森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1916236
Today:520
Yesterday:629
| 1 | 2 | 3 | 4 | 最初 | next>>
331(サミー)の日に
今日は3月31日です。
さみいの日です(笑)

5年前の今日、入籍をしました。
5周年です。

相変わらず、2人で元気にやっています。

相変わらず…です。




最近、思うことがあります。

形のない、目に見えないものに、
揺さぶられないようにしようと。

私たちはいろいろな意味で、
「普通」ではない生き方をしています。

私たちはこれが自分たちらしい生き方と思っていて、
100%ではないけれど、実際にそういう生き方ができていて、
それが幸せなことだと思っている。

みんなに理解してもらおうとは
思っていないのだけれど、

それを、
面と向かって、
うらやましがられたり、
そんなことではいかん、と説教されたり。 

こういうところが、
ザ・田舎って感じる面。
田舎だけじゃないかもしれないけれど。

でも、幸せの価値観というのは、
人それぞれであって、
人がとやかく言うことではない。

それに実は、言われてなくても、
なんとなく世間のその他大勢の価値観に
揺さぶられてる感じもある。

そういうのに左右されずに、
その人がその人らしく、
誰にも邪魔されずに自分の人生を謳歌できたらいいと、
そんな世の中になるといいなぁと、
最近つくづく思うのです。

どんな人生でもいい。
本人が納得する人生であれば。

歯車がしっかり噛み合って、
何事もスムーズに流れていくこともあれば、

どんなに頑張ったって、
思い通りにならないこともある。

その人、その人の中に、
いろんな思いを抱えつつ、
自分の人生を歩んでいる。

他人がとやかく言うべきことではない。

他人がするべきことは、
精一杯の生き方を尊重すること。

誰が何と言おうと、
自分は幸せな人生を謳歌しようと
思うのです。





昨日でスキー場の勤務を終えたわっちーが、
作ってくれた
アニバーサリーディナー。
めっちゃ、時間かけて作ってくれました。
とっても美味しかったです。
ありがたかった。
あぁ、幸せ。

ワイン飲み過ぎて、
酔っぱらっています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

畑、やる気力ガタ落ち。
雨が続きます。
基本、家にこもることが好きなサミーですが、
こんだけ、雨が続くのはたまりません。

8月下旬からずっと、
雨が多くて、
わさび田には行けてないし、
畑も構うことができてない。

案の定、畑は草まるけ。
おまけにゴーヤとかも倒れてしまって、
荒れ放題。

行く度にテンション下がる。
だから、余計に荒れてしまう。

はまった負のローテーション(泣)

それにね、
今年は虫が異様に多い(気がする)!
今までは蚊取り線香なんて、
炊かなくても作業できたのに、
今年は腰からぶら下げるやつ、
買ってしまった。

サミーの血を吸うやつだけならまだしも、
(あまりよくないけど)
育てている野菜を食い尽くす奴も多い。

久し振りに行った畑で、
驚愕。
白菜が虫に食われ過ぎて全滅・・・

とほほ。

これは、
気温とか、雨だけのせいじゃない。
たぶん、未熟な生ごみたい肥のせいもある。

あーあ、今年は漬物仕込みも断念かな。

今、
やる気ガタ落ち。

っていうかそもそも、雨で畑に行けないし。

まぁいいじゃん、
近くに道の駅で、
先輩たちが作ったきれいな野菜が
お値打ちに手に入るんだし。
無理に畑、頑張らんでも・・・


移住当初に、
自給自足に憧れて、
畑を始めた時の思いよ、どこへいった?

出すタイミングを忘れていた、
大根のひね漬けをポリポリ食べながら、
ひねくれてみる。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


充電期間?!
アクセスカウンタが(毎日)1000を超えているのだけれど、
空振りばかりですいません。

里山暮らし、
冬はいったい何をしているのか?
畑もお休みだし、
山葵田にも行けないし、

充電期間と称して、
のんびり過ごさせてもらっています。
あまりに怠惰で、
ブログに書くネタがない?っていうのが、
正直な所か…


オンシーズンは、
なんだかんだと時間が取りにくいので、
ここぞとばかり、
日頃できない箇所の大掃除。
1日1か所エリアを決めて徹底的にやる。

そして、保存食やストックの在庫確認。

それを上手く利用したごはんづくり。
おかげさまでスッキリしてきています。

今年は畑で何を、どうやってつくろうか、
作戦会議。
今年はコンパニオンプランツの知恵を、
もっと利用してみようと思っています。

また、
前にブログにも書いたのだけれど、
ニホンミツバチの飼育に挑戦してみようと、
思っています。
まだまだ勉強不足で、本当にできるのか?
先日ミツバチの巣箱はつくってきました。
(またブログ記事にします)

そもそも私、
ハチとか、
刺されるものがとっても嫌いなんだけれどなぁ。


昔は冬の間の仕事に困っていたそうなのだけれど、
この冬の間に、
1年の総まとめと計画を練る時間があるというのは、
私にとってはとてもありがたい。
さむーいところで畑仕事もしたくないし(笑)


というわけで、
わっちーも、サミーも
それぞれの職場での流行り病に負けず、
元気でぴんぴん、生きています。

空振りしていたみなさん、
(一体どのくらいの人たちがいるのだろう?)
これからも、懲りずに、
見守っていただければ、
とっても嬉しいです。

そして、心から感謝です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ











草引きに思う

8月の里人塾の前に。

久しぶりに源右衛門さんへいくと、
案の定、
草だらけ。

なんだか気になって、草引きしていたら、
止まらなくなって。
だって、雨の降った後だったから、
草が面白いように引けるのだもの。

でもだんだん天気が回復してきて、
太陽がじりじり照り付ける。
午後から日が当たる源右衛門さん。
やっぱりだんだんしんどくなる。

明宝にやってきたころは、
草が生えていようが、
別にどうってことないと思っていたんだけれど、
最近はすごく気になるように…

なんとなく、人の手が入っていないところのように思えて。

これから、里人塾でみなさんが来られる前に、
きれいにしておきたいなとも思って。

草を引きながら、つらつらと考える。

以前はこんなに草が生えたこと、あったかなぁ。
もしかして、
草が気になるほど生えないように、
ちゃんと手入れ(=除草剤)をしていてくれていたのかも、
しれないなぁ、と。

除草剤に関しては、
思うことはあるのだけれど、
でも、人の手をかける、ということには、
変わりないわけで、
今更ながら、感謝の気持ちが湧き上がる。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

マワリテメグル

 

まだまだ寒い日が続くし、
雪も降るけど、

暦の上では
春がやってきた。

季節は巡る。
ぐるんとまわって巡る。

1年に1回しか春はやってこないし、
夏も、秋も、冬も。

その時にしかできないことを
その時にやるしかない。

1年に1回しかチャンスがないけど、
ぐるんぐるん、巡っていったら、
いつしか上手にいろんなことができるようになるかしら?


すぐに結果を求められるこの世の中に
信じられるものは数少ないけど、
何年も「マワリテメグル」ことを積み重ねたものほど、
確かなものはない。


さぁ、また季節が巡ってきたよ。

節目の日

7月31日で、

わっちーは明宝人になって3回め
サミーは5回めの
節目の日を迎えました。

2年の差はあれど、
偶然にも同じ日なのです(笑)

どんだけ数えてもまるっと4年なのですが、
めちゃめちゃ中身が濃かったせいか、
まだ4年か、という気かしてなりません。

田舎暮らしがしたくて、
その念願がかなって、
あれも、これもやりたくて…

夢中で突っ走ってきたような気がします。

その中で見えてきた現実もあり。

最近は身の丈に合ったペースで、
のんびりやろうと、
思って暮らしています。

(まだまだ季節に追われている感がありますが)

こちらに暮らしていると、
自分の思うようにならないことが多々あります。
どうすることもできないこと。
自分たちの力が及ばないこと。

そういうことを受け容れて暮らしていくこと。

まだまだ納得いかんっ!てこともありますが、
どんなことがあっても、
じーちゃん、ばーちゃんたちみたいに、
あははと笑って「どったことない」と言えるようになりたいものです。

山葵田は順調です。
たくさんいたマイマイガは、
抜け殻を山葵の葉の裏に残し、
巣立っていったようです。
あまりにも気持ち悪いので、
写真に撮りませんでしたが。

まだまだ暑い日が続いていますが、
太陽の折り返し地点「夏至」を過ぎたからか、
草の勢いは収まり、少しずつ収束の季節に向かっているようです。
虫も少ない。



かすかにカラメルの香りもします。

これから山葵田では一番忙しい時期。
そして、少しだけ収穫も期待できそう。

秋が楽しみだ♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
 

 

都会っ子からイナカモンへ

年末年始はスキー場の仕事があるので、
里帰りすることができない私たちは、
4月にお墓参りを兼ねて、
実家へいくことにしている。

先日サミーの実家に帰った折、
歯ブラシを忘れ、
実家近くのスーパーに買いに行こうとしたら、

「今日はポイント3倍デーだから、
このカードを使って」

と母が渡してくれた。

どうも、プリペイドカードのようで、
それで買い物ができるらしい。
(母に確認したら、バカにされた) 

で、買うものをカゴに入れてレジへ行き、
お姉さんにカードを渡したら、

「ここにかざしてください」

と、ちょっとムッとした表情で言われる。

でも、
かざしても、うんともすんとも言わない。
向きを逆にしたり、ひっくり返したり…

そこで、お姉さんしぶしぶ、

「ここを押すんです!」

と。

そしたら、カードが「ワオン」と鳴いた。


名古屋を離れてまもなく4年。
なんだか、竜宮城から帰ってきた浦島太郎のようだ。

私、もう都会では暮らせない。


確かに、プリペイドカードだと、
カードをかざすだけで買い物できて、
八幡のスーパーで必ずみかける、
「小銭を出すのに時間がかかるおばあちゃん」は、
大助かりなのかもしれない。

お客さんの待ち時間は減るんだろうな。

でもそんなに急いでどうするんだろうか?


姪っ子の誕生日プレゼントに
ミヒャエル・エンデの『モモ』を贈ったのだけれど、
自分でも改めて読んでみた。

時間の節約よりも、
もっと大切なことがあるような気がする。


八幡の某スーパーでは、
小銭を出すのに時間がかかっている間に、
レジのお姉さんは品物が入ったカゴを運んでくれる。

そんな、人と人との触れ合いがあるほうが、
いいような気がする。



なーんてこといってるから、
イナカモンになっていくのかも(笑)
でも、いいのだ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

めいほうマジック
胃がキューっとなるようなことが
何度あったことか…(笑)


「明宝の人たちってさ、
これは絶対ムリでしょ、って思うことでもさ、
最終的に形にしちゃうんだよね。」

移住者の先輩たちと
とあるお酒の席での話題。


大きくうなずく私。


ふるさと栃尾里山倶楽部のこれまでの活動でもそう。
これまで2年半明宝に暮らしてきて、
そんな場面に出くわすことがたくさん。

そんなことを繰り返していると、
「何でもできちゃうかも。」
「どーったことないかも。」

と思えてくる…ような気がする。

いやいや、
心配症の私にとってはヒヤヒヤものだ。

私の心配をよそに、
明宝の人たちは
上手くいかないはずはないといわんばかりに、
トントントンと進めていく。

そして本当に上手くやってしまい、
美味しいお酒でカンパーイ。
まさに、めいほうマジック

今、話題の「引き寄せの法則」か。



「絶対ムリ」というのは、
頭ん中にある、
一般的なマニュアルから外れているから、
「ムリ」と判断してしまうのであって、
明宝の人たちは、
とにかく、ありとあらゆる方法を試みる。
あきらめない。

ヒヤヒヤするというのは、
失敗を恐れてのこと。
明宝の人たちは、
失敗は失敗ではない。
その失敗を乗り越える力を持っている。
だから失敗を恐れることはないし、ヒヤヒヤする必要もない。


都会の便利な中で、いわばマニュアル通りに育てられてきた私。
できるだけ失敗しないように生きることが良しと、
無意識の中に埋め込まれてきた。

その殻を破れるか?

本当の意味で「明宝人」になれるのか?


私の持っている殻はガッチガチなんですけど(笑)


明宝の歴史をひも解くと、
めいほうマジックは今に始まったことではない。
もっともっと時代をさかのぼれば、
自然と共に生きてきた里山の暮らしが
そうだったのだろう。

失敗しても失敗しても、乗り越える。
そして、ありとあらゆる方法を試みる応用力。
里山暮らしには必要な力は他にも…
総じて、「生きる力」になるんかな。

たぶん明宝は「生きる力」が根強く残っている地域なのだろう。

都会ではそんな「生きる力」はなくても、
お金さえあれば、生きていける。
人のせいにしておけば、生きていける。
それが今の世の中、当たり前になっているから、
明宝で行われていることが「マジック=奇跡」
のように見えるのかもしれない。


頭では分かっていても、
やっぱりガッチガチの殻を打破することが難しい自分。
それでも、少しずつめいほうマジック
次の世代に渡していくことができたらいいなと
思っています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


めいほうマジック
胃がキューっとなるようなことが
何度あったことか…(笑)


「明宝の人たちってさ、
これは絶対ムリでしょ、って思うことでもさ、
最終的に形にしちゃうんだよね。」

移住者の先輩たちと
とあるお酒の席での話題。


大きくうなずく私。


ふるさと栃尾里山倶楽部のこれまでの活動でもそう。
これまで2年半明宝に暮らしてきて、
そんな場面に出くわすことがたくさん。

そんなことを繰り返していると、
「何でもできちゃうかも。」
「どーったことないかも。」

と思えてくる…ような気がする。

いやいや、
心配症の私にとってはヒヤヒヤものだ。

私の心配をよそに、
明宝の人たちは
上手くいかないはずはないといわんばかりに、
トントントンと進めていく。

そして本当に上手くやってしまい、
美味しいお酒でカンパーイ。
まさに、めいほうマジック

今、話題の「引き寄せの法則」か。



「絶対ムリ」というのは、
頭ん中にある、
一般的なマニュアルから外れているから、
「ムリ」と判断してしまうのであって、
明宝の人たちは、
とにかく、ありとあらゆる方法を試みる。
あきらめない。

ヒヤヒヤするというのは、
失敗を恐れてのこと。
明宝の人たちは、
失敗は失敗ではない。
その失敗を乗り越える力を持っている。
だから失敗を恐れることはないし、ヒヤヒヤする必要もない。


都会の便利な中で、いわばマニュアル通りに育てられてきた私。
できるだけ失敗しないように生きることが良しと、
無意識の中に埋め込まれてきた。

その殻を破れるか?

本当の意味で「明宝人」になれるのか?


私の持っている殻はガッチガチなんですけど(笑)


明宝の歴史をひも解くと、
めいほうマジックは今に始まったことではない。
もっともっと時代をさかのぼれば、
自然と共に生きてきた里山の暮らしが
そうだったのだろう。

失敗しても失敗しても、乗り越える。
そして、ありとあらゆる方法を試みる応用力。
里山暮らしには必要な力は他にも…
総じて、「生きる力」になるんかな。

たぶん明宝は「生きる力」が根強く残っている地域なのだろう。

都会ではそんな「生きる力」はなくても、
お金さえあれば、生きていける。
人のせいにしておけば、生きていける。
それが今の世の中、当たり前になっているから、
明宝で行われていることが「マジック=奇跡」
のように見えるのかもしれない。


頭では分かっていても、
やっぱりガッチガチの殻を打破することが難しい自分。
それでも、少しずつめいほうマジック
次の世代に渡していくことができたらいいなと
思っています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


めいほうマジック
胃がキューっとなるようなことが
何度あったことか…(笑)


「明宝の人たちってさ、
これは絶対ムリでしょ、って思うことでもさ、
最終的に形にしちゃうんだよね。」

移住者の先輩たちと
とあるお酒の席での話題。


大きくうなずく私。


ふるさと栃尾里山倶楽部のこれまでの活動でもそう。
これまで2年半明宝に暮らしてきて、
そんな場面に出くわすことがたくさん。

そんなことを繰り返していると、
「何でもできちゃうかも。」
「どーったことないかも。」

と思えてくる…ような気がする。

いやいや、
心配症の私にとってはヒヤヒヤものだ。

私の心配をよそに、
明宝の人たちは
上手くいかないはずはないといわんばかりに、
トントントンと進めていく。

そして本当に上手くやってしまい、
美味しいお酒でカンパーイ。
まさに、めいほうマジック

今、話題の「引き寄せの法則」か。



「絶対ムリ」というのは、
頭ん中にある、
一般的なマニュアルから外れているから、
「ムリ」と判断してしまうのであって、
明宝の人たちは、
とにかく、ありとあらゆる方法を試みる。
あきらめない。

ヒヤヒヤするというのは、
失敗を恐れてのこと。
明宝の人たちは、
失敗は失敗ではない。
その失敗を乗り越える力を持っている。
だから失敗を恐れることはないし、ヒヤヒヤする必要もない。


都会の便利な中で、いわばマニュアル通りに育てられてきた私。
できるだけ失敗しないように生きることが良しと、
無意識の中に埋め込まれてきた。

その殻を破れるか?

本当の意味で「明宝人」になれるのか?


私の持っている殻はガッチガチなんですけど(笑)


明宝の歴史をひも解くと、
めいほうマジックは今に始まったことではない。
もっともっと時代をさかのぼれば、
自然と共に生きてきた里山の暮らしが
そうだったのだろう。

失敗しても失敗しても、乗り越える。
そして、ありとあらゆる方法を試みる応用力。
里山暮らしには必要な力は他にも…
総じて、「生きる力」になるんかな。

たぶん明宝は「生きる力」が根強く残っている地域なのだろう。

都会ではそんな「生きる力」はなくても、
お金さえあれば、生きていける。
人のせいにしておけば、生きていける。
それが今の世の中、当たり前になっているから、
明宝で行われていることが「マジック=奇跡」
のように見えるのかもしれない。


頭では分かっていても、
やっぱりガッチガチの殻を打破することが難しい自分。
それでも、少しずつめいほうマジック
次の世代に渡していくことができたらいいなと
思っています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


| 1 | 2 | 3 | 4 | 最初 | next>>