森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1865859
Today:340
Yesterday:1329
| 1 | 2 | 最初 | next>>
暮らしに使うものを手作りする~ほうき
ずっとブログに上げようと思っていて、
お蔵入りになっていたのですが…

今年の1月に土岐で行われた、
ススキを刈ってほうきを作るワークショップに参加しました。

(土岐は遠かった…下道で行ったから。しかも2回。)



1回めはススキ刈り。
これがほうきになると思うと、
ただの道端の草が、お宝に見えてくるから不思議です。

刈ったススキは束ねて、
2週間ほど乾かしておきます。

そして2回め。

穂先の長さに合わせて、
3つに分けて、ほうきに仕立てていきます。



3つの束を止める材は竹で。
(竹細工の端材が活かせるなぁ…)



自分でやったというよりは、
講師の方に(ほとんど)やってもらった感じですが、
自分で刈ったすすきで作ったほうきは
やはり愛着がわきます。

もちろん明宝にも枯れすすきはいっぱいあるし、
自分でもまた、作ってみたいと思っています。

でも、このほうき、
大雑把な私は、
穂先に穂(綿毛)がついたままで作業を始めたので、
作業中、穂が散らかって大変。
綺麗にするほうき、というよりは、
穂をまき散らすほうき、になってしまいました。

で、その時に、
ちりとりも手作りできるじゃん!
とひらめき、竹細工でちりとり作りとなったのです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






暮らしで使うものを手作りする~ちりとり
六ツ目の背負子かごを完成してから、
しばらく大きいものはお休みして、
小物づくりに励もうと思っています。

で、完成したのは、


ちりとりです。

これはヒゴの長さが40㎝。
節がないのでとっても割るのは楽。

でも、へぎが難しかった。
「練りへぎ」といって、
20㎜の厚さのヒゴを4枚に割れ目を入れておいて、
ヒゴをくねくねと「練る」と、
ピラーっとへげるのである。

見本で見せてくれるのは、簡単そう!って思うけれど、
実際やるとなると、とっても難しくて…

4枚に、へぐはずが、3枚にしか、へげなかったり。

結果、厚みのあるヒゴができてしまい…
編むときに苦労するのである。

でも、
実はこれ、これで完成じゃないのです。
そう、このままではせっかく集めた埃が、
四ツ目の隙間から落ちてしまうし。


和紙を貼って、
去年の秋につくった柿渋を塗って、
一閑張りのちりとりにしようと思っています。

なので、
多少粗があっても、
「紙を貼るからいいや」と妥協。
ねっからの大雑把な性格が顔をだす。


暮らしで使うものを手作りする。
なんかそれだけで、暮らしがちょっと豊かになる気がします。
(気がするだけかもしれませんが(笑))
出来上がるのも楽しみですが、
使うたびに楽しいと、
大嫌いな掃除がちょっとは好きになるかも…

(埃じゃ死なない、がモットー。
 掃除は一番後回し)


実はこれとセットで使うものも
手作りしているのです。

続く…

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

六ツ目の背負子かご
春に間に合いました。

六ツ目の背負子かご。
サミー用です。

木こりの背負子かごに比べて、
とっても軽いです。
木こりの背負いかごは、
見るからにとても大変で、
やってみるともっと大変で、
六ツ目の方が楽かなぁ、なんて思って取り掛かったのですが…

甘かった。

いつものことですが。

六ツ目はバランスよく編むのが難しい。
よくみると、縦長の目になっているでしょ?
ヒゴがすこし厚かったようで、
なかなか絞まらないのです。
どうしても横のヒゴが浮いてきてしまう。

じゃあヒゴを薄くすればいいのか、
というとそうでもなくて、
ヒゴを薄くすると、頑丈さが損なわれてしまう。

わさび田の山んなかで使うものだから、
ある程度の頑丈さも必要。

ぎりぎりの強度を保つことのできる薄さに
ヒゴをへぐのが職人技。
まだまだ修行が足りません。


おかげで、
思っていたよりも、大きなかごができてしまって、
たくさん入ります☆

あとはこれに布か何かで蓋を掛けられるようにしようかと
思っています。
おじぎすると、頭の上から中身がこぼれてしまうからね。


さすがに、このかごは山用で
普段使いはできないので、
でも、これだけの大きさのものを、
片付けておくためのスペースもない。

で、考えたのは、

壁にぶら下げる。

スペースの有効利用。
山でしか使わないものも収納できるしね。

実際、使うのが楽しみやなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


竹の盛籠
先日作った背負子かご。
出来上がったかげには、
沢山の失敗ヒゴが・・・


なので、
小休止にこんなのも。


縁をつけなくていいので、
1時間もあれば編める・・・はずなのですが、
教室で上の2個を教えてもらい、
下の小さいのをおうちで復習したのですが、

編み方・・・忘れる(汗)

見本のヒゴをたどりたどり、
ようやく出来上がる。

ほんと、物覚えが悪い。


出来上がってみると、
なんだか、竹の繊細さがいい感じで、
嬉しい。

今日も雨模様。
わさび田にも畑にも行けず、
頂いた栗で栗金団を作る一日。



中津川の某有名店にも
勝るとも劣らない味(当社比)

赤いもみじの葉っぱとか敷いたら、
絵になるけど、
ラップの座布団じゃあねぇ。

栗ごはんに、
栗きんとん。
今年は、もう栗はお腹いっぱい。
指が痛くてかなわんわ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ようやく完成!背負子かご
で、できました!!



 木こりの背負子かご。

 ほんとは自分がわさび田行くときに使う
背負子かごをつくろうと思っていたんだけれど、
わっちーの分を先に。

木こりが山へ仕事に入るときは、
荷物が多い。
チェンソーも突っ込めるように、
大きさも頑丈さも考えて、
師匠に設計して頂き、
手ほどきを受けながら、
つくりました。

4m近くの真竹と格闘して作ったヒゴや、
皮のすぐ下の身のヒゴを取ること、
形よく編み上げていくこと、
巻き縁や、足をつけること、
全てが難しくて、
ため息ばかり。
出来上がるころにようやくコツがわかる・・・

肩ひもも草鞋を作る要領で、
自分でつくりました。

背負うと、

こんな感じ。
でかい。

わっちーには、これで、
山仕事、安全に頑張ってもらいたいものです。
期待しています(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

長良杉でつくる鰹節削り器
不思議なご縁があって(笑)、
念願だった『長良杉でつくる鰹節削り器」の
ワークショップに参加することができました。

講師は
岐阜木材団地で木工教室をされている、
のぶちゃん先生。

とってもクールで、
丁寧な指導。
でも、すごく熱い情熱を持っている方と
お見受けしました。

木工やDIYはこれまで、
グリーンウッドワークで木のスプーンをつくったり、
旋盤でお椀をつくったり

最近ではみつばちの巣箱をつくったり

少しずつチャレンジはしているものの、
苦手意識が強い。

今回も
のこぎりで材を「垂直に」切るという、
一番重要で、一番難しい作業に苦戦。

これができなかったがために、
あとで大変な思いを(スタッフの方が)することに。

それでも、
1日、木と向き合って、夢中になって作る時間というのは、
とてもとても幸せなひととき。
そして
完成!



引き出しがきちんと収まらないという、
正規品ではありえない仕上がりですが、
それはそれで愛おしいやつです。

帰りに、紹介してもらった鰹節をゲットし、
これで念願の鰹節ライフが・・・むふふ。

当日のワークショップの様子は
のぶちゃん先生のブログでご覧いただけます。


のぶちゃん先生、
ワークショップでご一緒したみなさま、
ありがとうございました。



にしても、のこぎりをちゃんと、
真っすぐひけるようになりたいものです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
おにぎりさん

こんな可愛らしいものを
作ってみました。

おにぎりを持ち運ぶときに、
これに入れていけば、
三角のまま!

前回作った八つ目の手提げかご 
このかごを編むのに作ったときに、
巾がせまくなっちゃったり、
薄くなりすぎちゃったりした、
失敗作のヒゴをストックしておいたら、
こんだけ、できました。

うちはいつも、
わっちーは3つ、
サミーは2つ。

一個足りないなぁ(笑)

小さいから簡単?
っていうことはなくて、
細かい作業も多く、
厚さが0.1㎜違うだけで
形が整わなかったりするから、
繊細だなぁと。

4つ作ったけど、
一番上手にできた(と自分で思う)のは、
一番最初に作ったやつだったりする。

今回初めて、バーナーで竹を曲げるっていうことも、
してみました。
折り曲げたいところをバーナーで温めて、
折り曲げるのだけれど、
「今だ、という瞬間がわかる」
と説明されて、
まさに、その通りでした。
それより早すぎても、遅すぎても
上手くいかない。

それが駆け引きのようで結構面白かった。

次回作は…ちょっと大物に挑戦します。
できたぁ報告は、
かなり後になる予定(笑)


竹細工の教室で、
一緒に作った方と。
形が様々で、手作りの味が出ています。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
渾身の一作

出来ました。
八つ目の手提げかご。

自分でいうのもなんですが、
渾身の一作です。
出来上がって、
めっちゃ達成感。

これは作り方がはじめにあるわけではなくて、
これくらいの大きさで作りたいと決めて、
ヒゴの太さや本数など計算して、
また、作りながら修正して、
(もちろん教えてもらいながら)
自分好みに作り上げたから、
なおさらうれしい。

大変だったけど、
楽しい作業でした。



中にはあずま袋がぴったり。
手提げ紐にしている真田紐も取り換え可能。
気分によって、いろいろ楽しめる(予定)。
めんどくさくてやらないかも・・・だけれど。


籠の写真を撮っていたら、
足元に

春がやってきていました。

このカゴもって、
どこへお出かけしましょうか♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
竹を取りに行く
月に2回通っている竹細工教室で、
竹を取りに行きました。

連れて行ってもらったのは、
淡竹(はちく)林。



竹林というと、
京都の「竹林の小路」のような
青々としたところを思い浮かべるのですが、
「淡い竹」と書く淡竹だけあって、
白く、明るい。

これだけ淡竹が揃っていると、圧巻。



竹の見方などお話しを伺い、
実際に伐採もさせてもらいました。
4~5本切らせてもらいましたが、
最後の1本は一人で作業できるくらいに…
(枯れている竹ですが)


切った竹の切り口。
かぐや姫でてくるか??

女でもノコ(とナタ)だけで、手入れできる、
ハードルの低さがいいなぁ。
竹林整備も面白いかも…といろいろ妄想を膨らませます。

まぁ、この時期だから、
虫も少ないし。
(夏は大変なんだそうだ)
体験だから、楽しめたんだろうけれど。

こちらでも獣の被害はあるそうで、
春にはタケノコを狙ってシシがやってくるそう。
シシにタケノコを食われてしまうということは、
竹が育たないということ。

その対策も練らなければならないようです。

こうして、竹事情を知ると、
カゴやザルを編むときに、
本当に大切にヒゴをつくらねばなぁと、
思います。
まだまだ技術が伴わず、
ため息ばかりですが(笑)

竹細工教室はこんな感じです→ 

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

一年半の成果~竹細工
竹細工教室に通うようになって1年。
四つ目の芋ふりかごが完成して、一通りコースが終了。
ここからは自分の作りたいものを、
相談しながら作ります。

サミーが選んだのはそば笊(ざる)。

1年半前にワークショップで作ったそば笊よりも
一回り大きいサイズを作りました。


上が1年半前に作ったもの
下が今回。
竹の色が変わってきています。


1年半前と比べて上達しているのでしょうか?

竹細工もいろいろ作りたいものがあるのだけれど、
基本的に

「実用的なもの」

を作りたいと思っています。

作りながら、あんなことにも、こんなことにも使おうと
考えながら、ひごを作るのはとても楽しい作業。

そば笊はざるそばを盛るだけじゃなくて、
野菜の水切りにも使えるし、
収穫した山葵をのせるのにも使えるなぁと思って、
いろんな大きさのざるを作りたいと思っています。

そうそう、
塩ゆでしたトウモロコシを冷ますのに
ざるを使ったら、大きさがピッタリでした。
写真撮っておけばよかったな。

で、
せっかく完成したので、晩ごはんにはざるそばを
と思っていたのに、

そばが、
1把しか残っていなかった(泣)

なので、



ざるうどん。

どこまでも詰めが甘い自分。

そうそう、明宝でこんなワークショップがありますよ。
竹の収穫かご編みワークショップ
トマトのお土産つき。

収穫かごも日常使いできそうで、いいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






| 1 | 2 | 最初 | next>>