森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1758784
Today:423
Yesterday:325
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
ようやく芋を植える
今年は4月の前半は雨続き。
いつもであればジャガイモとサトイモを植える時期なんだけれど…

桂一まに相談。
「こんな雨続きの日はいかん。
 土が乾いとるときに植えればええ。
 4月いっぱい大丈夫。」

困ったときにすぐ相談ができる、
頼りになる古老がすぐ近くにおいでるのは
とてもありがたい。

とはいっても
晴れていても、その日に畑しごとができるとは限らない。
畑しごとを予定していた日に雨のことも多々あり。

半農半Xの暮らしは、
かっこいいかもしれないけれど、
実はかなり融通が効かない(泣)

その日も、
本当は次の日に予定していたのだけれど雨の予報。
もう、今日やるしかない。

じゃがいもの種イモは半分に割って、
割れ目に灰をつける。
病気予防。

これも桂一まに教わる。
ついでに灰も分けてもらう。
さらに、余ったエンドウ豆の苗も分けてもらう(笑)

頂いてばかりだ。



今年もマルチは使わず。
落ち葉と草のマルチでなんとかしのぐつもりだけれど。
できるだけ深い穴を掘って、
丁寧に植える。
もうこの時点で、ちょっと手が痛い…

去年からメークインにはまっていて、
今年種イモを買いにいったら、
「北海こがね」という人気の品種をすすめられた。
男爵系でいう、キタアカリって感じ。
ちょっと甘味があって美味しいのだそうだ。

奇しくも、ジャガイモ不足でポテトチップスも生産中止とか…
こりゃ、たーんとつくらな。

次、サトイモ。
いつもたつ漬けをつくる赤だつをたくさん作るのだけれど、
去年の秋忙しすぎて、たつの皮むきがあまりに辛かったので、
今年はその分円空を多めに。
秋まで世話いらずなので、いつもよりたくさん作ることにした。
収穫が大変かなぁ。

で、サトイモも深い穴を掘るのだけれど、
掘ると、土の中から、
カン、カンと音がする。
岩にあたって、それ以上掘り進まないのだ。


そこまで、深く掘る必要はないんだけれど、
こんな岩が入っていたら、芋も育たないから、
何とか、テコの原理でほじくり出す。

漬物石くらいの大きさのが出てくる。

それが、サトイモ11個植えようと穴を掘ったうち、
10個の穴に岩があった…

6個めでもう心折れてしまった。

わっちーに「助けてメール」を送ったけれど…いるのはわさび田。

そこに現れた救世主。
現在の源右衛門の管理人のお兄さんに、
助けを求めたら、

なんと自ら、トンガとスコップをもってあっという間に
岩を掘り出してくれた。

何ともありがたや。

おかげで、
地中深く、深くにサトイモが植わり、
果たして地上に出てこれるのか
いささか、心配ではあるものの
無事に定植を終えたのでした。

畑からおうちに戻る道の途中で、
畑に向かう、わっち―とすれ違う…

ちょっとワンテンポ、遅いのよね。

この時ちょうど、


栃尾で一番早く咲くサクラの木が、
咲きはじめました。
例年より2週間ほど、遅いような気がします。
でも、忘れずに春がやってきました。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




暮らしに使うものを手作りする~ほうき
ずっとブログに上げようと思っていて、
お蔵入りになっていたのですが…

今年の1月に土岐で行われた、
ススキを刈ってほうきを作るワークショップに参加しました。

(土岐は遠かった…下道で行ったから。しかも2回。)



1回めはススキ刈り。
これがほうきになると思うと、
ただの道端の草が、お宝に見えてくるから不思議です。

刈ったススキは束ねて、
2週間ほど乾かしておきます。

そして2回め。

穂先の長さに合わせて、
3つに分けて、ほうきに仕立てていきます。



3つの束を止める材は竹で。
(竹細工の端材が活かせるなぁ…)



自分でやったというよりは、
講師の方に(ほとんど)やってもらった感じですが、
自分で刈ったすすきで作ったほうきは
やはり愛着がわきます。

もちろん明宝にも枯れすすきはいっぱいあるし、
自分でもまた、作ってみたいと思っています。

でも、このほうき、
大雑把な私は、
穂先に穂(綿毛)がついたままで作業を始めたので、
作業中、穂が散らかって大変。
綺麗にするほうき、というよりは、
穂をまき散らすほうき、になってしまいました。

で、その時に、
ちりとりも手作りできるじゃん!
とひらめき、竹細工でちりとり作りとなったのです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






暮らしで使うものを手作りする~ちりとり
六ツ目の背負子かごを完成してから、
しばらく大きいものはお休みして、
小物づくりに励もうと思っています。

で、完成したのは、


ちりとりです。

これはヒゴの長さが40㎝。
節がないのでとっても割るのは楽。

でも、へぎが難しかった。
「練りへぎ」といって、
20㎜の厚さのヒゴを4枚に割れ目を入れておいて、
ヒゴをくねくねと「練る」と、
ピラーっとへげるのである。

見本で見せてくれるのは、簡単そう!って思うけれど、
実際やるとなると、とっても難しくて…

4枚に、へぐはずが、3枚にしか、へげなかったり。

結果、厚みのあるヒゴができてしまい…
編むときに苦労するのである。

でも、
実はこれ、これで完成じゃないのです。
そう、このままではせっかく集めた埃が、
四ツ目の隙間から落ちてしまうし。


和紙を貼って、
去年の秋につくった柿渋を塗って、
一閑張りのちりとりにしようと思っています。

なので、
多少粗があっても、
「紙を貼るからいいや」と妥協。
ねっからの大雑把な性格が顔をだす。


暮らしで使うものを手作りする。
なんかそれだけで、暮らしがちょっと豊かになる気がします。
(気がするだけかもしれませんが(笑))
出来上がるのも楽しみですが、
使うたびに楽しいと、
大嫌いな掃除がちょっとは好きになるかも…

(埃じゃ死なない、がモットー。
 掃除は一番後回し)


実はこれとセットで使うものも
手作りしているのです。

続く…

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

331(サミー)の日に
今日は3月31日です。
さみいの日です(笑)

5年前の今日、入籍をしました。
5周年です。

相変わらず、2人で元気にやっています。

相変わらず…です。




最近、思うことがあります。

形のない、目に見えないものに、
揺さぶられないようにしようと。

私たちはいろいろな意味で、
「普通」ではない生き方をしています。

私たちはこれが自分たちらしい生き方と思っていて、
100%ではないけれど、実際にそういう生き方ができていて、
それが幸せなことだと思っている。

みんなに理解してもらおうとは
思っていないのだけれど、

それを、
面と向かって、
うらやましがられたり、
そんなことではいかん、と説教されたり。 

こういうところが、
ザ・田舎って感じる面。
田舎だけじゃないかもしれないけれど。

でも、幸せの価値観というのは、
人それぞれであって、
人がとやかく言うことではない。

それに実は、言われてなくても、
なんとなく世間のその他大勢の価値観に
揺さぶられてる感じもある。

そういうのに左右されずに、
その人がその人らしく、
誰にも邪魔されずに自分の人生を謳歌できたらいいと、
そんな世の中になるといいなぁと、
最近つくづく思うのです。

どんな人生でもいい。
本人が納得する人生であれば。

歯車がしっかり噛み合って、
何事もスムーズに流れていくこともあれば、

どんなに頑張ったって、
思い通りにならないこともある。

その人、その人の中に、
いろんな思いを抱えつつ、
自分の人生を歩んでいる。

他人がとやかく言うべきことではない。

他人がするべきことは、
精一杯の生き方を尊重すること。

誰が何と言おうと、
自分は幸せな人生を謳歌しようと
思うのです。





昨日でスキー場の勤務を終えたわっちーが、
作ってくれた
アニバーサリーディナー。
めっちゃ、時間かけて作ってくれました。
とっても美味しかったです。
ありがたかった。
あぁ、幸せ。

ワイン飲み過ぎて、
酔っぱらっています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

畑しごと始動~今年の目標は?

ぬくとくなってきたので、
(暖かくなってきたので)
畑しごとを始めることにしました。

まだ、早い?

いや、早めにはじめても、
結局遅れを取るので、
時間のある時に早めにコツコツとやろうと。

晴れの日の日中は、
家の中にいるよりも、
外にいた方が暖かいということもあるし。

昨年の秋に植えた玉ねぎに、
追肥をするのが毎年の仕事始め。

…肥料が足りんかった。

準備不足。

後は、畑の周囲のネット柵直し。
やっぱり3年もたつと、
いろいろ直しも必要。


左端。
ぴんと上手に張れました。
こういうことは回数を重ねるごとに
上手になっていく気がする。
(自画自賛)

まだまだぐるっと一周するには、
時間がかかりそうだ。

今年は畑しごとは力を抜いてやろうかと。
かといって、
今までめいっぱい力を入れてやってきたわけでは
ないんだけれども(笑)

うーん、
欲張りすぎた、というか。

畑で採れたものでご飯を作って提供する機会が
増えてきたものだから、
あれも、これも、って欲張りすぎて、
でも時間的には、
畑を構う時間は少なくなって、
気が付いたら、あーあ(残念)、っていう感じ。

自分が無理なく構うことのできる範囲に
しようかな、と思っているのです。

ほったらかしの山んなか畑、
8年目だけれど、
やっぱり毎年一年生。
初心に返って、コツコツやっていきます。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


六ツ目の背負子かご
春に間に合いました。

六ツ目の背負子かご。
サミー用です。

木こりの背負子かごに比べて、
とっても軽いです。
木こりの背負いかごは、
見るからにとても大変で、
やってみるともっと大変で、
六ツ目の方が楽かなぁ、なんて思って取り掛かったのですが…

甘かった。

いつものことですが。

六ツ目はバランスよく編むのが難しい。
よくみると、縦長の目になっているでしょ?
ヒゴがすこし厚かったようで、
なかなか絞まらないのです。
どうしても横のヒゴが浮いてきてしまう。

じゃあヒゴを薄くすればいいのか、
というとそうでもなくて、
ヒゴを薄くすると、頑丈さが損なわれてしまう。

わさび田の山んなかで使うものだから、
ある程度の頑丈さも必要。

ぎりぎりの強度を保つことのできる薄さに
ヒゴをへぐのが職人技。
まだまだ修行が足りません。


おかげで、
思っていたよりも、大きなかごができてしまって、
たくさん入ります☆

あとはこれに布か何かで蓋を掛けられるようにしようかと
思っています。
おじぎすると、頭の上から中身がこぼれてしまうからね。


さすがに、このかごは山用で
普段使いはできないので、
でも、これだけの大きさのものを、
片付けておくためのスペースもない。

で、考えたのは、

壁にぶら下げる。

スペースの有効利用。
山でしか使わないものも収納できるしね。

実際、使うのが楽しみやなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


ふきのとうの増やし方と頂き方~ふきのとうの天ぷら


さぁ、ふきのとうを探せっ!


いくつ見つかりましたか?


これは我が家の庭。
4年前の春にふきの根っこを移植。
根づくかなぁと思っていたけれど、
上手いことついてくれました。

でも、
はじめの1、2年は、
ふきのとうが3つ、4つしか
ならなくて、
採るのを我慢。
去年は8つくらいあったかなぁ。

そしたら、今年は、
ぱっと見ただけでも20個近く!
上の写真はそのほんの一部。

ふきのとうにも、
生り年と生らない年があるのか?
はたまた、
これまで、「温存」してきたせいなのか?

山菜って、
翌年のために、採りすぎも良くないのかなぁと
思ったり。
去年、栃尾でワラビを採りすぎたら、
桂一まに「来年生えてこんようになるぞ」と
怒られたっけ。

地元の人たちは、
勝手にたくさん出てくるものだから、
採ってけ、採ってけって言うけれど、
本当は、
先のことを考えて、
ちゃんと子孫が残るように
採ったほうがいいのかなと、
思う。

サミーの山菜採りの師匠は、
わっちーで
はじめての山菜採りの時に、
ちゃんとルールを教えてもらった。

タラの芽やコシアブラは、
一番の芽だけを摘む。
二番、三番の芽は摘まない。

来年も、その次も、
山菜採りを楽しめるように。

山菜採りって楽しいけれど、
長く楽しめるように、
そういうルールも、
上手く伝えられたらいいと思っている。

まぁ、ふきのとうに関しては、
採りすぎが翌年の成長に影響するのかどうかは、
まだ分からないので、
なんとも言えないけれどもね。

来年以降、また報告します。

で、
せっかくの春の恵みなので、

天ぷらにして、
頂きました。
ふっくらコロンとしたふきのとう。
噛むとしっかり苦く、
春の香り。

やっぱり、これも、
たくさんはいらないなぁ。

まだまだ寒いけれど、
春は確実に近づいてきています。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





我が家の「つけもん」


最新号の『里山の袋』は
つけもん。

いいね。
漬物でもなく、お漬物でもなく、
つけもんっていいう響きが。

すてきなお母さんたちの手作りのつけもんの写真と、
そのつけもんにまつわるお話が、
とっても素敵。

石徹白の、肉の漬け物のことや、
にしんずしを朴葉で焼くやつなんかも載っていて、
今度やってみような。


お正月に出遅れた感じで仕込んだねずしは、

いい感じで「ねて」きました。

味見段階では、塩が足りないかなぁ、
と思っていたけれど、
(これでもいつもより多めに入れたはずなのに)

塩が足りないせいなのか、
なかなか発酵が進まず、
美味しくなるまでに2週間くらいかかってしまった。

私がいつも漬物を教えてもらうお母さんに相談すると、
「そりゃ、サミー
冷え込んできてから作ったやつは、
時間はかかるよ。
でもそのほうがおいしいんやで」
と。

ちょっと心配もしたけれど、
でも、何とかなるかなぁと思って、
見守っていたら、
何とか美味しくなりました!

『里山の袋』の記事の中に、
畑とつながる、つけもんづくりとあるのだけれど、
本当にそう。
畑でたくさん作るからつけもんも仕込める。

逆に今シーズンは、
秋に畑の大根、白菜が全滅で、
それでも白菜の切漬けが作りたくて、
朝市やスーパ―なんかにも行ってみるけれど、
今年はとっても高くて、手が出ない。
1玉500円。
うーむ。

でも、
そんな時には、
お空に向かってお願いしてみる。

そうすると、
不思議と玄関からお野菜がやってくるのだ(笑)

そうして作れた白菜の切漬。

寒さが緩かったせいか、
なかなか巻かなくて、
葉が青々としているけれど、
でもとっても甘くて、美味しい白菜を6玉も頂きました。
嬉しい♪

これがあるのと、ないのとでは、
食卓の華やかさが違う。


ある朝のつけもん盛り合わせ。
ねずし
たくわん
白菜の切漬け
赤大根の三杯酢
(お隣さんからやってきた赤大根)


つけもんなんて、
スーパー行けば、
おいしそうで種類もたくさん売っているんだけれど、
わざわざ畑で野菜を作ってまで、
なんで、そんな大変なことやるの?
って思われるかもしれないんだけれど、

でも、
それが楽しいし、
それを美味しいと言って食べてくれる人がいるし、
何より、それがとっても贅沢なことだと
思っているから、

無理しない範囲で、
作っていこうと思います。

時々、失敗することもあるけれどね。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






明宝寄席
毎年楽しみにしている
明宝寄席。


江戸家子猫さん

今年も大いに笑わせていただきました。

昨年第20回の記念の寄席の時には、

親子で動物の鳴きまね芸を披露してくださいました。
その1か月後に、
江戸家猫八さんがお亡くなりになりました。

ニュースで知った時には
びっくりしました。
この時、本当はとっても明宝まで来られる状態では
なかっただろうに。

もう親子のウグイスやカエルは聞くことができないと思うと、
ちょっと寂しい気もしましたが、
子猫さんのテナガザルの鳴きまねは
その寂しさをふっとばすほど、
大笑いでした。
ほんと、おもしろい!

これからも、
明宝寄席、続いていくといいなぁ。



お楽しみ抽選会で、
今年は珍しく2人とも、
当たったのはいいのだけれど、
スキー場で働くわっちーは
なぜか、スキー場のリフト券が当たる。
どなたか、欲しい方いませんかねぇ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



手作り醤油に挑戦!
先日汲んできた寒の水。
そのまま飲んでもすごくまろやかな味で、
何かに活かせないか…

味噌が手作りできるのなら、
醤油もできないかしら…

と考えて、
今年は醤油づくりにチャレンジしてみることにした。

とはいっても、
いろいろ調べてみるけれど、
毎日かき混ぜなくてはいけないし、
大豆を炒ったりしなくてはいけないらしい。

結構ハードルが高そうだぞ。

いろいろネットで検索してみたら、
便利なものがあるようで、

手作り醤油キット

まずはこれでチャレンジしてみることに。

リンクページにあるように、
とっても分かりやすく作り方も説明してあって、
仕込むのは簡単。


ペットボトルに、
麹セットを入れて、
もう計量してある塩で
塩水をつくり、


ペットボトルに注ぐだけ。

問題はここから。
ペットボトルを振る作業をしなくてはならないのだが、
仕込みから1週間は毎日、
1か月間は2日に1回、
2ケ月間は3日に1回、
となって、そのうち訳が分からなくなりそう!

というわけで、
我が家のカレンダーに

まず、
振る日に〇をつけておいて、
どちらかが、振ったらその丸を黒く塗りつぶす。

こうすれば、
サミーが忘れても、
わっちーがやっておいてくれる(笑)
そして、逆はない。たぶん。

我ながら、よき策じゃ。

今日で仕込みから1週間。
この一週間はcomplete!!

ここから先も、
美味しいお醤油ができるように、
頑張っておくれ。

究極のワサビ丼のアイテムが、
また一つ増えちゃうかもしれない。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>