月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2434566
Today:1356
Yesterday:1514
2012年08月05-06日のツイート 〜縄文の名残りを感じる白山文化の白鳥(しろとり)踊り

2012年08月05日(日) 2 tweets


しろとりおどり twitpic.com/aftx9h

posted at 23:54:39


八ッ坂 老坂 世栄 シッチョイ 猫の子 源助さん 神代 twitpic.com/aftxxu

posted at 23:56:09


2012年08月06日(月) 16 tweets


水源の白山より流れる山里しろとりに、下駄の音がこだまする。白鳥おどりは、郡上八幡の郡上おどりと同じで、お盆の間は徹夜で踊り明かし、その前後の三十夜おどりつづけます。 twitpic.com/afu11i

posted at 00:02:04


七月の文月十五夜に、あの世とこの世をむすぶ辻にて、踊り櫓を中心に輪となって踊り明かす。 twitpic.com/afu4ra

posted at 00:09:45


郡上も白鳥も、だれもが輪に入って踊ることができる。それは縄文の名残り。白鳥の所作はさらに古い形が残ってる。踊り方は難しい、のではなく、魂が覚えてるから大丈夫。わたしが躍るのではなく、身体を委ねご先祖さまに踊っていただく。 twitpic.com/afu8cq

posted at 00:17:27


郡上も白鳥も下駄を踏み鳴らす。それは大地に眠る目に見えないなにかを呼び覚ます。その所作はヘンバイの歩行と同 じ。盆踊りも雨乞い踊りも、念仏踊りからきてる。それはある目的のために踊らなければならなかったから発生したのだろうけど、民俗としてだけでなくその所 作はかなり古い。死と再生の儀。

posted at 01:04:11


縄文の文化は先祖から子々孫々まで魂が脈々と続く中に自分がいて、死は終わりでなく再生。新たなはじまりであることを、左渦巻きと右渦巻きで現した。

posted at 01:53:28


郡上踊りも白鳥踊りも、ヘンバイで動きながら右にまわって左にまわり返す。あの世もこの世も、その境の無くなった 時空で、あらゆるものたちが母なる大地とともに踊るのが巫女舞のルーツ。シュタイナーのオイリュトミーと同じで、この地球という惑星ごと、太陽や星々と語 るためのダンスをしているのだ。

posted at 02:07:20


その白鳥踊りの中でも、もっとも古い踊りを継承しているが拝殿踊り。テンポが早いのが特徴の白鳥踊りだが、こちら はゆったりとして、その所作が活かされている。神社の拝殿に明かりは無く、満月であっても互いの顔が見えない空間の中で踊り続けることで、目に見えないも のが降りてきて交流がはじまる。

posted at 02:35:37


祭りでサルタヒコが先導する神輿や山車が御旅所から渡御し、辻を通りかかるとそこで止まって回転しはじめる。そこ では、右にまわって左にまわり返す。最後に辿り着く本殿では、丹念に行われる。どんな祭りにも、どんな伝統芸能にも、省略されてながらも、縄文由来の本質 であるその片鱗が残されている。

posted at 03:01:13


久しぶりの地震。かなり長いヨコ揺れ。

posted at 08:22:30


やっぱり、気象庁にもHinetにも地震情報は見当たらなかった。かなり長い揺れだったけど、なんか違う不思議な感じ。自分自身が揺れてたみたい。黙祷。なにかが8月6日8時15分を知らせてくれたみたいだ。

posted at 08:57:42


乗鞍の麓、飛騨丹生川の日抱の御魂鎮めも、太陽が映り込む池のまわりで輪になる。白山の麓、郡上白鳥。満月が昇り、沈むまで、神社の拝殿で輪になる。太陽も満月も、循環する死と再生の環。円には、多角形のような角(頂点)がどこにもない。すべてが和となる。

posted at 10:01:09


月も池も、水の女神。満月の輝きも、池に映り込む太陽も、鏡(火我水)としての輪となる。陰陽は両極でありなが ら、火と水も作用が違うだけの同じエネルギーからきてる。効率よくどちらかを利用すれば、原発のようなものがつくられる。火と水が調和すれば、循環しつづ ける無限のエネルギーとなる。

posted at 10:20:08


たいう ときどきに ふる。ぽつぽつ。あっ、神鳴りだ。ぼたぼたぼた。おおつぶのあめがふってきた。夏の通り雨にうたれよう。

posted at 13:56:21


たいう ときどきに ふる。夏の通り雨が去って、また晴れたかと思えば、今は台風並みの暴風雨。

posted at 15:56:20


昨日は伊吹山に沈みゆく太陽が、日没まで奇跡のような空を見せてくれた。雲間から天使の梯子が八の字になって降りそそいだり、光のコラボレーションがすばらしかった。水無月十九夜。寝待月の今日。街から見るアコークローもすごかった。 twitpic.com/ag4txk

posted at 20:03:08

 

曇りのち、晴れのち、夏の通り雨のち、晴れのち、暴風雨のち、晴れ。日没前のオレンジ光。日没後のアコークロー。のめくるめく空模様。今日は土公神が司る夏土用、最後の節分でした。明日は立秋。季節はいよいよ秋へ。新年の立春からちょうど半年。一年の折り返しです。

posted at 21:42:16




コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=70077