森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1915684
Today:597
Yesterday:644
里山暮らし体験~味噌仕込み編

昨日から例の寒の水で浸水した大豆が、
ふっくらと煮あがりました。
プーンと甘いいい香りがします。
里山暮らし体験、
お客様の到着を待つばかりです。 


今、うちにストックのある味噌。
一つ一つ説明しながら味見。
こんだけ味噌があると、
その日の体調とか、気温とか、気分とか、
ブレンドしたり、そのまんま使ったり、
いろいろ楽しめるのです。

味噌は生き物。
楽しい気分で作ると、
きっと美味しい味噌になる。

たとえ、瓶に味噌玉を投げ入れるときに、
大外ししたとしても(笑)

二人とも、外し過ぎです!!
写真とっておけばよかった。


無事に瓶におさまった、
味噌のもと。
表面をきれいにならします。

どうしてもカビが生えてしまうのだけれど、
できるだけ防ぐ方法とか、
このあとの蓋の仕方とか、
本にはなかなか載っていないことも
お伝えしました。

これで、来年まで放置。
参加してくださった方は、
自分好みの味噌を見つけ、
それを作ってみるそうです。

そういうの、嬉しい♪

お昼ご飯は、

郡上の地味噌をつかった、
味噌煮。
つけもんみそ、とか、そうめんみそ、
とも言います。
漬けもん(白菜の切漬け)もそうめんも入っています。

これをごはんの上にのっけて、
食べるともりもり食べられます。

この時期はネギがとっても甘くて美味しいので、
ネギたっぷり。
風邪の予防にもなりますね。


そして、おやつは


ヨモギもちに善哉。
クラッカーの上には
クリームチーズに夏みかんマーマレード。
キンカンの甘露煮
そして、ゆべし。

ゆべしにクリームチーズを添えて食べると、
とっても美味なマッチング。
新しい発見でした。


味噌仕込みが終わると、
なんとなく、保存食づくりがひと段落。
少し充電の期間をもらって、
また春、畑仕事をはじめます。

昨年3月から始めた、
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編も、
これで1年目終了です。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



雨の中の里山暮らし体験
11月の里山暮らし体験。
今回も雨。

この時期、畑の収穫は、
土の中のものなので、
雨だと非常に辛い。

もちろん、参加される方が、
「雨のなかでも畑やりたい!!」と言われるなら、
やりますが、

里山暮らしは畑だけではありません。

今回サミーが準備していたことは他に4つほど…

参加してくれたのはリピーターの女子1名。

栃尾の山の木で建てたログハウスが、
このほどお披露目されたので、
その見学に行ったあと、 
選んだのは…

「雨の中のお散歩。」

しとしと、雨が降る中、
栃尾の里をお散歩しました。

紅葉はちょっと終わりかけ。
サミー的に一番の紅葉スポットをご案内したり、

なんと、「むかご」を見つけたり。

ゆずを拝借したり。

いろいろ収穫のあるお散歩でした。

雨の中歩いて、冷えた体には、
採ってきたばかりのゆずで作った、
ゆずレモネードであったまり❤

なんだか、こちらもとても豊かな時間を過ごすことができました。




予め収穫しておいたこれらの野菜を使って、
作った里山ごはんは、
こちら



・里芋コロッケ+ねぎ味噌
・蕪と柿のサラダ
・キャベツと人参葉のサラダ
  +ゆずマヨネーズ
・白いシチュウ
・間引き大根・人参の煮物
・大根葉のふりかけ
・むかごの塩炒り
・小豆玄米ごはん
・漬物(たくわん、芋茎、キクイモ)

シチュウと煮物は、
予めコトコト、コトコト、時間をかけて、
煮込んでおいたので、
とろっとろの、味がしみっしみ、でした。


そして、デザートには

紅玉リンゴの葛煮と、
栗の渋皮煮。

皮ごと煮たら、
すごくきれいなピンク色になりました。

ごはんの後も止まらない女子トーク。
同世代、同じような思いを持っているもの同士のおしゃべりは、
尽きることがありません。

気が付いたら、郡上八幡城のライトアップの時間が
終わってた(泣)
ごめんなさいね。



さて次回は、
どうなるでしょうか?
雪が積もっているでしょうか?
その状況によって、やることが変わってきます。
なにか漬物を仕込むことになるかなぁ。
里山ごはんは、クリスマスディナー?

12月12日(土)です。
少人数しかお受けできないので、
お申し込みはお早目をオススメします。
郡上八幡ゲストハウスまちやど
までお申し込み下さいね。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




秋野菜は手間がかかります~里山暮らし体験
せせらぎ街道も少しずつ色づきはじめた頃、
汗ばむくらいの陽気のなか、
8回目の里山暮らし体験を開催しました。

今回の参加者は女子3名。
諸事情により、まちやど管理人きむきむが、
不在のため、
畑しごとの写真が撮れていません。

まずは、
落花生の収穫。

写真の真ん中、赤い茎のとこをそっとぬくと、
その先に、落花生がついています。

そして里芋。
赤だつと青だつ2種類収穫して、
今夜は味比べ。

さらにさらに、人参と大根を間引いて、
ピーマンとししとうを収穫。

秋野菜はただ収穫するだけでは、
台所に持っていけません。

畑の脇を通る水路で、
ひたすら洗います。
お山に陽が沈む前に…

でも、女子4名、
おしゃべりしながらだとあっという間。
暑くもなく、寒くもなく作業ができるありがたさ。

おうちに帰ってからも、
まだまだ手間がかかります。

採ってきた、落花生、里芋、赤だつを
みんなで手分けして皮むき。
指が痛くなるし、
あくで真っ黒になるし、
それもみんなで大笑いしながら、
楽しく手作業。

ようやくお鍋の中に投入しても、
火が通るまでに時間がかかるのも秋野菜。

ことこと、じゅーじゅー、
火を入れます。

ようやく出来上がった里山ごはん。

・ジーマミー豆腐(本わさびを添えて)
・里芋の煮っころがし(柚子皮を添えて)
・きぬかつぎ(生姜醤油で)
・芋茎の炒め煮
・ピーマン、ししとう、パプリカの丸焼き
・茹で落花生
・人参スティック
・お味噌汁(大根間引き菜、里芋、揚げ)
・玄米ごはん
・お漬物(たくわん、赤だつ、穂紫蘇、柴漬け)

よく言えば、ホッとする、落ち着く食卓。
でも地味だよなぁ…(笑)

それでも、
採れたばかりの里芋の味は格別だし、
なんといってもこれ。


ジーマミー豆腐のおいしさと言ったら。
みんなで手間暇かけて作ったこの味。
もう、食べるのもったいなくって、
ちびちび、食べました。


ピーマンやししとうの丸焼きは、
種もワタもそのまんま頂きます。
そのおいしさにびっくりされていました。

塩ゆでしただけの落花生も、
みんな止まらなくなっていました。
参加者のお一人は、「茹で落花生を見直した」とまで。

このタイミングでしか味わえないごはんを、
みんなで共有できる幸せ。
ありがたいことです。


甘いものは別腹、ということで、

食後のデザートは、
2色の鬼まんじゅう。
クルミとレーズンも入っています。

鬼まんじゅうって全国共通だと思っていたけれど、
違うのねぇ。

来月は11月14日に開催します。
少人数しかお受けできないので、
お申し込みはお早目がオススメです。
郡上八幡ゲストハウスまちやどまでお申し込みくださいね。

来月は何が採れるかな。
あ、玉ねぎの定植はしなくちゃね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

秋の味覚満載ごはん~里山暮らし体験
先日の里山暮らし体験のごはん

・栗ごはん
・ずいきのお吸い物
・名残の夏野菜とかぼちゃの南蛮漬け
・さつまいもの甘辛煮
・さつまいもの茎のきんぴら
・お漬物(芋茎、穂紫蘇、沢庵、大根と人参の糠漬け)

今回参加できなかった方はとっても残念。
この栗ごはんが食べれなかったとは…

この日のために新米のうるち米ともち米を分けてもらい、
明宝大谷で採れた栗を生のままコツコツ剥いて、
(手がぴきぴきします)
土鍋で丁寧に炊いた栗ごはん。

炊き立ての香りにそそられて、
少し味見をした私たち。

味見なのにお代わりしちゃいました。
(まだ、その他の料理が仕上がっていないのに)

年に一回だけの味わい。
(もう栗の皮むきはしばらくごめん。)
たらふく頂きました。


今回のデザートは

可愛らしい2色の栗きんとん?
陰陽対極図みたいだ。

今年はむらさきいもも手に入ったので、
こんなのを作ってみました。
甘味を足そうと思っていたのだけれど、
おいもそのものがかなり甘味が乗っていたので、
そのまんまで。


中には、

ころんと、栗が入っています。

ちょっとラム酒も入って、
大人味。


畑はそろそろ、夏野菜も終わりになり、
片付けに入ります。
次回10月17日のまちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編では、
ラッカセイとサトイモを収穫します。
冬越しさせる玉ねぎを植える準備もしたいなぁ。
やること、いっぱいです。
美味しいものもいっぱいです。
うふふ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





雨の中の里山暮らし体験

秋の気配濃ゆくなってきた8月末…
今月もまちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編。
なんと3ヶ月連続雨…(笑)

雨が降っても、
やっぱり腹は減る。

もう、雨予報決定ということで、
里山ごはん分の収穫は前もってやっておくことに。

今回のご参加は、
同世代の女性2名。
うちお一人はリピーターさん。
彼女が持ってきてくれた手土産にまず感動(笑)

さて、雨ですがどうしましょうか?

サミーは基本的に、
雨の日は、畑の作業はしません。
出かけるのも、正直嫌いです(笑)

…でもそういうわけにもいかないので、

栃尾の集落が一望できるところまで、
行くことに。
あまりにも雨がひどかったので、
車窓から。




これは5月の田植え前の写真。
晴れていたら、
黄金色に輝く田んぼが見えるはず。


そして、一応畑も。

傘をさしながら、モロヘイヤを摘みます。


少し、小止みになったので、
周辺をお散歩して、
ご飯づくり。

今回は、
豊富な夏野菜たちを使って、
里山ごはん改め、里山いたりあんに。


パスタ3種
・なすカルボナーラ
・人参葉ジェノベーゼ
・ラタトゥイユ
米ナスのピザ
かぼちゃサラダ
トマトと人参葉のサラダ
十六ささげの生姜醤油和え
赤だつの炒め物
クレオパトラのスープ(モロヘイヤ)

デザートは
梅ゼリー
トマトのコンポート
山ん茶



今回は、
こんなこともありました。

雨の日のおうち作業で、

用意していたこれをみて、

「私、これ大好きなんですよ。」と。

この地域では「赤だつ」とか「ずいき」とかいうけれど、
彼女の地元では「赤がら」っていうそうな。

甘辛く炒めて食べるのが大好物なんだそうで、
急遽、保存してあった赤だつを戻して、
彼女に作り方を教えてもらうことに。
それがこちらの一品。

最後に酢をすこし垂らすのがポイントのよう。

きれいなピンク色にならなかったのは、
干しずいきだからかな。

でも食感といい、味といい、
本当に美味しくて、あっという間になくなっちゃった。

食後は、
赤だつの皮むきを。
きれいにピーっと剥けるので、
みんな作業にはまってしまって、
たくさんあったのに、全部剥いてしまいました。

ありがとうございます。
半分は天日干し。
半分は漬物に仕込みます。


一つ一つのことに
「あぁ楽しかった」と笑顔になる。
一つ一つのことに、
「豊かだなぁ」と感動してくださる。


こういう暮らしがもう当たり前になってしまったけれど、
そんなふうに感じてくださる姿をみると、
嬉しいし、
自分も心底楽しいから、
こういう暮らしをしているんだな、と
改めて、確認できる。


うん、こういうのが好きだ。


来月は、
9月26日(土)に開催します。
畑はどうなっているかなぁ?
夏野菜の名残と、
そろそろサツマイモが収穫できるかも。
秋野菜のお世話(追肥とか間引きとか)と、
畑の片づけを少しずつ。

里山ごはんは秋の味覚で楽しみますか。うふふ。

お申込みはまちやどまで、お願いします。
少人数でやっています。
お申込みはお早目にお願いします☆


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

7月の里山暮らし体験
台風が去って晴れる予定だったはずなのに、
なぜだかぐずついたお天気。

前日おどりまくったカラダにムチ打って、
明宝までやってきてくれた今回の参加者さんお二人。

到着と同時に雨が降り出して…

でも収穫しないと食材がないっ!

というわけで、


ししとうや



なす(小振りだねぇ)、

ピーマン、キュウリ、トマトと
採れるだけ採って、



ざっとこんな感じ。

びちょぬれついでに、
すこしだけ草取りも・・・
8月に白菜を植える予定の畝の草取りを
やりました。



草を抜いたら、
アリのおうちだったようで・・・失礼しました。

やっぱりこんなお天気だと、畑にもヒルが出るのよね。

みんな血を抜かれました(笑)

この時収穫のピークだったのは、
なんといってもキュウリ。

なのでこの日の里山ランチは、
キュウリのばっかり食。



ほらほら、早くやんなさい・・・

ではなく、酢飯を冷ますために、
団扇であおいでいるんです。




キュウリの細巻きに挑戦。

みんな器用で、
きれいに巻いてくれました。


そして出来上がったのがこちら。
急遽、おうちのなかでピクニックスタイル。


・キュウリカレー
・かっぱ巻き
・冷汁
・キュウリのキムチ和え
・キュウリの酢もみ
・キューちゃん漬け
・キュウリスティック(味噌マヨ)

とまぁ、きゅうりのオンパレードに、

・焼きナスの肉みそのっけ
・ピーマン・ししとうの丸焼き
・桂一まのトマト

と、採れたて野菜をしっかり味わいました。

さらに、

例のあれです。
これだけキュウリが採れるから、
キュウリと思ったかしら?

答えは、


ピーマンのプリンでした。

珍しく、3回試作をして、
(レシピがあるのに上手くいかないのはなぜ??)
完成させた自信作。
ちゃんと、ピーマンの味もします。
ここにカラメルソースをかけるとなお美味。


ほんとうはね、
カレーに入れるトマトも収穫できるはずだったのだけれど、
先に動物に食べられちゃった。
(急遽、桂一まのトマトを分けてもらった)
こんなふうに里山暮らしでは予定通りうまくいかないこともある。
けれど、
採れた野菜でこれだけの料理ができて、
みんなで味わうことができたこと、
それだけでもありがたいことだと、
すごく思うのです。

この日予定していた畑仕事は、
後日、サミーがひとりでがんばりました。
夏野菜を楽しみつつ、
次の季節の準備をしていきます。

次回は、秋野菜の種まきができるかな。
今度はナスのばっかり食かな(笑)

里山暮らし、
予定は未定です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





手の込んだものよりも…里山暮らし体験
6月の里山暮らし体験。
4名にご参加頂きました。
晴れたり、雨が降ったり、と
はっきりしないお天気の中での、
畑作業は、
とりあえず里山ごはんのための食料は確保でき、



こんなにぎやかな食卓になりました。

えんどう豆ごはん
・ジャガイモのすり流し汁
・コロッケ(手作りトマトケチャップなど)
・玉ねぎサラダ(梅醤油ドレッシング)
・スベリヒユのおひたし
・スナップエンドウの塩ゆで
・ちりめん山椒
・糠漬け(キュウリ・ミョウガ)・たくわん
・きゃらぶき

お皿に山盛りのコロッケ。

「こんなに食べきれる??」って言ってたけれど、

みんなペロリ。


さらにこんなのも。



「インカのめざめ」という品種のジャガイモの
ふかしたてにバターをのせたもの。

ピンボケだけれど、
このバターの溶け具合、たまらん。


どれも美味しくできたんだけれど、
止まらなくなっていたのは、
スナップエンドウ。
塩ゆでしただけ。
なーんもつけずにみんなポリポリ。

採れたてだからこその味。
そのまんまで美味しい。


最後のデザートには、


朴葉餅。

先日の栃尾里人塾で採った朴葉の中で
小さいサイズのものを使って作ってみた。

ほんのり朴葉の香りのするお餅を
砂糖醤油で頂きました。



まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編も
これで4回が終了。

ようやくちょっと慣れてきて、
自分も少し楽しめるようになってきました。

日常の生活とは少し離れて、
土いじりがしたい

とか、

将来、畑をやってみたい

とか、

そんな人たちに、
お試し感覚で体験してもらいたいなぁと、
思っております。

ご期待に添えるかどうかは、
わかりませんが(笑)

それも里山暮らしなので。

7月8月は
郡上おどりとのコラボ
サミーもおどりに繰り出しちゃおうかな。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

里山暮らし体験 第2回め

郡上八幡のゲストハウスまちやどとのコラボ企画
里山暮らし体験。
2回目の参加者は、

6月から郡上に移住しちゃいます!という
みぞっちと、

住所不定有職の
ゆかちゃん。

二人とも畑仕事は初めてとのこと。

4月に入り、
雨も多くて気温もぐんぐん上がると、
野菜たちも元気になりますが、


草たちも元気になります。
とほほ。
スギナ、育ててるんかい!ってか。

でも草の中でもちゃんと、食べることができるものもあるのです。
そこで、


ハコベを探して摘んでみることにしました。
夕飯の1品にします。


今回の畑仕事のメインは、
夏野菜のための土づくり。

草を引いて、
たい肥と肥料を入れて、
土をおこして、
畝を立てる。

いちばん地味で、大変で、
でも野菜を育てるためには大切なしごと。
ザ・のらしごと、っていう感じです。


鍬を使うのも、
はじめは力でやっちゃうんだよね。


みぞっちは、最後、
畝を平らに均すのが得意。

半日で2本の畝を立てました。

いい感じじゃない。


この後、里山ごはんづくり。
わっちーとさらに2名増えて、

にぎやかな台所。

で、出来上がったのがこちら。

・山菜の天ぷら
 (コシアブラ、タカノツメ、玉ねぎとスギナのかき揚げ、など)
・ハコベの山芋和え
・イタドリのきんぴら
・ワラビの煮物
・コゴミのツナマヨ和え
・リョウブ飯
・ニラとタケノコのかきたま汁

わっちーが予め山で採ってきてくれた山菜に、
昨年から保存しておいたもの。
畑や庭から採ってきたもの。

タケノコに至っては、その日の朝
うちの前の竹藪に生えていたものを、
採ってきたもの。

自然の恵みのおかげと、
保存するという里山の知恵と、
みんなの手が加わって、
こんなに豪華な里山ごはんになりました。
ありがたや、ありがたや。

お腹が満腹になったところに、登場した
サクラの大福に


みんながこぞって写真を撮る姿が面白い。
作った本人としては、
嬉しい瞬間♪
(お試しで作っただけなのだけれど)


今回は総勢7名での里山ごはん。
お客様はみんな初対面のはずなのに、
すぐに打ち解けて、仲良くなって…
和気あいあいとした空間。

こういう場を提供できるしあわせを
ちょっと感じました。

のらしごとは、
初心者にとってはちょっとしんどいかなぁと心配したけれど、
「ちょうどいいくらいでした」
とのこと。
そう、楽しくできるくらいがちょうどいい。

次回のまちやどいなか暮らし体験~里山暮らし体験は、
5月30日(土)の予定です。
夏野菜の支柱立てと、ひたすら草引きかな(笑)
また日にちが近づいたら、お知らせしますね。


参加してくれた、
みぞっち、ゆかちゃん、
ご飯を食べに来てくれた、
あだちさん、かなえちゃん、
そして、きむきむ、
ありがとうね☆


 

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

 

 

 

 

 

 

3月28日 里山暮らし体験レポ
先日このブログでもご案内した
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編
3月28日に第1回目を開催しました。

開催というほど大げさなことはないのですが…

参加者は


大学生のゆうみちゃん。
周りが就活を始める中、
卒業後は田舎へと考え、
芋づる式にいろいろ体験中。
足元に注目。
地下足袋はいて登場。

今回は、
じゃがいもの定植準備。
畝にたい肥や肥料をいれ、畝を立てる作業をします。


空が青いね。
(何年たってもへっぴり腰な自分。
さまにならんよなぁ。)


土いじりが楽しい♪

この後、里芋の準備と、
獣害柵の補修。


最後に小松菜と春菊の種を蒔きました。
葉物は上手くいくかなぁ。

念のため、動物よけのために
畝にもネットをかけて畑仕事は終了。

このあと、おうちに帰ってごはんづくり。

この日収穫できたものは、
キクイモ数個。

この時期は畑で採れるものはなく、
山菜にもまだ早い。

冬の間保存していた食材を上手くつかって、
作りました。


豆腐と和える大根なます。
大根も秋に採れたものを保存しておきました。
人参はひるがのの春待ち人参。
生で食べても甘くて美味しい。

みんなで料理するのも楽しいね。



・漬物ステーキ
・大根なます
・芋茎の煮物
・大根葉のふりかけ
・菊芋のサラダ
・お漬物(赤大根と菊芋)
・お味噌汁と玄米ご飯
・善哉(草餅入り)

この日はぽかぽか陽気で、
3人とも大根なますがもりもり入る。

野菜ばっかりで、
色も地味なんだけれど、
思っていた以上に喜んでくれて、
ちょっと嬉しく思いました。

今回こういう形で里山暮らしを実際に体験してもらって、
ゆうみちゃんに喜んでもらえたことはもちろん、

いつもは一人でやっている畑仕事や、
料理をみんなでやることによって、

いろんなアイデアが出てきたり、
いろいろ話が出来たり、

サミーにとっても、エネルギーをもらえる、
貴重な時間になりました。

その時々でやれること、手に入るもの、どうなるかわかりませんが、
それこそが里山暮らしの醍醐味??
参加者おひとりでも、
一期一会の体験を大切にしていきたいと思います。

次回は4月25日(土)です。
人数に限りがありますので、お早目にお申込みくださいね。

参加してくれたゆうみちゃん、
そしてきむきむ、
ありがとうね~☆

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ