森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866127
Today:608
Yesterday:1329
みつばちがやってきました
曇りの日は草取り日和(笑)

ずっとかがんでいるとえらいので、
腰を伸ばそうと、立ち上がって、
大きく育った夏野菜たちをみる。

ふと、みると、

このかわいいお尻は、


みつばちさんですか。

よくみると、
足に花粉団子をつけています。
(上の写真)

キュウリやゴーヤ、
自生えのヘクソカズラの花の
花粉を集めているみたいでした。

みつばちさん、生きていたんだね。
よかった。
どうも山の方にいるみたいですね。
春に半田で見てきたみつばちさんたちよりも、
一回り?二回りくらい大きい。
ちょっと迫力ある。

みつばちさんに受粉を手伝ってもらったから、
おいしいんだろうか、キュウリ。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
みつばちと草刈り。

4月にみつばちの巣箱を置いたところが、
あまりにも草がすごくなってきた。
わっちーに使い方を教えてもらって、
はじめて刈り払い機での草刈り。

はじめはおぼつかなくて、こわごわ。
でも慣れてくると、夢中。

ふと振り返ると、
なぜか、1か所刈り残し。
なんでやろ

******

設置した巣箱には、
結局みつばちは入居しませんでした。

夏分蜂の可能性もあると聞きますが、
今年は巣箱を撤去することにしました。




みつばちが飛んでない。

自分なりに周囲の環境を考えてみる。


やっぱりみつばちの蜜源となる、
花が少ないせいなのかなぁ。

除草剤のせいなのかなぁ。

草が生える時期になると、
周囲では薬を撒く姿をよくみかける。

みつばちの減少の一因として、
除草剤に使われている、
ネオニコチノイド系の農薬が知られている。
みつばちの
神経系統がやられてしまって、
巣箱に戻れなくなるそうなのだ。
(蜜が運べなくなってしまう)

かといって、
除草剤を使わないでください、
とは言えない。

暑い時期の草刈りの労力といったら、
半端ない。
その労力を減らしてくれる除草剤。
それの恩恵はものすごく大きい。

でも除草剤の悪影響も怖い。

だから、自分は除草剤を使うことを反対するのではなくて、
少しでも自分が草刈りの担い手になって、
除草剤を使う機会を減らすことができたら、
いいのかな、と思って、
刈り払い機の使い方を教えてもらおうと思った。

担い手になるには、まだまだだけれど。
でも、口だけで伝えるのではなく、
ちゃんと、行動しながら自分の思いを伝えていきたいなと思って。

******

途中で燃料がなくなって、
一回刈り払い機を下ろしたら、
右手がめちゃめちゃ痛かった。
ずっと夢中でやっていたから気が付かなかったけれど、
すごい、力が入ってたんだなぁ。

「あとはやるよ」
とわっちー。
さすがプロ。
綺麗に刈っていく。
やっぱ違うよなぁ、と心の中で尊敬。


+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

「はち」がやってきました。
ミツバチの巣箱を作って、
設置してからそろそろ1か月。

「はち」がやってきました。

「はち」は「はち」でも、


あしながばちです。
我が家の玄関の前が
お気に召したようで、
昨日から、もともとあった巣を物色しています。

よほどお気に召したようで、
夜はこの巣を抱えるようして休んでいました。

あしながばち。
いろいろ調べていると、
今の時期は巣作りの時期で、
この子はどうも女王蜂のようです。
今は穏やかな気質らしいのですが、
繁殖してどんどん、巣も大きくなって、
8月ごろはとっても気性が荒くなるとのこと。

スズメバチほどではないにしろ、
刺されるとアナフィラキシーショックが出ることもあるとか。

うーん。
危険。

今のうちに、
お留守の間に巣を駆除しよう。
(わっち―のしごと)

でも、そうして様子を見てみると、
ほんと大事そうに巣を抱えているんだよねぇ。

観察していると、情がわいてしまう。

ごめんよう。
もうちょっと、いい物件見つけてね。

わっち―曰く、
「みつばち用の巣箱、提供したら?」

家賃、高いよ(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ミツバチがやってきた?!

トウたちした白菜にやってきたのは、
もしや・・・

ミツバチか?



残念。
アブでした。

この手のフェイントによく引っかかります。

とほほ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
いよいよ、巣箱設置
捕獲箱も、継ぎ足す重箱も完成して、
後は設置するばかり。

ではありません。

我が家は自分たちの土地を持っているわけではないので、
巣箱を置く場所の周囲の方たちに、
きちんと許可を頂く必要がありました。

タケさんのワークショップや、
みつばち関係の本やホームページを見て、
自分なりにここがいいかなと思ったのは、
山んなか畑の隣の耕作放棄地。

つまり栃尾の住人たちに許可を頂かなくてはならないのですが、
ありがたいことに誰一人として反対することはなく、
「やってみればいい」と背中を押してくれました。

師匠、桂一まも
「昔やってみようと思ったことはあったよ」と。

明宝でも昔から、みつばちを飼育していた人はいたようです。
山のどっかにアカシア(みつばちの蜜源になる)もあるらしいです。

決して、飼えないことはない。

問題は、巣箱に入ってもらえるかどうか。
もしくは、どこか蜂球しているのを見つけて、
捕獲しにいくか。


タケさんに分けてもらった、
蜜蝋の搾りかすを塗り、
蜜蝋をたらします。

みつばちは、古民家好き。
作ってから、この日までちゃんと野ざらしにして、
ピカピカ感は抜けました。

巣箱の準備をしていたら、
井普請(いぶしん)を終えた栃尾の人たちや、
里人さん(里人塾に参加してくれている人たち)が集まってきてくれて、
組み立てるのを手伝ってくれたり、
知り合いの養蜂家さんのことを教えてくれたり、
とってもありがたかったです。

みつばちにはどうも、
人を引き寄せる力があるようです。


こんな感じで設置。
東向きに1つ。南向きに1つ設置しました。

巣箱の真ん中についているのは、
分蜂誘引剤。
女王蜂の出すフェロモンと同じ香りがする
キンリョウヘンという蘭を本当は使うんだけれど、
開花の時期と捕獲の時期が合わなかったり、
キンリョウヘンそのものが高価だったりするので、
今はこういう便利なものが売られています。
(これも結構高いのだけれど)

ちょうど栃尾では桜が満開。
そんな花につられて、みつばちたちがこの巣箱を見つけてくれないかしら?

桂一まに話をしたとき、
「花が少ないからなぁ…」と。
確かに。

でも、こんなイベントもあって、
花が咲く木もたくさん植えるので、
将来的にはみつばちがたくさんいる里になるといいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



みつばちの巣箱づくり 重箱編
先日、捕獲箱は2つできましたが、
捕獲できた場合に足していく重箱部分が
足りないので、それも作ることにしました。

だって、入ってからでは遅いでしょ。

里帰りついでに
カーマ21で資材や道具を買い込む。
板については、
加工する道具がないのでプレカットをしてもらう。

ここで悩んだのは、
インパクトドライバー。
前回の時はお借りしたのだけれど、
今後のことを考えて、
1台手持ちで持っていても良いのではと思い、
(わっちーも欲しがっていた)
買うつもりでいったのだが、
予算内で見合うものがなく。

そんな時、
店員さんが、
「ドリルドライバーで穴をあけてから
ネジを打ち込んだ方が、
仕上がりもきれいだし、
真っすぐネジも入りやすいですよ。」

そう、我が家にはドリルドライバーならあるのだ。

前のブログでも書いた通り、
なかなかインパクトドライバーを使いこなせなかったサミー。
いちいち穴をあけてネジをうつという、
2段階作業で遅れをとった。

じゃあ、ドリルドライバーでいいじゃん(笑)

で、早速。



バーナーでスギに焼きを入れます。
中学生の時にこういうのやったよなぁ。

そして、ドリルドライバーで重箱を作ります。

穴をあけても、ネジがまっすぐ入っていかないのもあるのは、
ご愛敬で。

ドリルドライバーでも何とかできました。
ただ、インパクトドライバーよりもパワーがやっぱり弱いので、
時間がかかるような気がします。

インパクトドライバーのパワーに慣れていなかったり、
パワーに負けて、ネジをよく飛ばしてしまうような、
かよわき女子にとっては、
ドリルドライバーで穴あけ+ネジの方が、
結果的には早くて、確実なのかなぁと思います。

私の場合は、少しインパクトドライバーに慣れてきたころだったので、
ドリルドライバーでは物足りない感がありました。

でも3箱作るころには、
右腕がダルダル。
でも、頑張ります。


みつばちが作った巣が落ちてしまわないように、
針金を取り付けます。


先日、買い忘れて取り付けることができなかった、
巣門も取り付けました。
開閉しやすいように、釘で取ってもつけました。

この日は6段。
本当は7段作る予定だったけれど、1枚節穴があいていて(泣)
板を買うときによく確認するべきでした。

作っていたら、
むっくむくのクマバチさんが、やってきました。
結構でかいので、怖がってにげてしまいましたが、
後で調べてみると、
クマバチもみつばち科。
来ていたのはオスだったようで、
オスは毒針は持っていないのだそうです。
巣をつくる場所を探しているのだとか。

ごめんね。
これはあなたたち用の巣箱じゃないのよね。

さて、いよいよ明日は巣箱を設置します。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ









みつばちに会いに行く
郡上八幡では、
サクラのつぼみがパンパンに膨れてきたころ、
きっと桜が咲いているのを見られるかなぁと思って、
行ってきました。

1月から3ヶ月連続で参加している、
みつばちのワークショップ。
3回目は実際に講師の白金丈英さんのフィールドで、
実際に養蜂の様子を見せてもらいました。


住宅街の中にある、
小さな自然農の畑の片隅に
巣箱が設置されていました。


います、います。
天気が良くて、
(明宝に比べたら暑いくらいだった)
みつばちたちは穏やかに、
飛んでいました。

よっく見ると、
8の字を描いている。
昔、英語の教科書とか、
言語学の本に載っていた、
8の字ダンスかなぁ。
これで、蜜源の方向と距離を伝えるんだって。
つまりミツバチの言葉ってこと。

自然農の畑には、
トウ立ちした白菜が、
菜の花を咲かせていて、
その花の蜜を一生懸命かき集めて、

足にいっぱい花粉をつけて、
また巣箱に戻っていく。

その姿がなんとも健気で癒される。
可愛い。

実際に巣箱の設置の仕方をレクチャーして頂いた後、
ゆるりがもりさんで交流会。
ここが、ものすごく素敵なところで、
一人テンションが上がっていました。



ワークショップを通じて、
人と人とのつながりを、とのタケさんの考えで、
開いてくださった交流会。

すごく、あったかい方たちがいっぱいで、
もっとたくさんお話ししてみたかったなぁ。

何より、実際にみつばちと暮らしていらっしゃる方の
お話しも聞けて、イメージがわいたし。

とにかく、やってみよう!
(いろいろ思うことはあるけど)

っていう感じです。

元来虫好きのわっちーに、
ミツバチの本を見せたら、
いたく、雄蜂に同情しておりました。
身に思うことがあるのでしょうか??


明宝近辺、お近くの方々、
みつばち興味のある方、いないかなぁ?
一緒にやれると、
もっと面白いと思うんだけれど。

そして、明宝近辺で、
もしか、みつばちたちが蜂球してたら、
駆除しないでください。
採りにいけるところなら、
採りに行きたいです。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


DIYに挑戦!~日本みつばちの巣箱づくり
1月に
美濃市にあるマーマーマガジン主催の、
「日本みつばちとともに生きる」ワークショップに参加して、
そのことをブログの記事にもしたところ、
あちこちから、みつばち情報が集まってきて、

これは、明宝でもやれるかも、
と期待が膨らんできました。

なら、引き続いて、
巣箱づくりのワークショップにも参加してしまえーと。

みつばちの巣箱にもいろいろな種類があるのだけれど、
今回作るのは4段式の重箱式巣箱。

パーツは予め講師の白金丈英さんが準備してくださって、
当日はそれを組み立てるだけなのですが・・・

動力工具と相性の悪いサミー。
インパクトドライバーと仲良くなるのに一苦労。
どうしてもネジが斜めに入ってしまう。

仕方ないので、
先にドリルで穴をあけておいて、
そこにネジをねじこむという、
2倍時間がかかるやり方でやることに。
(確実性はUP)



案の定、ほかの参加者さんに遅れをとり、
4段のうちの1段は講師のタケさんに制作してもらうことに。
トホホ。

今回はお土産に、
もうひとセット捕獲用の巣箱ができる分の
パーツを頂いたので、

インパクトドライバーを友人に借り、
我が家のカーポートを作業場に、

DIYに挑戦!

心配そうな顔してみるわっちーを後目に、
自力で組み立てる。

(ネジの長さを間違えて買ってきてしまった失敗はさておき)




これで、
捕獲用の巣箱が2セット完成。
いや、右側のはまだ門が完成してないけど。
(丸くぎがなくて)

日本のあちこちから、
もう分蜂の知らせが届いています。
早いなぁ。
サクラが終わるころ、って聞いていたのに。

巣箱の設置場所を決めなくては。
まだまだ準備はあるぞ。

そしてこの週末には
講師のタケさんのフィールドへお邪魔して、
じっさいにみつばちが飼われている様子を見てきたいと思います。
ワークショップの詳細はこちら

さてさて、どうなることやら。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ