月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2403979
Today:908
Yesterday:1116
2016年05月07日のツイート 〜うひうひしい夏が生まれる“ウ”の月=卯月へ/薩摩半島西方沖で群発/真清田大神の荒魂と愛鷹社のセオリツヒメ/杜の宮市にてヒトとモノの新しい出会い

2016年05月07日(土) 8 tweets


卯月一日。
新しい月が立つ、朔(つひたち)。
新月となるのは、7日の04時30分です。
四月はウヅキ。
「ウ」には、初(ウヒ)や産(ウブ)の意味がある。
初々(うひうひ)しい夏が生まれる、夏初月(なつはづき)。
卯月に咲くから卯の花であって、卯の花月というわけではない。

#朔望

posted at 00:04:11


海に囲まれたこの島国で、海は身近な存在であり、あらゆる自然の恩恵を受けながら畏怖の念をもって、海を【ウミ】と呼んだ。
産(ウ)+水(ミ)は、命の羊水、母なる地球の子宮。
初夏の初々しい【ウ】のエネルギーに満ちた四月を、ウヅキと呼ぶ。

pic.twitter.com/IvA0lMAMYm

posted at 00:23:00


2016年5月7日14時42分 薩摩半島西方沖 【M5.3】 D20km 最大震度2

*Mwモーメントマグニチュード【M5.2】
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us10005fp7

#川内原発 #沖縄トラフ #中央構造線 #ナヰフル

pic.twitter.com/af1r4Taq9s

posted at 19:05:03


*薩摩半島西方沖で群発化
14時42分 【M5.3】 D20km 最大震度2
14時48分 【M4.6】 D10km 最大震度2
17時09分 【M4.5】 D10km 最大震度2
18時16分 【M4.7】 D10km 最大震度2

pic.twitter.com/DQsmiWJJ31


posted at 20:55:07


九州の地震が南西へも広がっている。
もっとも危険視されてるエリアで、昨日今日と群発化。
諏訪では上社の里曵きが昨日で終わり、建御柱で事故がありました。
これから下社が控えています。
御柱祭の全ての日程が終わるのは、6月半ばの夏至近く。
九州の地震も、それまでは落ち着かないのでは。

posted at 22:03:32


真清田神社東門脇のこんもりとした丘にある、わたしがカグツチの杜と呼んでる場所へ。
秋葉社も愛宕社も、訶遇突智神と同じ祭神表記。
もともと真ん中にある愛宕社があった場所に、秋葉社と須佐之男社を合祀。
どうか火の勢いが鎮まりますように。

pic.twitter.com/gQLTFncWcF

posted at 23:11:07


カグツチの杜と服織神社のあいだにひっそり祀られている、愛鷹、天神、犬飼の三末社。
もともとの祭神がかろうじて残されたのかも。
愛鷹神は瀬織津姫であり、木花咲屋姫。
富士山より古い愛鷹神の次に、三明神社の荒魂である瀬織津姫の名がある。

pic.twitter.com/edKz903l6a

posted at 23:15:04


ヒトとモノの新しい出会い。
杜の宮市は子供たちがまだ小さかった最初の頃から来てるけど今年はすごかった。
手づくりがこれだけ世に認められるようになったことは本当にいいことだと思う。
友人巡りで、まるちゃんにも、おいかどさんにも会えた。

pic.twitter.com/lLHF5x6C1m

posted at 23:35:24




コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=65181