降りる前には、
里芋を掘らなくちゃ。

重い腰を上げる。


一番奥から、白菜、大根、カブと、
今頃は間引きに忙しい頃なんだけれど、
草ぼうぼう(泣)

白菜に被せていたネットを外そうとしたら、

あれ、ジャガイモが芽を出している。
しかも綺麗。

そのまま、ネットを被せておいた。
霜が降りたら、枯れちゃうからね。

きっと、掘り残したイモから芽が出たんだね。
あわよくば、またジャガイモできるかな。
ちっこいのしか、つかないかな。

玉ねぎの畝をきれいにして、
里芋掘って、

ふと足元をみると、
シカに食べられた落花生の根元に、
ほんの少しだけ、
落花生の実がついている。



えっと思って、
落花生の残骸を引き抜いてみたら、
全部で、20個ほど実を収穫できた。

これで、繋いでいける!

落花生はもう4~5年、
種を繋いでいるのだ。
今年はシカに食べられてしまって、
諦めかけたのに、
ちゃんと実をつけてくれていた。

それが、とっても嬉しい♪


本日の収穫かご。
赤だつは茎も芋も収穫。
人参も小さめ。
忘れかけていた(笑)セロリも。

嫌になっていた畑だけれど、
ジャガイモといい、
落花生といい、
その、生命力の強さに、
励まされて、
また、来年も頑張ろうかなって気になった。

自分の手で、自分の食べるものをつくる。
それはずっと私が夢見てきたことで、
実際には、
上手くいくこともあれば、
上手くいかないこともある。

だけれども、
自然は裏切らないんだなぁと。
種があれば、
自然と芽が出て、
大きくなって実をつける。

当たり前のことなんだけれど、
時々、そういう当たり前のことが、
当たり前に起こる奇跡に、
感動する。

また、畑がんばろう。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


どうしてくれよう、ゴーヤ
夏野菜っていうのは、
上手くできてるなぁと思うこと。

ピークがリレーのように、
バトンが渡されていく。

今年初めてゴーヤに挑戦。
聞くところによると、
日よけのカーテンに植える人が、
実がなりすぎて困るって話。

でも、花はいっぱい咲くけど、
なかなか実がならないなぁ、なんて
7月には思っていた。 

ところが、ところが、
暑さが増してくると、
どんどん、どんどんツルを伸ばし、
気が付けば、周囲の野菜たちを杖にして、
勢力拡大。

ちょっと目を離した隙に、
トマトの畝に覆いかぶさり、
支柱を倒してしまうほどの勢い。

それとともに、
実もどんどんつき出した。

ぱっと見、葉っぱに隠れて分からないけれど、
少しめくってみると、

「でーたーぞー」

なんて、グロテスクないでたち(笑)


夕陽をバックに

どうしてくれよう、このゴーヤ

と途方にくれる。


まぁ、半分はヨメに行き、
ゴーヤといえば、定番の
ゴーヤチャンプルーにするが、
そんなんでは、全然減らない。

ググって、大量消費レシピを探し、
有効活用の道を探す。

根っからの貧乏性。
はたまたケチなのか・・・
無駄にはしたくないのだ。


一番、大量消費できるとしたら、
佃煮。
ちと、甘過ぎた。
こちらも瓶詰めして、ヨメに出す。


FBのお友達からのオススメ。
ツナ味噌煮。
ご飯に合うおかず。
そうめんにも合う(らしい)


チヂミなんかも作ってみたりして。




そうこうしているうちに、
黄色く変色。
熟したゴーヤはゴーヤで
生のままおかかマヨで和えるレシピを発見。
赤く熟した種の周りも
甘くて食べられることも発見。
(いまいち使い道は分からないけれど)


他にも、塩もみして、
醤油で和えてみたり、
練りごまで和えてみたり、
糠床にいれて漬物にしたり・・・


ゴーヤばっかり食を
思う存分、楽しめました(汗)

ここのところ、
台風、秋雨前線からの雨続き。
雨の止み間に久々に畑へ…

盛りは過ぎたものの、
こんだけ、
なっておりました(汗)

仕方がないので、
今シーズン3回目の佃煮を仕込もうと思います。

弁当のごはんのお供にピッタリです。
欲しい方はぜひ(笑)


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






桂一まにまなぶ
畑をやるようになって7年。
一通りのことはなんとかできるように
なってきたような気がするけれど、
やっぱり、まだまだ。

白菜の虫除けネットの張り方でも、

桂一まに教えてもらってやると、
こんなにきれいに張れた。

ほんのちょっとのコツなんだけれど、
それをやるのとやらないとでは、
全然違う。

まだまだだ。


美しさと、頑丈さは比例する。


私がやると、
美しくないし、
大雨、大風にめっぽう弱い(笑)


稲刈りあとの
稲架かけでもそう。


ほんのちょっとのコツで、
頑丈で、
そして美しい。

あと、仕事がしやすい。

何年たっても、
まなびだ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


遅咲きの・・・

ひまわり。

秋野菜を植えるまで、
空いている畝に植えたひまわり。

もう、白菜の定植の時期なんですけど…

このひまわり、
10株ほど苗を作ったのに、
上手く育たなくて、
残っているのは、この1株のみ。

さぁ、秋の空に花開け!

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
保存食づくりにいそがしい
ここ明宝でも、
暑い、暑い、暑い、と連呼しております。
年々暑さが増しているのか、
年々自分が暑さに弱くなっているのか…

あまりに暑いので、
畑に足が向かず…

そうしたら、
やっぱり、

やっぱりでーんとズッキーニ。
茎の下でこっそり成っていたのに気が付かず。
また、やってしまった。

今はトマトがピーク。
なすとゴーヤは1本ずつ。
オクラ、モロヘイヤに枝豆は味見。

そして紫蘇も摘んで…


暑いので、
畑仕事は陽が当たり始める前1時間のみ。
そのあとはひたすら、採れたものの加工。

トマトは食べきれない分をホールトマトに。
ズッキーニはカレー味のピクルスを試してみようか。

その合間、合間に
野菜たちを1個ずつ洗って、湯がいて…

たくさん採れた恵みを無駄にしないように、
一生懸命。

大変なんだけれど、
これらで何をつくろうかと考えるのは、
楽しいし、
作っている時間は至福のとき。

テーブルの上にはいつの間にか、
ビンがいっぱい。



出来立てシソジュースで
ひと休み。

綺麗な色やなぁ。



みなさまも、
暑さに負けず、
夏を楽しんでくださいね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

水分を忘れた日には。
畑しごとは、
朝早いうちにやるに限ります。

朝、早く出過ぎて、

しまった、お茶忘れた!


普通なら、家に取りに帰るのかもしれない。
熱中症になるとこわいし。

でも、のど乾いたら、
トマトをかじればいい。
キュウリをかじればいい。


今日は、こんなに採れました。
どでかキュウリは圧巻の30㎝オーバー。

こんなキュウリは、塩イカと酢の物にすべし(笑)


梅の土用干しをしていたら、

カマキリ君が味見に来た・・・

と思ったら、カゴの脇にいた小さな虫を捕まえて、
食べていました。

写真ではぴんぼけになっちゃったけれど、
梅干しのピンクと
カマキリのグリーンがなんともきれいでした。


さて、一仕事終えた後は、
冷たい梅サワーをいっぱい。

自分で言うのもなんだけれど、最高です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



梅雨の晴れ間に。
雨と、土と、おてんとうさまというのは、
本当にありがたい。


夏野菜たちが、ぐんぐん、ぐんぐん
大きくなっている。
その勢いときたら、
こっちまで元気になる。


もはや、ピーマンとは言えないぐらいの
大きさの何者か?


ミニトマトのアイコは
もうほんのり、頬を赤らめていて、
恋の季節??

春に定植したジャガイモは、
この晴れ間が収穫のチャンス。
茎を引き抜いては、
手で丁寧に芋を掘り起こす。

土のなかから、
つるんつるんのイモの姿を発見する瞬間の、
嬉しさといったら。

スコップを使わないのは、
イモを傷つけないためと、
ミミズを傷つけないため。

そう、本当にミミズが増えた。
1時間草刈りすると、
20匹以上のミミズに出くわす。
起こしてごめん。



今年の取れ高。
メークイン(左)とインカのめざめ(右)
形も、大きさも、お肌の感じもいいけれど、
量が少ないなぁ。

さぁ、
肉じゃがに、
ポテトサラダに、
コロッケに。

ジャガイモばっかり食がはじまります(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>