森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1631398
Today:12
Yesterday:610
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
竹の盛籠
先日作った背負子かご。
出来上がったかげには、
沢山の失敗ヒゴが・・・


なので、
小休止にこんなのも。


縁をつけなくていいので、
1時間もあれば編める・・・はずなのですが、
教室で上の2個を教えてもらい、
下の小さいのをおうちで復習したのですが、

編み方・・・忘れる(汗)

見本のヒゴをたどりたどり、
ようやく出来上がる。

ほんと、物覚えが悪い。


出来上がってみると、
なんだか、竹の繊細さがいい感じで、
嬉しい。

今日も雨模様。
わさび田にも畑にも行けず、
頂いた栗で栗金団を作る一日。



中津川の某有名店にも
勝るとも劣らない味(当社比)

赤いもみじの葉っぱとか敷いたら、
絵になるけど、
ラップの座布団じゃあねぇ。

栗ごはんに、
栗きんとん。
今年は、もう栗はお腹いっぱい。
指が痛くてかなわんわ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

どうしてくれよう、ゴーヤ
夏野菜っていうのは、
上手くできてるなぁと思うこと。

ピークがリレーのように、
バトンが渡されていく。

今年初めてゴーヤに挑戦。
聞くところによると、
日よけのカーテンに植える人が、
実がなりすぎて困るって話。

でも、花はいっぱい咲くけど、
なかなか実がならないなぁ、なんて
7月には思っていた。 

ところが、ところが、
暑さが増してくると、
どんどん、どんどんツルを伸ばし、
気が付けば、周囲の野菜たちを杖にして、
勢力拡大。

ちょっと目を離した隙に、
トマトの畝に覆いかぶさり、
支柱を倒してしまうほどの勢い。

それとともに、
実もどんどんつき出した。

ぱっと見、葉っぱに隠れて分からないけれど、
少しめくってみると、

「でーたーぞー」

なんて、グロテスクないでたち(笑)


夕陽をバックに

どうしてくれよう、このゴーヤ

と途方にくれる。


まぁ、半分はヨメに行き、
ゴーヤといえば、定番の
ゴーヤチャンプルーにするが、
そんなんでは、全然減らない。

ググって、大量消費レシピを探し、
有効活用の道を探す。

根っからの貧乏性。
はたまたケチなのか・・・
無駄にはしたくないのだ。


一番、大量消費できるとしたら、
佃煮。
ちと、甘過ぎた。
こちらも瓶詰めして、ヨメに出す。


FBのお友達からのオススメ。
ツナ味噌煮。
ご飯に合うおかず。
そうめんにも合う(らしい)


チヂミなんかも作ってみたりして。




そうこうしているうちに、
黄色く変色。
熟したゴーヤはゴーヤで
生のままおかかマヨで和えるレシピを発見。
赤く熟した種の周りも
甘くて食べられることも発見。
(いまいち使い道は分からないけれど)


他にも、塩もみして、
醤油で和えてみたり、
練りごまで和えてみたり、
糠床にいれて漬物にしたり・・・


ゴーヤばっかり食を
思う存分、楽しめました(汗)

ここのところ、
台風、秋雨前線からの雨続き。
雨の止み間に久々に畑へ…

盛りは過ぎたものの、
こんだけ、
なっておりました(汗)

仕方がないので、
今シーズン3回目の佃煮を仕込もうと思います。

弁当のごはんのお供にピッタリです。
欲しい方はぜひ(笑)


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






ようやく完成!背負子かご
で、できました!!



 木こりの背負子かご。

 ほんとは自分がわさび田行くときに使う
背負子かごをつくろうと思っていたんだけれど、
わっちーの分を先に。

木こりが山へ仕事に入るときは、
荷物が多い。
チェンソーも突っ込めるように、
大きさも頑丈さも考えて、
師匠に設計して頂き、
手ほどきを受けながら、
つくりました。

4m近くの真竹と格闘して作ったヒゴや、
皮のすぐ下の身のヒゴを取ること、
形よく編み上げていくこと、
巻き縁や、足をつけること、
全てが難しくて、
ため息ばかり。
出来上がるころにようやくコツがわかる・・・

肩ひもも草鞋を作る要領で、
自分でつくりました。

背負うと、

こんな感じ。
でかい。

わっちーには、これで、
山仕事、安全に頑張ってもらいたいものです。
期待しています(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

年に一度は、栗ごはん


山んなか食堂。
本日のごはんは、栗ごはん。

生の栗の皮を剥くのが、
まだまだ下手くそで、時間がかかるので、
今回は炊飯器に頼ってしまいましたが、
やっぱり、土鍋で炊きたかったなぁ・・・

玄米での栗ごはんもリクエストされ・・・
頑張ってみます☆

今回は子どものお客様もあり、
何も考えずに受けてしまったのだけれど、

子どもって、ゴーヤ食べんよなぁ・・・
味も少し薄目の方がいいんかなぁ。

とか。

いい経験をさせてもらいました。

山んなか食堂も3回。
今年はこれが最後かなぁ・・・
実際にやってみて、
いろいろ思うことあり。
難しいなぁ、大変だなぁと思う反面、
食べる人たちのことを考えて、
ひとりもくもくとご飯を作る時間は、
結構楽しかったなぁ。

いろいろ、こだわっているんだけれど、
そのこだわりを伝えきれず、
ちょっと寂しかったり・・・

盛り付けもまだまだ、いけてないし(笑)


ほんと、
地味で、普通のごはんなんだけれど、
でも一番味がのっている旬のお野菜たちを使った、
ちょっとホッとするようなご飯を、
これからも究めていけたらいいかなぁと思っています。

ご縁がありましたら是非に。


本日の一期一会定食は
・栗ごはん
・ズイキのおすまし
・ゴーヤチャンプルー
 (お子さま用はナスチャンプルー)
・カボチャの煮物
・ズッキーニのチーズ和え
・ピーマン味噌
・ズイキのつけもん
・ゴーヤの佃煮

郡上割り箸で召し上がれ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
桂一まにまなぶ
畑をやるようになって7年。
一通りのことはなんとかできるように
なってきたような気がするけれど、
やっぱり、まだまだ。

白菜の虫除けネットの張り方でも、

桂一まに教えてもらってやると、
こんなにきれいに張れた。

ほんのちょっとのコツなんだけれど、
それをやるのとやらないとでは、
全然違う。

まだまだだ。


美しさと、頑丈さは比例する。


私がやると、
美しくないし、
大雨、大風にめっぽう弱い(笑)


稲刈りあとの
稲架かけでもそう。


ほんのちょっとのコツで、
頑丈で、
そして美しい。

あと、仕事がしやすい。

何年たっても、
まなびだ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


柿渋づくり
また一つ、
手を出してしまいました。

柿渋。

防腐や防水の効果もあるし、
染料としても使えるらしい。

興味はあるけど、なかなか手が出せなかった、
柿渋の世界。

いつも何かとお世話になっている、
グリーウッドワーク協会の木工塾で、
柿渋のワークショップがあったので参加してきました。

ワークショップの様子はこちらのページから
ご覧いただけます→ 

参加して一番の感想は、

「意外とできるかも!」


昔は、青柿をすりつぶすのに、
石臼でゴリゴリやっていたそうだけれど、
ミキサーを使えば、
指一本で簡単!

3~4回絞れば結構な量になるから、
そんなに量もいらない。

というわけで、
栃尾の柿の木から、
「10個だけ採らせてください」
とお願いして、採らせてもらいました。



(案の定、
「全部もってけ…」と言われました。
そんなにいりません。)


結局こんだけ。

柿を採っていたら、
稲刈り…
急遽、お手伝いに参戦。
無事に稲架かけまで終わって、
やれやれ、とシャワーを浴びていたら、

あっ、時間!

そう、
青柿は収穫してから、
6時間以内に加工しないと、
カキタンニンが弱くなってしまうんだった。

というわけで、
慌てて作業開始。


やりはじめれば、
30分ほどで完了。


1週間前にワークショップで作ったもの(右)と比較すると、
少し色が変わってきているのが
分かる。

搾りかすはそのまままた水につけて、
10日後に二番渋を絞ろうと思っています。

何に使うか・・・
それは、まだ秘密です☆


長良川おんぱく2016にエントリーしています

清流吉田川の源流で
ほぼ天然のワサビ収穫と極上ワサビ丼

おかげさまで次々ご予約いただいています。
9/13からはWeb予約も可能です。
極上ワサビ丼を味わいたい方はお早目に。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



長良川おんぱく2016にエントリーしています。
毎年秋の約1か月間、
長良川流域で、
見たり、食べたり、体験したり、
とっても魅力的なプログラムが体験できる、
長良川おんぱく

今年は私たちも、
エントリーすることになりました。

その名も、

清流吉田川の源流で、ほぼ天然の
ワサビ収穫と極上ワサビ丼

わさび田をはじめて、
4年。
ようやく、こうして企画を立てて、
みなさまをわさび田へお迎えできるように
なりました。

夫婦2人でやるので、
少人数しかお受けできませんが、
吉田川の源流、
つまり、
長良川の最源流で作った採れたてわさびの味を
その場で堪能して頂けるのは、
このプログラムだけだと思います。

チャンスは2回
10月23日(日)と10月31日(月)
各8名様までです。

詳しくはこちらか、
長良川おんぱくパンフレットp33をご覧ください。

お申し込みは
9/13(火)9:00~公式Webサイトからできますが、
それに先立ち、
9/12(月)昼12:00~電話予約が開始されます。

先着順に受け付けますので、
極上ワサビ丼をどうしても食べたい!という方は
電話予約の方が確実と思います。

みなさまからのご参加、
お待ちしております☆


ワサビには興味がない(笑)方でも、
長良川おんぱくには本当に魅力的なプログラムが満載。
公式Webサイトやパンフレットをご覧になるだけでも、
すごく面白いと思いますよ。
パンフレットの在庫はもっていますので、
欲しい方はご連絡くださいね。



私たちも参加したいプログラムがいっぱいあるのに、
なぜ、この忙しい秋にやるのだろう・・・
と悔しい気持ちになります。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



カレー三昧
今、この時に手に入るもので、
ご飯をつくる山んなか食堂。

只今の旬は、

オクラとゴーヤ。

そして、
忘れられて、どでかくなったキュウリとズッキーニ。

これらを使って
出来上がった一期一会定食が、

こちら。
今回は、
2色のカレーにしました。

ピクルスも合わせて、カレー三昧。

・ゴーヤとひき肉のカレー
・ウリウリカレー
 (どでかキュウリとズッキーニを
  スパイスを効かせて煮込みました)
・小豆玄米ごはん/黒米入り白米(写真はこちら)

・トウモロコシのスープ
 (ひげ根から出汁をとって、利尿効果ばつぐん)

・カボチャのサラダ
・ズッキーニのカレーピクルス
・オクラのしょうがマリネ
・トマトのコンポート

・梅ゼリー


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

遅咲きの・・・

ひまわり。

秋野菜を植えるまで、
空いている畝に植えたひまわり。

もう、白菜の定植の時期なんですけど…

このひまわり、
10株ほど苗を作ったのに、
上手く育たなくて、
残っているのは、この1株のみ。

さぁ、秋の空に花開け!

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
同窓会
お盆ですね。
この時期はきっと郡上の人口が増えているに違いない。

道を走っていると、
家族で庭でバーベキューをやっていたり、
きっと、同窓会も多いんだろうなぁ。

先日明宝の道の駅であった夏祭り。
今年初めての試みで、
わっちーと一緒に行ったんだけれど、

「明宝に若者、こんなにいたっけ???」

ってくらい沢山の人たちが集まっていて、
にいわしかった。

逆に、
自分たちのような移住組は、
それぞれの故郷に帰っているのか、
出くわすこともなく、
なんだか、それはそれで知っている人が少なくて、
ちょっと寂しかったりする。


確かに、毎年この時期は、
実家に帰ったりするんだけれど、
今年は7月末に里帰りを済ませたばかりで、
明宝でお盆を過ごすことに。

そうしたら、
サミーの高校時代の友人たちが、
家族総出で遊びに来てくれることになった。

わーい。

全部で5家族。
大人子ども合わせて18人。
こりゃ、にいわしくなるぞ。

近くの川原でBBQと川遊び。

子どもたちのキラキラとした笑顔に、
それを見守る母となった友人たちの笑顔が、
とっても嬉しくて。

明宝の美味しいもんもいっぱい食べてもらって。

幸せだなぁ。

ダンナさんたちが、
子どもたちの遊び相手をし、
BBQの焼き係をし、

私たちもすごくすごく久し振りに、
ゆっくり話すことができたし、
めちゃめちゃ、楽しかった。

高校時代には考えてもいなかった今の現状に、
友人たちにも驚かれたし、
自分自身も驚いているけれど、
なんとなく、これでよかったよなぁと思う。

お天気にも恵まれて、
撤収したら通り雨。
そしておっきな虹。
子どもたちの興奮冷めやらぬ。
いつも静かな我が家が、
大騒ぎで、

帰っちゃった後、ちょっと寂しかったりして。

でも、
しばらく、毎年の恒例行事になりそう、かな?

また、待っています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>