森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1702292
Today:36
Yesterday:515
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
今年もこつこつ
明宝では、今年も
雪のまったくないお正月を迎えました。

わっちーは大晦日も元旦もお仕事なので、
あまりお正月らしいお正月ではないのですが、

無事に新しい年を迎えることができたことに
感謝して。

12月は本当にバタバタあっという間に
過ぎて行ってしまったので、
ようやくお正月になってねずしづくりに
取り掛かる。



大根の千切り。
ものすごく手が冷たくなった。

源右衛門さんの畑で育ててもらった大根
これがなかったら、今年はねずしを漬けられなかったかも。
ありがたや、ありがたや。

3日ほど塩で下漬けしたあと、
本漬け。



毎年作るとメモを残すはずなのだけれど、
去年のメモがどうしても見当たらず。

・・・って書いたら、
しまってあった場所を思い出した!!

今更だけれど(笑)


今年も忘れないうちにちゃんとしておかなければ。

今年は、大根とマスが多いような気がする。
ってことはもう少し麹を増やした方がよかったのかな。

出来上がって食べてみて、のメモもちゃんと残しておかなくては。


普通は今年の抱負とか、
考えるのだろうけれど、
大きいことは全然思いつかなくて、
小さいやりたいことはたくさん。

その一つ一つを
毎日の暮らしの中で
こつこつと積み上げていけたらいいなと
思っています。

時々、こんなんでいいのかな、なんて
思うこともあるのだけれど、
でも、目の前のことをやるのみ。

今年も「リア充」全開(笑)

相変わらず、
よろしくお願いします!

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



わさびの辛さについての考察
<本研究の目的>
11月に収穫したわさびがそれまでに収穫したものに比べて
明らかに辛味が強いように感じた。
そのわさびは、
葉茎を動物に食害されたものであった。
ひとつの仮説として、
「動物に地上部を食べられたために、
わさびが自身の身を守るために
辛味を増した」
という可能性が考えられる。
これを立証するために以下の実験を実施した。

<対象と方法>
山んなかで育てているわさびのうち、

A 植付後 1年半 食害あり
B 植付後 半年  食害なし

を同様に鮫皮おろしでおろし、
被験者WおよびSが食す。
辛さの違いを主観で判定する。

<結果>
被験者W
AのほうがBよりも明らかに辛味が強い と判定
被験者S
AのほうがBよりも明らかに辛味が強い と判定

<考察>
今回の実験の結果、
食害された対象のほうが辛味が強いことが分かった。
食害されると辛味が増す、という仮説は
正しい可能性は残されているが、
植付からの期間が同じものでの実験も必要と考える。

わさび田を引き継ぐ際に、
「11月が一番辛味が増し、
わさびが美味しくなる季節」
との話も聞いている。
食害ではなく、
ただ、わさびの成長過程で辛くなる時期である、
可能性も高い。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
クリスマスは餅つき
もう、こんな季節かぁ。

毎年恒例の
源右衛門の餅つき。

世間では餅つき大会の自粛が
相次いでいるそうなんだけれど、
そんなことは、
お構いなく、
今年も、杵と臼でぺったん、ぺったん、
やりました。



今年は一緒にやってくれる人数も増えて、
(嬉しい♪)
頑張って、10臼つくことに。

とはいえ、やっぱり時間がかかるので、
2臼だけは餅つき機に頼ることにした。

毎年やっているんだけれど、
年に一回のことだと、
忘れていることも多くて、
そのたんびに教えてもらって、

の繰り返し。

一応、メモは残しているんだけれどね。
書き忘れることも多くて。

毎年、草もちをつくのだけれど、
いつも草の色があまりつかなくて、
はりやいないなぁと思っていた。

今年の春、
ちゃんと教えてもらった通りに
よもぎを摘んで、しっかり保存しておいた。
たぶん、去年の倍の量。

半解凍の状態で、
もち米と一緒に蒸し器に入れたんだけれど、
なかなか、なかなか蒸さらない。

やっぱりちゃんと解凍してからじゃないと、
蒸し器に入れちゃだめなんだね。
失敗すると、学べます。

でも、そこはベテランおかあさんの機転で、
なんとか、危機を脱出。
市販のお餅のような滑らかさはないものの、
ちょっとおはぎのごはんのような、
美味しいお餅になりました。

来年こそは、いいよもぎもちをつこうね、サミー。

はい。



女性陣がお勝手でわいわいやっているあいだに、
男性陣はもち花づくり。
豪快です。


今年も無事に、
餅花を源右衛門に飾ることができました。

これができると、
ホッとする。

昔ながらの
杵と臼でやる餅つきは、
どんどんやられなくなっちゃうんだろうか?

確かに準備とかは大変だけれど、
みんなが集まって、
あーだ、こーだ言いながら、
やるのは、楽しい。
学ばせてもらえることもたくさんある。

明宝に移住してきた当初から、
やりたくて続けている餅つき。
人数が少ない時もあったけれど、
今年は、一緒にやろう、と言ってくださる方もいて、
続けてきてよかったなぁ、
やれてうれしいなぁ、
という気持ちでいっぱい。

なぜか、
源右衛門の餅花係(桂一ま任命)なので、
やれる限りはみんなと続けていきたいなぁ、
と思っている所存です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

わさび田のしごと納め

12月11日

雪はちらちらと降ったけれど、
予定通り 今年最後のわさび田しごと。

水が流れているところには
積もらないけれど、
わさび田の周囲はうっすらと雪。

収穫できるものは収穫し、
小さい株は1か所にまとめて、
ネットで養生するのが、
本日のしごと。

寒さとの耐久戦でもある。

時折陽が射すと温かいけれど、
その陽も12時には没。
風花が舞い散る。

ぶっくぶくに着ぶくれしていても、
寒い。

たき火に当たりながらの作業。
どんどん薪をくべないと、間に合わない。
薪の減りの早いこと。

昼食はごはんを鍋で炊き、
鶏ちゃんを焼く。

寒いだけでははりやいないので、
お楽しみも。

たき火の中に仕込んだ
りんご。
焼くと甘味がぐーんとまして、
体の中からじんわりあったまる美味しさ。

お腹が膨れたら、
もうひと頑張り。

カラダを動かさないととにかく寒いので、
できる限りの落ち葉かきに勤しむ。

そうしたら、なんと

ふきのとう。

中をめくってみたら、
花がぎゅっと縮こまっていた。

わさび田でふきのとうが膨らんでいるのを
見たことがない。
きっと、私たちよりも先に、
動物たちが見つけてしまうから。

すべての作業を終えて、
すべての薪を燃やし尽くして、
わさび田に一年の感謝と、
トチノキさまに冬の間の見守りをお願いして、
わさび田を発つ。

ようく見ると、
トチノキさまの先には、
冬芽が可愛らしくついている。

これから迎える冬本番。
植物たちはその先の季節の準備に、
ぬかりない。


+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

サルとの競争!?~干し柿づくり
ずっとUpしたいと思いつつ…できなかったので、
今さらですが、

今年も

干し柿を軒下に吊るしたのは、
11月半ばごろ。

去年、一昨年とカビてしまったので、
教訓として、

①できるだけ冷え込んできてから吊るす

気温が高いとどうしてもカビたり、
腐ったりしやすいので。
そうなると、10月中頃には色づく
明宝の渋柿の収穫とタイミングが難しく、
これは美濃で購入した富士柿。
熟し柿にする品種のようです。

②3日間晴天が続きそうな日を選んで干す

表面さえ乾いてしまえば、こちらのもの。
今年は我ながらグッドタイミングで干せました。
表面がしっかり乾いてから、
焼酎を吹きかけ、
揉む作業もしました。


だんだんいい感じに干せてきて、
そろそろかなぁ、
もうちょっとかなぁ、と悩む。

そう、ここでサルに悟られてしまうと、
サルに先に持っていかれてしまう。

せっかくここまで上手くいったのに、
おサルに盗られるのはかなわん。

気持ち、もうちょっと干したいなぁというところで、
取り込むことにした。



味見もしたので、可愛らしく6つだけ。
わっちーがあまり好きではないので、
これは私のお正月のおやつと、
春に山菜と一緒に天ぷらにするための
お楽しみ。

今年は
サルに勝ちました!
やった。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
なければないで
前にブログに書いた通り、
この秋は
大根も白菜もカブも全滅で、
漬物仕込みはできないなぁ、
なんて思っていた。

スーパーに行っても、
野菜が高くて、
買う気にならないし。

おんぱくで頑張りすぎ??たのか、
台所に向かう気力がなくて。

一か月ほど、手抜き状態。
(すまぬ、ダンナ。)

インスタもブログも
ご飯の投稿が全くなし。

あぁ、自分は、
本当はご飯作るのそんなに好きじゃないんかもなぁ、
なんて思ったりするほど。

畑の野菜がないと、
料理をする気力がわかないんだな。

という自分に気が付いたりして。

そう、
何かあれば、それをとっかかりに、
「こうすれば、美味しいかも」
「これと、これを合わせたら」と
イメージが膨らむのだけれど、

全く手元に野菜がないと、
そのイメージすら浮かばないから、
ほんと、何をつくろうか悩むのだ。

と言っていても、
ありがたいことに、
時期が来れば、あちらこちらから、
お野菜たちが舞い込んでくるのだ。

そして、源右衛門の前の畑の大根も、
おときのごはんで使い切れなかった分は、
掘ってよし、と言っていただけたので、


泥棒させていただきました(笑)


太め短め。
誰かさんの足のようです。


これでねずし用の大根
(+我が家の食料)は
確保できました。

白菜も、オトナリさんから、
赤大根も頂いて。

職場の方から天然のなめこを頂いたり…

やっと、
台所に立つ気力がむくむく。

…っていうか、
立たざるを得ない状況になってきた。

でもやっぱり、
自分で漬けた大根の漬物は美味しいし、
たっぷり大根おろしを入れた鍋もあったまるし、
香りたっぷりのなめこ汁の美味さといったら。

そうそう、
お野菜を分けて頂いた方々に
ワサビをお届けしなくては。

物々交換\(^o^)/

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



雪降り前に
ありがたいことに、
まだ、雪は降っていません。

山んなかは、
「こんなに広かったっけ?」と錯覚するほど、
視界が広がり、明るくなります。

なぜって?


すっかり落葉してしまうから。

葉っぱがないと、
せせらぎ街道を走る、
バイクの音もよく響く。

葉っぱって意外と、遮音効果があるんだなぁと
気づく。


こんなにいい天気だけれど、
日没12時半(笑)
あとは、徹底的に寒い。

寒くなるとやっぱり、
お山の食料事情は厳しいようで、


葉っぱを食べられてしまっていました。
今年植えたワサビに早めにネットを掛けたのは
正解でした。
これから成長する苗が食べられてしまうと、
根茎の成長が阻害されてしまうから。

今回食べられたのは、
収穫時期のわさび。
葉わさびが収穫できないのは痛いか。


雪が降っても、降らなくても、
時期が来ると食べにくる。
覚えておきます。


わさび田の周囲には寒冷紗で囲いがあるのだけれど、
いったい、動物たちはどうやって飛び越えて、
どうやって帰っていくのだろう。
一度見てみたいものです。

この日の作業は、
収穫作業がメイン。
本当は落ち葉かきもしなくちゃいけないけれど、
ぼちぼち。

テレビで見つけた
サーモ発砲手袋」デビュー。
一般的な厚手のゴム手袋よりも、
水作業をしても冷たくない。
本当に、冷たくない。
わさび田作業にはありがたい。

なのに…

ワサビの根っこの処理をしていたら、
手袋までナイフで傷つけてしまって、
ショック。

冷たい。

そんな作業の合間には、

HOT Chocolate!
甘さと暖かさがカラダに染みます。


去年の収穫は、
採っても、採っても、根茎がちっさいのしかなくて、
やっても虚しくなったのだけれど、

今年は、

こんな感じ。
なんとか「ワサビ」と言えるものが
収穫できたかな。


ラストもう一回、
わさび田へ渡る予定。
雪は降らない予定(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







ワサビ田のこと
どうも、わっちーです。ごくごくたまにしかブログに載せないわっちーのレアレアブログです。
今回はワサビ田についてのご報告を二つしておきます。
1.長良川おんぱくプログラム「清流吉田川の源流で、”ほぼ”天然のワサビ収穫と極上ワサビ丼」実施して
プログラムの催行詳細については既にサミーがブログアップしておりますので、そちらをご覧いただきたいですが、ワサビ田を使って、初めて本格的なイベントを行った感想を書かせていただきます。
まず、とにかくやって良かったー‼というのが、大きな感想です。
初めてのこと、極上のと銘打ったからには…ということもあり、サミーと練りに練り、念には念を入れて準備をし、実施しました。
おかげで、参加者の方々からは満足いただけ、ホッとすると共に今後も続けていきたいと思えました。まずは成功といってよい結果になりました。
今回参加された方々も良い方達ばかりで、今回限りでなく何らかの形で今後もつながっていきたいと思う方々でした。参加の皆さん、本当にご参加いただきありがとうございましたm(_ _)m
また、二日共、スタッフ参加してくれたジュリーにも感謝感謝です。
これからもワサビ田を舞台に色々な方に来てもらい、ワサビ田とその周りの環境も含めて楽しんでいただけるようなことを色々仕掛けていければと思っています。

2.ワサビ田の冬支度
少し報告が遅くなってしまいましたが、先日11/23にワサビ田の冬支度を行いました。
それは、今年の春に植えたわさび苗にネットを被せる作業。
今回は岐阜県立森林文化アカデミーの方々にもお手伝いをいただき、作業を行いました。
まずは落ち葉を取り除き、苗がはみ出ないようにネットを被せました。


 とりあえず、これで一安心。前回の冬も直ネット被せ戦法でカモシカやシカの食害攻撃から守れましたので、来年の苗の成長が楽しみです。
この日は、その守り切ったわさびの株を収穫しました。これまでより格段に立派な根茎が採れました。


来年もこんな大物が採れるように、来春から頑張りまッす‼

世代交代~源右衛門のおときのごはん
今年も無事に開催できました。
源右衛門のおときのごはん。

気が付けばおときのごはんを復活して
7年め。
みんな7つ歳をとる。

だんだん、
「もう、おくわ(やめておくわ)」
とベテランのおかあさんたちから、
言われてしまう。

新参者としては、
まだまだ教えてもらいたいことがたくさんあるけれど、
でも無理も言えない。

ちょっと寂しいなぁとは思うけれど、
これも時間の流れだから、
抗えない。

どんな事があっても
やるのがおときなんや。

これは、
私がはじめておときに参加したときに、
言われたこと。

ここでいう、「おとき(お斎)」というのは、
お葬式のあとに組の者たちが
参列者のためにふるまったお料理のこと。 

(厳密にはお寺でのお食事のことを
「お斎」というそうです)

本当のおときは、
誰が亡くなった時だろうが、
大雨だろうが、大雪だろうが、
どんな状況でもやってきたもの。

世代交代なんて、あったりまえのこと
なんだよな。

やるっきゃないんだよね。


今年は例年よりも予約数が少なめで、
ちょっとホッとしていたところもあったのだけれど、



いざフタを開けてみたら、
ご予約なしでお越しいただいたかたも、
大勢みえて。

嬉しい悲鳴でした。

賄には残らなかったものもあって、
ちょっと残念だけれど。

でもみなさまには美味しく味わっていただけたようで、
ありがたかったです。



ことしは、外国人留学生のみなさんも
お越しいただきました。
文化の違いなども楽しまれたようです。

サミーおすすめの特選素材(笑)は
栃尾産わらびの煮しめ。
春、源右衛門のすぐ横で
太くやわらかいものだけ厳選して摘んだわらび
この季節まで塩漬け保存しておきました。
煮付けてくれたおかあさんに、
「いいわらびや」
と褒められるほど。

ありがたいことに
膳のど真ん中に置いて頂きました。


やっぱり今年も、
しばらく煮しめはいいや。
洋食中心になります(笑)

☆過去のおときのごはんの記事はこちら → 🍚

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





紅葉はきれいだけれど…本音は。
わさび田のある山んなかは
紅葉まっただ中。
今年はゆっくりだね。



わさび田の守り神、

トチノキさまもすっかりお色直し。

見上げれば、
綺麗なんだけれど、
本当のところをいうと、

早く葉っぱが落ちてほしい!!

風情もへったくりもない(笑)

わさび田には、
遮光のためにハンノキなどの木が植えられているんだけれど、
落葉すると

こうなります。

この落ち葉が、
わさび田の水の流れを堰き止めてしまうので、
この時期はひたすら落ち葉かきに励みます。

これが面白いくらい、
ごっそり落ち葉が取れるのです。
そして、その落ち葉は堆肥として積んで置き、
畑の肥やしになります。

そう、我らの飯の種のたね。

ウホウホです。

でも、早く落ち葉が落ち切ってしまわないと、
やってもやってもエンドレス。

綺麗にした後から、上から落ち葉が落ちてくる。

今年は雪が早いというウワサもある。
冬の間、動物たちからわさびを守るために、
養生をしたい。

となると、
早く落葉してしまって、
落ち葉を全部書いてしまって、
ネットをかぶせたいので、

どうしても、早く落ちてくれないかなぁということになる。

もう一つ、
寒さとの戦い。
わさび田のあるところは、
なんと13時前には陽がしずむ!

ランチの準備をしているわっち―。
手前はもう、陽が当たらない。
この気温差は激しい。

寒さしのぎのために、
たき火。
熾火になったら、

焼き芋タイム。

おやつにホクホクに焼けた焼き芋。

これで体を中から温めて、
また落ち葉かきに勤しみます。


まだまだ落ち葉が落ちてくるけれど、
雪が降ったら絶対に食べられるので、
落ち葉かきをしたところから、


ネットを被せることにしました。

作業は16時までやることが多いのだけれど、
そのころには、足腰くたくたで冷え冷え。
わさび田から戻ってくると、下界はまだ一仕事できそうなくらい、
明るいのにびっくり。
でももうくたびれたので、
明宝温泉でゆっくりあったまって、
帰ります。


落ち葉かきは一年で一番大変な作業だけれど、
達成感はあるし、
綺麗になった水の流れを見ていると癒されるし、
はまる人は、はまる作業です。
興味のある方、一緒にやりませんか?
報酬はわさび1株でいかがでしょう?

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>