森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1674878
Today:130
Yesterday:333
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
ワサビ田のこと
どうも、わっちーです。ごくごくたまにしかブログに載せないわっちーのレアレアブログです。
今回はワサビ田についてのご報告を二つしておきます。
1.長良川おんぱくプログラム「清流吉田川の源流で、”ほぼ”天然のワサビ収穫と極上ワサビ丼」実施して
プログラムの催行詳細については既にサミーがブログアップしておりますので、そちらをご覧いただきたいですが、ワサビ田を使って、初めて本格的なイベントを行った感想を書かせていただきます。
まず、とにかくやって良かったー‼というのが、大きな感想です。
初めてのこと、極上のと銘打ったからには…ということもあり、サミーと練りに練り、念には念を入れて準備をし、実施しました。
おかげで、参加者の方々からは満足いただけ、ホッとすると共に今後も続けていきたいと思えました。まずは成功といってよい結果になりました。
今回参加された方々も良い方達ばかりで、今回限りでなく何らかの形で今後もつながっていきたいと思う方々でした。参加の皆さん、本当にご参加いただきありがとうございましたm(_ _)m
また、二日共、スタッフ参加してくれたジュリーにも感謝感謝です。
これからもワサビ田を舞台に色々な方に来てもらい、ワサビ田とその周りの環境も含めて楽しんでいただけるようなことを色々仕掛けていければと思っています。

2.ワサビ田の冬支度
少し報告が遅くなってしまいましたが、先日11/23にワサビ田の冬支度を行いました。
それは、今年の春に植えたわさび苗にネットを被せる作業。
今回は岐阜県立森林文化アカデミーの方々にもお手伝いをいただき、作業を行いました。
まずは落ち葉を取り除き、苗がはみ出ないようにネットを被せました。


 とりあえず、これで一安心。前回の冬も直ネット被せ戦法でカモシカやシカの食害攻撃から守れましたので、来年の苗の成長が楽しみです。
この日は、その守り切ったわさびの株を収穫しました。これまでより格段に立派な根茎が採れました。


来年もこんな大物が採れるように、来春から頑張りまッす‼

世代交代~源右衛門のおときのごはん
今年も無事に開催できました。
源右衛門のおときのごはん。

気が付けばおときのごはんを復活して
7年め。
みんな7つ歳をとる。

だんだん、
「もう、おくわ(やめておくわ)」
とベテランのおかあさんたちから、
言われてしまう。

新参者としては、
まだまだ教えてもらいたいことがたくさんあるけれど、
でも無理も言えない。

ちょっと寂しいなぁとは思うけれど、
これも時間の流れだから、
抗えない。

どんな事があっても
やるのがおときなんや。

これは、
私がはじめておときに参加したときに、
言われたこと。

ここでいう、「おとき(お斎)」というのは、
お葬式のあとに組の者たちが
参列者のためにふるまったお料理のこと。 

(厳密にはお寺でのお食事のことを
「お斎」というそうです)

本当のおときは、
誰が亡くなった時だろうが、
大雨だろうが、大雪だろうが、
どんな状況でもやってきたもの。

世代交代なんて、あったりまえのこと
なんだよな。

やるっきゃないんだよね。


今年は例年よりも予約数が少なめで、
ちょっとホッとしていたところもあったのだけれど、



いざフタを開けてみたら、
ご予約なしでお越しいただいたかたも、
大勢みえて。

嬉しい悲鳴でした。

賄には残らなかったものもあって、
ちょっと残念だけれど。

でもみなさまには美味しく味わっていただけたようで、
ありがたかったです。



ことしは、外国人留学生のみなさんも
お越しいただきました。
文化の違いなども楽しまれたようです。

サミーおすすめの特選素材(笑)は
栃尾産わらびの煮しめ。
春、源右衛門のすぐ横で
太くやわらかいものだけ厳選して摘んだわらび
この季節まで塩漬け保存しておきました。
煮付けてくれたおかあさんに、
「いいわらびや」
と褒められるほど。

ありがたいことに
膳のど真ん中に置いて頂きました。


やっぱり今年も、
しばらく煮しめはいいや。
洋食中心になります(笑)

☆過去のおときのごはんの記事はこちら → 🍚

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





紅葉はきれいだけれど…本音は。
わさび田のある山んなかは
紅葉まっただ中。
今年はゆっくりだね。



わさび田の守り神、

トチノキさまもすっかりお色直し。

見上げれば、
綺麗なんだけれど、
本当のところをいうと、

早く葉っぱが落ちてほしい!!

風情もへったくりもない(笑)

わさび田には、
遮光のためにハンノキなどの木が植えられているんだけれど、
落葉すると

こうなります。

この落ち葉が、
わさび田の水の流れを堰き止めてしまうので、
この時期はひたすら落ち葉かきに励みます。

これが面白いくらい、
ごっそり落ち葉が取れるのです。
そして、その落ち葉は堆肥として積んで置き、
畑の肥やしになります。

そう、我らの飯の種のたね。

ウホウホです。

でも、早く落ち葉が落ち切ってしまわないと、
やってもやってもエンドレス。

綺麗にした後から、上から落ち葉が落ちてくる。

今年は雪が早いというウワサもある。
冬の間、動物たちからわさびを守るために、
養生をしたい。

となると、
早く落葉してしまって、
落ち葉を全部書いてしまって、
ネットをかぶせたいので、

どうしても、早く落ちてくれないかなぁということになる。

もう一つ、
寒さとの戦い。
わさび田のあるところは、
なんと13時前には陽がしずむ!

ランチの準備をしているわっち―。
手前はもう、陽が当たらない。
この気温差は激しい。

寒さしのぎのために、
たき火。
熾火になったら、

焼き芋タイム。

おやつにホクホクに焼けた焼き芋。

これで体を中から温めて、
また落ち葉かきに勤しみます。


まだまだ落ち葉が落ちてくるけれど、
雪が降ったら絶対に食べられるので、
落ち葉かきをしたところから、


ネットを被せることにしました。

作業は16時までやることが多いのだけれど、
そのころには、足腰くたくたで冷え冷え。
わさび田から戻ってくると、下界はまだ一仕事できそうなくらい、
明るいのにびっくり。
でももうくたびれたので、
明宝温泉でゆっくりあったまって、
帰ります。


落ち葉かきは一年で一番大変な作業だけれど、
達成感はあるし、
綺麗になった水の流れを見ていると癒されるし、
はまる人は、はまる作業です。
興味のある方、一緒にやりませんか?
報酬はわさび1株でいかがでしょう?

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小さな感動
やる気をなくしていた、畑
いろいろ、忙しかったこともあって、
ずっと放置。


それでも、
玉ねぎを植えなくちゃ。
夏野菜も片付けなくちゃ。 
霜が降りる前には、
里芋を掘らなくちゃ。

重い腰を上げる。


一番奥から、白菜、大根、カブと、
今頃は間引きに忙しい頃なんだけれど、
草ぼうぼう(泣)

白菜に被せていたネットを外そうとしたら、

あれ、ジャガイモが芽を出している。
しかも綺麗。

そのまま、ネットを被せておいた。
霜が降りたら、枯れちゃうからね。

きっと、掘り残したイモから芽が出たんだね。
あわよくば、またジャガイモできるかな。
ちっこいのしか、つかないかな。

玉ねぎの畝をきれいにして、
里芋掘って、

ふと足元をみると、
シカに食べられた落花生の根元に、
ほんの少しだけ、
落花生の実がついている。



えっと思って、
落花生の残骸を引き抜いてみたら、
全部で、20個ほど実を収穫できた。

これで、繋いでいける!

落花生はもう4~5年、
種を繋いでいるのだ。
今年はシカに食べられてしまって、
諦めかけたのに、
ちゃんと実をつけてくれていた。

それが、とっても嬉しい♪


本日の収穫かご。
赤だつは茎も芋も収穫。
人参も小さめ。
忘れかけていた(笑)セロリも。

嫌になっていた畑だけれど、
ジャガイモといい、
落花生といい、
その、生命力の強さに、
励まされて、
また、来年も頑張ろうかなって気になった。

自分の手で、自分の食べるものをつくる。
それはずっと私が夢見てきたことで、
実際には、
上手くいくこともあれば、
上手くいかないこともある。

だけれども、
自然は裏切らないんだなぁと。
種があれば、
自然と芽が出て、
大きくなって実をつける。

当たり前のことなんだけれど、
時々、そういう当たり前のことが、
当たり前に起こる奇跡に、
感動する。

また、畑がんばろう。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


記念日に~助っ人現る

最近、
こんなうわさをよく耳にする

今年の冬は大雪になるぞ。

確かにカメムシも多いし、
朴の葉っぱも、
白いほうが上向いて落ちている。

テレビの天気予報よりも、
信憑性がある、
地元のじいちゃん、ばあちゃんの勘。


おんぱくが無事に終わって、
ホッとする間もなく、
わさび田の冬支度に取り掛かる。

今年は例年に比べて、
紅葉が遅くて、
まだまだ落ちてくる葉っぱは多いのだけれど、
今年頑張って植えた200株は、
何としても守りたい。

早目に落ち葉かきをして、
ネットをかけようと思っている。

そこでまた、
心強い助っ人さんたち。

森林文化アカデミーの原島先生の授業で、
学生さんたちがやってきてくれました。


先日のおんぱくのツアーについて
学生さんたちに話をしている
わっちー。

この時期は、
本当に猫の手も借りたいほど。
5人も学生さんが来てくださるのは、
ありがたい。


11月3日
この日は4回めの結婚記念日でした。
といっても、
何かお祝いするわけでもなく、
わさび田で必死に落ち葉かきに終わった
一日でしたが、


たまたま収穫したワサビが
とってもいいワサビだったので、


ワサビ丼にして頂きました。
ちょっとだけ、
美味しい日本酒も。


そう、おんぱくの時は、
私たちはワサビ丼が食べられなかったから。
(自分たちのワサビを収穫する余裕はなく、
 おかか飯にして食べていました)


やっぱ、美味い!


+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ワサビ田ツアーを終えて~長良川おんぱく

清流吉田川の源流で、ほぼ天然の
ワサビ収穫と極上ワサビ丼

2回めも無事、終了できました。

1回め実施した後に、
3回雨が降り、
若干川の水量が多くなりましたが、

全員無事に渡河。

それぞれ、
「これだ」というワサビを収穫していただきました。

選んだ株によって、
大きかったり、小さかったり、
いろいろありましたが、
それはそれで、
面白かったようです。

わっちーは内心、
ちゃっちいのしか採れなかったらどうしようと
不安だったようですが、
(試し収穫ができなかったので)
ワサビは思っていたよりも、
大きく育っていてくれて、
一安心したようです。

2回めのお客さまは、
とってもにぎやかだったのに、
食事が始まったとたん、



シーンとなってしまって、
サミーとしては、ちょっと不安だったのですが、

「あまりにも美味しいので
 夢中になって食べた」

とのこと。


これがほんとの、
「山んなか食堂」

 ☆極上わさび丼
   ・吉田川源流で収穫したばかりのほぼ天然わさび
   ・郡上市明宝栃尾産の低農薬米
   ・本枯れ節を削り器で削ったばかりの鰹節
   ・畑中商店の無添加の地たまり
 ☆具だくさん豚汁
   ・サミーの自家製味噌使用
   ・里芋のみ山んなか畑産
 ☆おとも
   ・葉わさびの醤油漬け
   ・わさび漬け
   ・きゃらぶき(わさび田のフキ使用)
   ・芋茎のきんぴら
  郡上割り箸で召し上がっていただきました。
  

昼からは、
木こりでもあり、
森林インストラクターでもある
わっち―のガイドで、
山んなかを散策。

湧水を汲んで、
山んなかでのティータイム。



寒さ対策で、
真ん中で火が焚けるように、
きっぱづけで(急遽)
ケヤキの丸太をベンチがわりにしたら、
とっても素敵なカフェになりました。
(自画自賛)

ただ、火を焚くほど寒くなくて、
それはそれでありがたかった。


湧水で淹れた自家製紅茶とおはぎ


2回とも、
参加されたお客様の満足度は高かったようで、
ちょっと涙がでそうになりました。

どんな企画を行うときもそうかもしれませんが、
野外で、しかもこのような山の中で、
企画をするというのは、
とってもリスクが伴うもの。
2人で入念に準備を重ね、
頭の中でシュミレーションし、
でも、何か起こるかも、と覚悟を決め、
当日に臨みました。

お客さん連れて行って、
わさびが全部盗まれていたり、
動物に食べられていたら、
どうしよう??

なーんてことも。

こうして無事に2回とも開催できたことに、
安堵するとともに、
天候に恵まれたこと、
ワサビが無事に育ってくれていたこと、
協力してくれる仲間がいること、
応援してくれる人たちがいること、

全てのことに心から感謝の気持ちが湧いてきます。

今回、この企画をやってみての
2人の感想は、
「楽しかった」のひとこと。
自分たちが楽しんでいる山んなかでの時間を、
提供できたことが嬉しいし、
ちょっとだけ、自信にもなりました。


まだまだ課題もありますが、
またより、ブラッシュアップして、
来年にのぞみたいと思います。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

ワサビ丼ツアー開催~長良川おんぱく
このブログでもご紹介しました、
長良川おんぱくの企画
清流吉田川の源流で、ほぼ天然の
ワサビ収穫と極上ワサビ丼

1回めが無事に終了しました。

申し込み開始早々、
ご予約がいっぱいになり、
本当にありがたい気持ちでいっぱいな反面、
みなさんのご期待に添えるのか、
不安でもあり、
落ち着かない1か月あまり。


参加者の皆さん、
ワサビとご対面。


各自で収穫したワサビをすりすり、
ワサビ丼で頂きます。

「極上」銘打ったからには、
できる限りの「極上」を目指しました。

その中身については、
2回めが終わってからご報告します。

この日、私たちが想定していた以上に、
気温が低く、
ご飯が炊き上がるまでに時間がかかってしまって、
参加者のみなさんには、
「おあずけ」状態…

外で調理をする場合、
気温や風などに影響も大きくて、
まだまだそれに臨機応変に対応できるスキルが
足りないなぁと反省。

それでも「極上」ワサビ丼は、
堪能いただけたようで、
1.5升(スタッフ含め11人分)のお釜のごはんは
あっという間に空っぽに。


思い思いにわさび田の時間を過ごされたあと、
わっちーの案内で、
森の中の散策。

最後は湧水で紅茶を入れて、
振り返り・・・

ところが、ケヤキの木の下に陣取った私たちを襲ったのは、

大量のケヤキの実!
(と少量の鳥の糞)

そう、鳥の群れがケヤキの実をついばみに来て、
大量に実を落としてくれたのです。

わざと??

私たちが場所を変えると、
鳥たちも去っていきましたが、

とっても面白いハプニングでした。



私たちにとっては、
はじめてのお客様。
至らない点も多々あったかと思いますが、
とても楽しかった、
美味しかったのお言葉を頂けて、
本当にうれしく思いました。

私たちも、
やりたかったことがこうして実現することができて、
少し自信がつきましたし、
ワサビ田、がんばっていこう!っという
エネルギーも頂きました。

さて、2回めも、もう間もなく。
お天気もよさそうだし、
また、楽しい山んなか時間をシェアできますように。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


畑、やる気力ガタ落ち。
雨が続きます。
基本、家にこもることが好きなサミーですが、
こんだけ、雨が続くのはたまりません。

8月下旬からずっと、
雨が多くて、
わさび田には行けてないし、
畑も構うことができてない。

案の定、畑は草まるけ。
おまけにゴーヤとかも倒れてしまって、
荒れ放題。

行く度にテンション下がる。
だから、余計に荒れてしまう。

はまった負のローテーション(泣)

それにね、
今年は虫が異様に多い(気がする)!
今までは蚊取り線香なんて、
炊かなくても作業できたのに、
今年は腰からぶら下げるやつ、
買ってしまった。

サミーの血を吸うやつだけならまだしも、
(あまりよくないけど)
育てている野菜を食い尽くす奴も多い。

久し振りに行った畑で、
驚愕。
白菜が虫に食われ過ぎて全滅・・・

とほほ。

これは、
気温とか、雨だけのせいじゃない。
たぶん、未熟な生ごみたい肥のせいもある。

あーあ、今年は漬物仕込みも断念かな。

今、
やる気ガタ落ち。

っていうかそもそも、雨で畑に行けないし。

まぁいいじゃん、
近くに道の駅で、
先輩たちが作ったきれいな野菜が
お値打ちに手に入るんだし。
無理に畑、頑張らんでも・・・


移住当初に、
自給自足に憧れて、
畑を始めた時の思いよ、どこへいった?

出すタイミングを忘れていた、
大根のひね漬けをポリポリ食べながら、
ひねくれてみる。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


二間手白山神社の祭礼アルバム
雨続きだった9月。
祭礼の日もお天気が心配だったけれど、
不思議と晴れて、
暑いくらい。
















今年デビューした
1年生、2年生の頑張りに、
ココロ打たれる祭礼でした。



おまけ

今年の祭り弁当。
天むす、頑張ってみた。
唐揚げも上手にできました。

ただ、時間が間に合わなかったわ(笑)


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
竹の盛籠
先日作った背負子かご。
出来上がったかげには、
沢山の失敗ヒゴが・・・


なので、
小休止にこんなのも。


縁をつけなくていいので、
1時間もあれば編める・・・はずなのですが、
教室で上の2個を教えてもらい、
下の小さいのをおうちで復習したのですが、

編み方・・・忘れる(汗)

見本のヒゴをたどりたどり、
ようやく出来上がる。

ほんと、物覚えが悪い。


出来上がってみると、
なんだか、竹の繊細さがいい感じで、
嬉しい。

今日も雨模様。
わさび田にも畑にも行けず、
頂いた栗で栗金団を作る一日。



中津川の某有名店にも
勝るとも劣らない味(当社比)

赤いもみじの葉っぱとか敷いたら、
絵になるけど、
ラップの座布団じゃあねぇ。

栗ごはんに、
栗きんとん。
今年は、もう栗はお腹いっぱい。
指が痛くてかなわんわ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>