月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2468958
Today:127
Yesterday:1354
<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>
2016年03月19日のツイート 〜春分に向かって音と光と舞いの螺旋回転

2016年03月19日(土) 13 tweets


“太陽風の速度は下がりつつあります。フィンランドで、現地17日未明(日本時間17日朝)に撮影されたオーロラをどうぞ…”

#宇宙天気 ニュース(2016/ 3/18 12:09)

pic.twitter.com/wX0Nf0SKoK

posted at 01:10:07


【音と光のリトリート&ライブ】

春分翌日の21日は、奈良裕之さんと金山巨石群へ。
それから、cafeぷらなに移動して…

参加希望の方がいらっしゃいましたら、わたし宛にメッセージください。

pic.twitter.com/t2bcII99nL

posted at 01:22:23


【訂正】弥生九日→ 如月九日。春の彼岸入り。暑さ寒さも彼岸まで。春秋分の前後三日で、計七日間。昼夜等分で、地上のすべてに等しく太陽が照らし、彼の世と此の世の境界がなくなる。西の彼方の極楽浄土、彼岸会は日本独自のもの。ヒガンは日願と…
https://twitter.com/fuhgetsu/status/710268080610369537

posted at 01:48:23

 

太陽凝視について、こちらのページが参考になるかもしれません。

やってはいけない太陽凝視 | 人生が輝き、超!超!超!運がよくなる方法
https://nanakete.wordpress.com/2014/05/20/sun_gazing/

posted at 02:23:25


(再掲)直視することはきっかけにすぎません。
目を瞑って、エネルギーをあてるだけでいい。
たとえ雨でも曇ってても、スポット光が射し込まずとも。
そんなイメージの画像をつくってみました。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/710842666401943552

pic.twitter.com/MwGy4fMy9g

posted at 02:26:29


2012年の春分は、ラビラビ×金山巨石群でした。
https://twitter.com/jiunnjiunn/status/711013155976007680

pic.twitter.com/dvFd3V2toO

posted at 12:02:08


2016年3月18日23時12分 父島近海 【M5.1】 D34.7km
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us20005ar6

#ナヰフル

pic.twitter.com/Tpv4lTdAts

posted at 14:26:02


二十四節気の啓蟄。
昨夜の春嵐で、今年初のカエルが鳴いた。
昨夏までカエルの合唱が鳴り響いたうちの前の田んぼは、冬眠してる間に埋め立てられ、ソーラーパネルの畑になった。

pic.twitter.com/Br7IrWZq1X

posted at 17:42:58


(承前)辛うじてわが家の小さな庭で冬眠していたカエルが、目覚めたのだ。
今朝までの雨は上がり、桜の開花があちこちからきこえる陽気で、まだカエルは鳴いている。
もうきけないとあきらめてた歌がきけて、とても嬉しい。
生きててくれてありがとう。

posted at 17:43:20


4年前の2012年も閏年だから。
2月が29日まであるため、1日ずれて、春分が3月20日だったんですね。
https://twitter.com/jiunnjiunn/status/711128484395880448

posted at 19:16:43


今夜のCafeぷらなは、おとのわライヴ。
祝詞による言霊と、クリスタルボウルの音霊。

pic.twitter.com/51P7gnvKOU

posted at 23:50:52


宇宙は果てしないのではなく、その中心へ向かって深く降りてゆく感じ。
透明でパワフルなクリスタルの響き、言葉以前の祝詞の響き、そこに舞いが加わり、古代の神殿や大自然の中でこのような光景をみた記憶がよみがえる。

pic.twitter.com/LalmqH6N0S

posted at 23:54:51


初のおとのわ体験はぐるぐるめぐる、まさに音の環でした。

pic.twitter.com/CjpMYR9Mo3

posted at 23:55:23











2016年03月29日のツイート 〜宇宙はわれわれひとりひとりのなかにあり光は音となり音は光となって響きあう/サクラに宿る太陽の魂/春分の太陽から受け取った調和の光のエネルギー玉

2016年03月23日のツイート 〜月蝕のきさらぎ望月/春分満月のイースター復活祭とは/奈良裕之@金山巨石群では本当に音と光がシンクロしていた

2016年03月22日のツイート 〜わたしの心の中心にある金華山と長良川/お彼岸の岩戸岩窟観世音菩薩

2016年03月21日のツイート 〜春分のスポット光&音と光のリトリート@金山巨石群/奈良裕之ライブ@cafeぷらな

2016年03月20日のツイート 〜六波羅蜜で7日間のお彼岸は「1のまわりの6」/2016【春分】金山巨石群で受け取った調和の光

2016年03月19日のツイート 〜春分に向かって音と光と舞いの螺旋回転

2016年03月18日のツイート 〜#金山巨石群【春分のスポット光】過去のダイジェスト版/第三の目を開く太陽瞑想のイメージ

2016年03月17日のツイート 〜土の兄(つちのえ)の産土の太陽と春の彼岸入り/出生の秘密と満潮に向かう螺旋回転/春分の太陽を送迎する日願(ヒガン)と御来光の道

2016年03月09日のツイート 〜古代太陽信仰と松果体 Open Your Third Eye




2016年03月18日のツイート 〜#金山巨石群【春分のスポット光】過去のダイジェスト版/第三の目を開く太陽瞑想のイメージ

2016年03月18日(金) 16 tweets


“そもそも地震国である日本に原発を建設することは自体、間違った選択ではないのだろうか。その意味で、福島の悲劇は自然だけによるものではなく人為的なもの…”

私は信じる 自然災害と日本人
http://www.nippon.com/ja/column/g00353/

pic.twitter.com/897pYGImrH

posted at 00:12:01


“クリなどの木の実を採取して調理し草食動物も一緒に食べていた。魚や貝は煮炊きせず直接焼いたり薫製にして食べていた。かつて福島で暮らした人々の家族の形が浮かんでくる。土器が時空を超えて現代人に語り掛ける…”

縄文人の食卓(福島民報)
https://www.minpo.jp/news/detail/2016031529569

posted at 00:17:22


“15日夜、阿蘇に春の訪れを告げる「火振り神事」が阿蘇神社であった。火をつけたカヤの束が振り回され、参道に炎の輪が連なった…”

春告げる炎の輪 熊本・阿蘇神社で火振り神事(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3H3T12J3HTLVB003.html

pic.twitter.com/Qa68J6qSh4

posted at 00:23:46


画像:大勢の人に見守られる中、田縣神社の境内を練り歩く大男茎形

“世界的にも珍しい祭りで、多くの外国人観光客も訪れた…”

豊年祭に外国人も含め8万7千人 小牧の田縣神社(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016031590192121.html

pic.twitter.com/dwypaG3QXf

posted at 00:30:48


今日は、三男の卒業式でした。
ハンカチなしでいられません。
新しい門出に旅立っていく姿。
そう、君の後ろに道はできる!

pic.twitter.com/q6f2mdPBTa

posted at 20:28:37


二月吉日。彼岸。春分(彼岸の中日)をはさんで前後三日の七日以内に行う祖先供養ですが、本土と違い墓参りはほとんど行いません。代わりに、トートーメー(仏壇)に御馳走をお供えします。農作業の区切りとして行われていた行事が仏教と結びつき、年中行事として定着したといわれています。 #琉球暦

posted at 21:27:18


東(アガリ)ぬニライカナイと、西(イリ)ぬ浄土。

海上の遙か彼方にあるニライカナイは、魂が生まれ魂の還る場所。

そして、遙か彼方の西方浄土に思いをはせ。

真東から昇り真西に沈む、日願の太陽(ティダ)に感謝。

pic.twitter.com/8tGdLTEl9g

posted at 21:36:47


金山巨石群のピンポイント天気も、週末は下り坂。
だいたい予想はしてましたが、早めに天候が回復する予報に変わってきました。
時間帯によってわりませんが、20日の春分も21日も良好なスポット光が期待できます。

pic.twitter.com/G8JN3pZKPK

posted at 23:18:09


わたしは観たことがあるので最悪観れなくても心づもりがありますが、この日に絞って訪れる方々には、ぜひ体感していただきたいと思います。
万が一滞在中に光が射し込まずとも、石のパワーに包まれた中で太陽瞑想するにはばっちりな場所ですので、癒されつつ楽しんでいってください。

posted at 23:18:19


観光とは、その土地にある光を観ること。

[musublog] 全方位の光を観ること ~omni Sight Seeing~
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=36252

posted at 23:42:54


金山巨石群では、春分と秋分や夏至の前後、巨石で組んだ神殿の中にスポット光が射し込みます。
毎年、大きく4つの節目に太陽イベントがあり、それぞれ3つの巨石群が配置されています。

pic.twitter.com/tkrmhbSGoe

posted at 23:49:42


わたしが通いはじめて7年くらいになるになるかどうかですが、天気予報もあてにならず、雲が出て観れなかった年もあり、天気予報が悪くても現地へ行き、あきらめかけた瞬間に現れたスポット光に感動したこともあります。

pic.twitter.com/ZJbEyxBjbZ

posted at 23:51:13


こうして毎年観てても飽きないというか、毎回違うんです。
写真は、過去のダイジェスト版としてまとめてみました。

pic.twitter.com/eljJfjIPab

posted at 23:52:00


強い陽射しとなれば、そのスポット光も強く射し込み、薄曇りならやはり弱々しい光となって現れますが、その光の中で微細な変化に気づくことがあったり、それはそれで感動します。

pic.twitter.com/MfHXHz2tYa

posted at 23:53:04


先日の日蝕のときに触れた、太陽光と松果体の関係ですが…
https://twitter.com/fuhgetsu/status/707224933210796033

posted at 23:57:29


直視することは、きっかけにすぎません。
目を瞑って、エネルギーをあてるだけでいい。
たとえ雨でも曇ってても、スポット光が射し込まずとも。
そんなイメージの画像をつくってみました。

pic.twitter.com/HHgHSIWiIw

posted at 23:57:53











2016年03月29日のツイート 〜宇宙はわれわれひとりひとりのなかにあり光は音となり音は光となって響きあう/サクラに宿る太陽の魂/春分の太陽から受け取った調和の光のエネルギー玉

2016年03月23日のツイート 〜月蝕のきさらぎ望月/春分満月のイースター復活祭とは/奈良裕之@金山巨石群では本当に音と光がシンクロしていた

2016年03月22日のツイート 〜わたしの心の中心にある金華山と長良川/お彼岸の岩戸岩窟観世音菩薩

2016年03月21日のツイート 〜春分のスポット光&音と光のリトリート@金山巨石群/奈良裕之ライブ@cafeぷらな

2016年03月20日のツイート 〜六波羅蜜で7日間のお彼岸は「1のまわりの6」/2016【春分】金山巨石群で受け取った調和の光

2016年03月19日のツイート 〜春分に向かって音と光と舞いの螺旋回転

2016年03月18日のツイート 〜#金山巨石群【春分のスポット光】過去のダイジェスト版/第三の目を開く太陽瞑想のイメージ

2016年03月17日のツイート 〜土の兄(つちのえ)の産土の太陽と春の彼岸入り/出生の秘密と満潮に向かう螺旋回転/春分の太陽を送迎する日願(ヒガン)と御来光の道

2016年03月09日のツイート 〜古代太陽信仰と松果体 Open Your Third Eye




2016年03月17日のツイート 〜土の兄(つちのえ)の産土の太陽と春の彼岸入り/出生の秘密と満潮に向かう螺旋回転/春分の太陽を送迎する日願(ヒガン)と御来光の道

2016年03月17日(木) 13 tweets


如月九日。社日/戊戌(つちのえいぬ)。雑節のひとつで、春分秋分に最も近い戊(つちのえ)の日。この日は産土神に参拝し、春社は五穀の種を供えて豊作祈願、秋社にその年の収獲を感謝する。古代中国に由来し、社=土地の守護神を意味する。土地公ともいい、沖縄では二月二日の土帝君がそれにあたる。

posted at 09:25:31


【社】の初文(つくりかけ)は「土」。土を守るための地主神を象った象形文字。「うぶすな」のことで、神社を表わしたもの。土の字の意味が多様化したので、神事を表わす「示」を付けて形声文字になりました。社の訓読みの「やしろ」は、屋代、つまり神の来臨を迎えて、設ける仮の建物です。≪白川静≫

posted at 09:27:04


【社】の初文(つくりかけ)は土。土を守るための地主神の象った象形文字。神事を表わす「示」を付けて形声文字になりました。【里】は「田+土」、【埜〔野〕】は「林+土」ですから、田の社、野の社つまり田の神や野の神、またその社を意味する字。

pic.twitter.com/HDG0UkcYKK

posted at 09:31:41


社とは、産土(うぶすな)神の意。
社の文字自体に「土」があるように、シロは土地の神。
十干の戊(つちのえ)は土の兄(陽)で、土の陽の氣が高まる日。
戊(ボ)は十干の五番目、陰陽五行で土性の陽。
だから土の兄(え)。
母なる大地の奥深くから、内から外へ螺旋回転で上昇するエネルギー。

posted at 09:32:28


弥生九日。春の彼岸入り。暑さ寒さも彼岸まで。春秋分の前後三日で、計七日間。昼夜等分で、地上のすべてに等しく太陽が照らし、彼の世と此の世の境界がなくなる。西の彼方の極楽浄土、彼岸会は日本独自のもの。ヒガンは日願とも書き、朝には東の、昼には南の、夕には西の寺社を詣でる太陽信仰の名残。

posted at 09:54:41


金華山でクロスする調和のレイライン 〜伊勢−白山の南北ライン×玉前−出雲の御来光の道
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=5802

ときに導かれ、いつも往ったり来たりしてる不思議な旅。

pic.twitter.com/byTWvEhfVo

posted at 09:58:57


三内丸山からたくさん出てくる十字土偶に、御来光の道を逆さにして重ねてみた…

      【サ】伊勢

【キ】玉前 【ヲ】金華山 【ツ】出雲

      【ネ】白山

キツヲサネ(東西中南北)
ヨモトナカナリ(四方と中央なり)

pic.twitter.com/AAsB6pWhjW

posted at 10:05:33


旧暦をやりはじめたころ、自分の誕生日がいつなのか調べたら閏七月十六日で、満月の大潮だったことが判明。
ならば、その日の潮汐も気になった。
しかし、母子手帳にはなぜか生まれた時間が記されていなかった。
母は十数年前に脳梗塞で倒れ、今では要介護でやっとこさの余生を過ごしている。

posted at 14:22:47


だから、何度きいてもわからない。
今朝、母に電話してもう一度訪ねてみた。
なんせ半世紀近く前のことを、一度細胞が破壊された脳の中を旅するのだからなおさらだけど。
思い出したら電話してもらうことにして、一旦電話を切った。

pic.twitter.com/gDP6WXCMi8

posted at 14:28:05


それからしばらくして、前夜に破水して日の出前の未明だったから午前2時とか3時くらいだったと思い出してくれました。
母は満月時刻のジャストに破水して、わたしは大潮の干潮から満潮に向かって螺旋回転しながら出てきたようです。

pic.twitter.com/VfRiY1brPv

posted at 14:28:33

 

春分の日。
上総一宮の玉前神社では、真東を向いた参道から登った太陽の光が参道と一の鳥居二の鳥居を突き抜けて西へ向かっていく。
その光は寒川神社へ達し、さらに富士山頂、日蓮宗の聖山である七面山、琵琶湖竹生島の弁財天社、大江元伊勢の日室岳、大山の大神山神社を経て、出雲大社へと達する。

posted at 19:49:24


春分と秋分のお彼岸中日に、玉前と出雲を結ぶレイライン、御来光の道。
そのど真ん中にある岐阜の金華山では、富士山から朝日が昇り伊吹山にその夕陽が沈みます。

キツヲサネ ヨモトナカナリ

玉前/出雲/金華山/伊勢/白山、四方と中央なり

pic.twitter.com/bI6Shd8fvp

posted at 20:39:08


太陽が真東から出て真西に沈む春分。
もともと彼岸の中日には太陽の動く道筋に沿って歩き太陽を送迎する日願(ヒガン)の慣わしがあった。
地域によって、彼岸の七日の間に、朝は東の、昼は南の、夕は西の社寺に集まり、一日中太陽の巡りを追ってお伴する「日の伴」や「日迎え日送り」をしたと云う。

posted at 23:34:06











2016年03月29日のツイート 〜宇宙はわれわれひとりひとりのなかにあり光は音となり音は光となって響きあう/サクラに宿る太陽の魂/春分の太陽から受け取った調和の光のエネルギー玉

2016年03月23日のツイート 〜月蝕のきさらぎ望月/春分満月のイースター復活祭とは/奈良裕之@金山巨石群では本当に音と光がシンクロしていた

2016年03月22日のツイート 〜わたしの心の中心にある金華山と長良川/お彼岸の岩戸岩窟観世音菩薩

2016年03月21日のツイート 〜春分のスポット光&音と光のリトリート@金山巨石群/奈良裕之ライブ@cafeぷらな

2016年03月20日のツイート 〜六波羅蜜で7日間のお彼岸は「1のまわりの6」/2016【春分】金山巨石群で受け取った調和の光

2016年03月19日のツイート 〜春分に向かって音と光と舞いの螺旋回転

2016年03月18日のツイート 〜#金山巨石群【春分のスポット光】過去のダイジェスト版/第三の目を開く太陽瞑想のイメージ

2016年03月17日のツイート 〜土の兄(つちのえ)の産土の太陽と春の彼岸入り/出生の秘密と満潮に向かう螺旋回転/春分の太陽を送迎する日願(ヒガン)と御来光の道

2016年03月09日のツイート 〜古代太陽信仰と松果体 Open Your Third Eye




2016年03月09日のツイート 〜古代太陽信仰と松果体 Open Your Third Eye

2016年03月09日(水) 21 tweets


なぜ太陽を直視すると体調がよくなるのか。
太陽凝視やサンゲージングといって古代では当たり前だった自然な行為。
太陽が直接に入ってくることで、もう使われなくなってしまった第三の目ともいわれる“松果体”を刺激し、活性化することができる。

pic.twitter.com/eLjKjDWt7h

posted at 00:22:18


“暦や天文学が高度に発達したマヤ文明では、鉄器は使用されず、石器を利用して彫刻や建造物などをつくりあげた。鉄器を利用した文化に勝るとも劣らない文明、それがマヤ文明なのである…”

第1回 知ってるようで知らないマヤ文明(ナショジオ)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20121127/331997/

posted at 01:32:10


“チチェンイツァ遺跡のククルカンの神殿。暦が刻まれているだけでなく、春分と秋分の日だけ約30分間ピラミッドの階段部分に蛇が浮かびあがる…”

第2回 マヤピラミッドの真実(ナショジオ)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20121130/332418/

pic.twitter.com/ktFcZSKgQL

posted at 01:33:34


“世界中の先住民達は、春分夏至秋分冬至を最も重要な日ととらえ、太陽への感謝を表わす祈りの儀式を行ないます。マヤの伝統的なカレンダーは、春分の日からスタート。マヤの太陰暦スタートは、春分の日以降に昇る最初の満月…”

マヤ・カレンダー
http://www6.plala.or.jp/nagaku/main-calendar.htm

posted at 01:39:23


如月一日。
新月/日蝕
新しい月が立つ、朔(つひたち)。
春分を含む二月は、春の氣が更にやって来るから“きさらぎ”。
新月となるのは、本日9日の10時54分です。

#朔望

2016年3月9日:皆既日蝕(インドネシア、太平洋北部)
https://twitter.com/fuhgetsu/status/707162100439732224

posted at 01:55:24


キツヲサネ ヨモトナカナリ

“袋井市中の西向遺跡から、鎌倉時代の地鎮祭でまじないに使われたとみられる十字文様の砥石が出土…”

十字文様の砥石出土 袋井市・西向遺跡_静岡(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160306/CK2016030602000041.html

pic.twitter.com/3Sg1vXxTAK

posted at 02:09:57


二月一日。
修二会(東大寺)。
二月に修する法会のことで、二月堂の名もこのことに由来。
現在は3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の二月一日から十四日の二七ヶ日夜(二週間)の間に行われていました。
お水取りは、十二日深夜に「若狭井」からお香水を汲み上げる儀式…

posted at 02:49:55


予報通りの雨です。
こちらに、海外の皆既日食中継リストあり。

星の子館・3月9日の部分日食ネット中継
http://www.city.himeji.lg.jp/hoshinoko/kansoku/live/live_solarec.html

posted at 10:47:28


ホルスの目

第三の目の松果体

https://twitter.com/fuhgetsu/status/707224933210796033

pic.twitter.com/LTS0JlzyvI

posted at 12:59:20


松果体は、まさに松ぼっくりのようなカタチをしてます。

https://twitter.com/fuhgetsu/status/707224933210796033

pic.twitter.com/YmwJwV4IuH

posted at 12:59:44


松果体とは、脳の中にある小さな内分泌器でホルモンやメラトニンを分泌することで知られている。
それを知らずとも、昔から第三の目を開眼し覚醒することが知られている。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/707224933210796033

pic.twitter.com/rR0BXsh60I

posted at 13:00:50


ヨーガでは6番目のチャクラ、アージニャー・チャクラ。
第六チャクラは、眉間にある仏眼。
仏像のあれも、インドの女性がつけているビンディーも。

pic.twitter.com/yqGr6KXYOf

posted at 13:03:32


日蝕よりも、太陽凝視について触れた途端、アクセスが増えました。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/707224933210796033

すでにやってる方も多く、みなさんやっぱり何か感じてるんですね。
いつも思うのですが、日食や月蝕を観たいという思いが強いほど、その日に限って雨が降ることが多いものです。

posted at 13:05:07


でも、太陽が昇るとき、あるいは沈むとき、わたしたちの中にある太陽も昇って、また沈まなければならない。
同じように、日蝕や月蝕のとき、わたしたちの中にある月と太陽は、わたしの中にある月と太陽がひとつに重なり合う。
太陽を直視することが重要ではなくて、第三の目を開眼し、覚醒すること。

posted at 13:06:34


直接太陽を観なくても、雲隠れした太陽や、昼間には見えない月も、太陽にいくつの惑星があって、宇宙にどんな星があるのかも。
目に見えない光であっても、たとえ目が見えなくなっても、第三の目で観ることができるのです。

posted at 13:13:36


日蝕と月蝕のときには、天皇の御座所の御簾は下ろされたと云う。
日本では、とりわけ籠もらなければいけなかったのは天皇である。
その妖光が放つ穢れから忌み籠ったとも云われていますが、これは天の太陽がお隠れになったのだから、地上の太陽である天皇もお隠れになった、と考える方が自然ですね。

posted at 13:15:11


2016年3月9日12時30分現在

伊方町 伊方越【3.0倍】
伊方町 大成【2.6倍】
道の駅しもごう【2.1倍】

#伊方原発 #福島原発 #柏崎刈羽原発

#空間線量
http://news.whitefood.co.jp/radiationmap/

pic.twitter.com/ZTNFSz8qb7

posted at 13:47:32


“大津地裁は9日、運転差し止めを決定。決定は直ちに効力を持つため、関電は2基のうち営業運転を続ける3号機を停止する方針。仮処分決定で稼働中の原発が止まるのは全国初…”

高浜3、4号機の運転差し止め 大津地裁が仮処分決定(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016030901001361.html

posted at 17:05:17


“福島原発事故後、新規制基準のもとで再稼働を進めてきた政府に見直しを迫る事態となった。電力自由化を控え、関電は再稼働を急いできたが、計画変更を迫られるのは必至だ…”

高浜原発3・4号機、運転差し止め仮処分決定 大津地裁(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASJ37454PJ37PTJB00C.html

posted at 17:06:59


“7日午前、新潟市西区五十嵐一の町の海岸に体長5メートルほどのクジラが流れ着いているのが見つかったと新潟市に連絡があった。オウギハクジラとみられ、県内では過去に16頭が漂着している…”

新潟市の海岸にクジラの死がいが漂着(日テレ)
http://www.news24.jp/nnn/news8829672.html

posted at 23:46:03


“太陽風は平均的な状態に戻っています。C1の小さいフレアが起きています。ノルウェー・スバールバル島で撮影されたオーロラを…”

#宇宙天気 ニュース(2016/ 3/ 9 15:31)
http://swnews.jp/2016/swnews_1603091531.html

pic.twitter.com/PmI4WqNN97

posted at 23:59:58











2016年03月29日のツイート 〜宇宙はわれわれひとりひとりのなかにあり光は音となり音は光となって響きあう/サクラに宿る太陽の魂/春分の太陽から受け取った調和の光のエネルギー玉

2016年03月23日のツイート 〜月蝕のきさらぎ望月/春分満月のイースター復活祭とは/奈良裕之@金山巨石群では本当に音と光がシンクロしていた

2016年03月22日のツイート 〜わたしの心の中心にある金華山と長良川/お彼岸の岩戸岩窟観世音菩薩

2016年03月21日のツイート 〜春分のスポット光&音と光のリトリート@金山巨石群/奈良裕之ライブ@cafeぷらな

2016年03月20日のツイート 〜六波羅蜜で7日間のお彼岸は「1のまわりの6」/2016【春分】金山巨石群で受け取った調和の光

2016年03月19日のツイート 〜春分に向かって音と光と舞いの螺旋回転

2016年03月18日のツイート 〜#金山巨石群【春分のスポット光】過去のダイジェスト版/第三の目を開く太陽瞑想のイメージ

2016年03月17日のツイート 〜土の兄(つちのえ)の産土の太陽と春の彼岸入り/出生の秘密と満潮に向かう螺旋回転/春分の太陽を送迎する日願(ヒガン)と御来光の道

2016年03月09日のツイート 〜古代太陽信仰と松果体 Open Your Third Eye




2016年02月20-21日のツイート 〜式内社の鳴海杻神社と小塞神社と若栗神社/記紀の欠史八代と古代尾張の出雲系と天皇系の母系タラシ

2016年02月20日(土) 26 tweets


大縣神社の別宮に三明神社があります。
三明神社は尾張北部にだけ散在してますが、天照大神と熱田大神と大縣大神の三神であるとか、祭神不明で由緒も不詳。
尾張一宮の真清田神社は、後に入ってきた三輪氏によってかなり脚色されてます。(つづく)
https://twitter.com/fuhgetsu/status/700695344598781953

posted at 00:26:03


(承前)真清田大神がニギハヤヒというのは最近の説で根拠のない話。
本殿の真裏に別宮の三明神社が祀られてます。
ここが本命で、真清田神社を拝めば自然と拝む形になっている。
真清田大神の荒御魂でセオリツヒメともいわれてます。
ホツマツタエではアマテルの后であり、ニギハヤヒの姫ですね。

posted at 00:33:59


(承前)東国の尾張がおおらかだったともいえますが、難しくされてしまったというか、それだけ隠されてる神々もすごいということ。
もとは背後の山の自然神であっても、大和朝廷ができるときに消された神々がいることも、忘れてはならない歴史があることも、地元の人によってしか守ることができない。

posted at 01:05:53


特集ワイド:それホンモノ? 「良き伝統」の正体 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20160125/dde/012/040/002000c

posted at 01:48:28


【国会ハイライト】「ナチスの手口に学べ」麻生発言の真意を維新・柿沢氏が直接追及!「緊急事態条項はナチス独裁のプロセスにそっくりだ」〜麻生氏「おもしろいですな」と余裕を演じつつ議論からは「逃走」!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/287880

posted at 02:20:25


【国会ハイライト】自民党・丸山和也議員の「黒人奴隷が米大統領」差別発言と「日本が米国の51番目の州に」売国発言の「根っこ」に迫る!安倍政権による「米国属国化」とつながり?背後にある謎の集団とは?
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/287873

posted at 02:21:44


「怖いのはそうした過去を忘れ、今あるものを『これが日本の伝統。昔からそうだった。だから日本人は昔から優れていた』と思い込むこと。これは非合理的な思考だし他国を見下す思想につながる。近ごろはそんな風潮が広がっているようで心配です……」
https://twitter.com/fuhgetsu/status/700723636542394368" href="https://t.co/kQR9r4QMDx" target="_blank">https://twitter.com/fuhgetsu/status/700723636542394368

posted at 02:33:44


「明治以降の夫婦同姓が家族本来のかたち、という考え自体が『日本の伝統』と呼べるのかは疑問だし、別姓を認めると家族の一体感が損なわれるという反論も根拠があるのでしょうか」

特集ワイド:それホンモノ? 「良き伝統」の正体 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160125/dde/012/040/002000c

posted at 02:37:36


弁護士である丸山氏がここまで頭が狂うとは思えず、背後にある台本を読まされてる感。
黒人奴隷の人種差別をしているというより、アメリカの51番目の州になった方が日本にとって良いといっている。
アメリカをバカにしつつ、自ら奴隷根性を曝け出す。
逆にいえば、すでに属国なのだから認めろと。

posted at 02:54:42


(承前)スサノオの子と孫がニギハヤヒとウマシマジとすると。
犬山の栗栖神社の祭神がウマシマジ。
尾張氏が入ってくる前の物部色が陸地だったエリアに残ってて、縄文海進が次第に後退してゆく中で尾張という葦原の中つ国が広がっていったときの記憶が、物語として各神社に綴られてる感じがします。

posted at 12:37:45


(承前)清洲には巨大な弥生遺跡、朝日遺跡があり、津島はスサノオの牛頭天王、味鋺にウマシマジとその子マジニギタが祀られてます。
アユチの風に乗って、尾張氏の船は南から入り、北の在地勢力と戦うことなく融合していったのでしょう。
その名残が、大縣と田縣の豊年祭に見て取れると感じてます。

posted at 12:41:14


正月十三日。十三祝い。女の子の十三歳のトゥシビー(生年祝い)は盛大におこなう。生年祝いの日は、正月の日干支で決まる。昔は女性が早婚だったため、生家でのトゥシビーが最初で最後となるためにぎやかに祝う習慣となった。本土でも十三歳は女の子の厄年で、十三詣りを三月十三日に行う。 #琉球暦

posted at 14:52:38


雨水に濡れる梅の花

pic.twitter.com/91GphLxWgG


posted at 19:10:33


愛知県犬山市羽黒にある、式内社の鳴海杻(てがし)神社。

pic.twitter.com/NwvTqEdw46

posted at 19:19:53


社殿の木彫り装飾は優雅に揺らめく波を描いてて、その正面に巨大な龍が目を光らせていた。
水神のタカオカミは後世に合祀されたもの。

pic.twitter.com/aG4K3hxPpX

posted at 19:21:05


地名もアユチ潟の成海と同じであることから、荒ぶる五条川の本流が南北を移動しながら現在の位置に落ち着くまで、ここから先には太古の海があったと思われる。

pic.twitter.com/RjuACLYqEQ

posted at 19:22:03


遠津山岬多良欺神といえば、古事記や出雲国風土記に出てくる出雲系の古いカミ様。
なぜか出雲には祀られておらず、全国でもここだけ。
遠く離れた尾張の地で守られてきた。

pic.twitter.com/r6AMxONu8l

posted at 19:23:09


さらにまた、出雲には無くここだけという鳥鳴海神が、ここから真東にある羽黒八幡宮(成海神社)に祀られている。
つまり、この二社でオオクニヌシの神裔とされる最初と最後の神々を祀っていることになる。

pic.twitter.com/bGj9KM54Tv

posted at 19:24:21


しかし、今となっては伝承などが残っている気配が何処にも無さそうである。

pic.twitter.com/bSFmZRlxRX

posted at 19:25:03


式内社:鳴海杻(てがし)神社

祭神:山岬多良欺神(やまさきたらしのかみ)、高於加美神(たかおかみのかみ)

由緒:
鳴海てがし神社は式内社である。式内社とは、927年(延長5年:平安時代)に編纂された延喜式神明帳に記載されている…

pic.twitter.com/ZWj52evr1c

posted at 19:27:49


(承前)2861社の中の1つで、この他に犬山市内には、大県神社・針綱神社・虫鹿神社・立野神社・諸鑑(もろくわ)神社で合わせて6つの式内社がある。鳴海てがし神社の創建は明らかではないが、481年(清寧(せいねい)天皇2年:古墳時代中期)と伝えられおり、この羽黒が歴史ある土地である…

posted at 19:28:39


(承前)ことを物語っている。この神社の祭神の山岬多良欺神(やまさきたらしのかみ)は出雲大社の祭神大国主命の流れをくむ神といわれている。一方、高於加美神(たかおかみのかみ)は1912年(明治45年)にこの神を祭神とする貴船社が合祀され、祭神に追加されたものである。

posted at 19:29:17


(承前)この他に、境内社として南宮社・神明社・多賀社・津島社の4社が祀られている。一方、この神社に併祀されている弁天堂は、江戸時代後期に建てられたもので、当時は満々とした池に浮かぶ風情ある姿であったといわれていたが、近年になって池の水が冬枯れするようになったため、往時の姿を取り…

posted at 19:32:12


(承前)戻すべく井戸を掘り下げ、一年を通して水をたたえる池を完成させた。これを記念して鎌倉の宇賀福神社の銭洗弁財天が祀られている。なお、この神社の名前の『てがし』という語には、モチノキの意味が含まれており、境内には犬山の巨木50選に選ばれた「クロガネモチ」や「ハナノキ」がある。

posted at 19:32:42


古代人(石器〜古墳時代)の足跡

pic.twitter.com/WsIs9nPhRG

posted at 19:33:37


紀元前1200年代の旧石器時代の遺跡である「北屋敷遺跡」、弥生時代末から古墳時代後期にかけての土器片が散布するという「北巾遺跡」、古代人が皿・壺などの焼き物を生産した「古窯跡」、そして、「高橋古墳群」「椿古墳群」と、旧石器時代から古墳時代にわたる遺跡群が知られている。

posted at 19:33:49


2016年02月21日(日) 19 tweets


愛知県一宮市浅井町尾関にある、式内社の小塞(おぜき)神社。
地名は尾関であり、小塞と書いて「おぜき」と読む。

pic.twitter.com/y8fvibUoAE

posted at 00:46:28


続日本紀に見える小塞氏。
その小塞宿根弓張(尾張氏の祖先)の墳墓の上に、小塞氏の祖神である天火明命を祀ったと伝わる。
境内は浅井神社と同じ浅井古墳群の一部で、社殿のある全長32mの前方後円墳が浅井第1号墳。

pic.twitter.com/RHSS4OEnIt




posted at 00:48:13


その東隣りにある浅井第2号墳の上にも小さなお社があり、祭神の天火明命と天香山命の親子のように感じた。

pic.twitter.com/QosHEWeOwZ

posted at 00:49:38


尾張氏の祖神ホアカリと物部氏の祖神ニギハヤヒが同一人物であるなら、アメノカゴヤマとウマシマジは腹違いの子供で、そこから分かれたことになっている。

pic.twitter.com/m4HKRmyzPe

posted at 00:50:14


式内社:小塞(おぜき)神社
祭神:天火明命、天香山命

本社は小塞宿祢弓張の古墳と伝わる前方後円墳の上に祀る
創立不詳なるも延喜式神明帳所載小塞神社本国帳に
従二位小塞神社とあり
昭和十一年六月郷社に昇格せらる
南流周謹書

pic.twitter.com/iQLBltoMU2

posted at 00:50:46


愛知県一宮市島村にある、式内社の若栗神社。

pic.twitter.com/VccJrXr7lD

posted at 01:55:46


尾張には、出雲国風土記や古事記にある謎の神を祀る社が多い。
前出の鳴海杻神社の山岬多良斯に、成海神社の鳥鳴海。
それから、山那神社の八野若比賣に、阿豆良神社の天甕津姫もある。
しかもこれらは、尾張北部の一宮市から犬山市にかけて東西横並びのライン上にあり、この若栗神社もそのひとつ。

posted at 01:56:24


この中でまだ未踏の社は成海神社と山那神社で、あとは不思議なご縁があってすでにお詣りさせていただいている。
たまたまわかってきたのが、これらが欠史八代といわれる歴史の空白に真っ向から風穴を開ける地域だったのではないかということです。

pic.twitter.com/e6z0tIFTGC

posted at 01:57:16


尾張氏の遠祖である奥津余曾=瀛津世襲(おきつよそ)の妹は、古事記では余曽多本姫(よそたほびめ)、日本書記では世襲足姫(よそたらしひめ)で、この地で考昭天皇が妃として娶り、祭神である天押帯日子(あめのおしたらしひこ)命が生まれます。

pic.twitter.com/tdRaEDulL3

posted at 01:57:58


その先が和珥氏=丸邇氏となっていくわけですが、ここからタラシ名を母系で受け継ぐことになる。
出雲系の神でスサノオから数えて15代、オオクニヌシから数えて10代に、遠津山岬多良斯(とおつやまさきたらし)の名がある。

pic.twitter.com/dMsBbf7w5p

posted at 01:59:11


古事記としてはこれがタラシ名の初出。
一方、天皇にタラシ名が初出するのは、第5代孝昭天皇と余曽多本姫の間に生まれた、第6代孝安天皇(倭帯日子國押人)と兄の天押帯日子である。

pic.twitter.com/iI8zSoew5B

posted at 02:01:01


出雲系の山岬多良斯(やまさきたらし)神と、天皇系の天押帯日子命を祀る神社が、尾張の地で仲良く横並びで鎮座している。
この時代の天皇は父系ではなく母系であり、名前も二通りあったとすれば、ややこしい話でもなんでもないのかもしれません。

pic.twitter.com/f6kfrStGxv

posted at 02:01:37


式内社:若栗神社/葉栗神社八幡宮
祭神:天押帯日子(あめのおしたらしひこ)命、応神天皇

pic.twitter.com/foFz7QN9qk

posted at 02:03:37


由緒:
白鳳年間(650~654)、この地域の有力者である葉栗臣人麿が、先祖の天押帯日子命を祀るために創建したと伝えられる。
天文年間(1532~1554)に八幡神が合祀され、慶長十年(1605)、領主の兼松正吉が八幡宮に改称した。
社伝に曰く、第5代孝昭天皇は長くこの地に滞在。

posted at 02:04:28


(承前)尾張連の遠祖、興津余会公(おきつよそ)の妹、余曽多本比売を妃とする。
天押帯日子命が誕生。
命の娘押媛命は孝安天皇の皇后となり、孝霊天皇の御母となる。
当社は男子出産祈願の崇拝あり。
なお、兄である天押帯日子の弟、大倭帯日子國押人が第6代孝安天皇となる。

posted at 02:06:20


《訂正》【 X 】葉栗→ 【◯】若栗

式内社:若栗神社/若栗神社八幡宮
祭神:天押帯日子(あめのおしたらしひこ)命、応神天皇
https://twitter.com/fuhgetsu/status/701089838179614720

posted at 18:13:26


“20日、プルサーマル発電で再稼働を進めている高浜原発4号機の原子炉補助建屋で、約6万ベクレルの放射性物質を含む水が…”

高浜原発4号機、放射性物質含む水漏れ 再稼働に影響も(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2N7J46J2NPLFA004.html

pic.twitter.com/mEXH9N6dNf

posted at 22:57:36


“関西電力は21日、この日始める予定だった起動試験を延期。26日にも再稼働するとみられていたが遅れる可能性が出てきた…”

高浜4号機が起動試験延期 汚染水漏れの原因特定できず(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2P4VSMJ2PPLFA002.html

pic.twitter.com/BJtmJK6uLz

posted at 23:00:00


#ストランディング “14日、中国江蘇省南通市如東県長沙鎮三民村で大人のマッコウクジラが打ち上げられているのを漁業関係者が見つけ警察に通報した。海洋漁業の専門家により死亡が確認…”

江蘇・南通の干潟でマッコウクジラ1頭が死亡―中国
www.recordchina.co.jp/a129074.html

posted at 23:22:57




2016年01月18日のツイート 〜おちょぼ稲荷のカオス空間へ/南濃の老いを養う水晶ざらのエネルギースポット/そして冬土用入り/葦船に乗って10万年前の南太平洋へ

2016年01月18日(月) 14 tweets


今日の午後、久しぶりに家族全員揃ったところで南濃へ。
大好きなおちょぼさんへお詣りして、岐阜のカオスな世界に身を委ねる。

pic.twitter.com/sIM8IIg4DD

posted at 00:30:40


揖斐川、長良川、木曽川が渦巻くように合流する、この辺りが名古屋大須の発祥地だったり、円空が生まれたというのも頷ける。
それくらい、長い時をかけてあまたのエネルギーがぶつかりながらも調和してきた土地柄。

pic.twitter.com/1vX3tSjWm2

posted at 00:33:03


海のもの山のもの川のものと、土地の利を活かしなんでも感謝していただく。
ここに来て、食べないで素通りは不可能。

pic.twitter.com/kEXf8uRb0s

posted at 00:34:39


味噌カツやどての串を立ち喰いし、川魚にナマズの姿焼、スズメやウズラの姿焼まで。
複雑だけど、今年から姿を消すイナゴを土産に買って帰る幸せ。

pic.twitter.com/HpvTLgawe0

posted at 00:35:25


千代保稲荷でお腹も満たして心温まったところで、次は身体を癒す温泉へ。
南濃温泉 水晶の湯は、麓でバスに乗換え、山腹の見晴らしいい湯船までのちょとした旅行気分。
泉質は、海そのものの塩っぱさの塩化物泉。
養老元年の尾張古図でもわかるように、眼前に広がる海に島なみが見渡せたでしょう。

posted at 01:24:11


そこから養老山地が屏風のようにそそり立ち、その谷間で露わになった水晶ざらのエネルギースポットが点在。
東国と西国を隔てるはるか以前から、ここに古代人たちが集い、クオーツの奏でる音楽が響き渡る、まさに老いを養う地だったに違いない。

pic.twitter.com/qrJ6u6aoVg

posted at 01:26:08


2016年1月18日01時50分現在

小田原市 県立小田原城北工業高校:過去30日平均 0.018→ 0.046 μSv/h 【2.56倍】

ただ今の #空間線量(ホワイトフード)
http://news.whitefood.co.jp/radiationmap/

pic.twitter.com/qeoXVDA3nO


posted at 02:07:17


2012年11月10-11日のツイート 〜億計王と赤見皇女の導きによるご縁/縄文の近江で父方一族の発祥地を訪ねる旅
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=44080

pic.twitter.com/6mjTnUuqnK

posted at 03:55:27


師走九日。
冬土用入り。
土公神が司る土用は、本日より節分までの十八日間。
移りゆく四季の真ん中に戻る、冬でもない春でもない五つ目の季節。
陰陽の節目となる、節分が明ければ立春。
命が張る“ハル”の訪れはもうすぐそこまできています。

pic.twitter.com/gUz2C18ybL

posted at 08:34:41


旧暦は太陰太陽暦。
太陽をベースにした月暦。
そのはじまりの基準となるのが立春。
冬至にまかれた陽の一粒から。
節分は一年で最も寒く、夜明け前の最も暗いと感じる季節。
鬼門であり、陰陽の氣が入れ替る節目。
艮の金神のエネルギー転換。

pic.twitter.com/uzEOVPLgUj

posted at 13:00:34


土用は、土旺用事(どおうようじ)の略。 
立秋前の18日間の夏土用だけが残りましたが、各季節ごとにあります。
陰陽五行説で春夏秋冬をそれぞれ木火金水とし、土を各季節の終わりの18日間に当てはめ、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間となる。
最初の日が土用入り、最後の日が土用明け。

posted at 22:35:31


土用は、土旺用事(どおうようじ)の略。 
立秋前の18日間の夏土用だけが残りましたが、各季節ごとにあります。
陰陽五行説で春夏秋冬をそれぞれ木火金水とし、土を各季節の終わりの18日間に当てはめ、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間となる。
最初の日が土用入り、最後の日が土用明け。

posted at 22:37:33


【冬土用】1月17日頃~2月3日頃
冬土用入り(太陽黄径297度)

【春土用】4月17日頃~5月4日頃
春土用入り(太陽黄径027度)

【夏土用】7月20日頃~8月6日頃
夏土用入り(太陽黄径117度)

【秋土用】10月20日頃~11月6日頃
秋土用入り(太陽黄径207度)

posted at 22:38:02


“インドネシアのスラウェシ島で10万年以上前の石器が見つかり、初期人類が南太平洋の島々をさかんに行き交っていたことを…”

南太平洋の島で謎の石器を発見、現生人類の到達前(ナショジオ)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/011500015/

pic.twitter.com/lALptSfsvq

posted at 22:50:38




2016年01月17日のツイート 〜ムーチービーサの真冬に寒桜が/ふたたび億計王の赤見皇女を祀る赤見国玉神社へ/歴史の薄明へといざなう籠守勝手神社のご縁

2016年01月17日(日) 7 tweets


師走八日。
上つ弓張月。
月出は真昼で、月入は真夜中。
太陽が南中する午の刻に昇りはじめた半月は、午後には白い月となり、日没に南中して輝きはじめ、宵の空を照らしながら子の刻に沈む。
上弦となるのは、17日08時26分です。

#朔望

pic.twitter.com/GRrOYGZ4rG

posted at 04:50:38


十二月八日。ムーチー(鬼餅)。餅粉に水を加えて練り、平たく長方形にして、サンニン(月桃)の葉に包んで蒸した鬼餅をヒヌカンや仏壇などに供えて、家族の健康を祈り厄祓いする。一年中で最も寒さが厳しいといわれるこの時期の寒さを「ムーチービーサ」と呼び、急激に冷え込んだりします。 #琉球暦

posted at 04:52:52


(承前)その昔、人食い鬼となった兄を、妹が餅を使って退治したのがこの日。鬼餅の由来は、餅の霊力と女性器のもつ呪力が鬼人を退散させたという古代の信仰にある。「ウネーフカ、フコーウチ(鬼は外、福は内)」といって屋敷の回りにまき、サンニンの葉は十字に結んで、軒下に吊るして魔除けとした。

posted at 04:58:43


これはいつかの春ではなく、今日訪れた近所の境内。
ムーチービーサの真冬に、寒桜が咲いていました。
知らずに来たのでびっくり。

pic.twitter.com/LCajymQeGR

posted at 23:22:25


赤見国玉神社の鳥居をくぐり、左側の枯木が白く見えたので、直感でサクラの開花だと思いました。
この冬が暖かかったからか、四季桜なのかはわからないけど、祭神のアカミノヒメミコに歓迎されてるようでうれしかった。

pic.twitter.com/T2R0htYeCM

posted at 23:23:03


億計王の娘、赤見皇女を祀る、赤見国玉神社。
わたしは過去に、このお姫様をお守りしていたような気がする。
わたしがこの土地に住むことになった、目に見えない導きの力。
そんなご縁のひとつに籠守勝手神社があり、そこで知らされた歴史の薄明。

pic.twitter.com/2zpRIaFtJm

posted at 23:46:41


以前、父方の先祖を辿ると、ここでも赤見皇女をお祀りしていた。

近江国伊香郡磯野集落の氏神である、式内の赤見神社。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/267328515429515264

祭神は、広国排武金日命(安閑天皇)と春日山田皇女(山田赤見皇女)…
https://twitter.com/fuhgetsu/status/267329322904346624

posted at 23:47:26




2015年12月22-23日のツイート 〜2015 冬至祭@朝鳥明神

2015年12月22日(火) 10 tweets


霜月十二日。冬至/乃東生(なつかれくさ しょうず)。#二十四節気 は十一月(子の月)の中気。昼が最短、夜が最長となり、太陽の南中高度が最も下がり南に至る。#七十二候 は十一月中冬至の初侯。草木のほとんど枯れた冬景色の中で、夏枯草(かこそう)=乃東(だいとう)だけが青々と芽生える。

posted at 00:03:53


十一月吉日。トゥンジー(冬至)。トゥンジージューシー(冬至雑炊)を代々からの守り神ヒヌカンとトートーメーに お供えし、家族の健康と繁栄を祈願してから食べます。ジューシーを食べたら一つ歳が増えたことになり、冬至のことを冬至正月(ショーグヮチ)や冬至元旦 (グヮンタン)という。 #琉球暦

posted at 00:08:13


霜月十二日。
冬至/新嘗祭。
宮中の新嘗(にひなへ)祭では、奉納した新穀を下げて天皇と神々が共に食する直会(なおらひ)が行われる。
そのルーツは、冬至粥にある。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/668692240210878464

沖縄のトゥンジージューシー(冬至雑炊)は、その名残り。

#年中行事

posted at 00:10:25


小豆粥は、赤色で邪気を祓う。
その年の新穀(赤米)を冬至まで食べず、神前にお供えし、再生復活した太陽とともに、粥にして神人共食の直会をしたのが新嘗祭のはじまり。
オレンジや黄色の、冬至かぼちゃや柚湯湯も。
冬至の太陽の陽の氣を、食したり浸かったりして身体全体で取り入れてきました。

posted at 00:17:55


魂が殖ゆるネに至り、サの一粒が宿る。
陰が極まって陽に転ずる、一陽来復の言祝ぎ。
太陽は天から墜ちるが如く衰えたかのように見える。
しかし、冬至の日に夏至の一粒が大地に蒔かれる。
そのとき大地母神の子宮は目覚め、陽の胎動がはじまる。

pic.twitter.com/OKagHFbcHW

posted at 00:38:01


ここ美濃では、1500年以上つづく冬至祭が朝鳥明神でおこなわれます。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/678019564186169344

冬至の朝日が昇る前の鶏鳴三声は、伊勢では式年遷宮のときのみ。
もともと伊勢の式年遷宮も、朔旦冬至におこなわれて…
https://twitter.com/fuhgetsu/status/678020049890754560

posted at 00:39:59


【2015 朝鳥明神 冬至祭】

最も闇が深まる冬至の未明。
太陽を象徴する聖なる鏡の前に祭壇が組まれ、1600年近く受け継がれてきた火種に、日和を見定め太陽から採火した浄火によって、大かがり火に点火する。

pic.twitter.com/DRm13GB4jJ

posted at 12:14:16


これが日迎えの神事。
火は天に沖するごとく高く上がり、その火勢により弱った太陽を振い起こし、母なる大地を暖め浄化する。
再び祭壇に向かい、日の出直前に祭主がカケコーと三声し、参拝者がオーと唱和する鶏鳴の神事。

pic.twitter.com/RH9iXCkypr

posted at 12:16:30


振り返ると、鳥居の真ん中に見事な御来光が輝きだした。
さらに振り返ると、再生した太陽の光が御神体の石を照らしている。

pic.twitter.com/SLcnJwNhZv

posted at 12:18:50


“太陽風磁場の南向きは弱まり、磁気圏は静かになっています。Mフレアが2回起きました。”

#宇宙天気 ニュース(2015/12/22 12:01)
http://swnews.jp/2015/swnews_1512221201.html

pic.twitter.com/yPrSOjjChW

posted at 18:41:11

 

2015年12月23日(水) 2 tweets


冬至だからといって晴れるとはかぎりません。
それがここ数年、素晴らしい御来光がつづいてて、それも年々良くなっててる。
これはもう、新しい時代がはじまってる証拠。
世の中の闇が深まろうと、この祭りからいつも希望の光をいただいています。

pic.twitter.com/PJGa9QfqcZ

posted at 00:15:38


今年も祭主のBさんがお元気でなによりでした。
お年が90代前半とは信じられない。
まだまだ100まではがんばるといってくれました。
一陽来復のパワーをいただてるからだけでなく、雪や雨が降ろうと曇りだろうとこの祭祀がなければ太陽が昇らないという、目に見えない大きな力に守られている。

posted at 00:28:20











2015年12月18日のツイート 〜美濃一宮 南宮カナヤマヒコ神の鞴(ふいご)祭とは

2015年12月19日のツイート 〜三峯とつながる飛騨金山は縄文の石文化の最後の砦だった/朝鳥明神の冬至祭まとめ3

2015年12月20-21日のツイート 〜冬至前夜のニギハヤヒ鎮魂祭/魂振り(みたまふり)と魂鎮め(みたましずめ)

2015年12月22-23日のツイート 〜2015 冬至祭@朝鳥明神




2015年12月20-21日のツイート 〜冬至前夜のニギハヤヒ鎮魂祭/魂振り(みたまふり)と魂鎮め(みたましずめ)

2015年12月20日(日) 5 tweets


この祭を継承している一子相伝の家系があり、その伝承に基づく祭祀。
太陽の道に鳥居があり、招き入れた光が磐境に当たる、その石がご神体。
その後ろには古墳があり、縄文遺跡でもある地です。
古墳時代からの祭祀が残っていることはとても貴重なことですが、現在その存続の危機に直面しています。

posted at 11:45:12


今年も朝鳥明神の冬至祭が、無事とりおこなわれますことを祈ります。

posted at 11:46:59


リニア着工
https://twitter.com/fuhgetsu/status/413882956462039040

pic.twitter.com/o9HFgALDJT

posted at 11:59:43


2013年12月19-20日のツイート 〜アマテルとアマテラスの胞衣伝説/リニア岐阜駅のルートは恵那山と東濃ウラン鉱山の地下トンネル
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=22634

posted at 12:02:14


20の扉が開き、だいぶにぎやかになってきた。
22の冬至まで、あと二つ。

#アドベント

pic.twitter.com/TLLnwNbyRB

posted at 23:37:56

 

2015年12月21日(月) 7 tweets


“16日に発生したCMEによる太陽風の乱れが到来しました。20日0時半にACE衛星で観測され、磁気圏の活動もやや高まっています…”

#宇宙天気 ニュース(2015/12/20 08:21)
http://swnews.jp/2015/swnews_1512200821.html

posted at 11:32:07


“20日12時頃から、太陽風の磁場が南向きに強まり変化を続けています。2つのCMEが重なるように発生し、磁気圏の擾乱がかなり激しくなっています…”

#宇宙天気 ニュース(2015/12/21 10:24)
http://swnews.jp/2015/swnews_1512211024.html

posted at 11:33:56


ひ ふ み よ い む な や ここのたり ふるべ ゆらゆらと ふるべ

今夜はニギハヤヒの命日。
魂振り(みたまふり)の魂鎮め(たましずめ)。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/668682471626506240

posted at 11:47:01


物部による死者蘇生の言霊といわれる、布瑠の言(ふるのこと)。
石上神宮では、ニギハヤヒの命日と云われる新嘗祭の前夜に鎮魂祭がおこなわれます。
その鎮魂法で、十種神宝とともに用いられる重要な言霊。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/545614971162591232

posted at 11:52:03


“霊(ち)速振る(はやふる) 。冬至祭の御霊振り(みたまふり)。冬の語源は殖(ふ)ゆ。ニギハヤヒは冬至の太陽神を尊称することばでもあった…”

2013年12月13日のツイート 〜ニギとアラは表裏一体/ちはやぶる神あれば荒ぶる神あり
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=19382

posted at 11:57:59


千早振る冬至祭 〜ニギハヤヒの鎮魂祭から生まれ清まりの花祭へ
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=19371

pic.twitter.com/aM0vBZbUG9

posted at 21:24:15


今夜は、冬至元旦の大晦日。
一年前の冬至は新月と重なる朔旦冬至であり、「章」という単位の新たな太陽と月の大きなサイクルのはじまりでした。
そう、ゆっくりと確実に、はじまっているのです。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/546676554793631746

pic.twitter.com/QVds3sK8Gr

posted at 23:25:03











2015年12月18日のツイート 〜美濃一宮 南宮カナヤマヒコ神の鞴(ふいご)祭とは

2015年12月19日のツイート 〜三峯とつながる飛騨金山は縄文の石文化の最後の砦だった/朝鳥明神の冬至祭まとめ3

2015年12月20-21日のツイート 〜冬至前夜のニギハヤヒ鎮魂祭/魂振り(みたまふり)と魂鎮め(みたましずめ)

2015年12月22-23日のツイート 〜2015 冬至祭@朝鳥明神




2015年12月19日のツイート 〜三峯とつながる飛騨金山は縄文の石文化の最後の砦だった/朝鳥明神の冬至祭まとめ3

2015年12月19日(土) 28 tweets


2015年12月17日03時20分 宮崎県南部山沿い 【M2.6】 D10km 最大震度3

#ナヰフル

pic.twitter.com/XQfCCU2yvj

posted at 00:07:35


2015年12月18日06時32分 オホーツク海南部 【M5.3】 D460km 最大震度2

*Mw(モーメントマグニチュード)は【M5.3】
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us1000480v

#ナヰフル

pic.twitter.com/HhyMq0r9zn

posted at 00:15:00


(再掲)安来節はドジョウすくいじゃなく砂鉄採集。美濃一宮の南宮大社に祀られる金山毘古神。狼と三峯神社。産鉄民がどうやってこの列島にやってきたのか。事務局長さんの日記(http://www.geocities.jp/aompmps/diary-0503a.htm)をご参照ください。
https://twitter.com/fuhgetsu/status/45070694052151297

posted at 00:34:22


(再掲)三峯は石文化のゲル信仰が色濃く残る地。このとき(伊勢志摩の太陽信仰とシリウス 〜謎のサルタヒコとヒライアカルライジング http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=9177)からご縁のあった事務局長こと今さんとの出逢いへとつづく…
https://twitter.com/fuhgetsu/status/672333479699288064

posted at 00:54:58


どこからどのようにいってもたどり着く。
重なり合い、何度も〃も向き合うことになる場所があります。
それがわたしの場合は金山巨石群であったり、冬至祭の朝鳥明神だったり。
わたしがmixiをはじめたのは2007年頃。
その後すぐにつながりいつかお会いしたいと思う方が何人も現れました。

posted at 01:09:07


とうとう今年1月にブラジル在住の映像作家である岡村さんに、先月11月には青森県音楽資料保存協会の事務局長こと今さんと会うことができました。
それぞれに共通する、“縄文”というこのつかみようもない言葉の奥深くを捉えている数少ない方たちです。
そういう方とお会いすることになる場所も…

posted at 01:09:51


(承前)必然的に古代から聖地だったポイントだったり、その前後の行動も知らず知らずのうちにレイラインを移動してたりします。

鹿島神宮〜氷川神社〜三峯神社〜金山巨石群〜佐太神社〜出雲大社
https://twitter.com/fuhgetsu/status/663049157091831808

pic.twitter.com/0wc6i5Cuoa

posted at 01:14:39


(再掲)2015年12月01-02日のツイート 〜アドベントで御霊振りの冬至祭へ/三峯の朔詣りでいただいた氣守/縄文の若狭三方で出逢ったオオカミの護符
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=42822

https://twitter.com/fuhgetsu/status/672813126606188545

posted at 01:22:52


(再掲)2015年12月03-04日のツイート 〜飛騨美濃尾張に残るオオカミ信仰/犬神ゲルがつないでくれたご縁とは/知知夫国の三峯から武蔵国の与野へ
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=42823

https://twitter.com/fuhgetsu/status/672813716904140800

posted at 01:23:50


(再掲)古代の音−未来のオト 〜石の響きによって古代を未来につなぐ音楽イベント
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=43102

https://twitter.com/fuhgetsu/status/675760463733387264

posted at 01:29:07


そしてこの旅から帰って気づいたのが、円空岩の三峯神社だった。
まもなく冬至。

一二三四五六七八九十
ひと ふた み よ いつ むゆ なな や ここの たり

布留部 由良由良止 布留部
ふるべ ゆらゆらと ふるべ

今年もまた朝鳥明神と金山巨石群に魂ごと合わせているところです。

posted at 01:48:01


“金山巨石群は太陽信仰の心臓部となる聖地であり、周辺のいまだ知られざる山中にも巨石文明が…”

2014年06月21日のツイート 〜皐月二十四日◉夏至◉金山巨石群から円空岩へ(1/2)
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=22957

pic.twitter.com/vs8QBOlp7e

posted at 01:50:08


“円空は岩屋に籠って修行したり仏を彫っていたが、狼がいたためここを去った。三峯神社は秩父…”

2014年06月22日のツイート 〜皐月二十四日◉夏至◉金山巨石群から円空岩へ(2/2)
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=22960

pic.twitter.com/heaowTexLh

posted at 01:58:12


2015年12月17日09時、台風27号(メーロー)は南シナ海で熱帯低気圧になりました。

#台風27号 #メーロー #シナド

pic.twitter.com/YVDbhNa7lY

posted at 02:37:44


ここ美濃では、1500年以上つづく冬至祭が朝鳥明神でおこなわれます。

pic.twitter.com/eKk5a5Rglu

posted at 10:10:35


冬至の朝日が昇る前の鶏鳴三声は、伊勢では式年遷宮のときのみ。
もともと伊勢の式年遷宮も、朔旦冬至におこなわれていたのでしょう。

pic.twitter.com/OcvVzfvxVX

posted at 10:12:31


朝鳥明神の冬至祭(岐阜県揖斐川町)
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=5310

posted at 10:13:34


2010年12月19日のツイート 〜朝鳥明神冬至祭「御日採り神事」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11352

posted at 10:13:46


2010年12月22日のツイート 〜朝鳥明神冬至祭「日迎えの神事」と「鶏鳴の神事」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11353

posted at 10:14:32


2010年12月23日のツイート 〜金山巨石群冬至の太陽観測@東の山
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11357

posted at 10:14:43


2011年12月19日のツイート 〜美濃尾張からみた赤椀の世直し/朝鳥明神の冬至祭まとめ
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11358

posted at 10:15:21


2011年12月20日のツイート 〜冬至のレイライン(日出:猿投山-東谷山-朝鳥明神/日入:御嶽山-金山巨石群-伊吹山)
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11382

posted at 10:15:31


2011年12月22日のツイート 〜朝鳥明神冬至祭2011/千早ぶる冬至の太陽神と大地母神
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11396

posted at 10:16:31


2012年12月20-22日のツイート 〜銀河の冬至/2012朝鳥明神冬至祭
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=19480

posted at 10:16:51


2013年12月22日のツイート 〜太陽新年/2013朝鳥明神冬至祭
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=19509

posted at 10:17:03


2014年12月19日のツイート 〜布瑠の言(ふるのこと)/朝鳥明神の冬至祭まとめ2/爆弾低気圧が去って地球ダイナミズムが始動
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=28044

posted at 10:36:17


2014年12月20日のツイート 〜19年周期の朔旦冬至と朝鳥明神の冬至祭/M5.8の地震とX1.8の大規模フレアが発生
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=28045

posted at 10:36:31


2014年12月22日のツイート 〜【祝★朔旦冬至】2014朝鳥明神冬至祭/銀河でクロスする南十字星と北十字星
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=28047

pic.twitter.com/fJapLZkpZW

posted at 10:39:05











2015年12月18日のツイート 〜美濃一宮 南宮カナヤマヒコ神の鞴(ふいご)祭とは

2015年12月19日のツイート 〜三峯とつながる飛騨金山は縄文の石文化の最後の砦だった/朝鳥明神の冬至祭まとめ3

2015年12月20-21日のツイート 〜冬至前夜のニギハヤヒ鎮魂祭/魂振り(みたまふり)と魂鎮め(みたましずめ)

2015年12月22-23日のツイート 〜2015 冬至祭@朝鳥明神




<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>