月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2548244
Today:564
Yesterday:2298
2014年05月20日のツイート 〜融けて分け合う循環の世界へ

2014年05月20日(火) 9 tweets


あの山に登るんじゃない。
山がわたしのところに降りてきたのだ。
太陽が昇ってくるんじゃない。
わたしが地球ごと回転している。
過去は過ぎ去ってくんじゃない。
わたしが過去だ。
未来は向こうの方からやってくるんじゃない。
わたしが未来だ。
わたしはずっと今であり、ずっとここにいる。

posted at 00:57:26


被曝しても鼻血すらゆるされない世の中で、人体実験。
いつの時代も、気づかないうちに戦争ははじまる。
目の前にたちはだかる巨大な壁。
だけど、潰されてはいけない。
ちいさな石ころが蟻にとっては巨岩であるように。
石ころよりはるかに大きい愛であるわたしが、自ら壁をつくっているだけだ。

posted at 01:41:32


戦後の日本は、憲法に守られつつ、沖縄を基地とする次の戦いの戦前としてスタート。
朝鮮戦争で儲けた、高度成長。
冷戦で自衛隊と原発を手に入れたものの、チェルノ失敗、ソ連崩壊。
金だけ出してた日本は、中東に自衛隊派遣。
東アジアに戦場が移って、いよいよ戦争となってもだれも気づかない。

posted at 09:40:06


“チカラを抜くことが大事

僕らが視覚で捉えた映像は、ほとんどが脳で修正され、
それを目で見た現実として認識している。

感覚とは脳の錯覚によるところが多い。

これらヒトの錯覚は、五感全てに言える…”

矢追純一オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/mystery-adventurer/entry-11855478308.html

posted at 10:37:23


この石はまったく力んでない。
絶妙なバランスで大地に立って。
調和のハーモニーを奏でつづけている。
権力を保持して抱え込まず。
すべての武器を楽器に。
融けて分け合う循環の世界へ。
大地にアースして。
チカラを抜いてリラックス。 twitpic.com/e48to7

posted at 10:39:47


最初っからあきらめていた最高峰の山がある。
あの途方もない坂をよじ登って山頂をめざすことはできるのか。
登ろうとすることをやめ、山がこちらに降りてくるよう、心を開いて招き入れる。
麓がすでに山頂。
一歩一歩が山頂。
気づけば峠。
あとは下り坂をゆっくり降りて、山に帰っていただく。

posted at 12:03:55


「あなたがどこで生まれたかは、パスポートに書かれています。そうではなく、あなたのDNAが1,000年前までにどこで形成されたかが分かるのです…」

1000年前に祖先がどこに住んでいたか分かるツール:DNAの「GPS」(WIRED)
http://wired.jp/2014/05/19/gps-of-dna/

posted at 12:48:14


初めての場所なのに涙が出るほど懐かしさを感じることがある。
遺伝子には何が記録されているのか。
チップみたいに、すべての記憶がそこに詰め込まれているわけではない。
わたしの脳の中にも、遺伝子の中でもない。
その膨大な記憶は宇宙にあって、そこにアクセスしてしまうと過去も未来もない。

posted at 12:49:11


イワタキ神社の神遣いは。
白い熊のカミさま。

相殿の七所神社の七権現。
祀られてる二人の翁は。
白山権現と熊野権現。
白い熊のカミさま。

伊波太岐神社 (木之本町)
bit.ly/1p8egBY

posted at 15:08:06




コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=65885