森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1862764
Today:668
Yesterday:735
柿渋づくり
また一つ、
手を出してしまいました。

柿渋。

防腐や防水の効果もあるし、
染料としても使えるらしい。

興味はあるけど、なかなか手が出せなかった、
柿渋の世界。

いつも何かとお世話になっている、
グリーウッドワーク協会の木工塾で、
柿渋のワークショップがあったので参加してきました。

ワークショップの様子はこちらのページから
ご覧いただけます→ 

参加して一番の感想は、

「意外とできるかも!」


昔は、青柿をすりつぶすのに、
石臼でゴリゴリやっていたそうだけれど、
ミキサーを使えば、
指一本で簡単!

3~4回絞れば結構な量になるから、
そんなに量もいらない。

というわけで、
栃尾の柿の木から、
「10個だけ採らせてください」
とお願いして、採らせてもらいました。



(案の定、
「全部もってけ…」と言われました。
そんなにいりません。)


結局こんだけ。

柿を採っていたら、
稲刈り…
急遽、お手伝いに参戦。
無事に稲架かけまで終わって、
やれやれ、とシャワーを浴びていたら、

あっ、時間!

そう、
青柿は収穫してから、
6時間以内に加工しないと、
カキタンニンが弱くなってしまうんだった。

というわけで、
慌てて作業開始。


やりはじめれば、
30分ほどで完了。


1週間前にワークショップで作ったもの(右)と比較すると、
少し色が変わってきているのが
分かる。

搾りかすはそのまままた水につけて、
10日後に二番渋を絞ろうと思っています。

何に使うか・・・
それは、まだ秘密です☆


長良川おんぱく2016にエントリーしています

清流吉田川の源流で
ほぼ天然のワサビ収穫と極上ワサビ丼

おかげさまで次々ご予約いただいています。
9/13からはWeb予約も可能です。
極上ワサビ丼を味わいたい方はお早目に。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



とうとう手を出しました~ヌメリスギタケモドキ

山葵田へ向かう途中、
吉田川を渡る手前に、
ヤナギの木が倒れているんだけれど、
春と秋にこんなキノコが生える。

それは、それは、
ものの見事な大きさで、



下からみるとこんな感じ。

でも、キノコは毒キノコもあるし。
なかなか手が出せずにいた。

で、ようやく、
我が家の森の恵み博士(=わっちー)が、
「ヌメリスギタケモドキに間違いなさそう!」
というお墨付きが出たので、

食してみた。



さっと茹でて、氷水でしめた、
ヌメリスギタケモドキの刺身。
(写真左上)

山葵醤油で食べると美味しいらしい。

こんなことなら、山葵も収穫してこればよかったのに。

なーんとなく、貝のお刺身のような食感。

味噌汁に入れると、
ナメコのよう。

七輪に炭を熾して焼いた
ナスとサンマと共に。

ご存じでしょうが・・・
サンマは吉田川では釣れません(笑)
ご近所さんからの頂きものという点では、
里山の恵みですが。


また一つ、
山の恵みの味を知ってしまいました。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



ふっくら、顔をだしました


我が家のお庭に、
春がやってきました。

ふっくらかわいらしい、ふきのとう。
3つも出てたよ。

今日は春らしくぬくとい日。
ここから、三寒四温。
みなさま、お体ご自愛くださいませ。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ