月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2721316
Today:764
Yesterday:2205
<<prev | 最新 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 最初 | next>>
11/3(水・祝) 葦船ひかり出港式 〜葦の御船でおかげ参り
10/8-11/6 葦船プロジェクト☆おかげ祭り&おかげ参り ~えびす町内会 プロジェクト第二弾~
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=3753




いよいよ明日、伊勢に向かって旅立ちます!

今年は60年に一度のおかげ年。
宝永二年(1705)、明和八年(1771)、文政十三年(1830)と、江戸時代にはおかげ参りの大ブームが三度ありました。
いづれも約60年周期で、世の中に手詰まり感がおこり政情不安や不景気でうねりが大きくなったときに爆発。
文政十三年から180年後となる今年2010年は、60年周期の平成おかげ年といわれてます...

というわけで、葦船による代参も受け付けてます!!!
http://ameblo.jp/ashibune/entry-10691052700.html
http://ashibune.yebis.net/#outline


 ◆葦船出航式
 日時:11月3日(水・祝) 
    11時~ セレモニー
    12時頃 いよいよ出航!

 場所:名古屋港ポートビル横

 アクセス:地下鉄名城線「名古屋港」駅3番出口より南へ徒歩5分
 http://www.nagoyaaqua.jp/othe/acce/index.html

 ※この日は、港区民まつり・みなと遊友フェスタ2010 も開催されています。
 http://www.city.nagoya.jp/minato/page/0000017622.html


お時間のある方はぜひ名古屋港まで足を運んで葦船の姿をごらんいただき、無事を祈ってお見送りをしていただけたらと思います。


10月8日新月より、名古屋の中心部である光の広場にて葦船つくりが行われ、熱田の宮の渡しの進水式では「ひかり」と命名され、名古屋港に浮かんでからも作業は続けられておりましたが無事完成いたしました。
その様子は日記にするまもなかったので、ツイッターをまとめて読めるTwilogを日付ごとにピックアップしてみました。

2010年10月07日(木)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101007/asc-nomen
2010年10月08日(金)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101008/asc-nomen
2010年10月14日(木)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101014/asc-nomen
2010年10月15日(金)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101015/asc-nomen
2010年10月18日(月)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101018/asc-nomen
2010年10月19日(火)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101019/asc-nomen
2010年10月20日(水)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101020/asc-nomen
2010年10月21日(木)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101021/asc-nomen
2010年10月22日(金)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101022/asc-nomen
2010年10月23日(土)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101023/asc-nomen
2010年10月24日(日)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101024/asc-nomen
2010年10月25日(月)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101025/asc-nomen
2010年10月27日(水)
http://twilog.org/fuhgetsu/date-101027/asc-nomen


11月3日に尾張から旅立った葦船は、6日新月に伊勢到着予定。
新月にはじまり新月に終わる新たな旅となりそうです。
宇治山田港に入港後、歓迎式をして、伊勢神宮正式参拝の予定ですが、6日伊勢での受け入れなどたくさんの人にもお迎えしていただきたいので、詳しいことが決まり次第こちらでお知らせいたします。


...


10/22(金) サヨコオトナラ〜祝「トキソラ」リリースライブ〜岐阜@空歩21


 二千自由年∞十月ニ十ニ日


   ◎旧暦 長月十五夜◎



前回告知した、101022まであと1週間...

10/22(金) サヨコオトナラ@空歩21 ~101010@八百津のUFOから101022@各務原の時空へ
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=4034


まだチラシすらなく告知もままならない状態が続いてたので、昨日の昼に急遽マジック1本の手描きでつくってみました。




時間がないからチラシよりクチコミでって感じだけど...

自然菜食の空歩だからこそ、オトさんには食をテーマにしたトークをしてもらう予定ですのでお楽しみに!!!


 ~祝「トキソラ」リリースライブ~

  

 10月22日(金)

 18:45開場/19:15開演
 前売2500縁/当日3000縁

 自然菜食cafe 空歩(からっぽ)21
 岐阜県各務原市鵜沼東町7丁目1番地
 (JR鵜沼駅、名鉄犬山線・各務原線新鵜沼駅より北へ徒歩10分)
 TEL/FAX 058-385-4572
 http://www.karappo21.com/


酵素玄米ご飯と自然農の野菜と雑穀と回帰水と天然調味料で感謝を込めて作られたランチがめちゃめちゃ美味しい空歩さんにて。
只今ご予約受付中です!!!

詳しくは空歩のHPにて最新情報をご確認ください→ http://www.karappo21.com/
こちらは空歩のブログ→ http://blog.karappo21.com/



サヨコオトナラ [プロフィール]



女性NWバンド「ゼルダ」の歌い手として活躍後、ジャマイカ録音したソロアルバムがヒット、パワフルで透明な歌声で、躍動するイノチの世界を歌う、サヨコ(うた)、カリスマファンクバンド「じゃがたら」で人々を踊らせてきた、地球音楽探検家、 OTO(ギター)、アフリカ、レゲエ、奄美島唄など、ジャンルを超えてうねりをつくりだす、ジンベたたきの奈良大介(アフリカンタイコ)この3人が母体となって生まれたのが、その名もずばり、サヨコオトナラです。

アースデイ,フジロックなどのイベントをはじめ、日本各地奥地の、自然とともにある暮らし、美味しいご飯、楽しい祭りの場などに集まる人々とつながりながら、音楽のたびをつづけています。

アルバム「ワと鳴り」もリリース中。 3人の作り出す、なつかしくも、新しい、躍動する音、TOKYO発、地球鳴りの音楽をお楽しみください。


...

タグ: 音楽
10/22(金) サヨコオトナラ@空歩21 〜101010@八百津のUFOから101022@各務原の時空へ
二千自由年十月十日。
サヨコオトナラ待望の2ndアルバム!
5年ぶりとなるニューアルバム「トキソラ」が、めでたく101010に発売されました!!!
http://www.watonari.net/sayokootonara/modules/goods/index.php?content_id=1




この記念すべき日に、岐阜八百津で行われたUFOミーティングに参加したサヨコナラ(この日オトさんはお休み)。
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=3499




この日はなんとサヨコさんの誕生日でもありました!
サヨコさんのブログ→ http://www.watonari.net/sayokootonara/modules/saonablog/details.php?blog_id=57




そんなサヨコオトナラですが、オトさんかも~ん♪
というわけで岐阜各務原の空歩21にて、祝「トキソラ」リリースライブが決定しました~!!!
http://www.watonari.net/sayokootonara/modules/eguide/event.php?eid=319


 〜祝「トキソラ」リリースライブ〜 

 10月22日(金)

 18:45開場/19:15開演
 前売2500縁/当日3000縁

 自然菜食cafe 空歩(からっぽ)21
 岐阜県各務原市鵜沼東町7丁目1番地
 (JR鵜沼駅、名鉄犬山線・各務原線新鵜沼駅より北へ徒歩10分)
 TEL/FAX 058-385-4572
 http://www.karappo21.com/


酵素玄米ご飯と自然農の野菜と雑穀と回帰水と天然調味料で感謝を込めて作られたランチがめちゃめちゃ美味しい空歩さんにて。
只今ご予約受付中です!!!

詳しくは空歩のHPにて最新情報をご確認ください→ http://www.karappo21.com/
こちらは空歩のブログ→ http://blog.karappo21.com/


...

タグ: 音楽
10/23-24 サンギートメーラ2010in洞戸 ~満月祭~ 水の女神サワスワティへ捧げる印度古典音楽と舞踊の祭典
高賀のふもと、水の都の洞戸にて

満月の夜が明けるまで...


今年もこの季節がやってきました!

以下、ジミーさんのライブ情報♪より転載です
http://santoorjimi.jugem.jp/?eid=44

詳しくはこちらで!  ↓↓↓
http://sarasoju2santoor.hp.infoseek.co.jp/sangeet2010.html



第13回・2010インド音楽と舞踊の祭典 
サンギートメーラ in Horado

 ~満月祭~  
 13th Indian Clasical Music & Dance Festival--- Sangeet Mela
      ~~日本国内で最大のインド音楽&舞踊祭!~~
     今年も多くの皆さまのご来場をお待ちしております!

________________________________________________

2010
■Start : 10 / 23 (Sat) PM 6:00
■Close : 10 / 24 (Sun) AM 6:00
■Place : Horado kikan syuuraku-center  洞戸基幹集落センター
   岐阜県関市洞戸市場294(旧・洞戸村民センター)
■Charge : Adv 前売 ¥4.500 / Door 当日 ¥5,000

サンギートメーラチケットは e+チケットで購入出来ます!
PC用購入ページ

携帯用購入ページリンクURL


■Information & Reservation ご予約:
  * E-mail または、お電話、Fax, にて
   お名前、お電話番号、ご住所、ご予約人数 をお知らせの上、郵便振り込みで、料金をお振り込み下さい。

  *沙羅双樹(sarasoju) TEL&FAX: 0581-58-8262  携帯(宮下/Miyashita): 090-7027-0718

  * E-mail:  沙羅双樹sarasoju  又は    Miyashita まで、
  「件名」に「サンギートメーラ2010」と書いて送信下さい。

■振り込み領収書を入場券と引き換えさせていただきますので、当日にご持参下さい。
 * 郵便振り込み先   郵便口座番号: 12440-12324861   口座名義 : 宮下節雄

________________________________________________

■出演者:

シタール Sitar: 金光亮平 Kanemitsu Ryouhei /武藤景介 Muto Keisuke/南沢靖浩 Yasuhiro MInamizawa
サロード Sarod: スティーブ・オダ Steeve Oda
サントゥール Santoor: 宮下節雄 Miyashita Setsuo / バンスリー Bansuri :寺原太郎 terahara Taro
チベットsong Tibet Song:テンジン Tenjin
バウル Bawl:ショッタノンド・ダス Shathanand Das+ MABO
タブラ Tabla:若池敏弘 Wakaike Toshihiro /シェン・フリンデル Shen Frindel/U-ZHAAN/
パカワジ Phakawaji:カネコ・テツヤ Kaneko Tetsuya 
ガタム Gatam:久野隆昭 Kuno Takaaki
オリッシーダンス Oddissi:佐藤幸恵 Satou Sachie 
カタックダンス Khatak: (お詫びとお知らせ/サンジュクタ・セナさんの出演はご都合によりキャンセルとなりました)
         前田敦子 Maeda Atsuko
バラタナティヤム Bharatanatium:ダヤ・トミコ Daya Tomiko /巽知史・幸恵 Tatsumi Satoshi Sachie



■チケット取り扱い店
Cafeぷらな(関市0575-21-3121)
花蓮   (岐阜市 058-232-6555)
ALPHAVILLE (名古屋 052-764-2644)
KAMAL (岐阜 058-327-8937)
縄文うさぎ (名古屋 090-9661-8292)
鑑真康寿堂  (洞戸 0581-58-2088)

■出店
   古式タイマッサージ 花蓮
   Hideming Veg カレー
   薬膳弁当(鑑真康寿堂)
   IBUMAKI (天然酵母パン・ピザ)他

お問い合わせ・予約先
   沙羅双樹(宮下)Tel&Fax 0581-58-8262
Mobile 989-7027-0718
E-mail jimim227@yahoo.co.jp

会場までのアクセス
☆バス(岐阜駅から)岐阜バス板取線(Tel.058-266-8822)
   名鉄岐阜駅前 岐阜バス4番乗り場 山県市方面路線
   『板取門原行き 洞戸事務所前下車」
☆車 岐阜市内より、長良橋から国道256を北へ(約1時間)
   美濃市内及び東海北陸自動車道美濃IC.より、県道81号線
   を板取川沿いに約20分


...


タグ: 音楽
10/19-20 『13 grandmothers in Aichi 2010』 〜7世代先の未来のために 13人のおばあちゃんが愛知へやって来る
いよいよ「いのちの環・あいち」のHPができました!
今後はこちらから詳しい情報が発信されていくと思います。

 13人のグランドマザー in あ い ち
 http://13grandmotherscop10.com/


そこで、最新の情報として再度告知させていただきます。
(以下、転載大歓迎です)



..............................................................

『13 grandmothers in Aichi 2010』

~7世代先の未来のために
13人のおばあちゃんが愛知へやって来る~


10/19(火)
..........................................................
大きな楠の木の下で
~13人のグランマザー
COP10 円卓会議~

北米、南米、中央アメリカ、アマゾン、
ネパール、アフリカ、北極圏-
世界各地から いにしえの知恵を携えた
グランマザーを招き、COP10が開催
される愛知で円卓会議を開きます。
熱田の鎮守の森の中でグランマザーが
語る神話に耳を傾け、人、動物、植物、
精霊たちとともに、これからの地球を
歌い、語り合う輪にご参加ください。

15:00受付 
16:00はじまり 
19:00お開き

場所:熱田神宮会館
参加費:前売り4,000円(当日5,000円)
定員:500名
振込先:ゆうちょ銀行振替口座
 「いのちの環・あいち」00850-9-107749

振り込み用紙通信欄に「円卓会議」と記入して4,000円をご入
金いただき、控えを受付へご持参ください。控え用紙がチケッ
トのかわりとなります。

※収益金はすべてグランマザー招聘費用にあてられます。

主催:いのちの環・あいち 
共催:中日新聞社
..........................................................


10/20(水)
..........................................................
13人のおばあちゃんと
おわりのはじまりの祈りの和

世界の4つの方角からグランマザーが集まる時、
新しい時代の夜明けは近い-
古来の予言に導かれるかのように集まったグランマザーたち。
大空の下、森に囲まれた丘の上でおばあちゃん達とともに手を
つなぎ、
歌と踊り、祈りの輪を作ります。
大きな変化を迎えようとしているかけがえのないこの星で、
今、大切な仲間と集いましょう。

10:00 オープン 踊りと音楽の輪
13:00 グランマザー祈りの輪 
16:00 お開き

場所:愛知県尾張旭市 森林公園 植物園内 広芝生
(名鉄瀬戸線三郷駅より徒歩30分)
入場:フリー (賛同金のご協力をお願いします。)
持物:おむすび お飲みもの

※駐車場に限りがあります。
乗合わせや公共交通機関のご利用にご協力ください。

主催:いのちの環・あいち 共催:中日新聞社 

...........................................................
《すべてのお問い合わせ》 
080-1561-3423
inochinowa-aichi@docomo.ne.jp
inochinowa-aichi@gmail.com
いのちの環・あいちHP
http://13grandmotherscop10.com/



{関連イベント}........................................
名古屋学院大学 白鳥学舎体育館にて、

※18日 午後3時半~
映画「世界を癒す13人のおばあちゃん
~これからの七世代と、さらに続く子供たちへ~」上映。

※19日 午前10時~12時
グランマザーたちのCOP10へのメッセージを発表。

ともに入場無料 
お問合せ:cop10forum@convention.co.jp
...........................................................




...


ヱビスと葦船 〜若宮八幡社の恵美須社にて
今日は葦船をつくる場所となる光の広場の前をたまたま通りかかった。
私はプロジェクトのスタッフではなくイベントの参加者としてワクワクしているだけだけど、ここにもうそろそろ木材が運び込まれ12mの葦船を乗っけて作業するための土台づくりがはじまると聞いていたからとても気になった。
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=3753

今回の葦船プロジェクトは「えびす町内会」と名付けられた。
そのネーミングセンスといい、言いだしっぺのレンちゃんと話してると不思議なほどどんどんキーワードがつながってく。

最近行った大垣では恵比須大神に出会い、ますます加速した感じ。
http://twitter.com/#!/fuhgetsu/status/25373589046
http://twitter.com/#!/fuhgetsu/status/25383185394
http://twitter.com/#!/fuhgetsu/status/25384203608
http://twitter.com/#!/fuhgetsu/status/25384348075

イザナミから最初に生まれたヒルコは葦舟で流されヱビスとして復活。
最後に生まれたカグツチはイザナミの命をも奪いイザナギに斬られた。
芭蕉ゆかりの水路にある美濃路の辻と橋の袂で、最初の水難と最後の火難が見事に結ばれ、私には火と水の調和を意味している。
と、このときは感じたのだった...


そんな感じで、今日は若宮大通を東に歩き出したところで若宮八幡社に引き寄せられた。
ここが100m道路こと若宮大通の名称由来の地。
名古屋城は聖地、那古野神社を遷座させて建てられた。
名古屋総鎮守といわれる若宮八幡社の例祭「若宮まつり」は、その那古野神社をご旅所として神輿が渡御する。
と後でわかるが、とにかくはじめて訪れたのでご挨拶がてら、そして光の広場に近いこともあってお参りせねばと中に入っていくと、ここにも恵美須社の文字が突然目に入った。



 ヒルコ、ヱビス、エブス、ヱミス、ヱミシ、ヱゾ...

 恵比須、恵比寿、夷、戎、蛭子、蝦夷...



歴史の中で混同され続けてきたけれど、もともとそれらは似て非なるものだったかもしれない。

旧約聖書にイスラエルは「エブス人の居る地」と記されている。
エブスはエルサレムの別名で、紀元前1000年頃にダビデが占領するまでエルサレムには「エブス人」という先住民がいた。
その民が日本列島へたどり着いたかどうかはわからない...

マイミクのびーちぇさんからも教えていただきましたが、ホツマツタヱやミカサフミに「ヱミス」という言葉が出てくる。
ヲシテ文献では、蛭子(ヒルコ)とヱミス神(笑みす神)は別のお方として書かれている。
ヒルコとはイザナキとイサナミの第一子で、ワカ姫または下照姫のこと。
昼に生まれたのでヒルコという。
後の時代にヒルコが「蛭子」という漢字になったのは、どう考えても誤って使われたとしか思えません。
両親がアメノフシ(厄年)であったためにイワクスフネに乗せて流され、カナサキ夫妻に拾われ西宮で養育される。
実際には姉であるが、その後アマテルの妹ワカヒルメとなる。
そして、ヱミスカミとは神武を笑みさせた神のことで、ソサノヲの孫でクシキネの子であるクシヒコのこと...



とにかく今日は若宮八幡さまで「恵美須社」のお守りをいただいて、財布に入れて身につけることにした!


...


長良川河口堰ツアー 〜桑名のハマグリと七里の渡しの鳥居に癒されて
まだはじめたばかりのブログは長良川流域コミュニティー「musublog」といって、郡上から繋がる長良川流域ブログコミュニティーサイト。
http://www.musublog.jp/

そこで出会った長良川水系・水を守る会が主催する「長良川河口堰ツアー」に参加してきました。
http://www.musublog.jp/blog/kawamutuuguioikawa/?entry_id=3207


まず最初に訪れたのが桑名の赤須賀漁港。
水揚げされたシジミやハマグリはここで競りにかけられる。





桑名産といえぱかつては長良川の河口域だった。
しかし漁獲量の激減で採算が合わず、今は揖斐川と木曽川でなんとか漁が続けられているようだ。

お昼も近いので、その後は佃煮やぷりっぷりのハマグリ三昧。
割烹「みくに」さんにて「その手は桑名の蛤定食」と「蛤のフライ」の豪華メニューを食す。





桑名に来たからには名物料理をいただいてからということで、舌鼓をしてから舟に乗り込んだ。






船上から見る長良川河口堰は、かつての葦原を消し去り異様な姿で立ちはだかっている。





一度閉じてしまったゲートによりここで海水と淡水に分断され、汽水域に生息していた生き物たちはみるみるうちに姿を消していてしまったのだ。
取り返しのつかないことをしてしまったとつくづく実感…

河口堰の桑名側には、魚道と漁業用船舶が行き来できるためのゲートがある。
海水の満潮や干潮と堰止めた淡水の水位が違うため、3重構造の扉をくぐり抜けるには水位調整という面倒な作業があり時間がかかる。





川床は水の流れが止まってヘドロ化したため酸素を送り込む巨大なポンプを導入したり、根付くことのない葦を見た目は生えているように人工植樹でごまかしたり、今後も問題をすり替える施策を高じながら河口堰そのものの維持管理に巨額の費用が投資され続けていくのだろうか。






河口堰以外にも様々な文化遺産へ案内していただいたが、この鳥居を舟から見たときはものすごく感動した。





これが伊勢神宮の第一鳥居。
このとき桑名の七里の渡しはお伊勢参りの入口だったとはじめて知る…

昔の東海道が海だったころ、熱田から桑名までの七里を舟で渡っていた記憶が甦る。
今月末には12mの葦船プロジェクトが熱田を出航して、伊勢の前にここに寄ることになっている意味がよくわかった。
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=3753

とにかくすべてはつながっているのだ!





mixi版の日記はこちら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1595707226&owner_id=4857509
mixiの方は「飛騨*美濃*尾張∞火と水の調和」コミュにもぜひご参加ください!
http://mixi.jp/view_event.pl?id=56530692&comm_id=3180326


...


10/18-20 名古屋 13人のグランマザーinあいち 〜世界を癒すグランマたちによる円卓会議、祈り これからの7世代と、さらに続くこどもたちへ
このブログやmixiコミュで何度もお知らせきたグランマが、いよいよ13人そろって名古屋に集まります!!!



 赤い人、白い人、黒い人、黄色い人。4つの肌の色、4つの人種が集まり


   つながったとき、すべて生命がひとつの聖なる輪の中に存在する世界が始まる。


 東にある光の家から 内なる知恵の夜明けがわきおこり われらは

   すべてをはっきりとみる。(銀河の七方向の祈りより)



13人のグランマザーとは?
http://motherspirit.org/grandmother/index.html

2004年10月11日、ニューヨーク北部に広がる森林と小川と草原に囲まれたチベットハウス(Tibet House US)のメンラ・マウンテン・リトリートに、アラスカのツンドラ地区、南北・中央アメリカ、アフリカ、アジアなど、世界中から13人のグランマザーたちが集まりました。
ほんの数日の会議でグランマザーたちは、共通の目標とそれぞれが抱える地域的な問題に奉仕するため共に働くことを目指し、地球規模の新しい同盟を作ることに合意しました。初めての会議は希望とインスピレーションに満ちた時間でした。グランマザーたちは祈り、行動する女性たちです。
グランマザーたちはそれぞれの部族の伝統的な教えによって、地球のエネルギーとつながります。この世界は自然の法則やあらゆる生命を尊敬しようとする古の教えから切り離され、バランスを失ってしまいました。そのバランスを取り戻すためにいのちの環を創り出すのです。


13人のグランマザー第8回国際会議|10月22日-25日
http://motherspirit.org/grandmother/8th-meeting.html

13人のグランマザーたちが、 地球と生きとし生ける全ての命の調和への祈りとそれぞれの神々へ捧げる愛の献身のため、世界各地から再び集まります。
今回の第8回本会議は、日系ブラジル人であるグランマザー・クララがホストとなり、開催されます。
奄美大島は南日本の中でも一番大きい島であり、本会議では奄美大島に古くから伝わる聖なる踊りが披露されます。



このグランマたちを日本で受け入れてお手伝いしているのが、映画「地球交響曲」プロデュースなどで知られる龍村ゆかりさんが主宰する「いのちの環」です。

いのちの環公式サイト
http://motherspirit.org/
いのちの環ツイッター
http://twitter.com/13grandmothers



今までに名古屋では何度もゆかりさんとクララを通じて交流が続けられ...

4/11(日) 3にんのおばあちゃん@尾張戸神社
http://mixi.jp/view_event.pl?id=51993410&comm_id=3180326
5/1-2(土日) アースデイ愛知2010 ~いのちの きおく~
http://mixi.jp/view_event.pl?id=52397274&comm_id=3180326
5/13(木) 13人のグランマザードキュメンタリー映画上映&クララさんを囲んでのお話し会
http://mixi.jp/view_event.pl?id=52873062&comm_id=3180326
8/7-8(土日) 石川仁さんと葦船づくり/龍村ゆかりさんトークと13人のグランマザー上映会@東谷山
http://mixi.jp/view_event.pl?id=54973399&comm_id=3180326
9/11(土) 大きな楠の木の下で ~熱田の森 音楽祭
http://mixi.jp/view_event.pl?id=56080799&comm_id=3180326

COP10に向けて13人すべてのグランマを受け入れるため「いのちの環・あいち」が立ち上がりました!


13人のグランマザー in あいち
http://motherspirit.org/grandmother/nagoya.html

~世界を癒すグランマたちによる円卓会議、祈り これからの7世代と、さらに続くこどもたちへ~


13人のグランマザー
 ドキュメンタリー映画「For the next 7 Generations」上映会

 日時:2010年10月18日(月) 16:00〜17:30(15:30開場)
 会場:名古屋学院大学 体育館 小会場2
 参加費:無料
 定員:72名(※事前予約不要)
 お問い合せ:
  メール:cop10forum@convention.co.jp
  TEL:052-957-2131(※出来るだけ、メールでお問い合せ下さい。)
 主催:CBD市民ネット 地域ネット作業部会


CBD市民ネット グローバル対話フォーラム①(ジェンダー)
 13人のグランマザーからCOP10への提言

 生物多様性会議COP10のオフィシャルサブイベント会場より、グランマザーたちのCOP10へのメッセージを発表します。

 日時:2010年10月19日(火) 10:00~12:00
 会場:名古屋学院大学 体育館 大会場
 参加費:無料
 定員:282名(※事前予約不要)
 お問い合せ:
  メール:cop10forum@convention.co.jp
  TEL:052-957-2131(※出来るだけ、メールでお問い合せ下さい。)
 主催:CBD市民ネット ジェンダーマイノリティー部会


大きな楠の木の下で
 〜13人のグランマザー COP10 円卓会議〜

 日時:2010年10月19日(火) 16:00~19:00(15:00開場)
 会場:熱田神宮会館
 参加費:前売り4,000円(当日5,000円)
 定員:300名(※定員になり次第締切り)
 お問い合せ:
  メール:inochinowa.aichi@gmail.com
  TEL:080-1561-3423
 主催:いのちの環・あいち 
 共催:中日新聞社

 [前売り券ご入金先]
 ゆうちょ銀行 振替口座 00850ー9-107749
 ※振込控えを前売り券としますので、振り込み用紙通信欄に「熱田神宮」とご記入の上、当日必ずお持ちください。


13人のおばあちゃんとおわりのはじまりの祈りの和

 グランマザーと、お祈りと唄の輪を作り、お話を聞きます。

 日時:2010年10月20日(水) 11:00~16:00(10:00開場)
 会場:愛知県森林公園 植物園内広芝生
 参加費:無料(賛同金のご協力をお願いします)
 お問い合せ:
  メール:inochinowa.aichi@gmail.com
  TEL:080-1561-3423
 主催:いのちの環・あいち 
 共催:中日新聞社
 ※事前申込不要。
 ※駐車場に限りがございますので、乗り合わせにご協力ください。


...


10/2-15 映画『祝(ほおり)の島』上映&初日舞台挨拶@名古屋シネマスコーレ
本日10/2より名古屋シネマスコーレにて公開となる『祝の島』では、初日舞台挨拶があります。
10:00の回上映終了後、纐纈(はなぶさ)あや監督が登壇されます!

『祝の島』10/2(土)~15(金)
上映時間:
10/2(土)~9(金) 10:00~11:45
10/9(土)~15(金) 14:45~16:30

詳しくは↓
シネマスコーレ
http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/home.htm

映画『祝の島』公式サイト
http://www.hourinoshima.com/


...
10/8-11/6 葦船プロジェクト☆おかげ祭り&おかげ参り 〜えびす町内会 プロジェクト第二弾
石川仁さんのカムナ葦船プロジェクト
http://kamuna.net/




葦船とは、数千年前から存在している船の中では最古で、葦(パピルス)を束ねて縄でくくられただけの原始的な船です。
古くは、エジプト文明の壁画、ティワナコ文明の織物の模様などにも描かれていました。
現在でも、ティグリス川、ペルーの海岸線、アマゾン川、ラプラタ川、ナイル河、チチカカ湖、ヴィクトリア湖等で漁などの生活手段として使われています。
神話の中にも登場しています。
日本では古事記の中で、蛭子命が葦船に乗せられ流されたとあります。
アメリカ西海岸の先住民ホピ族の祖先は、葦船に乗って大陸間を行き来していた、アンデス・インカの初代王マンコ・カパックは、葦船に乗りチチカカ湖に降り立った、など、世界各国の神話や伝説などで語り継がれています。
ノルウェーの探検家、トール・ヘイエルダール博士による、葦船ラーⅡ号での大西洋横断(1970)、ティグリス号によるティグリス川からエジプトまでの航海(1978)、スペインの冒険家、キティン・ムニョス氏による、ウル号(1986)、マタランギⅡ号(1999)での南米からポリネシアまでの航海などにより、葦船が実際に、大陸間の航海に十分耐えうるものであり、民族や文化の交流がすでにあったという可能性が証明されています。
「カムナ葦船プロジェクト」でも、太平洋横断をすることにより、数千年前に環太平洋の民族の移動が葦船で行われていた可能性を証明することが目的のひとつです。


そんな葦船をCOP10の名古屋でも!と春から動き出していた仲間たち...

3/13(土) こよみあそび【啓蟄】 ~葦を刈り海を思う
http://mixi.jp/view_event.pl?id=51047070&comm_id=3180326
5/1-2(土日) アースデイ愛知2010 ~いのちの きおく~
http://mixi.jp/view_event.pl?id=52397274&comm_id=3180326
8/7-8(土日) 石川仁さんと葦船づくり/龍村ゆかりさんトークと13人のグランマザー上映会@東谷山
http://mixi.jp/view_event.pl?id=54973399&comm_id=3180326


そしていよいよCOP10に向け、今度は12mの葦船を新月の10月8日につくりはじめ満月の23日に海に浮かべて航海に出るという壮大な企画が着々と進んでいます...


~えびす町内会 プロジェクト第二弾~
葦船プロジェクト☆おかげ祭り&おかげ参り

人類が最初に作ったと言われている葦の船を、名古屋の久屋大通公園・光の広場にてワークショップ形式で製作します。
そのワークショップを通じて自然と今の暮らしをサスティナブルなものとするため、南山大学や名古屋大学の教授も協力して頂いております。
期間中は30を超えるブースに 音楽ライブステージが毎日あります。


おかげ祭り 10/8(金)~24(日)  

 久屋大通公園 光の広場
 *葦船完成サイズは全長12m、幅3m、高さ5m

 1)栄の街
 (PARCO東館→SoftBankショップ→サンシャイン栄→若宮大通左折→光の広場)
 2)宮の渡し公園
 (光の広場→宮の渡し公園)

土手などに生えてる葦(あし)と言う植物を使って船を作ります!

そして作った葦船を神輿にして、COP10と協力して全国から集まった人と、栄を1000人規模でパレードをする。
それからまたパレードで名古屋港まで行って進水式。

おかげ参り 「つまり航海です!」


おかげ参り 10/29(金)~11/6(土)

 宮の渡し→桑名→伊勢神宮

葦船で宮の渡し公園(名古屋港)から120キロ離れた伊勢神宮まで航海します。
航路は名古屋港→桑名→伊勢神宮です。
伊勢神宮についたらお参りします。
10/29出航し、11/3頃に伊勢神宮に到着予定です。


何故このイベントをやるのか

 風を呼び、風に乗る。―海を渡る葦の船

 今年10月、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開催されます。
 世界各地より多数の人々、メディアが名古屋を訪れることとなるこの会議は、日本の、とりわけ名古屋の古き良き文化を広く知っていただくまたとない機会とも言えるでしょう。
 この好機に、私たち“えびす町内会”は新たな形の“祭り”を計画しました。日本で育まれてきた独自の文化ともいえる“祭り”を、世界の人々とコラボレーションして作りあげ、一つの民族・地球人として共有したいと思っています。
 “祭り”を外国語に訳すことはできません。ただ、日常と非日常を、歴史と暮らしを、そして共に生きる人々を繋ぐ力を“祭り”が持っているとすれば、根底にあるものは誰もが共有できるのではないでしょうか。

 国際会議が行われ、なにがしかの決定が下されたところで、世界を変えることは困難です―まずは人の意識が変わらない限り、何も変わることはないのです。

 人が集まり、人と人とが手を取り合って、出逢い・感じ合い・響き合う。“葦船”を通じ、私たちはそうした場を作り上げたいと考えます。
 世界中に植生する葦で船を製作し、お祭りの神輿として共に担ぐことで、携わる人々の心に少しでも新たな風が吹き込むことを期待して。
 そして、陸から生まれた世界の風が、海に漕ぎ出す船を後押ししてくれることを。



まだ未定な部分もあり予定の変更もあり得る状況ですので、最新情報は以下のサイトにてお願いします!

カムナ葦船プロジェクト
http://kamuna.net/
えびす町内会葦船プロジェクト
http://ashibune.yebis.net/

葦船プロジェクトのブログ
http://ameblo.jp/ashibune/
葦船プロジェクト on USTREAM
http://www.ustream.tv/channel/%E8%91%A6%E8%88%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

えびす町内会
http://www.yebis.net/
えびす町内会 on Twitter
http://twitter.com/yebischounaikai


...
<<prev | 最新 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 最初 | next>>