森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1610955
Today:378
Yesterday:386
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
同窓会
お盆ですね。
この時期はきっと郡上の人口が増えているに違いない。

道を走っていると、
家族で庭でバーベキューをやっていたり、
きっと、同窓会も多いんだろうなぁ。

先日明宝の道の駅であった夏祭り。
今年初めての試みで、
わっちーと一緒に行ったんだけれど、

「明宝に若者、こんなにいたっけ???」

ってくらい沢山の人たちが集まっていて、
にいわしかった。

逆に、
自分たちのような移住組は、
それぞれの故郷に帰っているのか、
出くわすこともなく、
なんだか、それはそれで知っている人が少なくて、
ちょっと寂しかったりする。


確かに、毎年この時期は、
実家に帰ったりするんだけれど、
今年は7月末に里帰りを済ませたばかりで、
明宝でお盆を過ごすことに。

そうしたら、
サミーの高校時代の友人たちが、
家族総出で遊びに来てくれることになった。

わーい。

全部で5家族。
大人子ども合わせて18人。
こりゃ、にいわしくなるぞ。

近くの川原でBBQと川遊び。

子どもたちのキラキラとした笑顔に、
それを見守る母となった友人たちの笑顔が、
とっても嬉しくて。

明宝の美味しいもんもいっぱい食べてもらって。

幸せだなぁ。

ダンナさんたちが、
子どもたちの遊び相手をし、
BBQの焼き係をし、

私たちもすごくすごく久し振りに、
ゆっくり話すことができたし、
めちゃめちゃ、楽しかった。

高校時代には考えてもいなかった今の現状に、
友人たちにも驚かれたし、
自分自身も驚いているけれど、
なんとなく、これでよかったよなぁと思う。

お天気にも恵まれて、
撤収したら通り雨。
そしておっきな虹。
子どもたちの興奮冷めやらぬ。
いつも静かな我が家が、
大騒ぎで、

帰っちゃった後、ちょっと寂しかったりして。

でも、
しばらく、毎年の恒例行事になりそう、かな?

また、待っています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





長良杉でつくる鰹節削り器
不思議なご縁があって(笑)、
念願だった『長良杉でつくる鰹節削り器」の
ワークショップに参加することができました。

講師は
岐阜木材団地で木工教室をされている、
のぶちゃん先生。

とってもクールで、
丁寧な指導。
でも、すごく熱い情熱を持っている方と
お見受けしました。

木工やDIYはこれまで、
グリーンウッドワークで木のスプーンをつくったり、
旋盤でお椀をつくったり

最近ではみつばちの巣箱をつくったり

少しずつチャレンジはしているものの、
苦手意識が強い。

今回も
のこぎりで材を「垂直に」切るという、
一番重要で、一番難しい作業に苦戦。

これができなかったがために、
あとで大変な思いを(スタッフの方が)することに。

それでも、
1日、木と向き合って、夢中になって作る時間というのは、
とてもとても幸せなひととき。
そして
完成!



引き出しがきちんと収まらないという、
正規品ではありえない仕上がりですが、
それはそれで愛おしいやつです。

帰りに、紹介してもらった鰹節をゲットし、
これで念願の鰹節ライフが・・・むふふ。

当日のワークショップの様子は
のぶちゃん先生のブログでご覧いただけます。


のぶちゃん先生、
ワークショップでご一緒したみなさま、
ありがとうございました。



にしても、のこぎりをちゃんと、
真っすぐひけるようになりたいものです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
保存食づくりにいそがしい
ここ明宝でも、
暑い、暑い、暑い、と連呼しております。
年々暑さが増しているのか、
年々自分が暑さに弱くなっているのか…

あまりに暑いので、
畑に足が向かず…

そうしたら、
やっぱり、

やっぱりでーんとズッキーニ。
茎の下でこっそり成っていたのに気が付かず。
また、やってしまった。

今はトマトがピーク。
なすとゴーヤは1本ずつ。
オクラ、モロヘイヤに枝豆は味見。

そして紫蘇も摘んで…


暑いので、
畑仕事は陽が当たり始める前1時間のみ。
そのあとはひたすら、採れたものの加工。

トマトは食べきれない分をホールトマトに。
ズッキーニはカレー味のピクルスを試してみようか。

その合間、合間に
野菜たちを1個ずつ洗って、湯がいて…

たくさん採れた恵みを無駄にしないように、
一生懸命。

大変なんだけれど、
これらで何をつくろうかと考えるのは、
楽しいし、
作っている時間は至福のとき。

テーブルの上にはいつの間にか、
ビンがいっぱい。



出来立てシソジュースで
ひと休み。

綺麗な色やなぁ。



みなさまも、
暑さに負けず、
夏を楽しんでくださいね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

水分を忘れた日には。
畑しごとは、
朝早いうちにやるに限ります。

朝、早く出過ぎて、

しまった、お茶忘れた!


普通なら、家に取りに帰るのかもしれない。
熱中症になるとこわいし。

でも、のど乾いたら、
トマトをかじればいい。
キュウリをかじればいい。


今日は、こんなに採れました。
どでかキュウリは圧巻の30㎝オーバー。

こんなキュウリは、塩イカと酢の物にすべし(笑)


梅の土用干しをしていたら、

カマキリ君が味見に来た・・・

と思ったら、カゴの脇にいた小さな虫を捕まえて、
食べていました。

写真ではぴんぼけになっちゃったけれど、
梅干しのピンクと
カマキリのグリーンがなんともきれいでした。


さて、一仕事終えた後は、
冷たい梅サワーをいっぱい。

自分で言うのもなんだけれど、最高です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



移住記念日
8月1日に、
わっち―5年目、
サミー7年目に突入しました。

そう、明宝移住記念日です。
(年はずれているけど、偶然同じ日なのです)

かといって、
特別なことはなんもしませんが。

いつものように、
お仕事して、
畑で採れた恵みでご飯を作って、

相変わらずの暮らし。

でも、
それが一番、幸せで、
ありがたいことだと思うのです。

そう、このブログを初めて丸6年。
当初からお読みくださっている方々、
本当にありがとうございます。
アクセスカウンタの数字が、
とても励みになっています。

あぁ、またこの話題か、とか、
全然成長しとらんじゃないか、とか、

いろいろご感想があるかと思いますが、
今後とも、のぞいて頂ければ、
とっても、とっても嬉しいです。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




みつばちがやってきました
曇りの日は草取り日和(笑)

ずっとかがんでいるとえらいので、
腰を伸ばそうと、立ち上がって、
大きく育った夏野菜たちをみる。

ふと、みると、

このかわいいお尻は、


みつばちさんですか。

よくみると、
足に花粉団子をつけています。
(上の写真)

キュウリやゴーヤ、
自生えのヘクソカズラの花の
花粉を集めているみたいでした。

みつばちさん、生きていたんだね。
よかった。
どうも山の方にいるみたいですね。
春に半田で見てきたみつばちさんたちよりも、
一回り?二回りくらい大きい。
ちょっと迫力ある。

みつばちさんに受粉を手伝ってもらったから、
おいしいんだろうか、キュウリ。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
山んなか食堂 開店。
その時手に入る野菜たちを使ってつくる、

名付けて
「一期一会定食」

お品書きは…
・メークインのコロッケ ししとうの素揚げ
・ナスの煮物 インゲン塩ゆで
・玉ねぎの梅甘酢漬け
・ズッキーニのソテー
・ゴーヤのナムル
・トマトとキュウリ(自家製豆味噌付)
・ごはんのお供
 (Qちゃん漬け、糠漬け、カリカリ梅、ちりめん山椒)
・お好みで玄米/白米
・冷や汁

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



山んなかで思う。
ほぼ、ひと月ぶりのわさび田。
こんなんでいいのか。

ずっと、雨続きで、
水位が高く、渡れなかったりする。
もちろん、わさび田のことは気にかかるけれど。

吉田川上流の川の水位は、
思ったほど高くはなかった。
大雨で底が流されて、
すごく透明感が増して、キラキラしてた。

高くはないけれど、
深くはなっていて、
長靴で渡るにはちょっと厳しい感じ。
また、渡りやすいように、石を転がしておくかな。

わさび田の守り神
トチノキさまは、ちゃんと見守っていてくれたようで、
わさび田は特に問題なく。
すくすくと大きく葉を広げていた。

トチノキさまの足元には、
未熟なトチノミがいっぱい落ちていた。
今年は、実は大丈夫だろうか。

全国各地で、クマが人間を襲うニュースが飛び交っているけれど、
もし今年の秋、実が不作だと、
それこそ、里に下りてくるクマは相当数になるだろう。

というのも、
昨年の秋、木の実の生り年で、
栄養満点だったの動物たちは、たくさん子どもを産んでいるらしい。
そう、動物たちの絶対数が多くて、
山の食べ物が少なければ、

里に下りてくる。

これは、サミーの予測でしかないのだけれど。
当たるか、当たらないか、
秋になってみたらわかる。

山に入る前は、
必ず、クマ鈴をめいっぱい鳴らす。
今から入りますよって動物たちへの合図。
だって、出会いたくないもの。

人間を一度でも襲ったクマは、
人間を襲うようになってしまう。
そうなると、撃つしかない。
クマ鈴を鳴らすのは、クマたちを守るためでもある。


なんてことをつらつら考えながら、
落ち葉堆肥を土嚢袋につめていたら、

「ぎゃーーーーーっ」


とりあえず、わっち―を呼ぶ。
そこにいたものは、

ヘビ。

「柄がないから、たぶんアオダイショウだね。
まだ小さい」

とまぁ、いつでも落ち着いていること。

毒ヘビではない、ということがわかり、
とびかかってくるということもない、とわかったら、
観察。
よく見ると、とても可愛らしい顔なんだねぇ。
(写真は嫌いな人がいるので載せません)

むこうも、かわいい舌をペロペロペロってだして、
威嚇してくる。
でもおとなしい。
じっとこちらの様子をうかがっている。


そしてしばらくしたら、シュルシュルシュルって、
行ってしまいました。

よくもまぁ、自分のからだが絡まないこと。
このなまめかしい動きが、
嫌いな人は嫌いなんだなぁと。

こちらも、出会いたくないといえば、
出会いたくないけれど。
鈴は効かないね。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
味よしの、瓜♪
今年もやってきました。
キュウリまつり(笑)

郡上のあちこちで、
「うり(キュウリ)いらんか?」
という会話が聞こえる季節。

おなじみの

キュウリのQちゃん漬けに

郡上では定番。

キュウリの酢もみ
イカが少なかったわ。

ウリ仲間のゴーヤも含めると、
食卓は

うりうり。

こんなウリも

でかいズッキーニをボート型にくりぬいて、
ツナ味噌をのっけて
チーズのっけて、
焼いてみた。

さぁ、召され、そ~らーえ~♪

(※只今我が家は真田丸に夢中です。)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
 



みつばちと草刈り。

4月にみつばちの巣箱を置いたところが、
あまりにも草がすごくなってきた。
わっちーに使い方を教えてもらって、
はじめて刈り払い機での草刈り。

はじめはおぼつかなくて、こわごわ。
でも慣れてくると、夢中。

ふと振り返ると、
なぜか、1か所刈り残し。
なんでやろ

******

設置した巣箱には、
結局みつばちは入居しませんでした。

夏分蜂の可能性もあると聞きますが、
今年は巣箱を撤去することにしました。




みつばちが飛んでない。

自分なりに周囲の環境を考えてみる。


やっぱりみつばちの蜜源となる、
花が少ないせいなのかなぁ。

除草剤のせいなのかなぁ。

草が生える時期になると、
周囲では薬を撒く姿をよくみかける。

みつばちの減少の一因として、
除草剤に使われている、
ネオニコチノイド系の農薬が知られている。
みつばちの
神経系統がやられてしまって、
巣箱に戻れなくなるそうなのだ。
(蜜が運べなくなってしまう)

かといって、
除草剤を使わないでください、
とは言えない。

暑い時期の草刈りの労力といったら、
半端ない。
その労力を減らしてくれる除草剤。
それの恩恵はものすごく大きい。

でも除草剤の悪影響も怖い。

だから、自分は除草剤を使うことを反対するのではなくて、
少しでも自分が草刈りの担い手になって、
除草剤を使う機会を減らすことができたら、
いいのかな、と思って、
刈り払い機の使い方を教えてもらおうと思った。

担い手になるには、まだまだだけれど。
でも、口だけで伝えるのではなく、
ちゃんと、行動しながら自分の思いを伝えていきたいなと思って。

******

途中で燃料がなくなって、
一回刈り払い機を下ろしたら、
右手がめちゃめちゃ痛かった。
ずっと夢中でやっていたから気が付かなかったけれど、
すごい、力が入ってたんだなぁ。

「あとはやるよ」
とわっちー。
さすがプロ。
綺麗に刈っていく。
やっぱ違うよなぁ、と心の中で尊敬。


+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>