月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2469246
Today:415
Yesterday:1354
2013年06月02日のツイート 〜シュタイナーのゲーテアヌム/建築とは物質界での特性に応じて人々を包み込む精神の本質である

2013年06月02日(日) 11 tweets


8(土)-9(日) 橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ASIA 2013 bit.ly/13txVRK OKI & マレウレウ(アイヌ輪唱)/阿波踊り太閤連/磐城じゃんがら遊撃隊(福島)/柳会ポドルフェ(韓国農楽)/山人楽隊(中国雲南)/タートルアイランド…

posted at 00:45:00


(出演アーティストのつづき)ソウル・フラワー・モノノケ・サミット/マブリ(奈良大介&タナカアツ シ)/OOIOO/アラゲホンジ/和太鼓 志多ら/馬喰町バンド/知久寿焼/ハラプロ(スーパーコミック歌舞伎)/香嵐渓市川一座チンドン屋 "嵐"とよいこチン/切腹ピストルズ from 江戸…

posted at 00:53:52


山人楽隊(Shanren) youtu.be/WCMgdRdyQHw 雲南省昆明のバンド。瞿子寒(Vo&G)が1999年末に結成。李凡(B)・聶暢(B&語り)・歐劍雲(Per)。彼らのルーツである少数民族音楽とロックの融合。雲南の民族楽器や踊り唄などを、現代的な解釈で再構築…

posted at 01:09:34


チベットチベット予告編 youtu.be/mW38ZeWE7Us これもみたい映画。在日コリアン3世の監督が自らの民族性を問うため世界を旅して、チベットの民族性を守るためインドに亡命しているダライ・ラマに会いに行く。そのチベットが福島とダブる。日本人とは何かを問う必要がある。

posted at 01:32:18


この第一ゲーテアヌムは、建築家ではないシュタイナーが設計した木造建築で、1920年に一部が未完成ながらも開館。1922年に完成。物質界と精神世界とを表す大小二つの木造のドームから成り、おのおの神秘的意味を持つ列柱や像が配された。 twitpic.com/cusujd

posted at 02:53:02


シュタイナーは建築だけでなく、芸術、農業、教育、宗教、医学、心理学、科学、哲学、文学、政治、経済と、どの切 り口からでもその本質が貫かれていた。同時代に生きたヒトラーと対極に位置する存在。彼が100年前に危惧したことは、現在わたしたちが抱えている問題の ほとんど的中している。

posted at 03:04:19


その存在は100年早かったともいえるし、その後の世界が100年かかっても修復してこなかったことに問題があ る。第一ゲーテアヌムは、完成後2年を待たずしてナチの放火により焼失。シュタイナーも何度も狙われ、その死も疑われている。彼はすぐさま、第二ゲーテア ヌムの構想にとりかかる。

posted at 03:10:58


1925年、第二ゲーテアヌム着工直後にシュタイナーが死去するも、生前の模型をもとに再建された。鉄筋コンクリートによる彫塑的な表情を持ち、内部は神秘的な模様のステンドグラスにより、講堂、図書室、劇場などの機能空間に分節されている。 twitpic.com/cusyv0

posted at 03:14:24


世の中が真四角の構造物を次々に生み出していく中で、このような有機的建築物は異端としかいいようが無い。まだ鉄 筋コンクリートが建築に使われはじめたばかりで技術そのものが確立されていない時代に、建築家で無いにもかかわらず完成させ、今でも古さを感じさせずに現 存していることは奇跡でもある。

posted at 03:15:17


「建築とは、物質界での特性に応じて人々を包み込む精神の本質である」ルドルフ・シュタイナー

posted at 03:18:42


建築・芸術の創造活動、それは宇宙的調和の世界を実現するための一環。建築によって魂を育てる。建築によって心をよくしていくことができる。

posted at 03:18:55




コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=66789