月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2275057
Today:660
Yesterday:1059
イベント『HOPI ~平和の民からの伝言~』に向けて 〜ホピや縄文から感じている真の平和とは祈りでありけっして戦争にはいたらない真ん中にある宇宙
25年くらい前に何も知らないままの一人旅でアメリカにたどり着いたとき、スパニッシュなメキシコ人の西海岸からロッキー山脈へ行ったときにネイティブアメリカンの存在に近づいた。
観光地化された部分と、伝統に生きる人々の集落がある近くにまではいったものの、それ以上踏み込んだ旅ではなかったので、次の地点に移動してしまったけど、もう少し行ったところにホピの居住エリアがあったと知ったのはそれから日本に帰って何年も経った先のこと。
それでも、それ以来マヤやホピのことばかりきくようになる。
メキシコのマヤ文明は縄文とつながってただろうし、平和の民ホピ族も縄文と深くつながっていたと感じる。
どっちも違うのだけど、まったく違うわけでもなく、それぞれのルーツは同じで、もしかしたら縄文の人々かもしれないし、枝分かれした一派であることには違いない。
マヤのことは暦でよく知るようになり、征服した側の白人が解釈したマヤ暦と、先住民族の伝統的なマヤ暦がまったく異なるように、ホピの予言と云われるものもいろいろあるようだ。
わたしは本を読んだり、辰巳玲子さんの「ホピの予言」というドキュメンタリー映画を観て、なんとなくイメージをつかんでるつもりだけど。
天川彩さんにうかがった話でまだ内容まできいてませんが、ホピ族の中にもいろんな氏族があり、それぞれの長老が口承している伝承や予言も同じ部分と違う部分があるそうです。
その長老とは20年近くも交流のある彩さんに、ホピ族自らが撮った映像(聖地では撮影禁止のため)を、日本で伝え歩いてほしいと託されたのだそうです。
それをきいただけで、かなり緊急性のあるものと想像します。
とにかく多くの人に伝えるならYouTubeで流すこともできるし、自主上映なり映画館なりでもっとたくさん集客した方がよいのに、DVDを持ち歩いて語りべをしているという天川さんから察するに、量より質で伝えなければならないほどの真実に直面することになりそうです。
それくらい今の地球は危機的であり、世界は危険な方向に向かってる。
いくら平和の声をあげても、いくら祈っても、いくらいい音楽やいい作品や映像があっても、平和が遠ざかるばかりの時代。
そもそも平和といってる次元が低すぎるんじゃないか。
ただ戦争をしていない期間を平和といってるだけで、戦前や戦後のことを平和といってるようなもの。
だから、縄文時代には平和という言葉は無かった。
なぜなら戦争そのものが無かったから、平和という言葉を必要としなかった。
それだけではない。
戦争の反対言葉が平和なんて、本当の平和とはほど遠いってこと。
戦争の対極に平和があるかぎり、いつまで経っても戦争は無くならないのだ。
平和とは、両極のどちらかにある理想なんかじゃなくて、どんなときもその真ん中にあるもの。
戦争をいうものがいて、平和をいうものがあれば、その真ん中にこそ真の平和が、実はずっと昔から今の今まで、未来に向かってずっとそこに存在している。
縄文という言葉も平和という言葉も、今のわたしたちが勝手に縄文時代というものをイメージしているにすぎない。
平和な縄文人などいなかった、という方が真実に近いだろう。
いたのは、今の私たちと同じ地球人。
今の時代に生きるものが、今までのマインドセットでは解決できないとすれば、彼らの発する声をきくしかないのだ。
それはけっして縄文時代に戻るということではない。
とおの昔に死んでしまったものたちの声をどうやったらきくことができるのか。
己の中に生きている縄文人にきけばいいのである。
そう、縄文人とはわたしのことだったのだ。
平和の民、ホピ族という方たちのことをきいたとき、同じようなことを感じた。
わたしは彼らのことをよく知らないが、わたし自身は彼らのことをすでに知っている。
だからこそ、少し話をきいただけで共感し、魂からの共鳴が生まれ、なにかとても近いものを感じる。
それは思い出すという作業をしはじめている証拠なのではないでしょうか。
だからわたしは、彩さんから今回の企画に関する話をいろいろうかがった中で、内容についてはお話会&上映会の中でおききすることになっていて、どのようなお話をされるのかはきいてみないとわからないのですが、それくらいはっきりとした真実がきけるものと覚悟しております。
どうか、この話をききつけ興味をもっておられる方がいらっしゃいましたら、それはもうサインだと思いますのでどうぞご遠慮なくお越しください。
ただホピに興味があるだけでも、その資格があるというかOKだと思いますよ。
この機会にめぐりあわせたというご縁があるのなら、その方に伝えるべくして伝わるメッセージが、今この時代に必然としてあるんだと思います。


2016年9月22日【秋分の日】

HOPI ~平和の民からの伝言~ お話会&上映会/HOPIショップ@岐阜 cafeぷらな
https://www.facebook.com/events/319673848423285
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=52757

【開催中止のお知らせ】 9/22(秋分) ホピのお話会&上映会 ~平和の民からの伝言~ @岐阜 cafeぷらな
http://fuhgetsu.hatenablog.com/entry/2016/09/18/163616


コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=52833