月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2899563
Today:460
Yesterday:768
朝鳥明神の冬至祭(岐阜県揖斐川町)
養老山脈から連なる伊吹山や池田山の北に位置する揖斐川沿いに、はるか古代の冬至儀式を彷彿とさせる奇祭が残されています…



http://twitpic.com/3hdtul

朝鳥明神の創建は今から1500年前の4世紀ごろとされる国史帳記載の古社。
美濃国の国づくりの基となったこの地方最古のお宮で、古代祭祀遺跡が現存する県内唯一のお宮です。
こんもりとした杜である神体山に鎮座し、古代神社創生の姿を今に残しています。



http://twitpic.com/3hdtyz

白木の鳥居は、〆(しめ)鳥居といい、冬至の朝、日の神を祀る朝鳥明神に太陽が入ってくる門とされ、国づくり(條里制)の方位を定めた門です。



http://twitpic.com/3hdvx9

もともと社殿はなく、その奥の丘陵地に磐境(いわさか)が御神体として祀られています。
さらにその後方には朝烏古墳群(前方後方墳)があり、日の神(太陽神)をまつりごとの中心としてこの地方を開いた祖霊が祀られています。


この明神さまでは、毎年冬至の日の早朝から冬至祭がおこなわれます。
日本建国以前の祭りで、日の出を迎えて太陽の力の復活を祈る儀式(日迎えの神事)です。
祭りの当日、地元の氏子たちが未明から篝火を焚き、祝詞をあげて冬至の太陽が登るのを待ちます。
眼前に広がる濃尾平野の彼方(瀬戸の方角)から太陽が顔を見せると、その最初の光が鳥居を潜ってまっすぐその背後のご神体に注がれ、磐境の中心にあるひときわ大きい太陽石が照らし出されます。


参考図書:
清水昭男著『岐阜県の祭りからII』
http://homepage3.nifty.com/hitotubabunko/hitotuba_book/maturi_2_mokuji.htm.htm

参考リンク:
岩石祭祀の実例 - 朝鳥明神(岐阜県揖斐郡揖斐川町)
http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/asadori.html
Leyline Hunting 内田さんのコラム
http://www.mapple.net/tw_column/1020.html
Native Heart 北山さんのブログ
http://native.way-nifty.com/native_heart/2005/12/post_c29c.html

mixiコミュの関連トピ:
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14289936&comm_id=1581098
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=37703351&comm_id=3876850
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=37704304&comm_id=3180326

ブログ関連記事(更新中):
2010年12月19日のツイート 〜朝鳥明神冬至祭「御日採り神事」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11352
2010年12月22日のツイート 〜朝鳥明神冬至祭「日迎えの神事」と「鶏鳴の神事」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11353
2010年12月23日のツイート ~金山巨石群冬至の太陽観測@東の山
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11357
2011年12月19日のツイート ~美濃尾張からみた赤椀の世直し/朝鳥明神の冬至祭まとめ
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11358
2011年12月20日のツイート ~冬至のレイライン(日出:猿投山-東谷山-朝鳥明神/日入:御嶽山-金山巨石群-伊吹山)
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11382
2011年12月22日のツイート ~朝鳥明神冬至祭2011/千早ぶる冬至の太陽神と大地母神
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=11396
2012年12月20-22日のツイート ~銀河の冬至/2012朝鳥明神冬至祭
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=19480
2013年12月22日のツイート ~太陽新年/2013朝鳥明神冬至祭
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=19509
2014年12月22日のツイート ~【祝★朔旦冬至】2014朝鳥明神冬至祭/銀河でクロスする南十字星と北十字星
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=28047

 

 

 


 

 


 

 

 

 

以下3枚の写真は、2009年の朝鳥明神「冬至祭」にて。

未明から「日迎え」の神事がはじまり、事前の吉日に行われた「御火採り(おひとり)」の神事により1600年来受け継いでいる火口(ほぐち)と太陽のエネルギーによって生まれた神聖な"火"が大篝火に点火される。

このあと「鶏鳴三声」の儀を行うと冬至の太陽が昇り、鳥居を通って磐座祭祀のご神体にまっすぐ光が届く...




コメントエリア
■明日は
当然伊勢へ行かれるんでしょうね!
ヤマケン 10/12/20 23:09

■今年は
美濃和紙グループの皆さんは今年も朝鳥神社に行かれるそうです。
たちまち 10/12/21 07:50

■伊勢から美濃へ
ヤマケンさん、たちまちさん、ご無沙汰しております。
郡上のムスブログチームが伊勢へ向かうとのこと。

当初、葦船プロジェクトは満月と冬至が重なる日に伊勢でお炊き上げをする計画をしておりました。
すると夫婦岩の皆既月食に気づいたり、宇治橋で朝日を迎える計画など目に見えない段取りが進んでいく中、今度は人間側の都合だけではなかなか前に進まなくなりました。
そこで伊勢をあきらめ、ふりだしに戻って一から探ってみると朝鳥明神や恵那といった山の方に戻ってきました。
かといってわたしも身体が一つしかありませんので、魂の行くべきところへ身体を連れて行きたいと思います。

■朝鳥神社
音さんと初めて会ったのが朝鳥神社でしたね。あれは何年前でしたか?
eisan 10/12/21 12:14

■朝鳥明神 2010・12・22・
 友達に誘われて行って来ました。原点に触れる事が出来て大変貴重な事だったと感じています。
 休日は金華山に登りますが、そこで皆がいつも感動している姿を思い浮かべました。
 人は皆、それ以外の事に忙しくしているのだと思いながら、帰って来ました
 又、古文書に在ったコンパスと定規の印もいろいろ考える事がありました。
長屋 民夫 10/12/24 08:52

■Re: 朝鳥神社
えーさん、そうでしたね~!
あれはたしか一昨年でしたか。
2~3年前と記憶しています。

■Re: 朝鳥明神 2010・12・22・
長屋さん

今年はご一緒できましたね。
偶然にもわたしのブログにコメントいただいてびっくりしました。
また空手の話、世界見聞録の話を聞かせてください!

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=5310
ブログタイトル:フェラガモ 店舗
記事概要:musublog(繝?繧ケ繝暴繝ュ繧ー)繝暴繝ュ繧ー -譛?髻ウ?シ?縺、縺構縺ョ縺ュ?シ噂竏樣「ィ髻ウ?シ?繧ォ繝?繝圭繧ヲ繝?繧・?シ