森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1556159
Today:378
Yesterday:491
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
わらび摘み
わらび摘みって、
なんでこんなにわくわくするんだろう。
山にカモフラージュで生えているから、
みーつけた感もあるし。

一回通った場所でも、
逆から帰ってくると、また見つけることもあるし。



今年は栃尾で採れたわらびを
秋のおときごはんに使おうと思って、
雨が降るたびに摘んでいる。

今年はしっかり太くて、
やわらかいわらびがたーんと摘めた。

不思議なんだけれど、
摘んだ日の夜は、
ぜったい、夢の中でもわらび摘みをしている(笑)

今週末の栃尾里人塾は、
ちょうど雨上がり。
まだ、たぶんわらび摘めるだろうな。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
山葵田にも新緑の季節がやってきました

山葵田を見守るトチノキさま。
この1週間で葉を大きく広げ、
山んなかは光と影のコントラストがくっきり。

このゴールデンウィークにまとめて、
山葵の植え付けをしようと、
U字溝にたまった砂利をかき、
作土をかき、という作業を進めてきました。

山葵人(わさびんちゅ)さんのおかげもあって、
ここまで順調、順調。


カエルくんも
様子をみにきました。
(どこにいるか分かりますか?)

今年のGWは、
ヨモギや、ワラビなど摘み草で忙しく、
さらに植樹祭の準備や、
畑の準備で、
カラダがくたくた。

あまりの気持ちよさに、
お昼ご飯のあとは、
しっかりお昼寝。



だってこんなに気持ちが良いのだもの。

その間に、
わっち―と山葵人さん、
山葵の植え付けに。



昨年、伊豆の山葵田をいろいろ見学してきて、
意外と狭い感覚で植えていたので、それをまねて、
30㎝感覚で植えました。(わっち―が)

サミーが植えると、感覚が広くなってしまう。

90本くらいの苗を植えることができました。
成長が楽しみ♪

山葵田からの帰り道。



こんな葉っぱを見て、
ギザギザのポテトチップスみたいだと
思ったのだけれど、
そのポテトチップスの名前が、
どうしても思い出せず、
2人で悶々としています。

誰か、ご存じの方、いらっしゃいますか?

翌日、
バローでギザギザのポテトチップスを
探しにいったのですが、
自分が思っていたものが売っていなくて、
バローブランドのポテトチップスを、
買ってしまったサミー。

今度の山葵田のおやつにしましょ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
記念植樹
応援隊の時から事務局として関わっている、
明宝山里研究会が
毎年、5月4日のみどりの日に、
植樹祭を開催している。

今年の植樹地は栃尾。
3年前に皆伐したところ。

毎年、たくさんの方が参加してくださるのだけれど、
今年は、ご近所の79歳の方が参加してくださった。

「今年80歳になるから、
記念に植樹したいなぁと思って」

スキーのストックを杖がわりに、
山をゆっくりと登っていく。
足腰、しっかりしてる。

下からでもよく見える位置に、
サクラの木を一本、
丁寧に植えてくださった。


そういえば…
サミーももうすぐ、
40歳になる。
これは、記念に植えなければ…

毎年植樹祭には参加しているけれど、
カメラを持って回っていることもあり、
植樹はほとんどしたことがない(笑)

皆さんが、植樹をほぼ終えられたところで、
余っていたコナラの木を植えることにした。

しかし、
ハッと気づく。

ここ、ネットの外側じゃん(笑)
このままだと、シカのえさだ。

と、慌ててネットで養生。



記念植樹で、
食べられちゃったり、
枯れちゃったりしたら、
ちょっとショックだよねぇ…

80歳になるころには、
どんぐりをいっぱいならす大木になっているかなぁ。

それとも、
20年後に薪として使っているか(笑)

それはそれで、またよし。

「ま、そのころ生きているかどうかは、
分かんないぞ」

と憎まれ口を叩かれる。

思いがけず、
山を育てる楽しみがふくらみました。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
「はち」がやってきました。
ミツバチの巣箱を作って、
設置してからそろそろ1か月。

「はち」がやってきました。

「はち」は「はち」でも、


あしながばちです。
我が家の玄関の前が
お気に召したようで、
昨日から、もともとあった巣を物色しています。

よほどお気に召したようで、
夜はこの巣を抱えるようして休んでいました。

あしながばち。
いろいろ調べていると、
今の時期は巣作りの時期で、
この子はどうも女王蜂のようです。
今は穏やかな気質らしいのですが、
繁殖してどんどん、巣も大きくなって、
8月ごろはとっても気性が荒くなるとのこと。

スズメバチほどではないにしろ、
刺されるとアナフィラキシーショックが出ることもあるとか。

うーん。
危険。

今のうちに、
お留守の間に巣を駆除しよう。
(わっち―のしごと)

でも、そうして様子を見てみると、
ほんと大事そうに巣を抱えているんだよねぇ。

観察していると、情がわいてしまう。

ごめんよう。
もうちょっと、いい物件見つけてね。

わっち―曰く、
「みつばち用の巣箱、提供したら?」

家賃、高いよ(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

よもぎ摘み
今年は、
草たちの出が早いなぁ。

もう、よもぎも摘み頃。



うちの前の土手で、
腰かごをぶら下げて、
よもぎ摘み。

ものの15分ほどでかごいっぱいに。

去年は摘むタイミングを逸して、
気が付けば、アブラムシがついてしまっていた。

今年はまだまだ、大丈夫。

毎年よもぎを摘む量が少なくて、
年末の餅つきの時、
全然色がつかなくて、
なんとなく草餅、しかできなかったから。

今年は、何とか胸張って「草餅」って言える
餅を作りたい!

摘んできたよもぎは、
虫チェックをし、洗って、
あく抜きをする。


部屋中に広がるよもぎの香り。
届かないのが残念ね。

こうして、あく抜きをして、
年末まで冷凍保存。
昔は干して、保存してたんかなぁ。

自然の恵みにも、
文明の利器にも感謝。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ミツバチがやってきた?!

トウたちした白菜にやってきたのは、
もしや・・・

ミツバチか?



残念。
アブでした。

この手のフェイントによく引っかかります。

とほほ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
タンポポでキムチづくり

なんとなく、字が多くて読む気にならない、
この手の雑誌。
タイトルに惹かれて(笑)買ってみることに。

そうしたら、
挿し芽、わき芽のことだけじゃなくて、
みつばちのこととか、
玉ねぎの保存のこととか、
結構、今欲しい情報がいっぱい。

その中でも、
タンポポでキムチを作るレシピが載っていたので、

早速、

畑でタンポポをたーんと刈り、


キムチにしてみました。
日がたつごとに味がなじんで、
美味しくなっています。

キムチ味なので、
タンポポの葉とか花とかの味が、
どうなのかよくわかりませんが。

ご飯が進む味です。
豚キムチにしてもいいかも。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



つくしづくし
夕方、ちらりと畑をのぞいたら、
畑のあちこちにつくしが出ていた。

あちらにも、こちらにも、
まだ先がはじけていない、
今食べごろです!っていうつくしが。

ふと、畑の周りにも目をやると、
それはそれは、つくし取り放題状態。

こうなってくると、夢中になって採ってしまう。


気が付いたら、
もう片手で持ちきれないほど。

私が源右衛門に住んでいたころは、
スギナはたくさん生えてくるのに、
つくしが少ないことが不思議だった。

つくしの当たり年とかってあるのか??
それとも、また他の要因?

つくしはあまりこちらの人たちは食べないようだ。
どんなに生えていても、採っている人を見かけない。
道端で採っているのを見かけるのはたいてい、
よそから来た人だ。

袴をとるのがめんどくさいし、
つくしよりも美味しいものがいっぱいあるし。

都会で子ども時代を過ごした自分にとって、
自分で採ったものが食べられたのがつくしぐらい。
私も幼い頃、つくしを採って、
お母さんに卵とじを作ってもらった覚えがある。

味は覚えていないけれど、
弟とつくしを摘んでものすごく楽しくて、
それが食卓に並んで食べた、という思い出があって、
なんとなく自分にとっては、
つくしが特別なものになっているのかもしれない。

そんな遥か昔のことを思い出しながら、
つくしを摘み、袴をとる。

つくしといえば、やっぱり卵とじか、
と思ったけれど、あいにく卵を切らしていたので、


キャベツと炒めてみたり、


エノキとくたくたに煮付けてみた。

うーん、
つくしってこんな味だったかなぁ。
アクを抜きすぎた??

というわけで、
翌日リベンジ。


卵とじ。

大人になったら、
あんまり苦く感じないのかなぁ。

つくし料理。
まだまだ研究が足りないようです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






サクラの巨木に会いに行く

今年は春の訪れがすこし早くて、
4月10日には栃尾のサクラが満開になりました。


栃尾周辺の森には3つの巨木があります。

カツラ、カシ、サクラ。
そのうち、サミーはサクラの樹には、
まだ会いに行ったことがありません。

どうせ会いに行くのなら、
花が咲いているときがいい。

そこで、
代表の憲ちゃんと、
里人のかわちゃんを(半ば強引に?)誘って、
サクラの巨木に会いに行ってきました。

針葉樹の陰と広葉樹の日向を
交互に歩いていきます。
道はもちろんついていません。
自分で歩きやすいところを選んでいきます。
そして、かなりの急斜面。
年に1回しか活躍しないスパイク足袋が
大活躍しました。



そして出会った、
サクラの巨木。

来て分かりました。

巨木ということはもちろん
樹高も高いわけで、
桜の花が咲く位置ももちろん高くて、
足元ではお花見がしにくい、ということが(笑)



そして老木だからなのでしょうか?
花のつき方もまばら。
ソメイヨシノのような華やかさはありません。

素朴に、素朴に咲いていました。


サクラの巨木から、
今まさに花盛りの
大三戸山の花見ができました。

帰り道、
こんなお宝も発見。


カタクリです。
あちこちに芽が出ていました。

秋のうちに落ち葉をかいて置くと、
春になった時に芽が出やすいといいます。
落ち葉は畑にいれればいいし、
一石二鳥。

10月の里人塾でやろうか、という話にもなりました。


喉が渇いたときに見つけたもの、


イタドリ。
一番背の高い憲ちゃんが、
採ってくれました。
皮をむいてかじると
みずみずしくて、
ちょっとすっぱくて、
疲れがとれる。

「なつかしなぁ」
と憲ちゃんとかわちゃん。

正味1時間くらいの、
山のお散歩。

とっても楽しかったです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

いよいよ、巣箱設置
捕獲箱も、継ぎ足す重箱も完成して、
後は設置するばかり。

ではありません。

我が家は自分たちの土地を持っているわけではないので、
巣箱を置く場所の周囲の方たちに、
きちんと許可を頂く必要がありました。

タケさんのワークショップや、
みつばち関係の本やホームページを見て、
自分なりにここがいいかなと思ったのは、
山んなか畑の隣の耕作放棄地。

つまり栃尾の住人たちに許可を頂かなくてはならないのですが、
ありがたいことに誰一人として反対することはなく、
「やってみればいい」と背中を押してくれました。

師匠、桂一まも
「昔やってみようと思ったことはあったよ」と。

明宝でも昔から、みつばちを飼育していた人はいたようです。
山のどっかにアカシア(みつばちの蜜源になる)もあるらしいです。

決して、飼えないことはない。

問題は、巣箱に入ってもらえるかどうか。
もしくは、どこか蜂球しているのを見つけて、
捕獲しにいくか。


タケさんに分けてもらった、
蜜蝋の搾りかすを塗り、
蜜蝋をたらします。

みつばちは、古民家好き。
作ってから、この日までちゃんと野ざらしにして、
ピカピカ感は抜けました。

巣箱の準備をしていたら、
井普請(いぶしん)を終えた栃尾の人たちや、
里人さん(里人塾に参加してくれている人たち)が集まってきてくれて、
組み立てるのを手伝ってくれたり、
知り合いの養蜂家さんのことを教えてくれたり、
とってもありがたかったです。

みつばちにはどうも、
人を引き寄せる力があるようです。


こんな感じで設置。
東向きに1つ。南向きに1つ設置しました。

巣箱の真ん中についているのは、
分蜂誘引剤。
女王蜂の出すフェロモンと同じ香りがする
キンリョウヘンという蘭を本当は使うんだけれど、
開花の時期と捕獲の時期が合わなかったり、
キンリョウヘンそのものが高価だったりするので、
今はこういう便利なものが売られています。
(これも結構高いのだけれど)

ちょうど栃尾では桜が満開。
そんな花につられて、みつばちたちがこの巣箱を見つけてくれないかしら?

桂一まに話をしたとき、
「花が少ないからなぁ…」と。
確かに。

でも、こんなイベントもあって、
花が咲く木もたくさん植えるので、
将来的にはみつばちがたくさんいる里になるといいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>