月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2268357
Today:253
Yesterday:1032
2014年04月09-10日のツイート 〜遊びをせんとや生まれけむ/遊女(あそびめ)と天皇/古語のパ行 [Pa]→ ファ行 [Fa]からハ行 [Ha]へ/ぷと「つぎねぷ」トいってみる

2014年04月09日(水) 15 tweets


「遊ぶものは神である。神のみが、遊ぶことができた。【游】は絶対の自由とゆたかな創造の世界である。それは神の世界に外ならない。この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。神とともにというよりも、神によりてというべきかも知れない。」 (白川静)

posted at 02:40:25


遊びをせんとや生まれけむ、戯れせんとや生まれけん。

遊ぶ子供の声聞けば、我が身さへこそ揺るがるれ。

『梁塵秘抄』より

posted at 02:40:41


遊びをせんとや生まれけむ

「遊ぶものは神である。神のみが、遊ぶことができた。【游】は絶対の自由とゆたかな創造の世界である。それは神の世界に外ならない。この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。神とともにというよりも、神によりてというべきかも知れない。」 (白川静)

posted at 03:29:03


遊びをせんとや生まれけむ

戯れせんとや生まれけん

遊ぶ子供の声聞けば

わが身さへこそゆるがるれ

遊びをせんとや生まれけん/桃山晴衣 youtu.be/vzyIwdZBOnQ “映像は梁塵秘抄ゆかりの地、岐阜県大垣市青墓、円興寺に建立された桃山晴衣揮毫による­石碑…”

posted at 19:18:39


桃山晴衣 梁塵秘抄を語る youtu.be/qfWe3Lhsano “1998年の12月、梁塵秘抄に歌われてもいる美濃の国、南宮大社での記録。平安末期­、後白河上皇によって編纂された最古の民衆歌謡、今様歌の「梁塵秘抄」を現代に蘇らせ­た桃山晴衣の梁塵秘抄への思いが語られて…”

posted at 19:19:59


昭和30年:高度成長期突入。「三種の神器」電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビジョン…の時代。
当時のナイロンは相当高級品だったのでしょう。
50年以上経ってようやく、化学物質にまみれた正体を暴かれてますが、これを笑うことができるかどうか…

pic.twitter.com/efQmE6YReI

posted at 19:51:00


(つづき)
昭和30年とは、1955年のこと。
戦後の科学は宗教と化し、小保方さんがつるし上げられてるこの時代。
今だからこそ“つっこめる”のであって、現代の健康ブームにのっかった健康食品(食品と名の付くものはすべて工業製品)が、50年後には毒まみれだったことが判明するでしょう!

posted at 19:51:54


「遊ぶものは神である。神のみが、遊ぶことができた。【游】は絶対の自由とゆたかな創造の世界である…」 白川静

「遊びには一人遊びはあるかもしれないが、人類遊びは、まだない。地表の全体をゲームの場として、その上でホモ・サピエンスが遊んでいる、という話は聞いたことがない。」 岩田慶治

posted at 20:10:49


“茅野市民館の開館10周年を記念し、「縄文アートプロジェクト」が始動する。市民を主体に実演芸術を企画してもらうプロジェクトで、第一歩として、茅野や縄文文化…”

市民が創造「縄文アート」 茅野市民館10周年企画 20日始動(長野日報)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=31054

posted at 20:34:47


稲田陽子さんの「Creative Space Topics」より

STAP細胞発見の本質とは?千島学説立証の切り口(2014年1月31日)
http://creative.co.jp/wp/index.php/archives/236

「STAP細胞」報道(2014年3月12日)
http://creative.co.jp/wp/index.php/archives/255

posted at 20:46:11


病名がつけば薬が出せる。
死んだ患者は病気なのか。

統合失調症治療薬、発売から4カ月半で17人死亡(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0901D_Z00C14A4CR0000/
4か月半で17人死亡例の統合失調症薬「ゼプリオン」に注意喚起(イロリオ)
http://irorio.jp/agatasei/20140409/126843/

posted at 20:55:06


“1957年、米軍立川基地拡張に反対するデモ隊の一部が基地に立ち入り、刑事特別法違反の罪で起訴された。東京地裁は「米軍駐留は憲法9条違反で罰則は不条理」と無罪を言い渡した…”

55年前の砂川判決 首相「集団的自衛権含む」(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014040902000132.html

posted at 21:02:13


“幼い子どもを持つ保護者らは八日、「保育を軽く考えている。質の低下を招く」として、撤回を求める要望書を会議や厚生労働省などへ提出した…”

「安易な資格 子ども危険に」  准保育士新設撤回を 保護者ら反対の意見書(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014040902000113.html

posted at 21:04:10


江戸時代は鎖国によって花開いた文化もあれど、明治は和洋折衷で文明開化をうたって加速した。江戸時代がいいとい うのは今との比較で、鎖国による平和は対処療法でしかない。大陸では文明が起こり戦争がくり返されながらも、海に囲まれた島国で1万年以上つづいた縄文時 代は、開きつつ戦争がなかった。

posted at 23:39:50


遊びの本質は娯楽ではない。
聖なる性と同じく、神聖なるもの。

遊びをせんとや生まれけむ、戯れせんとや生まれけん。
遊ぶ子供の声聞けば、我が身さへこそ揺るがるれ。

この梁塵秘抄を唄った桃山晴衣。
今様を謡うことで神仏と一体になる神聖な遊び。
遊女とは、まさにそういう存在だった。

posted at 23:58:51

 

2014年04月10日(木) 16 tweets


桃山晴衣の梁塵秘抄/南宮の宮には youtu.be/cSL2WAlZYhs “垂井は­桃山晴衣が足繁く通っていた「梁塵秘抄」今様歌の達者(乙前、延寿たち)を輩出した青­墓に隣接した美濃の要衝でもある。また桃山晴衣は南宮神社の「梁塵秘抄の会」を最後に­昇天した…”

posted at 01:32:22


桃山晴衣の梁塵秘抄(南宮の本山は)/青墓・円興寺ライブ映像 youtu.be/eqKbVyPrxBw “今様歌を後白河法皇に伝授した乙前、延寿を始めとす­る遊女(あそび)の拠点であった大垣市青墓の円興寺。桃山晴衣はこの寺院で幾度と­なく「梁塵秘抄」をうたう会を催してきた…”

posted at 01:34:28


大雪山はヒグマの生息地。
まさに、神々の遊ぶ庭(カムイミンタラ)。

沖縄の遊び庭(アシビナー) は、女性だけの輪踊り。

聖なる性。
歌垣に毛遊び。
カミとつながる祭りも遊び。

子供は真剣に遊んでる。
おもいっきり生きてる。

神聖であり無礼講。
大人たち、もっと遊びなはれ!

posted at 02:22:38


弥生十一日。鴻雁北(こうがん かえる)。七十二候は、三月節清明の次候。ツバメが南からやって来ると、今まで越冬していたガンが北へと去りゆく。鴻(おおとり)は大型の、雁(かり)は 小型の、群れとなって飛ぶガンの仲間。すれ違うように対となる渡り鳥。春と秋にくり返される、空の主役の交代劇。

posted at 09:21:37


二十四節気の清明

南からツバメきたる

ガンが北へとかえる

北と南が出会ってこの島はできた

OKI meets 大城 美佐子 / 北と南

Kita to Minami , Minami to Kita ( DUB Mix )
youtu.be/Xrj6l-rQa1Q

posted at 18:03:02


朗読 源氏物語 夕顔1 平安朝日本語復元による試み youtu.be/SM17SvyKZ3U “平安時代に紫式部が話していたとおりの発音で、源氏物語を読んでみようというのが、こ­の朗読の試みです。金田一春彦氏の指導の下、俳優であり声優でもある関弘子さんが­朗読をしています…”

posted at 18:12:53


カ行、タ行、パ行音は破裂音。
特にパ行音はほとんどの言語に備わっています。
しかし現代日本語では、擬態語や外来語を除くと、促音の直後以外はほとんど現われません。
これはハ行がパ行音だったのに、発音の変化によりパ行音が失われたためです…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218492992

posted at 18:13:53


万葉仮名では、例えば「は」には「波」「半」、「ひ」には「比」「卑」などの漢字が使われています。
これらの当時の漢字音はパ行音で始まる子音だったことが分かっており、現在の北京音などでもパ行音やファ行音といった唇を使う音です…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218492992

posted at 18:14:41


当時や現代の中国語でハ行音を持つ漢字は、中世までは日本語のハ行の表記には決して使われず、中国語でハ行音を持った漢字は日本語ではカ行で受容されています。
例えば、「上海」や「香港」の「海」(ハイ、かい)「香」(ホン、こう)などです…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218492992

posted at 18:15:12


オランダの日本地図には、平戸がFirando、肥前がFigen、博多がFacataと書かれています。
下唇と上の歯を近付けるラテン語のFと、両唇を近付ける日本語のファ行音。
同時期の中国でも、ファ行音を持った漢字で書き表されています…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218492992

posted at 18:15:32


1516年の『後奈良院御撰何曽』には、「母には二度会ひたれど父には一度も会はず」という謎々があり、答えは「唇」です。
この当時、「母」の発音は「ファファ」「ファワ」であり、ファ行音とワ行音は唇を丸めるため、このような謎々が成立した…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218492992

posted at 18:15:59


17世紀以前の中央語の状態を残す方言が、東北方言や琉球方言の中に残っています。例えば秋田県の高齢者は、「髭」を「フィゲ」、「蛇」を「フェビ」と発音し、「母にだば二度会うども父にだば一度も会わねぁ、くじびら」という謎々が残っていました…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218492992

posted at 18:16:19


琉球方言の一部には、ハ行をパ行音で発音する方言が現存している。
例えば、奄美方言では「花」は「パナ」、「人」は「ピトゥ」、「骨」は「プニ」と発音します。
琉球方言の中にはハ行がパ行音のもの、ファ行音のもの、ハ行音のものが揃っています…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218492992

posted at 18:16:38


つぎねぷ

ぷとつぎねぷトいってみる

まくらコトばがあるト

ねてみたくなる

つぎねぷや

やましロがぱを

みやノぼり

あをにヨし

ならをすギ

をだて

やまトをすギ

わがみがぽしくにぱ

かづらキたかみや

わぎぺノあたり

藤井貞和「つぎねぷと言ってみた」より

posted at 18:44:09


ASA-CHANG&巡礼

つぎねぷと言ってみた -tsuginepu to itte mita- youtu.be/QcsdGwzUsAY

詩人であり日本文学研究者である藤井貞和。
その現代詩「つぎねぷと言ってみた」に、高橋悠治とASA-CHANG&巡礼が曲をつけている。

posted at 18:47:57


パ行音といえばICHI。

パの右上にある輪っかの歌。

ICHI wakka ring
youtu.be/hScNvLU2rlM

posted at 20:37:54




コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=64144